Academic Box Logo

小保方晴子、STAP細胞騒動後の今?騒動後の彼女は!?

小保方晴子、STAP細胞騒動後の今?騒動後の彼女は!?
📘 この記事で分かる事!

💡 STAP細胞論文の捏造・改ざんが認定され、論文は撤回された。

💡 騒動後、小保方さんは自叙伝を出版し、パティシエとして働き始めた。

💡 現在は結婚し、穏やかな生活を送っている。

それでは、小保方さんの騒動後について詳しく見ていきましょう。

騒動後の軌跡

小保方さんの手記は、騒動に対する彼女の思いが伝わってくる内容でした。

🔖 関連記事の要約!小保方晴子さん、手記『あの日』出版へ。STAP細胞論文は「一片の邪心もなかった」

公開日:2016/01/26

小保方晴子さん、手記『あの日』出版へ。STAP細胞論文は「一片の邪心もなかった」

✅ 元理化学研究所研究員の小保方晴子さんが、STAP細胞論文に関する手記「あの日」を出版。

✅ 手記では、幼少期から理研での研究、疑惑が浮上して論文の撤回に至る過程を詳細に綴り、STAP細胞論文の捏造・改ざんを認定されたことについて「誰かを騙そうとして図表を作成したわけでは決してありません」「一片の邪心もありませんでした」と弁明。

✅ STAP細胞は、マウスの体の細胞を酸に浸すだけで、あらゆる種類の細胞に育つ能力を持つようになるとされた新型の万能細胞。論文発表後、画像の使い回しなどの不審な点が指摘され、理研の調査委員会は捏造と改ざんを認定。小保方さんは会見でSTAP細胞の存在を主張したが、再実験では作成できず、理研はSTAP細胞の実在を公式に否定した。

さらに読む ⇒ハフポスト - 日本や世界のニュース、会話を生み出す国際メディアハフポスト - 日本や世界のニュース、会話を生み出す国際メディア出典/画像元: https://www.huffingtonpost.jp/2016/01/26/obokata_n_9083830.html

STAP細胞の真実は謎のままですが、小保方さんは自分の気持ちと向き合おうとしているようです。

2014年のSTAP細胞騒動で脚光を浴びた小保方晴子氏は、騒動後に自叙伝『あの日』を出版し、大きな反響を得ました。この本はベストセラーとなり、印税収入も得ることができました。その後も日記本を出版したり、週刊誌のグラビアに登場したりするなど、研究者時代とは打って変わった「クールビューティー」な風貌で話題を集めました。

え、マジ!?STAP細胞って、ホンマに無かったん?

なるほどね。小保方さん、大変だったんやろうね。

あら、この子は結局、あの細胞は何だったのかしらね?

夢の実現と新たな生活

小保方さんのパティシエとしての挑戦は、新しい章の始まりですね。

🔖 関連記事の要約!小保方晴子はパティシエと雀士に転職した?洋菓子店+雀荘に出没中!

公開日:2019/12/30

小保方晴子はパティシエと雀士に転職した?洋菓子店+雀荘に出没中!

✅ 小保方晴子さんは、東京都港区高輪にある人気洋菓子店「パティスリーリョーコ」でパティシエとして働いている。同店は完全予約制で、1か月に7日しか営業していないため、非常に人気が高い。

✅ 小保方晴子さんは、都内の雀荘に通っていることが週刊誌で報じられた。しかし、具体的な雀荘の名前や場所は明らかになっていない。

✅ 小保方晴子さんは、千葉県で一般男性と同棲しているという情報もある。しかし、この情報についても信憑性は不明である。

さらに読む ⇒ウアリン | ウアリンでは、時事ネタ・ニュース・芸能情報などをご紹介しております。ウアリン | ウアリンでは、時事ネタ・ニュース・芸能情報などをご紹介しております。出典/画像元: https://uaring.com/oboharu-genzai/

研究者からパティシエへ、小保方さんの人生は大きく変わりましたね。

研究者時代とは打って変わった「クールビューティー」な風貌で話題を集めた小保方氏は、現在はパティシエとして働いています。パティシエの収入は多くありませんが、小保方氏は過去の収入を元手に、夢の実現に踏み切りました。また、雀荘通いをする様子が目撃されるなど、注目を集める行動も見せています。

えー、パティシエとか意外!でも、頑張ってるみたいでええやん。

パティシエかぁ、なんかイメージ違うけど、頑張ってほしいね。

あら、パティシエって言うんか。私、昔、ケーキ屋さんで働いてたんよ。

グラビアでの話題

小保方さんのグラビア出演は、話題になりましたね。

🔖 関連記事の要約!小保方晴子さん 文春グラビア登場に騒然「屈強メンタル」「雰囲気違う」/芸能/デイリースポーツ online
小保方晴子さん 文春グラビア登場に騒然「屈強メンタル」「雰囲気違う」/芸能/デイリースポーツ online

✅ STAP細胞問題で理化学研究所を退職した小保方晴子氏が、週刊文春のグラビアに登場し、ネット上で驚きが広がっている。

✅ 小保方氏は黒のノースリーブワンピース姿で、日記帳やペン、本を持つ写真が掲載されている。

✅ ネット上では、小保方氏のグラビア登場に驚きや、騒動渦中にあった4年前と雰囲気が変わっているとの感想が相次いでいる。

さらに読む ⇒小保方晴子さん 文春グラビア登場に騒然「屈強メンタル」「雰囲気違う」/芸能/デイリースポーツ online小保方晴子さん 文春グラビア登場に騒然「屈強メンタル」「雰囲気違う」/芸能/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/12/0011249789.shtml

小保方さんは、騒動後も注目を集めています。

小保方氏は2018年に週刊文春のグラビア「原色美女図鑑」に登場し、話題を呼びました。ネット上では「驚き」「屈強メンタル」といった声が上がりました。グラビアにはノースリーブのワンピース姿で日記帳を抱える小保方氏の写真などが掲載されています。小保方氏本人も、週刊文春に登場することに驚いていると語っています。ネット上では、小保方氏の雰囲気の変化に注目する声もあり、「ちょっと印象が違う」といった感想も見られます。

マジ!?グラビアとか、え、めっちゃ意外!

グラビアかぁ、それはちょっと想像つかんかったわ。

あら、この子、昔はあんなに真面目だったのに、今は変わっちゃったのかしら。

穏やかな日々

小保方さんの結婚は、驚きとともに喜びを感じますね。

🔖 関連記事の要約!STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の ゛敏腕科学者゛
STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の ゛敏腕科学者゛

✅ STAP細胞騒動で一躍時の人となった小保方晴子さんが、古くからの友人である男性A氏と結婚していたことが明らかになりました。A氏は小保方さんと同い年で早稲田大学出身、現在は有名企業の研究員として勤務しています。

✅ 小保方さんは2019年末に洋菓子店で働き出したものの、体調不良により退職。失意の淵にいた彼女を支えたのがA氏だったと言われています。

✅ 2人は都心の一等地にあるタワーマンションで同棲を始め、昨年40歳になる前に極秘結婚したようです。大々的な挙式や披露宴は行われなかったものの、親しい友人には結婚を報告したとのことです。

さらに読む ⇒NEWSポストセブンNEWSポストセブン出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20240411_1955444.html?DETAIL

騒動を乗り越え、穏やかな日々を過ごせるようになったのは、素晴らしいですね。

現在は40歳となり、研究室時代からの友人と結婚し、都心の一等地にそびえ立つタワーマンションで暮らしています。夫は彼女の「最大の理解者」で、騒動時も支え続けてくれたそうです。騒動後、一時雀荘通いをする様子が目撃されるなど注目を集める行動も見せましたが、現在は穏やかな生活を送っているようです。

ええなー、結婚!羨ましいわ。

結婚かぁ。お幸せに!

あら、この子はちゃんと結婚したのね。よかったわ。

現在と今後

STAP細胞騒動は、科学界に大きな影響を与えました。

🔖 関連記事の要約!正体はES細胞、STAPは「捏造」だった 小保方氏は責任を問われないのか?!

公開日:2014/12/27

正体はES細胞、STAPは「捏造」だった 小保方氏は責任を問われないのか?!

✅ 理化学研究所のSTAP論文は、捏造と改ざんが認められ、論文が取り下げられました。

✅ 外部調査委員会の調査の結果、STAP細胞は存在せず、論文に掲載されていたデータはES細胞由来であることが判明しました。

✅ 誰がES細胞を混入したのかは不明ですが、STAP細胞の多能性を証明するはずだった「緑に光るキメラマウスの胎児」もES細胞由来である可能性が高いとされました。

さらに読む ⇒ 東洋経済オンライン 東洋経済オンライン出典/画像元: https://toyokeizai.net/articles/-/56886

小保方さんは、騒動から学び、新たな道を歩み始めています。

現在、小保方氏はパティシエとして働いており、過去の収入を元手に夢の実現に踏み切りました。STAP細胞騒動を乗り越え、現在は自分の夢を追う小保方氏は、学者としての粘り強さを活かしていると言えるでしょう。週刊誌や写真集での再掲載が予想されるなど、今後の動向が注目されています。

STAP細胞、結局謎のままなんや。

色々あったけど、これから頑張ってほしいね。

あら、この子はもうあの騒動は忘れちゃったのかしら。

小保方晴子さんの騒動後、彼女は新たな人生を歩み始めました。今後はどのような活躍を見せてくれるのか、注目していきましょう。

🚩 結論!

💡 STAP細胞論文は捏造・改ざんが認定され、論文は撤回された。

💡 小保方さんは自叙伝を出版し、パティシエとして働き始めた。

💡 現在は結婚し、穏やかな生活を送っている。