Academic Box Logo

【シェーグレン症候群】原因、症状、治療法

シェーグレン症候群について、一緒に学んでいきましょう。この病気は、普段私たちが当たり前に感じている涙や唾液の出が減ってしまうというもので、辛い症状を引き起こす可能性があるんです。

シェーグレン

シェーグレン症候群の症状と分類

シェーグレン症候群は、主に涙腺と唾液腺を攻撃する自己免疫疾患で、全身の臓器に影響を与える場合があります。

一次性シェーグレン症候群は、単一の症状のみを示す場合(ドライアイや口腔乾燥など)や、リンパ球浸潤による臓器病変や自己抗体産生を伴う場合があり、約5%の患者では悪性リンパ腫や原発性マクログロブリン血症を発症します。

年齢層は50歳代にピークがあり、女性に多く発症します。

➡️ 続きを読むシェーグレン症候群(指定難病53)難病情報センター – Japan Intractable Diseases Information Center難病情報センター – Japan Intractable Diseases Information Center出典: https://www.nanbyou.or.jp/entry/111

シェーグレン症候群は、免疫システムの異常によって涙や唾液の分泌が低下する病気なんですね。知らないだけで身近に抱えている方もいるかもしれません。この病気への理解を深めて、必要なサポートができるといいですね。

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群の治療法

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群の発症要因はどれですか?

複雑な要因の相互作用

シェーグレン症候群は、乾燥症状や疾患の進行を防ぐことを目的とした対症療法が行われます。

具体的には、目の乾燥には点眼や乾燥した場所の回避、皮膚の保湿が推奨されます。

ドライアイには涙の分泌促進薬や補充点眼、蒸発防止用の眼鏡が使用されます。

ドライマウスには唾液分泌促進剤や人工唾液、虫歯や真菌感染予防に抗真菌剤や保湿剤が用いられます。

➡️ 続きを読む【難病】菊池桃子の病気・シェーグレン症候群とは?症状・原因・...HAPIEEHAPIEE出典/画像元: https://hapiee.com/sjogrens-syndrome

年齢や性別に偏りがあることも興味深いです。特に、女性の方が多いというデータが出ています。この病気のメカニズムや、なぜ女性に多いのかといった疑問点も今後解き明かされていくと、さらなる治療や予防につながるかもしれませんね。

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群:涙と唾液の悩み

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群の患者数はどのくらい?

約7万人

シェーグレン症候群は、免疫の異常により涙腺や唾液腺が破壊される自己免疫疾患です。

2011年の厚生労働省の調査では、日本の患者数は約7万人と推定されています。

女性に多く、平均年齢は60歳です。

シェーグレン症候群の生存率は一般の人と差がありませんが、涙腺や唾液腺以外の臓器に影響が及ぶと死亡率が上昇します。

➡️ 続きを読む『医師監修・作成』シェーグレン症候群とは?病気のしくみ、関連...医師たちがつくるオンライン医療事典MEDLEY(メドレー)医師たちがつくるオンライン医療事典MEDLEY(メドレー)出典/画像元: https://medley.life/diseases/54ce265e6ef458ce000bd3cd/details/knowledge/about/

対症療法では、目の乾燥には点眼薬や乾燥した場所の回避、皮膚の保湿などが推奨されているんですね。症状に合わせて適切なケアを行うことが、日常生活を快適に過ごすために役立つでしょう。

菊池桃子 シェーグレン

菊池桃子、シェーグレン症候群の噂に対する真相が明らかに

インターネット上で菊池桃子がシェーグレン症候群であるという噂が広まっていますが、この噂は誤りであることが判明しました。

現在まで、菊池桃子がシェーグレン症候群であることを示唆する信頼できる情報は見つかっていません。

➡️ 続きを読む検索結果 「菊池桃子 シェーグレン」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=菊池桃子 シェーグレン

シェーグレン症候群の生存率は一般の人と変わらないとのことですが、臓器に影響が出ると死亡率が上昇するとは驚きでした。症状以外にも、健康管理に気を配ることが大切ですね。

相違

ミクリッツ病とシェーグレン症候群の相違

ミクリッツ病とシェーグレン症候群は涙腺と唾液腺に影響を与える点で類似していますが、病気としては異なります。

主な違いは、ミクリッツ病はステロイド治療で症状が改善するのに対し、シェーグレン症候群はステロイド治療の効果が期待できないという点です。

このステロイドに対する反応の違いは、治療方針の決定に重要な意味を持ちます。

シェーグレン症候群は指定難病に指定されており、一定の重症度を超えると医療費助成を受けることができます。

医療費助成を受けるには、必要書類の提出と指定医による臨床調査票の作成が必要で、認定までに3ヶ月程度かかります。

➡️ 続きを読む『医師監修・作成』シェーグレン症候群とは?病気のしくみ、関連...医師たちがつくるオンライン医療事典MEDLEY(メドレー)医師たちがつくるオンライン医療事典MEDLEY(メドレー)出典: https://medley.life/diseases/54ce265e6ef458ce000bd3cd/details/knowledge/about/

菊池桃子さんがシェーグレン症候群ではないと判明したんですね。インターネット上の情報は鵜呑みにせず、信頼できる情報源を確認することが大切ですね。

シェーグレン症候群

芸能人も患うシェーグレン症候群

シェーグレン症候群

自己免疫疾患のシェーグレン症候群を患っている芸能人は?

西村ゆか

自己免疫疾患の一つで指定難病とされているシェーグレン症候群は、2022年9月にひろゆき氏の妻・西村ゆかさんが患っていることを告白しました。

シェーグレン症候群は、症状が強く出ないこともありますが、倦怠感や身体の痺れなど、併発する症状が出ることもあります。

➡️ 続きを読むシェーグレン症候群の芸能人は誰?割合はどれくらい?検査はどこ...これオモ.com | 世の中のニッチなネタを届けるコンテンツ。旬の話題やまとめを発信します。これオモ.com | 世の中のニッチなネタを届けるコンテンツ。旬の話題やまとめを発信します。出典/画像元: https://collini-movie.com/sjogren-syndrom-yuneijin-wariai/

ステロイド治療に反応するミクリッツ病と反応しないシェーグレン症候群の違いが治療方針の決め手となるというのは、興味深いですね。これまで以上に治療法の選択肢が増えることを期待したいです。

有名人が自身の病気を公表することは、認知度の向上や理解につながりますよね。ひろゆきさんの妻である西村ゆかさんが患われているという告白も、この病気について知るきっかけになったのではないでしょうか。