Academic Box Logo

司忍組長とは!? 謎に包まれた人物の素顔山口組の抗争とは!!?

司忍組長とは!? 謎に包まれた人物の素顔山口組の抗争とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 六代目山口組の組長であり、現在は70歳代半ば。

💡 暴力団排除条例施行に懸念を示しており、山口組は社会から排除された者たちのよりどころだと主張している。

💡 2011年には刑期満了で出所し、同年六代目山口組組長に就任した。

それでは早速、司忍組長と山口組に関する内容を詳しく見ていきましょう。

司忍組長のプロフィールと経歴

司忍組長は、元々は鈴木組傘下の弘田組に所属しており、弘田組若頭補佐、若頭を歴任しました。その後、弘道会を結成し、山一抗争で活躍した人物です。

🔖 関連記事の要約!六代目山口組秘史 司忍と弘道会
六代目山口組秘史 司忍と弘道会

✅ 司忍は、六代目山口組の組長で、戦後の名古屋港を仕切った鈴木組傘下の弘田組で若頭を務めた弘田武志の組員としてキャリアをスタートさせました。弘田組は、名古屋市中川区に本拠を置く暴力団で、1973年に弘田武志が三代目山口組傘下に加入しました。司は弘田組内で頭角を現し、若頭補佐、若頭に昇進しました。

✅ 第一次頂上作戦で鈴木組が解散した後、司は弘田組傘下に司興業を設立しました。司興業は、名古屋市中区に本拠を置き、弘田組の勢力拡大に貢献しました。1984年、司は弘道会を結成し、弘田組を離脱しました。弘道会は、名古屋市中区に本拠を置き、四代目山口組直参団体となりました。

✅ 司は、弘田組長の引退後に弘道会を立ち上げ、山一抗争で活躍しました。山一抗争は、1985年から1989年にかけて山口組と一和会の間で発生した抗争で、司は弘道会を率いて山口組側に加わり、一和会系組織との抗争で武闘を展開しました。また、司は任侠道を貫き、組員に対する面倒見の良さや困窮者への支援活動でも知られています。

さらに読む ⇒Android Apps on Google PlayAndroid Apps on Google Play出典/画像元: https://play.google.com/store/books/series?id=OFL4GgAAABDBSM

司忍組長は、武闘派のイメージが強いですが、任侠道を貫き、組員に対する面倒見の良さでも知られています。

司忍は1942年生まれで、六代目山口組の組長です。1962年に三代目山口組系鈴木組傘下の弘田組に加入し、後に弘田組最高幹部を務めました。1984年に弘道会を結成し、四代目山口組若中に昇格。1997年に銃刀法違反容疑で逮捕・起訴され、懲役6年の実刑判決を受けて服役しました。2011年に刑期満了で出所し、同年六代目山口組組長に就任しました。2011年のインタビューで、司忍組長は暴力団排除条例施行への懸念を表明しました。条例は法の下の平等を無視していると主張し、山口組は社会から排除された者たちのよりどころであり、任侠道に邁進することで犯罪を抑止していると述べました。

えぇーっ、組長って結構若いんやん!

武闘派ってことは、組長も喧嘩強いんやろね。スゲー!

昔はそうやったんやろけど、今はもう歳やろうから喧嘩は無理やろなぁ。

山口組の組織運営に関する司忍組長の主張

司忍組長は、暴力団排除条例に対して、反社会的勢力と認定された者全員を処分する「身分政策」だと批判しています。また、山口組は自身の役割を、社会から排除された者たちの受け皿と犯罪抑止にあると主張しています。

🔖 関連記事の要約!杂谈:百年帮会山口组
杂谈:百年帮会山口组

✅ 山口組は分裂を経て、2015年に神户山口組が分派しました。この分裂は、山口組内の上層部からの過度な金銭要求に不満を持つ下部組織が神户山口組を結成したことが原因とされています。

✅ 司忍組長は、暴力団排除条例が反社会的勢力と認定された者全員を処分する「身分政策」であると批判しています。また、山口組の解散は治安悪化につながり、組員やその家族などの受け皿を失うと述べています。

✅ 山口組は自身の役割を、社会から排除された者たちの受け皿と犯罪抑止にあると主張しています。しかし、振り込め詐欺や恐喝などの不祥事への関与や、一般市民に対する迷惑行為が問題視されています。また、組員の「普通な生活」への願望を世間が信じていないという認識も示されています。

さらに読む ⇒知乎专栏 - 随心写作,自由表达 - 知乎知乎专栏 - 随心写作,自由表达 - 知乎出典/画像元: https://zhuanlan.zhihu.com/p/25485972

しかし、山口組が振り込め詐欺や恐喝などの不祥事に関与している現状を踏まえると、世間は組員の「普通な生活」への願望を信じていないという認識も示しています。

2011年のインタビューで、司忍組長は暴力団排除条例施行への懸念を表明しました。条例は法の下の平等を無視し、反社会的勢力と認定された者全員を処分する「身分政策」であると主張しました。また、山口組解散は治安悪化につながり、組員やその家族などの受け皿を失うと述べました。司組長は、山口組は社会から排除された者たちのよりどころであり、任侠道に邁進することで犯罪を抑止していると主張しました。しかしながら、山口組が振り込め詐欺や不祥事に関与している現状を踏まえると、世間は組員の「普通な生活」への願望を信じていないと認識しています。また、組長は山口組が社会から落ちこぼれた若者たちの無軌道な行動を抑える役割を果たしていると述べましたが、一般市民に迷惑をかけている組員の処分に関する情報が公表されていないため、その本気度に疑問が持たれています。

組長、なんか偉そうなこと言ってるけど、実際は悪いことばっかりしてるんちゃうの?

まぁ、組長もいろいろ大変なんやろね。

そやけど、悪いことは悪いんやから、ちゃんと反省せんとダメやで。

司忍組長の動向と山口組の抗争

2016年9月、司忍組長は住吉会会長や稲川会会長と会合を開き、結束力をアピールしました。また、六代目山口組は神戸山口組に対する抗争を続けており、2019年にはメディアに紛れたヒットマンを神戸山口組の中核組織・山健組本部前に潜入させて2人を射殺する事件も発生しています。

🔖 関連記事の要約!司忍」六代目山口組組長が「住吉会」「稲川会」とヤクザサミット

公開日:2016/10/05

司忍」六代目山口組組長が「住吉会」「稲川会」とヤクザサミット

✅ 2016年9月、司忍・六代目山口組組長、関功・住吉会会長、清田次郎・稲川会会長が横浜の中華街で会合を開き、結束力をアピールしました。この会合は史上初めて3団体のトップが集結する異例の出来事であり、神戸山口組に対する対抗姿勢を示すことが目的でした。

✅ 3団体のトップが集結した会合は、ヤクザ界に衝撃を与えました。会合は神奈川県警の許可を得て実施され、警察は近隣に機動隊などを配置せず、目立たないように監視にあたりました。会合では、報道陣に撮影が許可され、3団体の結束力がアピールされました。

✅ 会合と同日に、六代目山口組の幹部である安東美樹・竹中組組長が銃刀法違反で逮捕されました。安東組長は、四代目山口組が分裂した山一抗争で山本広・一和会会長を襲撃し、20年の懲役を終えて復帰した人物で、人望が厚く司忍組長から信頼されていました。安東組長の逮捕は、六代目山口組に大きな痛手となりました。

さらに読む ⇒ Smart FLASH/スマフラ光文社週刊誌 Smart FLASH/スマフラ光文社週刊誌出典/画像元: https://smart-flash.jp/sociopolitics/12359/

この抗争は長期化しており、組員の中には抗争の長期化に疲弊している者もいるようです。

司忍組長は、住吉会の関功代表の葬儀に参列するため、東京駅八重洲中央口から姿を現しました。これは、今後も続く抗争の中で住吉会との友好関係を維持したいという司忍組長の意図があると考えられます。また、六代目山口組は静岡県浜松市で「納会」を開催し、警察は組員の動きなどを撮影しました。これは、2019年に六代目山口組がメディアや警察に紛れたヒットマンを神戸山口組の中核組織・山健組本部前に潜入させて2人を射殺する事件が発生したことが背景にあります。

えぇーっ、組長ってば、他の組と仲良くしてるんやん!

抗争って、もう何年も続いてるんやろ?組員さんも大変やね。

そやけど、抗争はアカンで。ちゃんと話し合って解決せんと。

山口組の組織体制の動向

六代目山口組と神戸山口組の分裂抗争は10年目に突入しており、六代目山口組の司令塔である高山清司若頭は健康不安を抱えています。そのため、高山若頭が不在になった場合に備えて、司忍組長の総裁制への移行や、高山若頭を七代目組長とする体制への移行の可能性も取り沙汰されています。

🔖 関連記事の要約!山口組分裂抗争】六代目山口組に新たな兆候 総裁制を導入し「司忍総裁─高山清司七代目組長」体制に移行する可能性も
山口組分裂抗争】六代目山口組に新たな兆候 総裁制を導入し「司忍総裁─高山清司七代目組長」体制に移行する可能性も

✅ 六代目山口組と神戸山口組の分裂抗争は10年目に突入しており、六代目山口組の司令塔である高山清司若頭は健康不安を抱えている。高山若頭は強硬姿勢で知られるが、組員の中には抗争の長期化に疲弊している者もおり、若頭不在になれば抗争が自然消滅する可能性がある。

✅ しかし、山口組内では、高山若頭が不在になった場合に備えて、司忍組長の総裁制への移行や、高山若頭を七代目組長とする体制への移行の可能性も取り沙汰されている。

✅ 末端組員の間には抗争への疲弊感が広がっており、高山若頭も自身の健康不安を自覚していることから、頃合いを見計らって抗争を終結させる可能性もある。また、山口組のトップは原則終身制ではあるが、司組長が引退して高山若頭を七代目組長とする体制に移行する可能性も否定できない。

さらに読む ⇒NEWSポストセブンNEWSポストセブン出典/画像元: https://www.news-postseven.com/archives/20240113_1932663.html?DETAIL

末端組員の間には抗争への疲弊感が広がっており、高山若頭も自身の健康不安を自覚していることから、頃合いを見計らって抗争を終結させる可能性もあります。

六代目山口組の司忍組長が引退し、若頭の高山清司が七代目組長に就任するという噂が流れましたが、警察当局は引退の予定はないと発表しました。六代目山口組は分裂抗争で神戸山口組を切り崩して優位に立っており、七代目体制に向けての準備が進められています。また、山口組は名刺に代紋や組名を使用することを禁止する通達を出しました。警察庁は弘道会(山口組の中核組織)の取締強化を決定し、全国銀行協会は「反社」への預金口座開設拒否を通知しました。

組長、もう歳やし、そろそろ引退したらどうなん?

若頭さんも病気みたいやし、組長も大変やね。

そやけど、組長も組員も、みんな歳なんやから、無理せんでほしいなぁ。

司忍組長は、山口組の抗争や組織運営に関して、さまざまな発言を行っていますが、その真意は不明な部分も多くあります。今後、司忍組長がどのような行動を取るのか、注目が集まるところです。

🚩 結論!

💡 司忍組長は、現在70歳代半ばで、過去には暴力団排除条例に懸念を示すなど、賛否両論のある発言を行っている。

💡 山口組の抗争は長期化しており、組員の中には抗争の長期化に疲弊している者もいる。

💡 司忍組長の今後の動向に注目が集まっている。