Academic Box Logo

濁さず去る者の品格:「立つ鳥跡を濁さず」の意味と類義語

ライターのYUKINOです。今回は「立つ鳥跡を濁さず」の意味と類義語についてご紹介します。

立つ鳥跡を濁さないことの重要性

別れの際には後始末を済ませておくべき理由を説明してください

後始末をしないと悪い印象が残るから。

後始末をせず立ち去ると、後任に迷惑をかけたり、関係者に不快感を与えたりする可能性があります。

そのため、立ち去るときは引き際を潔くし、後始末を済ませておくことが重要です。

このことは「立つ鳥跡を濁さず」ということわざにも表れています。

このことわざは、離れる際には後始末をきちんとして、良い印象を残すべきという意味です。

また、類似表現として「立つ鳥跡を濁さず、飛ぶ鳥跡を濁さず」というものもあり、どちらも同じ意味を表しています。

詳しくみる ⇒参照元: 「立つ鳥跡を濁さず」の意味は?「飛ぶ鳥跡を濁さず」は間違い?

「立つ鳥跡を濁さず」の意味と使い方

去る前に何をすべきとされている?

跡始末をすべき

「立つ鳥跡を濁さず」とは、去る前に跡始末をきちんと行うべきという意味のことわざです。

これは、水鳥が水辺から飛び立つとき、着水地点の水を濁らさずに飛び立つ様子から来ています。

転じて、人間がその場を去るときに、後腐れのないように物事を整理整頓して去ることを意味します。

職場を異動や退職するときや、恋愛で別れるときなどに用いられます。

詳しくみる ⇒参照元: 「立つ鳥跡を濁さず」の意味や語源は?類語、対義語、英語表現も...

退職時の心得「立つ鳥跡を汚さず」

退職時に「立つ鳥跡を汚さず」を実践するにはどうすればよいですか?

きちん片付ける

「立つ鳥跡を汚さず」とは、去り際に後始末を済ませて迷惑を残さないことを意味します。

退職時には、以下の方法で実践できます。

nn・引き継ぎを丁寧に行うn・業務を完了させておくn・挨拶をしてから退社するn・使用した物品や場所を整理整頓するnnこれらを実践することで、退職後の職場環境を良好に保ち、後任や同者に迷惑をかけずに退社できます。

詳しくみる ⇒参照元: 「立つ鳥跡を濁さず」の意味は?「飛ぶ鳥跡を濁さず」は間違い?

「立つ鳥」か「飛ぶ鳥」か

「立つ鳥跡を濁さず」と「飛ぶ鳥跡を濁さず」、どちらが正しいことわざ?

どちらも正しい

古くから使われてきたことわざ「立つ鳥跡を濁さず」と江戸時代に使用され始めた「飛ぶ鳥跡を濁さず」は、どちらも正しい表現。

ただし、元々は「立つ」が用いられていたが、「飛ぶ」が飛び立つという意味でも使われるようになったため、「飛ぶ鳥跡を濁さず」も誤用とは言えない。

どちらも長らく日本で使われてきたことわざである。

詳しくみる ⇒参照元: 「飛ぶ鳥跡を濁さず」の意味は? 間違いなのかや英語表現も紹介

立つ鳥跡を濁さず

たとえ去り際であっても、元の場所を綺麗にするべき理由は何ですか?

元いた場所に迷惑をかけないため

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざは、水鳥が飛び立った後の池が綺麗であることに由来します。

これは、去る者は跡始末をきちんとして、見苦しくないようにするべきという戒めであり、後に引きずることなく、さっと引き際良く去るべきという意味も含まれます。

つまり、新しい道に進むときは、元の場所を綺麗にしてから去るべきなのです。

このことは、異動や転勤など、職場を去るときにも当てはまり、迷惑のかからないように荷物を持ち帰ったり、仕事の引継ぎをしたりすることが「立つ鳥跡を濁さず」とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 「立つ鳥跡を濁さず」の意味や語源は?類語、対義語、英語表現も...

「飛ぶ鳥跡を濁さず」の「跡」の意味

「飛ぶ鳥跡を濁さず」ということわざの「跡」とは何を指す?

痕跡

「飛ぶ鳥跡を濁さず」のことわざの「跡」は、「空間的・時間的な後ろ」を意味する「後」ではなく、「痕跡」を意味します。

これは、水鳥が飛び立った後の水面が清らかであることから、「後始末をきちんとすべきだ」という意味で生まれたことわざだからです。

そのため、正しくは「飛ぶ鳥跡を濁さず」で、「飛ぶ鳥後を濁さず」ではありません。

詳しくみる ⇒参照元: 「飛ぶ鳥跡を濁さず」の意味は? 間違いなのかや英語表現も紹介