Academic Box Logo

韓国で頻発する構造物崩壊事故と労働災害、原因と対策とは?安全対策の重要性とは!!?

韓国で頻発する構造物崩壊事故と労働災害、原因と対策とは?安全対策の重要性とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 韓国では近年、三豊百貨店崩壊事故やラオスダム決壊事故など、重大な構造物崩壊事故が相次いで発生しています。また、労働災害も建設現場で多く発生しており、作業員への安全教育や現場の安全対策が求められています。

💡 これらの事故の原因としては、建築基準違反や監督当局との癒着、設計図と異なる建築仕様、鉄筋など強度に関わる建築資材の除去、粗悪なコンクリートの使用、競争入札の際の異常な安値による入札、常識外の短期の建築期間などが挙げられます。

💡 韓国企業は海外建設市場で日本を追い越していますが、世界各地で構造物崩壊事故が相次いでおり、信頼回復に向けた取り組みが求められています。韓国政府も海外建設プロジェクトの安全対策の強化や事故防止に向けたガイドラインの策定に取り組んでいます。

それでは、韓国における構造物崩壊事故と労働災害について、詳しくご紹介していきましょう。

韓国における構造物崩壊事故と労働災害

韓国では、三豊百貨店崩壊事故やラオスダム決壊事故など、重大な構造物崩壊事故が頻発しています。このような事故の原因としては、建築基準違反や監督当局との癒着、設計図と異なる建築仕様、鉄筋など強度に関わる建築資材の除去、粗悪なコンクリートの使用、競争入札の際の異常な安値による入札、常識外の短期の建築期間などが指摘されています。

🔖 関連記事の要約!繰り返される韓国の悲劇、なぜ再発を防げないのか(藤谷 昌敏)

公開日:2022/01/20

繰り返される韓国の悲劇、なぜ再発を防げないのか(藤谷 昌敏)

✅ 韓国では近年、三豊百貨店崩壊事故やラオスダム決壊事故など、重大な構造物崩壊事故が頻発している。労働災害も建設現場で多く発生しており、作業員への安全教育や現場の安全対策が求められている。

✅ これら事故の原因としては、建築基準違反、監督当局との癒着、設計図と異なる建築仕様、鉄筋など強度に関わる建築資材の除去、粗悪なコンクリートの使用、競争入札の際の異常な安値による入札、常識外の短期の建築期間などが挙げられる。

✅ 韓国企業は海外建設市場で日本を追い越しているが、世界各地で構造物崩壊事故が相次いでおり、信頼回復に向けた取り組みが求められている。韓国政府も海外建設プロジェクトの安全対策の強化や事故防止に向けたガイドラインの策定に取り組んでいる。

さらに読む ⇒ アゴラ 言論プラットフォーム アゴラ 言論プラットフォーム出典/画像元: https://agora-web.jp/archives/2054749.html

これらの事故は、建築業界の構造的な問題や、安全よりも利益を優先する風潮が背景にあると考えられています。韓国政府は安全対策の強化に取り組んでいますが、抜本的な解決には時間がかかるものと見込まれています。

韓国では近年、構造物崩壊事故が頻発しています。重大な事故としては、1995年の三豊百貨店崩壊事故や2018年のラオスダム決壊事故などが挙げられ、建築基準違反や監督当局との癒着、粗悪な建築資材の使用、異常な安値での入札による競争入札などが原因と考えられています。また、労働災害も建設現場で多く発生しており、作業員への安全教育や現場の安全対策が求められています。

やばいっすやん。安全対策とかもっと考えてほしいです!こんなんじゃ安心して暮らせませんよ。

マジでやばいですよね。こんなんじゃ安心して暮らせませんよ。国がもっとしっかり対策を講じてほしいです。

安全対策を怠った結果、大切な命が失われるなんて、痛恨の極みですな。関係者一同、安全対策の重要性を再認識し、二度と同じ事故を起こさないように努めていくことが大切です。

韓国の耐震基準と日本の耐震技術

日本と韓国では地震対策の考え方が異なりますが、安全な空間の確保という目標は共通しています。日本は地震対策として建築基準法が大幅に改正されており、耐震技術も世界トップレベルにあります。一方、韓国では耐震基準が十分ではなく、地震対策の強化が課題となっています。

🔖 関連記事の要約!日本と韓国の震度
日本と韓国の震度

✅ 地震の揺れの強さを表す震度は、場所によって異なる相対的な数値であり、地震そのものの大きさを表すマグニチュードは絶対的な数値である。マグニチュードは地震そのものの大きさであるため、その数値に対しては日本も韓国も同一の数値である。

✅ 日本と韓国では震度階級表が異なり、日本は10段階(震度5弱、5強、6弱、6強を含む)、韓国は12段階(改正メルカリ震度階級)である。同規模の地震が発生したとしても、様々な状況や条件、そして計算方法の違いから、両国で扱う震度階級も異なっている。

✅ 地震対策の考え方は国によって異なるが、安全な空間の確保という目標は共通している。日本と韓国では、地震対策の基準や規制が異なるものの、どちらも地震から国民を守るために取り組んでいる。

さらに読む ⇒傳設計|意匠設計・構造設計・耐震診断|福岡の設計事務所傳設計|意匠設計・構造設計・耐震診断|福岡の設計事務所出典/画像元: https://www.dens.co.jp/blog/202305226951/

両国は地震対策の基準や規制が異なるものの、どちらも地震から国民を守るために取り組んでいます。今後、両国が協力して、より効果的な地震対策の開発と普及に取り組むことが期待されています。

韓国の建築基準法は日本の建築基準法を参考にしていますが、特に超高層建物の耐震基準が十分ではありません。日本では地震対策として建築基準法が大幅に改正されており、耐震技術も世界トップレベルにあります。韓国でも耐震性を高めることが検討されていますが、費用負担などの問題があります。地震への備えとしては、建物への補強や地震センサーの設置だけでなく、「地震への心構え」が重要です。日本では、2000年の耐震基準強化以降に建てられた建物は、今回の熊本地震で倒壊・崩壊を免れています。

へー、そうなんや。日本と韓国って地震対策の考え方が違うんやね。勉強になりました。

確かに、安全な空間の確保ってのはどこの国でも大事なことですよね。日本と韓国が協力して、さらにいい地震対策を考えていってほしいです。

お互いに協力して、どんどんいい地震対策を考えていってほしいですわ。地震なんていつ起こるかわかりませんからね。備えあれば憂いなしですよ。

光州アパート外壁崩落事故

光州のアパート外壁崩落事故では、耐荷重を超過した施工加重や束柱の撤去が原因として指摘されています。また、施工ミスの問題もあり、安全軽視の施工が行われていたことも判明しています。

🔖 関連記事の要約!コンクリート打設日誌を公開、2週間かかる養生を6日で終えていた…光州市新築マンション外壁崩落事故(下)
コンクリート打設日誌を公開、2週間かかる養生を6日で終えていた…光州市新築マンション外壁崩落事故(下)

✅ 光州のアパート外壁崩落事故の原因として、設計上の耐荷重を超過した施工加重や、構造上の安定性を確保するために必要な束柱の撤去が指摘されている。

✅ 事故現場となったマンションでは、ピット階の耐荷重が1平方メートル当たり710キログラムほどだったのに対し、実際の施工加重は1090キログラムで153%に達していた。

✅ 事故当時、38階で束柱が撤去されていたことが安定性の確保を困難にした可能性がある。報告書では、施工加重が設計加重を超過した場合でも、束柱などの支持台があれば安定性を確保できるが、現場の技術的判断ミスで束柱が撤去されたと推定している。

さらに読む ⇒Chosun Online,朝鮮日報Chosun Online,朝鮮日報出典/画像元: https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2022011780093

この事故は、建設業界の構造的な問題や、安全よりも利益を優先する風潮が背景にあると考えられています。韓国政府は安全対策の強化に取り組んでいますが、抜本的な解決には時間がかかるものと見込まれています。

光州のアパート建設現場で外壁崩落事故が発生し、壁式構造が原因の一つとして指摘されています。壁式構造は安価で工期が短縮できますが、騒音や振動が伝わりやすく、配管交換やリモデリングが難しいという問題があります。また、根本的な施工ミスも事故の一因とされています。さらに、世帯間の壁に軽量材料を使用したなど、安全性を軽視した施工が行われていたことも判明しています。

ひどすぎやしませんか!安全軽視とかありえへんわー。人の命がかかってるんやけん、もっとしっかり施工してほしいばい。

ホンマやね。人の命がかかっとるんやから、安全第一で施工せなアカンよね。安全対策をないがしろにするなんて、言語道断や。

しっかりとした安全対策があってこその、見た目なんじゃよ。華やかな見た目ばかりに惑わされてはならんぞい。関係者一同、安全対策の重要性を再認識し、二度と同じ事故を起こさないように努めていくことが大切です。

韓国のインフラ崩壊事故と建設業界の問題

韓国では、手抜き工事や安全軽視によるインフラ崩壊事故が相次いでいます。このような事故の背景には、建設業界の重層構造や、見た目重視の風潮があります。建設業界では、元請け・下請け・孫請けといった構造が複雑になり、下請け業者へのしわ寄せが集中しています。そのため、労働条件が悪化し、材料費の削減などが行われ、安全性を損なう手抜き工事が発生しています。

🔖 関連記事の要約!韓国光州マンション外壁崩落>「ジェット機が店に入ってくるような音」
韓国光州マンション外壁崩落>「ジェット機が店に入ってくるような音」

✅ 光州の新築マンション外壁崩落事故当時、付近の店の目撃者は三豊百貨店の崩壊を想起させるような状況だったと証言している。突然、旋風のような音がしてジェット機が店内に入ってくるかのような衝撃があり、人々は驚いて外に逃げ出した。

✅ 事故現場では、崩れた外壁が津波のように店を襲い、ガラスを粉々に割って戦場のようになった。目撃者は、店の入口からコンクリートが流れ込み、店内のテレビが落下したと語っている。

✅ 事故発生前から、工事現場付近では地盤の沈下や亀裂が発生しており、住民の間では建物崩壊への懸念があった。施工時には、店の入口から地面に亀裂が入り始め、地盤が沈んで地下駐車場の壁から水があふれたという。

さらに読む ⇒中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします出典/画像元: https://s.japanese.joins.com/JArticle/286654?sectcode=430&servcode=400

また、韓国では先進国になりたいという気持ちが先走り、表面的な高級感や新しさばかりが求められています。そのため、安全性よりも「見た目(設備)の新しさ」が優先される傾向にあります。このことが、ハリボテ国家の化けの皮を剥がす結果となっています。

韓国では、手抜き工事や安全軽視によるインフラ崩壊事故が相次いでいます。1994年の聖水大橋崩落事故や1995年の三豊百貨店崩壊事故などが有名です。こうした事故の背景には、建設業界の重層構造や、見た目重視の風潮があります。建設業界では、元請け・下請け・孫請けといった構造が複雑になり、下請け業者へのしわ寄せが集中しています。そのため、労働条件が悪化し、材料費の削減などが行われ、安全性を損なう手抜き工事が発生しています。また、韓国では先進国になりたいという気持ちが先走り、表面的な高級感や新しさばかりが求められています。そのため、安全性よりも「見た目(設備)の新しさ」が優先される傾向にあります。このことが、ハリボテ国家の化けの皮を剥がす結果となっています。

見た目ばっかり気にして、安全対策がおろそかになってるんやったら、本末転倒ですやん。安全第一って言葉があるように、なんぼ見た目が良くても、安全性は確保せにゃいかんとですたい。

ほんそれ。安全第一って言葉があるように、なんぼ見た目が良くても、安全性は確保せにゃいかんとですたい。見た目ばっかり気にして、安全対策がおろそかになってるんじゃ、いつか大事故につながるばい。

しっかりとした安全対策があってこその、見た目なんじゃよ。華やかな見た目ばかりに惑わされてはならんぞい。関係者一同、安全対策の重要性を再認識し、二度と同じ事故を起こさないように努めていくことが大切です。

韓国のビル倒壊事故

韓国・光州で解体作業中のビルが倒壊し、バスが下敷きになって9人が死亡、8人が負傷する事故が発生しました。作業員が異常を感じて退避していたため、人的被害は最小限に抑えられましたが、安全規則が順守されていたかどうかなど、詳しい原因は調査中です。

🔖 関連記事の要約!韓国・光州でビル崩壊、バスが下敷き 9人死亡

公開日:2021/06/10

韓国・光州でビル崩壊、バスが下敷き 9人死亡

✅ 韓国・光州で解体作業中の5階建てビルが倒壊し、近くに停車していたバスが下敷きになって9人が死亡、8人が負傷する事故が発生した。当局によると、バスには乗客17人が乗っていた。

✅ 作業員は崩壊前に歩道を通行禁止にしていたと話しており、全員が建物が崩壊する前に避難していたため、人的被害は最小限に抑えられた。ただし、安全規則が順守されていたかどうかなど、詳しい原因は調査中である。

✅ 韓国では1995年に起きた三豊百貨店崩壊事故をはじめ、過去にも同様のビル倒壊事故が発生しており、改めて安全対策の重要性が認識されることになった。

さらに読む ⇒BBC Home - Breaking News, World News, US News, Sports, Business, Innovation, Climate, Culture, Travel, Video & AudioBBC Home - Breaking News, World News, US News, Sports, Business, Innovation, Climate, Culture, Travel, Video & Audio出典/画像元: https://www.bbc.com/japanese/57423061

この事故は、建設業界の構造的な問題や、安全よりも利益を優先する風潮が背景にあると考えられています。韓国政府は安全対策の強化に取り組んでいますが、抜本的な解決には時間がかかるものと見込まれています。

韓国・光州で、解体作業中のビルが倒壊し、バスが下敷きになって9人が死亡、8人が負傷する事故が発生しました。同様のビル倒壊事故が過去にも発生しており、安全対策の重要性が改めて認識されることになりました。この事故では、作業員が異常を感じて退避していたため、人的被害は最小限に抑えられましたが、安全規則が順守されていたかどうかなど、詳しい原因は調査中です。

わぁ、こわっ!作業員の人たちが無事やったのは不幸中の幸いですねん。でも、安全対策がちゃんとされてなかったら大変な事故になっとったかもしれんね。

わいもそう思うばい。でも、安全対策がちゃんとされてなかったら大変な事故になっとったかもしれんね。関係者一同、安全対策の重要性を再認識し、二度と同じ事故を起こさないように努めていくことが大切です。

しっかりとした安全対策があってこその、見た目なんじゃよ。華やかな見た目ばかりに惑わされてはならんぞい。関係者一同、安全対策の重要性を再認識し、二度と同じ事故を起こさないように努めていくことが大切です。

韓国における構造物崩壊事故と労働災害について、ご紹介しました。

🚩 結論!

💡 韓国では近年、構造物崩壊事故や労働災害が相次いでおり、安全対策の強化と事故防止に向けた取り組みが求められています。

💡 安全な空間の確保という目標はどこの国でも共通していますが、韓国では建設業界の構造的な問題や、安全よりも利益を優先する風潮が背景にあり、抜本的な解決には時間がかかるものと見込まれています。

💡 関係者一同、安全対策の重要性を再認識し、二度と同じ事故を起こさないように努めていくことが大切です。