Academic Box Logo

ビ・ハイア清水有高、パワハラ疑惑?真相とは!?

ビ・ハイア清水有高、パワハラ疑惑?真相とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 清水有高氏が代表を務めるビ・ハイア株式会社について解説します。

💡 ビ・ハイアが運営する求人サイト「ラクジョブ」の特徴を紹介します。

💡 ビ・ハイアに対するパワハラ疑惑について検証します。

では、最初の章から詳しく見ていきましょう。

ビ・ハイア代表の清水有高のプロフィールとそのキャリア

清水有高氏は、アニメ業界の課題を解決するために「ラクジョブ」を立ち上げたとのことですね。

🔖 関連記事の要約!清水有高プロフィール
清水有高プロフィール

✅ 清水有高氏は、アニメ、ゲーム、マンガ業界の転職を専門とする求人サイト「ラクジョブ」を立ち上げた人物です。同氏はアニメ会社で働いていた際に、業界の求人情報不足に課題を感じ、転職しやすい環境を作るためにラクジョブを創設しました。

✅ 清水氏は、ゲーム業界においても長年人材紹介や派遣の仕事をしてきた経験から、ゲームクリエイターの転職を支援したいという強い想いを持っています。ラクジョブは、ゲーム業界の経験者だけで1.5万人、未経験者を含めると数万人の会員を抱えるまでに成長しました。

✅ 清水氏は、マンガ業界についても、その多様性と他の業界との強い繋がりを認識しています。ラクジョブは、マンガ業界の編集社の募集からアシスタントの募集まで、幅広い求人情報を提供することで、マンガ業界の転職を支援しています。

さらに読む ⇒求人情報 RAKU-JOB アニメ・ゲーム・マンガ専門求人サイト ラクジョブ求人情報 RAKU-JOB アニメ・ゲーム・マンガ専門求人サイト ラクジョブ出典/画像元: https://raku-job.jp/news/shimizu/

ゲーム業界の経験者だけで1.5万人、未経験者を含めると数万人の会員を抱えるまでになったのは、清水有高氏の情熱と努力の賜物と言えるでしょう。

清水有高はビ・ハイアの代表取締役社長で、「ラクジョブ」というアニメ、ゲーム、マンガ業界に特化した求人サイトを運営しています。彼はこの業界の大ファンで、転職希望者を支援するために「ラクジョブ」を立ち上げました。当初は登録者がゼロでしたが、現在はアニメ業界経験者が2,000名以上、未経験者も含めると1万人以上の登録者がいます。また、ゲーム業界の転職支援にも長年携わり、ゲームクリエイターの転職をサポートしています。ゲーム業界経験者だけで約1.5万人の登録者がいます。さらに、マンガ業界でも採用支援を行っています。清水有高は滋賀県出身で、滋賀県立大学を卒業後、ベンチャー企業の役員やアニメーション会社に勤務しました。2005年にビ・ハイアを設立し、独立を果たしました。ビ・ハイアは漫画・アニメ・ゲーム業界の求人・転職に関する情報発信や経営サポートを行っています。

へぇー、清水って人、めっちゃ熱心なんやねー!

そうじゃねー?アニメ、ゲーム、マンガ好きにはたまらんサイトじゃろ。

清水有高さん、若いのにすごいわね〜。でも、才能だけでは成功出来ないのよ。

ビ・ハイアに対するパワハラ疑惑

パワハラ疑惑は深刻な問題ですね。

🔖 関連記事の要約!親と絶縁させ、睡眠も取らせず、休日も行動に同伴…社員が自殺した゛ビ・ハイア社長゛
親と絶縁させ、睡眠も取らせず、休日も行動に同伴…社員が自殺した゛ビ・ハイア社長゛

✅ ビ・ハイア株式会社の元社員である大山莉加さんが、同社の清水有高社長から不当な借金を背負わされ、給料なしで働かされ睡眠も奪われていたこと、そして清水社長から「死んだ方がまし」などと言われたことなどが原因となり、昨年2月25日に自殺した。

✅ 清水社長は、大山さんの自殺について自身の言動と無関係であると主張しているが、大山さんが自殺前に父親と清水社長に送ったメールには「2300万円の負債」という記述があり、不当な借金が心理的負担になっていたことがわかる。

✅ 元同僚の大下周平さんと桜井悠太さんは、清水社長から親との関係を絶つように勧められた経験を語り、清水社長が支配的で、社員を精神的に追い詰めるような行為を行っていたことを明らかにした。

さらに読む ⇒ビジネスジャーナルビジネスジャーナル出典/画像元: https://biz-journal.jp/company/post_26408.html

自殺した大山さんの父親と清水社長に送られたメールの内容は、非常にショッキングです。

ビ・ハイアの元従業員である大山莉加さんは、社長の清水有高からパワハラを受け、自殺しました。清水有高はパワハラを否定していますが、元従業員たちは清水有高が社員に対して暴言や罵倒を繰り返し、給料を支払わず、行動を監視していたと証言しています。清水有高は過去にもパワハラ疑惑があり、元従業員からは「最悪な会社」「入る前の話・印象は嘘だらけ」などの声が上がっています。また、裁判では、ビ・ハイア側は原告が主張する「5分おきのLINE」については指示していない、「奴隷的な生活」は原告側が望んだものと主張しています。

まじかよ、清水って人、そんなことする人やったん?

うっわ、怖すぎやろ。こんな会社、絶対やだ。

若い者が、あんなに追い詰められるなんて可哀想だわ…。

清水有高の挫折と起業

日本アニメは海外で人気が高まっているのは喜ばしいですが、制作現場の状況は厳しいようですね。

🔖 関連記事の要約!破格の安値」でファン増やした日本アニメ、制作現場は「破綻寸前」:朝日新聞デジタル

公開日:2023/07/15

破格の安値」でファン増やした日本アニメ、制作現場は「破綻寸前」:朝日新聞デジタル

✅ 近年、日本アニメは海外で人気が高まっており、その市場規模は10年で倍以上に拡大しました。これは動画配信サービスの普及と、日本アニメが幅広い世代に受け入れられていることが要因です。

✅ しかし、制作現場では、安価な制作費による経営難や、アニメーターの長時間労働など、深刻な問題も抱えています。

✅ 海外での人気拡大と、制作現場の疲弊という、対照的な状況が日本アニメを取り巻いています。

さらに読む ⇒朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト出典/画像元: https://www.asahi.com/articles/ASR7G4HFXR6RUCVL02W.html

清水有高氏が、クリエイターや編集者を目指した経験は、今のビ・ハイアの活動に繋がっているのでしょう。

清水有高は当初、アニメ業界でクリエイターになることを目指していましたが、自分の才能の限界を感じて諦めました。その後、出版社の編集者を目指しましたが、それも自分のやりたいことではないと気づきました。悩んだ末に、アニメ・ゲーム・マンガ業界に関わるには「作れないなら作ってもらえばいい」と考え、「ラクジョブ」を立ち上げました。

清水って人、色々苦労してきたんやなー。

やっぱ、成功する人はみんな苦労してるんかな〜。

人の才能って、なかなか開花しないものね。

清水有高の不登校経験と講演活動

不登校の子供たちにとって、安冨教授の考え方はとても勇気づけられるものだと思います。

🔖 関連記事の要約!東大生より不登校のほうが人生を始めやすい理由 東大教授・安冨歩 / 不登校新聞
東大生より不登校のほうが人生を始めやすい理由 東大教授・安冨歩 / 不登校新聞

✅ 安冨歩教授は、多くの人が自分自身でないもののフリをして生きているため苦しんでいると指摘し、それは親から押しつけられた社会システムに適応しようとすることから生まれていると説明しています。

✅ 不登校やひきこもりは、そのシステムへの適応を拒否した結果であり、東大生のようにシステムに順応した状態よりも、自分自身に戻りやすいという意味で健全であると主張しています。

✅ 社会が自分自身でない状態での生き方を強いるため、多くの人は自分を殺して生きているようなものであり、自分自身の判断や感覚を信じることが重要だと強調しています。

さらに読む ⇒「どんな経験でも自分の武器になる」ライトノベル『キノの旅』作者が若者に伝えたいこと / 不登校新聞「どんな経験でも自分の武器になる」ライトノベル『キノの旅』作者が若者に伝えたいこと / 不登校新聞出典/画像元: https://futoko.publishers.fm/article/17041/

セミナーの内容が、不登校の子供たちや親にとって役立つことを願っています。

清水有高は不登校経験があり、東京大学の安冨歩教授と共同で、不登校の子供や親向けのセミナーを開催しています。このセミナーでは、清水有高自身の不登校経験や、安冨教授の著書『ありのままの私』の内容を元に、不登校の子供たちに可能性に満ちた世界を伝えたいという思いが込められています。セミナーは東京大学で開催され、東京大学以外の参加も可能です。参加費は無料で、あらゆる年齢層の方の参加を歓迎しています。

清水も不登校やったんや!意外やなー。

不登校って、別に悪いことじゃないと思うけんね。

不登校って、現代社会の病だわね。

ラクジョブとYouTubeチャンネル

ラクジョブの登録者数が1万人以上というのは、清水有高氏が築き上げた実績ですね。

🔖 関連記事の要約!一月万冊ショップ

公開日:2024/05/14

一月万冊ショップ

✅ ページレイアウトが変更されました。

✅ 平田悠貴さんは運営スタッフとしてお手伝いしています。

✅ 変更の詳細については記事をご覧ください。

さらに読む ⇒一月万冊ショップ一月万冊ショップ出典/画像元: https://shop.readman.jp/

YouTubeチャンネル「一月万冊」は、読書好きの方にとっては魅力的なコンテンツだと思います。

「ラクジョブ」は現在、アニメ業界経験者が2,000名以上、未経験者も含めると1万人以上の登録者がいます。ゲーム業界経験者だけで約1.5万人の登録者がいます。清水有高は読書家でもあり、YouTubeチャンネル「一月万冊」で読書に関する動画を配信しています。チャンネル登録者数は約8500人で、再生回数は240万分以上です。

清水って人、読書もするんや!意外やなー。

読書家って、なんかモテそうじゃん。

最近は、若い者が本を読まなくなったって言うけど、清水さんみたいに本を読む人もいるのよ。

本日は、ビ・ハイアと清水有高氏についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 ビ・ハイアはアニメ、ゲーム、マンガ業界の求人サイト「ラクジョブ」を運営しています。

💡 ビ・ハイアはパワハラ疑惑の渦中にあり、元従業員の自殺という悲しい事件も発生しました。

💡 清水有高氏は、不登校経験を克服し、自身と同じ境遇の子供たちを支援する活動をしています。