Academic Box Logo

"少年A"事件: 加害者の現在と家族の苦悩犯行後25年!!

📘 この記事で分かる事!

💡 神戸連続児童殺傷事件の加害者「元少年A」の手記が波紋を呼んでいる。被害者遺族は裏切られたと感じ、加害者家族は息子との連絡を絶っている。事件後、加害者家族はひっそりと暮らし、被害者家族は「地獄」のような日々を送ってきた。

💡 元少年Aは現在、ホームページを開設し、自己の存在を証明しようとしている。

💡 この事件は、加害者家族と被害者家族の苦しみ、更生の難しさ、表現の自由と被害者遺族の配慮など、さまざまな問題を提起している。

この事件が引き起こした被害者遺族、加害者家族それぞれの苦悩をみていきましょう。

事件後の加害者家族と被害者家族

事件から25年が経ちましたが、被害者遺族と加害者家族の苦しみは続いています。元少年Aが事件後、反省しているのかどうかは疑問が残ります。また、被害者遺族の苦しみを思うと、複雑な気持ちになります。

🔖 関連記事の要約!神戸連続児童殺傷事件から25年 少年Aまもなく40歳に 途絶えた手紙 遺族が願う贖罪は果たさず
神戸連続児童殺傷事件から25年 少年Aまもなく40歳に 途絶えた手紙 遺族が願う贖罪は果たさず

✅ 1997年に発生した神戸連続児童殺傷事件の加害者「元少年A」は、医療少年院で6年間を過ごしたのち、2004年に仮退院しました。当初は被害者遺族である土師守さんに謝罪の手紙を送っており、土師さんは手紙の内容から少年Aが事件を反省しているとの見方を示していました。しかし、2015年に少年Aが「元少年A」という匿名で告白本を出版したことで状況は一変します。

✅ 告白本には、少年Aの性的な体験などが赤裸々に綴られており、土師さんは裏切られたと感じています。土師さんは少年Aの手紙を「事件の真相を知りたい」という思いで読み続けてきましたが、告白本出版によりそれらの手紙は「脚色されたもの」だったのではないかと疑念を抱きました。また、少年Aが手紙の中で「贖罪の気持ち」を持っていたと綴っていたことについても疑問を呈しています。

✅ 少年Aは現在40歳近くになっていますが、土師さんは少年Aが事件と向き合い続けることを求めています。土師さんは「彼が事件と向き合うために手紙を書き続けることが重要だ」と考えており、謝罪の手紙を再び送ることを期待しています。

さらに読む ⇒関西テレビ放送 カンテレ関西テレビ放送 カンテレ出典/画像元: https://www.ktv.jp/news/feature/220523/

元少年Aが手記の中で綴った反省の言葉が、被害者遺族を傷つけたことは想像に難くありません。また、加害者家族が息子との連絡を絶っているという事実も、事件が家族にもたらした深い傷を物語っています。

1997年に発生した神戸連続児童殺傷事件の加害者である「元少年A」こと酒鬼薔薇聖斗は、2015年に手記『絶歌』を出版して自己顕示欲を露わにした。事件後、元少年Aの両親は関西地方の古いマンションでひっそりと暮らしており、息子との連絡や居場所も分からない。一方、事件の被害者である土師淳君の両親は、息子を亡くしてから「地獄」のような日々を送っている。加害者家族と被害者家族の苦しみは対照的である。元少年Aの弟2人は苗字を変えてひっそりと暮らしており、上の弟はアニメの学校を卒業したとみられ、下の弟は高校中退後働いている。

まじヤバイ事件やったよね。加害者家族も被害者家族も、想像できひんほどのつらさやと思うわ。

ほんわかした話題ちゃうとこりゃ…。でも、こういう事件を風化させてはいけないよね。

ほな、この少年Aは更生したんかね?ようわからんなぁ。

元少年Aの現在

元少年Aがホームページを開設したのには、自己の存在証明や表現への切望があるのかもしれません。ホームページには、元少年Aのプロフィールや絵画、写真、書評などが掲載されています。

🔖 関連記事の要約!ジャンルで選ぶ
ジャンルで選ぶ

✅ 竹倉史人氏の著書『土偶を読む』は、土偶を植物の姿をかたどった植物像と主張し、NHKの朝の番組で大きく取り上げられ、養老孟司ほか、各界の著名人たちから絶賛され、第43回サントリー学芸賞も受賞した。しかし、考古学界ではほとんど評価されていない。

✅ 本書では、『土偶を読む』の主張が、恣意的な資料選択やイコノロジーという手法の誤用などに基づいていることを指摘している。例えば、『土偶を読む』では、土偶とクリの実がそっくりだと主張しているが、実際に比較してみると、それほど似ていない。また、イコノロジーという手法は、文献資料や民族誌などの資料を用いて、考古資料の象徴性を解明しようとするものだが、『土偶を読む』では、この手法が不適切に使用されている。

✅ 本書では、考古学の専門知の限界や、パブリック・アーケオロジーの役割についても考察している。『土偶を読む』が考古学界で受け入れられないのは、考古学の専門知が十分に考慮されていないためである。また、パブリック・アーケオロジーは、考古学の成果を一般の人々にわかりやすく伝える役割があるが、『土偶を読む』は、この役割を果たせていない。本書は、専門知とパブリック・アーケオロジーの両方の視点から、『土偶を読む』を批判している。

さらに読む ⇒いきるばブックス powered by BASEいきるばブックス powered by BASE出典/画像元: https://ikiruba.official.ec/categories/4349638

元少年Aの作品には、悲しみや祈りの思いが感じられる一方、不快感を与えるものもあります。元少年Aは、ホームページ上で「自分は『存在の耐えられない透明さ』を感じていた」と述べています。

元少年Aは、2022年9月にホームページを開設し、週刊誌3誌に幻冬舎社長に対する怒りの手紙を送った。ホームページには、プロフィールや絵画、写真、書評が掲載されている。元少年Aは、事件後「モンスター」扱いされたが、自分は「存在の耐えられない透明さ」を感じていたと述べている。ホームページ開設の動機は、自己の存在証明や表現への切望によるものと思われる。一方で、海外サーバーからの発信や客観的なプロフィールなど、用心深さも伺える。絵画や写真には悲しみや祈りの思いが感じられるが、ナメクジを題材にした不快感を与える作品もある。書評では、無理心中しようとする老婆に祖母を重ねた「ひげよ、さらば」や、女性を殺害後に肉を食べた佐川一政氏の著作を取り上げている。佐川氏は、元少年Aにとってモデルでありながら反面教師でもあるようだ。元少年Aの今後については、再犯の可能性が懸念されるが、ホームページでの表現活動を通じて、自己の存在を証明し、社会と向き合っていく可能性もある。

この元少年Aって、なんか闇を感じるわ。絵とか見ても、ゾッとするもんがある。

ホンマやね。でも、自己表現の場があるのはええことかもしれんね。

ふ~ん。ようわからんけど、自由の国やけん、好きなことしたらええんちゃう?

加害者家族の逮捕時

「少年A」が逮捕されたとき、主任検事はその無表情さと不気味さに驚いた。主任検事によれば、「少年A」は当時の他の14歳とは異なり、笑うことはなく、暗い雰囲気を漂わせていた。

🔖 関連記事の要約!成人未満・第2部 消えない「なぜ」>(1)不気味。少年Aの手は冷たかった 神戸連続児童殺傷事件

公開日:2022/08/24

成人未満・第2部 消えない「なぜ」>(1)不気味。少年Aの手は冷たかった 神戸連続児童殺傷事件

✅ 「少年A」が逮捕されたとき、主任検事はその無表情さと不気味さに驚いた。主任検事によれば、「少年A」は当時の他の14歳とは異なり、笑うことはなく、暗い雰囲気を漂わせていた。ある警察官は、「少年A」の雰囲気に耐えられず、取り調べ室に入るのが嫌になったという。

✅ 主任検事は「少年A」と向き合い、じっくりと調べた結果、精神的な障害ではなく、自分なりに犯行の理由を理解しようとしていたのではないかと考えた。主任検事によれば、「少年A」は犯行動機として「バモイドオキ神」などを持ち出したが、これは「少年A」が自分の犯行を理解するために作り出した空想上のストーリーだったのではないかという。

✅ 主任検事は、改正少年法によって特定少年に対する刑事裁判の調べが厳格化されたことについて、少年審判に向けた調べとは全く異なるものになると語った。主任検事によれば、刑事裁判では証拠と合っていない供述は許されず、少年審判のように更生を考えるための調べとは異なる。そのため、特定少年に対する刑事裁判の調べは、より厳格なものになると考えられる。

さらに読む ⇒@kobeshinbun@kobeshinbun出典/画像元: https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202208/0015566761.shtml

加害者家族は、息子の逮捕当時、パニックに陥った。警察官から「子供達をどこかに預けることはできますか?」と聞かれ、言われるままにAの弟二人を近所の親戚に預けたという。また、母親は家宅捜索令状を見せられた時、あまりのショックでフラフラになり、顔は土気色だったという。

神戸連続児童殺傷事件の加害者「少年A」の両親は、息子が逮捕された時、淳君の事件に関わっているとは夢にも思わず、パニックに陥った。警察官から「子供達をどこかに預けることはできますか?」と聞かれ、言われるままにAの弟二人を近所の親戚に預けたという。また、母親は家宅捜索令状を見せられた時、あまりのショックでフラフラになり、顔は土気色だったという。

少年Aって、逮捕されたときからヤバかったんやね。ほんまに更生したんかな?

加害者家族も大変やなぁ。息子がこんなことしちゃったら、パニックになるわ。

いやはや、少年犯罪は根が深い問題やね。更生って難しいんやろなぁ。

被害者遺族への配慮に欠けた出版

映画『友罪』は、神戸連続児童殺傷事件を連想させる内容で、被害者遺族への配慮に欠けている。映画では、元少年Aに似た人物が事件に関与している可能性が浮上する。

🔖 関連記事の要約!生田斗真×瑛太三度合演問題推理小說《友罪》電影化
生田斗真×瑛太三度合演問題推理小說《友罪》電影化

✅ 映画『友罪』は、1997年に発生した神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗事件)を連想させる内容となっている。事件では、被害者全員が小学生で、2人が死亡、3人が重軽傷を負った。犯人は14歳の少年で、犯行声明文には「酒鬼薔薇聖斗」という名前が記されていた。

✅ 『友罪』の原作小説では、14歳の少年が凶悪事件を起こし、「少年A」として報道された後、仮釈放を経て「前少年A」として自らの経験を出版・発信する様子が描かれている。「前少年A」は自分の起こした事件について淡々と語り、事件当時の心情や仮釈放後の生活を赤裸々に綴っている。

✅ 映画『友罪』では、生田斗真が事件を追う元週刊記者、瑛太が「少年A」に似た人物を演じ、事件の真相に迫る。元週刊記者は、事件現場近くで発生した児童虐殺事件をきっかけに、「少年A」のその後を疑い始める。一方、「少年A」に似た人物は、ある秘密を抱えており、事件に関与している可能性が浮上する。

さらに読む ⇒宅宅新聞 | 卡卡洛普宅宅新聞 | 卡卡洛普出典/画像元: https://news.gamme.com.tw/1560217

神戸連続児童殺傷事件の加害者が、被害者遺族の心情を無視した本を出版した。この本には、事件当時の心情や仮釈放後の生活が赤裸々に綴られている。

神戸連続児童殺傷事件の加害者「東慎一郎(酒鬼薔薇聖斗)」が、太田出版と共謀して遺族の心情を無視した本を出版し、利益を遺族に還元する予定もないため、この行動を非難し、太田出版に利益を全額遺族に支払うよう求める署名運動が行われている。

ホンマにひどい話やわ。被害者家族の気持ち考えたら、腹が立つわ。

金の亡者やなぁ。遺族の気持ちなんてどうでもいいんやろうね。

うーん、難しい問題やね。加害者に表現の自由はあるんやろうけど、被害者家族の気持ちも大事にせなあかんわ。

少年A事件は、加害者家族と被害者家族の苦しみ、更生の難しさ、表現の自由と被害者遺族の配慮など、さまざまな問題を提起しています。この事件は、私たちに多くのことを考えさせるきっかけを与えてくれます。

🚩 結論!

💡 元少年Aの手記は波紋を呼び、加害者家族と被害者家族の苦しみを浮き彫りにした。元少年Aが事件後、反省しているのかどうかは疑問が残る。

💡 元少年Aのホームページ開設は、自己の存在証明や表現への切望を表している。しかし、その作品の中には不快感を与えるものもある。

💡 映画『友罪』や加害者による出版物は、被害者遺族への配慮に欠けるものとして非難されている。加害者に表現の自由があるとしても、被害者遺族の気持ちに配慮することが重要である。