Academic Box Logo

虚の玉座の謎に迫る!イム様の正体と能力を徹底解説

ライターのYUKOです。虚の玉座に隠された謎を探りましょう。本記事では、イム様の正体と能力について徹底解説していきます。

聖地マリージョアの「世界の王」イム様の正体

聖地マリージョアにいる「世界の王」と呼ばれる人物の正体とは?

イム様

聖地マリージョアにある「虚の玉座」に座る人物であるイム様は、五老星を跪かせるほどの権力者です。

その正体は不明ですが、ドレスローザ編に登場したシュガーとの共通点から考察することができます。

シュガーとイム様はどちらも周囲の記憶から抹消する能力を持ち、どちらも最高権力者の近くにいるという点で共通しています。

このことから、イム様がシュガーの上位の存在である可能性が示唆されます。

また、マリージョアの国宝や古代兵器、ゴッドバレー事件との関係も注目されています。

詳しくみる ⇒参照元: イム様の正体考察!マリージョアの国宝ゴッドバレーとの関係は?...

世界政府の真の支配者、イム

世界政府の真の最高権力者は誰?

イム

世界政府を統べる五老星のさらに上に君臨する謎の存在がイムです。

その姿は不気味な目とアンバランスなシルエットしか明らかになっておらず、性別や年齢、詳しい容姿は不明です。

誰も座ることが許されない”虚の玉座”に唯一座ることが許されており、世界会議(レヴェリー)編で初めて登場しました。

聖地マリージョアのパンゲア城に居を構え、虫や植物と戯れる姿が描かれています。

モンキー・D・ルフィや黒ひげ、しらほし、ネフェルタリ・ビビなどの写真を持っており、彼らに対して何かしらの関心を持っているようです。

詳しくみる ⇒参照元: イム(One Piece)の徹底解説・考察まとめ

謎多きワンピースのイム様:その特異な外見

ワンピースの重要な人物であるイム様の体の構造で、最も顕著なものは何?

二重丸を描く黒目

イム様は、聖地マリージョアに在住する謎に包まれた人物です。

その正体や性別は不明で、シルエットからしかその姿は確認できません。

イム様の姿で明らかなのは、黒目を二重丸で描いた独特な目と、長く尖った頭部です。

また、腕は頭部に対してやや下から生えていて、ローブを着て長い髪をしています。

詳しくみる ⇒参照元: ワンピース:イム様の能力とは!?最初の悪魔の実を食べたのはイ...

イム様の地位の考察

虚の玉座の周りに突き立てられた剣の本数は何本か?

19本

イム様の地位を考察するための手がかりの一つに、虚の玉座の周りに突き立てられた剣の本数が挙げられます。

この剣は世界を創設した20人の王が誓いのために突き立てたものとされています。

しかし、イム様が虚の玉座に座っているシーンでは、剣は19本しか確認できません。

さらに、庭のような場所で1本の剣が地面に突き立てられていることから、これが最後の1本ではないかと推測されています。

もしこの剣が20本のうちの1本だとすると、イム様は天竜人の末裔ではなく、20人の王の一人である可能性が浮上します。

詳しくみる ⇒参照元: 【ワンピース】イム様の正体や目的を徹底考察!名前にもヒントが...

謎に包まれたイム

五老星がひざまずいた“虚の玉座”に腰をかけた謎の人物とは誰?

イム

イムは、世界政府最高権力機関である五老星がひざまずくほどの権力を持つ人物で、誰もが座ることを許されない“虚の玉座”に腰を下ろしました。

イムの姿や声は明らかになっていないため、性別や年齢、容姿など、そのすべてが謎に包まれています。

また、イムはアラバスタ王国の女王ネフェルタリ・リリィの手紙の詳しい内容を知ろうとしたり、リリィの本当の名前がネフェルタリ・D・リリィであることを知り、謎の存在感を示しています。

詳しくみる ⇒参照元: イム(One Piece)の徹底解説・考察まとめ

イムの窮屈な家

イムは聖地マリーから出たことがある?

3ヶ所のみ

イムは聖地マリーで閉じ込められているが、過去に3ヶ所に出向いたことがある。

世界の巨悪とされながらも、その3ヶ所以外には出向いておらず、マリーに閉じられたまま世界を支配している。

詳しくみる ⇒参照元: Google

イム様の正体と能力

イム様は悪魔の実の能力でどのような生物に変身できますか?

ドラゴン・悪魔

世界最高権力とされる五老星からも様付けで呼ばれる謎多き人物、イム様。

906話で初登場したイム様は、世界政府の総帥にすら君臨する存在であり、パンゲア城内の「花の部屋」で蝶と戯れる姿が目撃されています。

赤い目の中に黒い円が2つ存在し、頭には細長い王冠のようなものを載せています。

また、長いローブを羽織り、小柄な女性の姿をしています。

908話では、五老星の前で「虚の玉座」に座る姿が描かれており、世界にたった一人の「王」を示唆しています。

イム様は悪魔の実の能力でドラゴンと悪魔に変身することができ、906話では五老星が銃と刀を手にしていたため、攻撃を放ったのはイム様本人だと推測されています。

さらに、イム様は矢や尻尾を放って攻撃することも可能です。

イム様には「神の騎士団」という組織が守っている可能性があり、五老星直属の騎士団である可能性も指摘されています。

詳しくみる ⇒参照元: Google