Academic Box Logo

玉置成実、14歳でのデビューから20年。感動の「ガンダムseed」再会から見る少女の人生の軌跡

ライターのYUKOです。今回は、14歳でデビューして20年を迎える玉置成実さんについてご紹介したいと思います。

玉置成実と機動戦士ガンダムSEEDの運命的な再会

14歳の玉置成実のデビューのきっかけとなった作品は?

機動戦士ガンダムSEED

玉置成実は14歳の時に、テレビアニメ「機動戦士ガンダムSEED」の第3期オープニングアーティストに抜擢され、メジャーデビューを果たした。

この作品は玉置成実にとって「すべての始まり」となった重要な作品であり、デビュー20周年のアニバーサリーイヤーには、同シリーズの「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」のオフィシャルサポーターソング「Reborn」を担当し、運命的な再会を果たした。

詳しくみる ⇒参照元: 玉置成実、『ガンダムseed』14歳でopデビューから20年...

玉置浩二と「SEED」シリーズの深い絆

玉置浩二にとって「SEED」シリーズが特別なものになっているのはなぜですか

シリーズの楽曲に携わってきたため

「SEED」シリーズのオフィシャルサポーターソングを担当する玉置浩二は、同シリーズに特別な思い入れを抱いている。

数多くの楽曲を手掛けてきたことから、シリーズに深く関わっており、再会や再始動といったテーマを歌い上げている。

公開が待ち遠しい劇場版を楽しみにしているだけでなく、スタッフやファンとの再会も心待ちにしているようだ。

詳しくみる ⇒参照元: Google

玉置浩二、時を経て「ガンダムSEED」歌詞再発見

玉置浩二が「ガンダムSEEDシリーズ」の歌詞から再発見したことは?

20年分の感情

20周年を迎えた「ガンダムSEEDシリーズ」のOPテーマを歌った玉置浩二は、時を経て「歌詞のせつなさ」や「作品への寄り添い」を再発見した。

第4期のOPテーマ「Realize」は、物語の佳境で使用され、歌詞の「前へ進む」というメッセージが作品の世界観とリンクした。

玉置は、「ガンダムSEEDシリーズ」が現代世界とリンクし、戦争への理解を深めるきっかけになると語った。

詳しくみる ⇒参照元: 玉置成実、『ガンダムseed』14歳でopデビューから20年...

玉置成実の原動力

歌手として20年間活躍する原動力は?

周囲からのサポート

玉置成実は、歌手として20年間のキャリアを支えてくれたスタッフやファンの存在に感謝している。

彼女は、ステージでのパフォーマンスを通して、支えてくれる人々に「やってきて良かった」と思ってもらいたいという強い思いを持っている。

このサポートが、彼女の原動力となっている。

玉置は、自分の成功はチームの成果であり、一人では成り立たないことを強調している。

詳しくみる ⇒参照元: 玉置成実、『ガンダムseed』14歳でopデビューから20年...

玉置成実の原点「機動戦士ガンダムSEED」シリーズ

「SEED」シリーズでデビューした玉置成実にとって、「SEED」シリーズとはどのような存在か?

人生に欠かせない作品

玉置成実にとって「機動戦士ガンダムSEED」シリーズは、2003年にオープニングテーマ「Believe」でデビューしたきっかけとなった作品で、それ以降も同シリーズのテーマソングを数多く担当してきた。

玉置成実は「SEED」シリーズを「全ての始まりであり、人生に欠かせない作品」と語っており、自身にとって特別な存在であることがうかがえる。

詳しくみる ⇒参照元: Google

玉置成実の情熱が光った「Believe」のダンス

玉置成実さんが「Believe」のミュージック・ビデオで激しく踊っていた時の心境は?

プロのダンサーよりうまく踊りたい

玉置成実さんは、幼少期からダンスや歌を習っており、厳しい指導を受けてきたため、過酷なダンスシーンも難なくこなした。

しかし、東京でのデビュー当初は「ただの中学生」と自らを表現し、原宿でのショッピングを満喫するなど、普通の14歳らしい一面も見せていた。

そんな玉置さんは、「Believe」のミュージック・ビデオの激しいダンスシーンで、プロのダンサーに負けないように必死で踊ったという。

彼女の負けん気の強さと気合が、印象的なパフォーマンスにつながった。

詳しくみる ⇒参照元: Google

ガンダムSEEDの感動的なシーンとサポーターソング

ナタルとマリューさんのやりとりが感動的というが、どの作品のこと?

ガンダムSEED

「SEED」の終盤でナタルとマリューさんの感動的なやりとりが描かれており、玉置さんはそれを観て何度も泣いていると語っている。

また、玉置さんをモデルにしたキャラクターのシホ・ハーネンフースも登場しており、ナタルとはまた別枠で大切にしているという。

劇場版のサポーターソング「Reborn」は、玉置さんが「ガンダムSEED」の楽曲を歌っていた当時の懐かしさを込めて歌ったもので、哀愁漂うところが「ガンダムSEED」の曲の良さだと語っている。

この曲は、shungo.が作詞を担当しており、劇場版への盛り上がりを一層感じさせる楽曲となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 玉置成実、『ガンダムseed』14歳でopデビューから20年...