Academic Box Logo

終末のワルキューレ: アポロンとレオニダスの激闘と衝撃の結果

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、人気漫画「終末のワルキューレ」について語ります。特に、アポロンと霎ニダスの激しい戦いと、その衝撃的な結末について掘り下げていきます。

終末のワルキューレのラグナロク対戦結果

神とのタイマン勝負で人類代表の初戦を戦ったのは誰?

呂布奉先

神VS人類のタイマン勝負である「ラグナロク」では、第1回戦は北欧最強の雷の狂戦士であるトールと、中華最強の英雄である呂布奉先が対戦した。

トールの雷の狂戦士としての高い実力と呂布の戦闘狂ぶりによって、会場のテンションは最高潮に達し、激戦が繰り広げられた。

詳しくみる ⇒参照元: 「終末のワルキューレ」組み合わせ・対戦結果表まとめ!最強キャ...

終末のワルキューレ80話:アポロンの神器と空中着地

レオニダスの攻撃によって、アポロンはどのような状態になった?

地上に落下せずに空中にとどまった

神々の王アポロンが持つ神器「アルテミスの糸」は、竪琴や盾、光の矢など、状況に応じて姿を変える摩訶不思議な武器です。

前回、レオニダスの渾身の一撃がアポロンにダメージを与えたものの、アポロンは地上に落下することなく、空中で体勢を立て直して悠々と着地しました。

詳しくみる ⇒参照元: 終末のワルキューレ80話: アポロンの神器が明らかに!

アポロンのハンデ

なぜアポロンは糸を使って範囲を区切ったのか?

ハンデを課すため

アポロンは戦いの範囲を限定するために糸を使用しました。

これはレオニダスにハンデを与えることで、レオニダスの得意な撃ち合いを封じることを目的としていました。

また、アポロンはレオニダスを挑発し、自らのルールに従わせようとしていました。

レオニダスはアポロンの挑発に乗り、自らの得意分野で戦うことを余儀なくされました。

このハンデによって、戦いはより複雑なものとなり、レオニダスがいかにアポロンのルールを破り、自身の得意分野で戦うかが見どころとなっています。

詳しくみる ⇒参照元: 終末のワルキューレ 80話 ポイボス・アポロン の感想

決着の時

アポロンが二人に線を引いた理由は?

周囲の言葉を遮断するため

アポロンとレオニダスの戦いはアポロンの一方的な展開となり、レオニダスの部下たちはアポロンの動きさえ止められればレオニダスが勝つと悔しがる。

神側はリスクを冒す戦い方をする必要はなく、勝てばよいと主張する。

アポロンは周囲の雑音を遮断するために、アルテミスの糸で二人の両脇に線を引いた。

詳しくみる ⇒参照元: 終末のワルキューレ80話: アポロンの神器が明らかに!

逆境のレオニダス

アポロンの攻撃に全く当たらない相手をどう倒す?

足を止める

レオニダスはアポロンの攻撃を回避し続け、劣勢に立たされていた。

部下のハギスは、アポロンの足を止めれば倒せると声援を送った。

この声がアポロンに聞こえ、ハギス以外も逃げるなと叫んだ。

神なら正々堂々と戦えという無茶な要求だったが、隊長がやられるのを嫌がったためだった。

アポロンはこれに反応し、何かが起きる予感が漂った。

詳しくみる ⇒参照元: 終末のワルキューレ 80話 ポイボス・アポロン の感想

アポロンjrへの糸の攻撃

アポロンjrには糸が刺さっていたでしょうか?

刺さっていた

アポロンjrが真っ二つになっている絵があり、それに関して「どう見ても刺さってる」と解説されているため、アポロンjrには糸が刺さっていたと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 終末のワルキューレ 80話 ポイボス・アポロン の感想