Academic Box Logo

【七つの大罪の最終回が「ひどい」と言われている理由】粗い作画と駆け足展開が要因か

七つの大罪の最終回に関するこの記事では、作画の粗さと駆け足展開が「ひどい」と言われる要因となっているようです。

不評

七つの大罪の不評の理由

七つの大罪は、最終回やアニメ、映画が「ひどい」という感想を多く持たれています。

最終回の終わり方は、メリオダスとエリザベスが結婚し、ハッピーエンドを迎えます。

しかし、アニメでは作画が粗く、ストーリー展開が駆け足で感情移入できなかったことが「ひどい」と言われる要因となっています

また、エスカノールの死やキャス、魔人王の戦いがつまらなかったことも挙げられます。

➡️ 続きを読む【七つの大罪(アニメ)】最終回の終わり方や映画がひどいといわ...Anitage+Anitage+出典: https://bitsend.jp/7taizai-final-episode/

確かに、作画が粗くストーリーが駆け足で進行するのは残念ですね。感情移入が難しくなってしまうのはわかります。エスカノールの死やキャス、魔人王の戦いがつまらなかったという意見にもうなずけます。

感動

七つの大罪の感動的な結末

七つの大罪の最終回では、トリスタンが誕生日を迎え、七つの大罪が国を転覆させようとしていると勘違いして混乱に陥るシーンが描かれています。

しかし、真実を知ったトリスタンの涙は感動的です。

また、ゴウセルがトリスタンに七つの大罪の記憶を贈るシーンは、過去の冒険を振り返るとともに、新しい世代へのバトンタッチを感じさせます。

そして、メリオダスがトリスタンに将来の夢を尋ねる場面で、トリスタンは「七つの大罪!

と答えます。

これは、シリーズの締めくくりとしてふさわしい結末です。

七つの大罪の世界は、感動と冒険に満ちており、多くの読者に勇気と夢を与えました。

➡️ 続きを読む七つの大罪 :最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹...たかねぎブログたかねぎブログ出典: https://anime-comics.com/nanatunotaizai-saisyuukai-3314

一方、感動的なシーンや新しい世代へのバトンタッチを予感させる描写があったという意見も興味深いです。特に、トリスタンが七つの大罪の名前を挙げるところは、シリーズの締めくくりとしてぴったりだったのではないでしょうか。

七つの大罪 終わり方 ひどい

七つの大罪の結末は酷かった?

「七つの大罪」の終わり方がひどかったという噂は、限られた情報源に基づく憶測であるようだ。

大規模な調査や公式発表でこの噂が裏付けられているわけではない。

ファンの中には結末が期待外れだったと感じる人もいるかもしれないが、最終的に物語の評価は個人の主観に委ねられている。

➡️ 続きを読む検索結果 「七つの大罪 終わり方 ひどい」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=七つの大罪 終わり方 ひどい

最終回の評価については、確かに賛否両論あるようですね。限られた情報源に基づく憶測という意見もあるようですが、ファンとしてはやはり気になる話題です。

次世代キャラの名前の由来と「七つの大罪」の魅力

「七つの大罪」の最終回では、メリオダスとエリザベスの子ども「トリスタン」、バンとエレインの子ども「ランスロット」が登場しました。

これらの名前は、アーサー王伝説に登場する「円卓の騎士」から取られています。

特にランスロットは、王妃との不倫が物語に大きな影響を与えた人物です。

物語には他にも「アーサー」「マーリン」「エレイン」といった、アーサー王伝説から影響を受けた名前が使われています。

これにより物語はより魅力的になり、多くのファンを惹きつけています。

➡️ 続きを読む七つの大罪 :最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹...たかねぎブログたかねぎブログ出典: https://anime-comics.com/nanatunotaizai-saisyuukai-3314

アーサー王伝説からインスパイアされた名前が登場するあたり、物語に深みが出てきますよね。アーサー、マーリン、エレインなど、馴染みのある名前が出てくることで物語に入り込みやすいのではないでしょうか。