Academic Box Logo

日本のテロ事件ランキング:過去20年の重大事件を振り返る

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、過去20年間の日本の重大テロ事件をランキング形式でご紹介します。

近年における過激派組織によるテロ事件

過激派組織が関与した、近年で最も死傷者の多かったテロ事件は何か?

ISISのシリアとイラク攻撃

近年、過激派組織が関与する大規模なテロ事件が世界中で発生しています。

最も死傷者の多かった事件は、ISISによるシリアとイラクへの攻撃で、数百人が死亡し、数え切れないほどの人が負傷しました。

また、ボコ・ハラムによるナイジェリア攻撃や、ISISに傾倒した夫婦によるカリフォルニア州バーナーディーノ銃乱射事件なども、多数の死傷者を出しています。

詳しくみる ⇒参照元: 世界地図で見る、過去20年で発生したテロ攻撃とその被害

日本赤軍の沿革

日本赤軍が組織されたきっかけは何ですか?

極左暴力集団の国際根拠地建設構想

極左暴力集団である共産主義者同盟赤軍派(赤軍派)は、「国際根拠地建設」構想に基づき、昭和46年に重信房子らによってレバノンで日本赤軍を組織しました。

彼らはパレスチナ解放人民戦線(PFLP)と接触し、支援を受けて赤軍派アラブ支部を設立しました。

赤軍派アラブ支部はその後、日本赤軍として独立し、テルアビブ・ロッド空港銃乱射事件をはじめとする在外公館占拠やハイジャックによるテロ事件を起こしました。

詳しくみる ⇒参照元: 第3項 我が国に関連した主なテロ事件等

テロ組織の変遷と現状

日本赤軍の「解散」宣言の真意は?

テロ組織としての本質を隠蔽

日本赤軍は2013年に「解散」を宣言しましたが、依然として過去のテロ事件を称賛しており、7人の構成員が逃亡中です。

警察は「解散」が本質を隠蔽するものであり、テロ組織としての危険性は依然として残っているとみています。

逃亡中の構成員の検挙と組織の活動実態の解明に向けた取り組みが続けられています。

また、日本赤軍とは別に、「よど号」グループが北朝鮮に滞在しており、機関誌やインターネットを通じて帰国を主張していますが、具体的な動きはありません。

警察は国際手配中のグループメンバーの逮捕状を取得し、ICPOを通じて国際手配を行っています。

詳しくみる ⇒参照元: 第3項 我が国に関連した主なテロ事件等