Academic Box Logo

小野伸二の娘たちはどんな夢を持っているの?劇団四季「ライオンキング」の舞台裏とは!?

小野伸二の娘たちはどんな夢を持っているの?劇団四季「ライオンキング」の舞台裏とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 小野伸二選手の娘2人が、それぞれフラダンスと劇団四季「ライオンキング」に出演している

💡 劇団四季「ライオンキング」のヤングシンバ役の子役たちの活躍について紹介

💡 小野伸二選手の娘・里桜さんが劇団四季「ライオンキング」でデビューした経緯について解説

それでは、小野家の家族と夢について詳しく見ていきましょう。

小野家の家族と夢

小野伸二選手はサッカー選手として活躍されていますが、娘さんたちもそれぞれの才能で輝いているんですね。

🔖 関連記事の要約!画像】小野伸二の娘(次女・里桜)がかわいい!姉妹でダンスが上手すぎる!

公開日:2023/12/03

画像】小野伸二の娘(次女・里桜)がかわいい!姉妹でダンスが上手すぎる!

✅ 小野伸二選手の娘である夏蓮さんと里桜さんは、それぞれフラダンスと劇団四季「ライオンキング」に出演経験を持つなど、高い才能を持つことがわかりました。

✅ 長女の夏蓮さんは2004年生まれで、フラダンスで日本一位に輝いた実績があります。

✅ 次女の里桜さんは2007年生まれで、10歳の頃に劇団四季のミュージカル「ライオンキング」の札幌公演でヤングナラ役を務め、将来有望な女優さんだと話題になりました。

さらに読む ⇒Good topic map!Good topic map!出典/画像元: https://good-topic-map.com/onoshinji-daughter/

小野家のお嬢様方は、それぞれ個性的な才能を持って、夢に向かって邁進されているんですね。素晴らしいです!

小野伸二と千恵子夫妻には、長女の夏蓮と次女の里桜がいます。夏蓮はオランダ生まれで音楽ユニット「EriKaren」のメンバーとして活動し、フラダンスが得意です。フラダンスでは大会で優勝経験もあります。一方、日本生まれの里桜は、劇団四季のミュージカル『ライオンキング』のヤングナラ役で舞台に立っていました。現在は東京の学校に通い、母・千恵子さんと雑誌『STORY』で連載を持っています。小野伸二さんの娘さんたちは、それぞれが自分の夢に向かって頑張っています。小野家では「それぞれの⽬標や夢に向かって頑張る」という形で、支え合っているそうです。

へぇー、小野伸二の娘ってこんなにかわいいんや!

いや、まじで?劇団四季ってすごいよな!

あら、若いって素晴らしいわね。私も若い頃は舞台女優になりたかったのよ。

『ライオンキング』ヤングシンバ役の子役たち

それでは、劇団四季「ライオンキング」について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!東京公演】劇団四季 ライオンキングレポ

公開日:2023/06/22

東京公演】劇団四季 ライオンキングレポ

✅ 劇団四季のミュージカル「ライオンキング」は、アフリカのサバンナを舞台に、王位継承をめぐる争いと、成長していくシンバの姿を描いたミュージカルです。

✅ 子供向けのミュージカルとしては、3歳から鑑賞可能ですが、1人で座って観劇する必要があるため、5歳頃から楽しめるのがおすすめです。

✅ 舞台は、2021年9月に開館した劇団四季専用劇場「有明四季劇場」で行われ、動物の動きや草原のゆらめきをリアルに表現した舞台セット、迫力のある音楽と歌、そして個性豊かなキャラクターたちが、観客をアフリカのサバンナの世界へといざないます。

さらに読む ⇒こどもとおでかけ-Aya log-こどもとおでかけ-Aya log-出典/画像元: https://ayasyufulog.com/lionking/

劇団四季「ライオンキング」は、子供から大人まで楽しめる素晴らしい舞台ですね。

劇団四季の『ライオンキング』ヤングシンバ役を演じているのは、宮澤伶輔、山田瑛太郎、長谷川楓、小松葵の4名です。宮澤伶輔は2020年11月28日にデビューし、元気いっぱいで透明感のある歌声が特徴です。山田瑛太郎は2022年5月28日にデビューし、元気で自然な演技と、長い手足がすらっとした舞台映えする容姿が魅力です。長谷川楓は2022年9月30日にデビューし、伸びやかな歌声で観客の心を掴みます。小松葵は2023年4月にデビュー予定です。子役とは思えない堂々とした演技と歌声で観客を魅了しています。

ライオンキングって、何回見ても飽きひんよな!

そうやね、ライオンキングって、子供から大人まで楽しめる舞台だよね。

あら、懐かしいわね。私も若い頃はライオンキングをよく観に行ったのよ。

厂原時也のシンバ役への道のり

それでは、厂原時也さんのシンバ役への道のりについて詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ライオンキング札幌】厂原時也がシンバ?他のキャストは?
ライオンキング札幌】厂原時也がシンバ?他のキャストは?

✅ 劇団四季の「ライオンキング札幌公演」で、主演のシンバ役は厂原時也(がんばらときや)さんが演じる。

✅ 厂原時也さんは、高校時代に「ライオンキング」を観て俳優を志し、大阪芸術大学を卒業後、劇団四季に入所。

✅ 厂原時也さんは、アラジンの主演やライオンキングのシンバ役など、数多くの作品に出演しており、高いダンス力と歌唱力、そしてイケメンなルックスを持つ俳優として知られている。

さらに読む ⇒シアター☆スタア座シアター☆スタア座出典/画像元: https://musicalstarza.com/lionkingsapporo-simba/

厂原時也さんは、シンバ役への熱い思いを持って努力を重ねてきたんですね。素晴らしいです!

俳優の厂原時也は、高校時代に『ライオンキング』を観劇したことをきっかけに劇団四季を目指しました。大阪芸術大学に進学後、四季のオーディションを受け、『アラジン』で念願の舞台デビューを果たします。その後、シンバ役のオーディションで身長の低さを指摘されながらも、努力を重ねて合格を勝ち取りました。シンバを演じる上で、ディズニー映画のアニメーションや動物の動きを参考にするとともに、マスクを身につけての芝居やダイナミックな動きに取り組んでいます。特に、シンバの心情の変化や親子の葛藤を表現することのやりがいを感じているそうです。お気に入りのナンバーは「お前のなかに生きている」で、観客にはサバンナの動植物の美しい動きにも注目してほしいと語ります。

イケメンやし、歌もうまいし、ダンスも上手いとか、完璧やん!

いや、まじで?高校時代から劇団四季を目指してたとか、夢があるよね!

あら、若いって素晴らしいわね。私も若い頃は舞台役者になりたかったのよ。

里桜のミュージカルデビューと家族の絆

それでは、里桜さんのミュージカルデビューと家族の絆について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!小野伸二の娘:小野里桜は劇団四季でライオンキングに出てた?Facebook+Twitter顔画像
小野伸二の娘:小野里桜は劇団四季でライオンキングに出てた?Facebook+Twitter顔画像

✅ 元サッカー日本代表の小野伸二選手の娘2人が、テレビ朝日系の「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」に出演し、長女はとある分野で日本チャンピオンに輝いた経歴を持ち、次女は難関試験を突破したことが明らかになった。

✅ 小野伸二選手の次女・里桜さんは、劇団四季の「ライオンキング」でヤングナラの役を演じており、北海道コンサドーレ札幌に所属していた小野伸二選手が札幌で劇団四季のオーディションに合格したことがきっかけで、劇団四季に入団した。

✅ 小野伸二選手の嫁は千恵子さんで、元モデルで、小野伸二選手との結婚は学生時代で、周囲の反対もあったが、小野伸二選手のオランダへの移籍もあり、卒業を待たずに婚姻届けを提出した。

さらに読む ⇒Spread Box!|さまざまなニュースやトピックを紹介しています!Spread Box!|さまざまなニュースやトピックを紹介しています!出典/画像元: https://lanikainahele.com/?p=5761

小野伸二選手は、娘さんの夢を大きくサポートされているんですね。素晴らしいです!

小野伸二の次女・里桜は、小学5年生で劇団四季ミュージカル『ライオンキング』のヤングナラ役でデビューしました。当時、札幌で父・伸二と2人で暮らしていた小野さんは、17回も観劇に訪れ、「こんなに感動するんだと思って。何回見に行っても飽きないですし、キャストによって見方が全然違う」と語っています。父・伸二さんは、里桜のデビュー作を17回も観劇し、全力で応援していました。長女のプロ顔負けの歌唱シーンも紹介され、小野さんは「なんか恥ずかしいな」と照れていました。

へぇー、小野伸二の娘って、劇団四季でデビューしてたんだ!

いや、まじで?17回も観に行ったとか、親心ってすごいよね!

あら、素敵なお話ね。家族の絆って本当に大切だわ。

『ライオンキング』の主な登場人物

それでは、「ライオンキング」の主な登場人物について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!ムファサ
ムファサ

✅ ムファサは映画「ライオン・キング」に登場するシンバの父親で、プライド・ランドの国王です。

✅ 彼は良心的で厳格な性格で、周囲から信頼されていました。

✅ しかし、シンバを助ける際に、スカーによって崖に突き落とされ、命を落としてしまいます。

さらに読む ⇒Disney WikiDisney Wiki出典/画像元: https://disney.fandom.com/ja/wiki/%E3%83%A0%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B5

「ライオンキング」は、キャラクターたちの魅力が光る素晴らしい作品ですね。

『ライオンキング』の主な登場人物には、シンバ、ムファサ、ラフィキ、ナラ、スカー、ザズ、ティモン、プンバァ、ハイエナなどがいます。シンバはプライドランドの王ムファサの息子で、のびのびと育ちますが、父の死の責任を問われ王国を追放されます。ムファサはプライドランドの王で、息子のシンバを愛する父親です。生命の連環の理念をシンバに教えます。ラフィキはシャーマン的な存在のヒヒで、王国を追放されたシンバに「父はお前の中に生きている」と諭します。ナラはシンバの幼なじみで、後に美しく成長し、ムファサの死後に助けを求めて旅立ちます。スカーはムファサの弟で、シンバを殺して王国を乗っ取ります。ザズは王家の忠実な執事のサイチョウです。幼いシンバに手を焼くも愛を持って世話をする。ティモンはシンバを助けたミーアキャットです。面倒見がよく、「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」というモットーを教えます。プンバァはシンバの育ての親的存在のイボイノシシです。心優しく世話好き。ハイエナはライオンを憎み、スカーの計画に協力する。ずる賢く、なまけものです。

シンバとかムファサとか、みんな個性的なキャラやんな!

そうやね、ライオンキングって、キャラクターも魅力的だよね。

あら、懐かしいわね。私も若い頃はライオンキングをよく観に行ったのよ。

小野家と劇団四季「ライオンキング」についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

🚩 結論!

💡 小野伸二選手の娘2人は、それぞれフラダンスと劇団四季「ライオンキング」で活躍している

💡 劇団四季「ライオンキング」は、子供から大人まで楽しめる素晴らしい舞台

💡 小野伸二選手は、娘さんの夢を大きくサポートしている