Academic Box Logo

エキスポランドジェットコースター事故の検証?ここがポイント!エキスポランドは大丈夫だったの?閉園の真相とは!!?

エキスポランドジェットコースター事故の検証?ここがポイント!エキスポランドは大丈夫だったの?閉園の真相とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 2007年5月5日に発生したこの痛ましい事故では、車軸の疲労破壊が原因でジェットコースターが脱線し、1名の19歳女性の死亡と21名の負傷者が出ました。

💡 事故の原因は、定期点検の不備や保守体制の不備、設計上の問題など、複合的な要因が重なったものでした。

💡 この事故をきっかけに、遊園地の安全管理の重要性が改めて認識されました。

それではまず、エキスポランドで発生したジェットコースター事故について、詳しくご紹介します。

エキスポランドジェットコースター事故の発生

Chapter-1では、事故の発生とその原因について詳しく見ていきます。

🔖 関連記事の要約!設計失敗事例~エキスポランド・ジェットコースター事故~

公開日:2022/04/30

設計失敗事例~エキスポランド・ジェットコースター事故~

✅ 2007年5月5日、大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で発生したジェットコースター「風神雷神II」の脱線事故は、日本の遊園地史上最悪の事故として記録されています。この事故では、1名の19歳女性が死亡し、21名が負傷するという惨事となりました。事故現場は凄惨で、被害女性の頭部が車両と足場の手すりに挟まれたとされています。

✅ 事故の原因は、ジェットコースターの2両目車両の片側の車輪が脱落したことによるものでした。車輪が脱落したのは、車輪ユニットを固定していたシャフトが疲労破壊を起こしたためでした。このシャフトは、ジェットコースターの急な加減速や上昇下降を繰り返す動作によって、絶えず方向が変化する激しい力を受け、金属疲労が発生していました。さらに、エキスポランドでは、定期的な車輪部の詳細検査が実施されておらず、保守説明書に記載されていた車輪の交換時期(8年)が把握されていませんでした。

✅ この事故は、エキスポランド側の経営状況が背景にあったとされています。2001年に大阪府にユニバーサルスタジオジャパンが開業した影響で入場者数が減少していたエキスポランドは、来場者数を増やすために新アトラクションの導入を優先し、既存機種のメンテナンスや検査が後回しにされていました。また、設計上の問題として、シャフトの疲労破壊が発生した場合に安全側に壊れる「フェールセーフ構造」が備わっていなかったこと、保守・検査が容易に行えるように配慮されていなかったこと、保守説明書に記載された注意事項がユーザーに適切に伝わっていなかったことが挙げられます。

さらに読む ⇒HOMEHOME出典/画像元: https://sibucho-laboratory.com/expoland/

ずさんな安全管理体制や不十分な保守が、この悲惨な事故を招いてしまったのです。

2007年5月5日、大阪のエキスポランドでジェットコースター「風神雷神II」の車軸が破損し、車両が脱線する事故が発生しました。この事故は日本の遊園地史上最悪の事故とされ、1名の19歳の女性が死亡、21名が負傷しました。事故現場は凄惨で、被害女性の頭部が車両と足場の手すりに挟まれたとされています。

マジやばくない?あんなん乗ったらアカンって!こんなんで安全管理大丈夫なん?

でもさー、エキスポランドって昔は人気やったとよね?なんでこんなことになっちゃたわけ?昔は安全やったのに。

あの事故の映像は今でも鮮明に覚えてるわ。かわいそうな女の子やった。こんな事故二度と起こってほしくない。

エキスポランドの閉園

Chapter-2では、事故後のエキスポランドの閉園についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!NEWS@もっと!関西》消えゆく遊園地、府民に愛されたエキスポランドが民事再生法申請

公開日:2012/10/25

NEWS@もっと!関西》消えゆく遊園地、府民に愛されたエキスポランドが民事再生法申請

✅ 2007年5月5日、エキスポランドで発生したジェットコースター「風神雷神II」の脱線事故は、1名の19歳女性が死亡、21名が負傷するという惨事となった。この事故を受け、エキスポランドの安全管理体制が問題視され、車軸の検査怠慢などずさんな実態が明らかになった。このため、当時の経営陣は業務上過失致死傷容疑などで起訴され、法人としてのエキスポランド社も建築基準法違反容疑で起訴された。

✅ 事故後、エキスポランドは一時営業を再開したが、9月に再び遊具のトラブルが発生したこともあり、入園者数が激減した。結局、同年12月に再び休園に追い込まれ、2009年3月29日に大阪地裁に民事再生法の適用を申請し事実上倒産した。

✅ エキスポランドは、1970年に日本万国博覧会の施設として開業し、72年に再オープンした。かつては観覧車「テクノスター」やジェットコースター「ダイダラザウルス」「オロチ」などの人気アトラクションを擁し、大阪を代表する遊園地として賑わっていた。しかし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの開業や少子高齢化の影響で入園者数が減少傾向にあり、ジェットコースター事故がその経営に決定的な打撃を与えた。

さらに読む ⇒ 東洋経済オンライン 東洋経済オンライン出典/画像元: https://toyokeizai.net/articles/-/2286?display=b

事故の影響で、エキスポランドは経営不振に陥り、2009年に閉園に追い込まれました。あの賑わっていた遊園地がなくなるなんて悲しい。

事故後、エキスポランドは安全管理のずさんさなどが問題視され、2009年に閉園に追い込まれました。かつては「テクノスター」(観覧車)、「ダイダラザウルス」(ジェットコースター)、「オロチ」(ジェットコースター)といった人気アトラクションを擁する大阪を代表する遊園地でしたが、事故により信用を失墜してしまいました。現在は「エキスポシティ」として生まれ変わり、フードコートや英語教育施設などを備えた複合施設として賑わっています。

えー!エキスポランドってもうないんかー!知らんかった。

そうなんよ。あのジェットコースターには乗っとくんやったわー。もう乗れないなんて残念。

時代の流れなんやろな。寂しいけど、あの遊園地での思い出は忘れない。

事故の背景と教訓

Chapter-3では、事故の背景と、そこから得られた教訓について解説します。

🔖 関連記事の要約!エキスポランド、ジェットコースター事故
エキスポランド、ジェットコースター事故

✅ 2007年5月5日、大阪のエキスポランドで発生したジェットコースター「風神雷神II」の事故は、走行中に車軸が破断したことが原因で発生した。車軸は金属疲労により亀裂が生じており、それが走行中に拡大して破断に至ったものと見られる。この事故により、1名の19歳女性が死亡し、21名が負傷した。

✅ 事故の原因は、車軸の探傷試験が不十分で金属疲労の発見が遅れたこと、車軸胴部の応力が設計基準を超えていたこと、保守体制の不備など、設計・管理上の問題が重なったものであった。エキスポランドでは、車軸の探傷試験が1年に1回以上行われることになっていたが、実際には15年間行われていなかった。また、車軸胴部の応力は設計基準を上回っており、それが金属疲労の発生を促進したと考えられる。さらに、保守体制の不備により、車軸の異常が早期に発見されなかったことも事故の一因となった。

✅ 事故後、国土交通省は全国の遊園地に対し緊急点検を指示し、エキスポランドは業務上過失致死傷容疑で告発され、後に有罪判決を受けた。また、エキスポランドは事故後に営業を再開したが、経営不振により2009年に倒産した。この事故は、遊園地の安全管理の重要性を改めて認識させるものとなった。

さらに読む ⇒エキスポランド、ジェットコースター事故エキスポランド、ジェットコースター事故出典/画像元: https://www.shippai.org/shippai/html/index.php?name=nenkan2007_01_Expoland

この事故は、設計段階での不備や定期点検の怠りなど、さまざまな教訓を残しました。二度と同じ過ちを繰り返さないために、教訓を活かしてほしい。

エキスポランドジェットコースター事故の背景には、同園の経営状況悪化によるメンテナンスの軽視がありました。この事故から、設計段階での疲労破壊予防の重要性、定期的な点検と部品交換の怠りのなさ、そして経営上の理由から安全を軽視することの重大性が明らかになりました。

へー、設計にも問題があったんや。知らんかったわ。

ほんまやで。定期点検って大事やな。ちゃんとせんとあかんね。

こんな事故が二度と起こらんでほしいわ。遊園地は楽しいところやのに、安全第一やないとあかんばい。二度と同じ悲劇は起こしちゃいかん。

事故後の展開

Chapter-4では、事故後の展開についてお伝えします。

🔖 関連記事の要約!大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で2007…:遊園地での悲劇 写真特集:時事ドットコム
大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で2007…:遊園地での悲劇 写真特集:時事ドットコム

✅ 2007年5月5日に大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で発生したジェットコースター「風神雷神II」の脱線事故では、走行中に車軸が破断したことが原因で脱線が発生した。車軸は金属疲労により亀裂が生じており、それが走行中に拡大して破断に至ったものと見られる。この事故により、1名の19歳女性が死亡し、20名が負傷した。

✅ 運営会社であるエキスポランドは、建築基準法に基づく車軸の定期検査を怠っていたことが判明した。さらに、検査を行ったとする虚偽の報告書を吹田市に提出していたことも発覚した。このため、業務上過失致死傷罪などで当時の元幹部らが在宅起訴された。

✅ 事故後、エキスポランドは同年8月に営業を再開したが、入園客数が前年の約20%に低迷した。経営再建を目指して2008年に民事再生法の適用を申請したが、客足が戻らず2009年2月に閉鎖された。

さらに読む ⇒時事ドットコム:時事通信社が運営するニュースサイト時事ドットコム:時事通信社が運営するニュースサイト出典/画像元: https://www.jiji.com/jc/d4?p=jca999-jlp05213863&d=d4_topics

事故後、エキスポランドの元幹部らは業務上過失致死傷罪で有罪判決を受けました。当然の報い。

事故後、エキスポランドはコンピュータートラブルや二週目を迎えるなどの問題に見舞われ、閉園に追い込まれました。事故を巡る裁判では、元幹部らに執行猶予付きの有罪判決が下されました。

ふーん、そうなんや。知らんかった。

当たり前ばい。あんな事故起こしといて責任ないわけないやん。命を奪ったんやけん。

ほんま、人の命を何やと思っとったんやろうね。許せんわ。二度と同じような事故が起きないようにしてほしい。

遺族の思いとコースター事故の現状

Chapter-5では、遺族の思いと、現在も続くコースター事故の現状についてご紹介します。

🔖 関連記事の要約!さっさ死ねよクソ女!!」富士急ド・ドドンパで骨折した女性(21)が大炎上! 彼女が明かした「ホントの症状」と「゛クビ曲げ゛自撮り画像の理由」
さっさ死ねよクソ女!!」富士急ド・ドドンパで骨折した女性(21)が大炎上! 彼女が明かした「ホントの症状」と「゛クビ曲げ゛自撮り画像の理由」

✅ 富士急ハイランドのジェットコースター「ド・ドドンパ」で重傷を負った女性(21)が、ネット上で誹謗中傷を受けている。女性は7月3日に「ド・ドドンパ」に乗車し、第2頚椎を骨折した。しかし、当初はむち打ちと診断され、1か月半後に骨折が発覚した。この女性が、8月24日放送の「NEWS23」(TBS系)で骨折を告白したところ、ネット上で「自業自得」「被害者ヅラするな」などの心無いコメントが殺到し、女性宛に「死ね」などの脅迫メッセージも寄せられている。

✅ 女性は第2頚椎を骨折していたが、当初はむち打ちと診断されており、1か月半後に骨折が発覚した。女性は、骨折後も首の痛みが続いていたが、骨折しているとは思っていなかったという。8月21日に報道で「ド・ドドンパ」で骨折した乗客がいることを知り、不安になり病院を受診したところ、骨折が判明した。

✅ 女性は、遊園地の安全管理の強化と、ネット上での誹謗中傷の防止を訴えている。女性は「遊園地側には、安全対策を徹底してほしい。また、ネット上での誹謗中傷は、被害者の心を深く傷つける行為です。誹謗中傷はやめてほしい」と訴えている。

さらに読む ⇒文春オンライン | 世の中の「ほんとう」がわかります文春オンライン | 世の中の「ほんとう」がわかります出典/画像元: https://bunshun.jp/articles/-/48248

事故で娘さんを亡くされたお母さんの思いは、胸を打ちます。遺族の無念さを思うと胸が痛い。

事故で娘を亡くした母親は、今も癒えない悲しみを抱えながらも、孫の誕生などから生きる希望を見出しています。一方で、旧エキスポランド社の弔問は途絶え、コースター事故は全国で発生し続けています。母親は遊園地の安全管理の徹底と、国や自治体によるチェック機能の強化を訴えています。

お母さんの気持ち考えただけで泣けてくるわ。ほんまに辛いよね。

ほんまやで。遊園地は楽しいところやけど、安全第一やないとあかんばい。二度と同じ悲劇が起こらんようにしてほしい。

どこの遊園地も、安全対策には万全を期してほしいわね。二度と同じ事故が起きんように。

エキスポランドジェットコースター事故から、遊園地の安全管理の重要性や、定期点検の徹底など、多くの教訓が得られました。二度と同じ過ちを繰り返さないように。

🚩 結論!

💡 この事故は、私たち一人ひとりが安全に遊べる遊園地の実現に向けて、責任を持って行動することの大切さを教えてくれています。安全に遊べる遊園地の実現に向けて、私たちも協力していこう。

💡 遊園地で楽しいひとときを過ごすためには、安全管理の徹底が不可欠です。二度と同じ悲劇を起こさないために。

💡 私たち一人ひとりが、安全に遊べる遊園地の実現に向けて、協力していきましょう。二度と同じ悲劇を起こさないために。