Academic Box Logo

誰かが私に憑依した: アルゴン、サイコパスの第1皇子

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、「誰かが私に憑依した: アルゴン、サイコパスの第1皇子」をご紹介します。

生き返ったアメリアの誤診

アメリアの生存が確認された後、皇宮医はどう説明したか?

誤診だった

漫画「誰かが私に憑依した」36話では、前回急逝したはずのアメリアが生き返り、皇宮医の診断が誤診だったことが判明します。

この誤診により、アメリアの生存が確認され、カンナの反撃が始まることになります。

生き返ったアメリアの健康状態は非常に良好で、彼女が今後どのような役割を果たすのか注目されています。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ36話【ピッコマ漫画】アメリアの生...

「誰かが私に凭依した」28話あらすじと考察

皇妃の行動に違和感を感じたのは誰?

ナタリー

「誰かが私に凭依した」28話は、ナタリーが皇妃の行動に違和感を感じ、リリアンヌの兄や第1皇子が皇后から派遣されたことに疑問を抱く場面から始まります。

ナタリーは、アメリアに自分の秘密を打ち明けることをためらい、皇妃の真意を探ろうとします。

一方、テレサ皇妃はナタリーを監視し、彼女がアメリアと接触するのを阻止しようとします。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ28話【ピッコマ漫画】第1皇子アル...

憑依された少女の葛藤

カンナがアルゴンと何をした後、身体にどのような影響が出ましたか?

『誰かが私に憑依した』30話では、カンナがアルゴンと会った後に精神的ショックを受け、それが身体に影響して発熱しています。

その影響により、帰宅後も外出をしようとするアレクサンドロに対して過敏に反応し、逃げ出そうとします。

アレクサンドロはカンナを引き止め、アルゴンとの出来事について尋ねますが、カンナは動揺した様子で立ち去ろうとします。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ30話【ピッコマ漫画】カンナの本当...

皇后暗殺計画の行方

皇后暗殺計画の実行が遅れている理由は?

カンナの介入

皇后アメリアの暗殺計画を阻止したカンナによって、計画の実行が遅れています。

アメリアに近づいたカンナが、暗殺計画に気づいたことでアメリアの警戒が強まり、計画の実行が困難になっています。

カンナは皇后暗殺計画を阻止するために、アメリアに歩み寄り、お茶会に誘うなどしてアメリアの気を逸らしています。

カンナが暗殺計画を阻止する動機は不明ですが、カンナがアメリアを気にかけていることがわかります。

カンナはアメリアの暗殺計画を阻止することに成功するのでしょうか。

今後の展開が気になります。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ37話【ピッコマ漫画】皇后の計画が...

「誰かが私に憑依した」41話見どころ&考察

屋敷に侵入したカンナに声をかけてきた人物は誰だった?

シルビアン

「誰かが私に憑依した」41話では、カンナがシルビアンの屋敷に忍び込んでマントを拝借しようとしますが、シルビアンが部屋にいることに気づかず、声をかけられてしまいます。

カンナはシルビアンがいないと確認してから部屋に入ったにもかかわらず、なぜかシルビアンは部屋にいたのです。

このことから、シルビアンはカンナの行動を把握していたか、もしくはカンナの侵入を予想していた可能性があります。

また、シルビアンはカンナが部屋に入ってきた理由を知っているような素振りも見せており、カンナとシルビアンの関係や、シルビアンの真意が気になるところです。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ41話【ピッコマ漫画】カンナを馬鹿...

「誰かが私に憑依した」32話考察

アルゴンはシルビアンにどのような感情を抱いている?

愚かさ

「誰かが私に憑依した」32話では、シルビアンがカンナの話題を避けていることに対して、アルゴンは愚かさを感じています。

シルビアンは自分とアルゴンの関係にカンナが関係ないと主張しますが、アルゴンはシルビアンの無関心が愚かだと考えています。

アメリアの治療も5回目となり、アメリアは痒さに耐えられず花瓶に八つ当たりをしていますが、カンナを傷つける意図はありません。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ32話【ピッコマ漫画】アメリアのた...

生き返った娘の真実

アメリアを殺害したのは誰ですか?

皇后

アメリアを殺害したのは、皇后でした。

皇后はアメリアを「汚点」「失敗作」「障害物」と考えており、カンナを利用して濡れ衣を着せることに成功して殺害しました。

しかし、アメリアは生き返って皇后の前に姿を現し、皇后の計画を狂わせました。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ36話【ピッコマ漫画】アメリアの生...

アメリアの皮膚の異常

アメリの皮膚の状態は?

貨幣状湿疹

アメリアはうつ伏せで背中を見せ、全身に赤い発疹と黄みがかった膿が見られました。

皇后によると、アメリアは貨幣状湿疹という硬貨のように皮膚が赤くなる湿疹性皮膚疾患を患っているとのことでした。

また、アメリアは服用中の薬はなく、いつも塗っている軟膏があるそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ28話【ピッコマ漫画】第1皇子アル...

カンナの真の出生

ソンヒがカンナを捨てた理由は何だったか?

聖霊と関係を持ったため

カンナは聖霊と関係を持った母親ソンヒから生まれた娘でした。

ソンヒは妊娠中に神殿を出てアディス家に身を寄せ、出産直後にカンナを捨てて韓国にいる家族の元に戻りました。

カンナは過去のソンヒに憑依し、ソンヒが聖霊と関係を持ったため、自分の家族に受け入れられず、カンナを捨てざるを得なかったことを知りました。

詳しくみる ⇒参照元: 【誰かが私に憑依した】結末のネタバレ!原作小説まとめ

アメリアを忌避する皇后

アメリアの宮を忌避する皇后の意図は何?

病菌感染を恐れている

アメリアの主治医を訪ねたクレセントは、皇后からアメリアの宮に近づかないよう注意を受けた。

皇后はアメリアの宮を「病菌の巣窟」と呼び、クレセントに露骨に遠ざけるよう言い聞かせた。

カンナは皇后の露骨なアメリア排除に不快感を募らせた。

アメリアは、クレセントと距離を縮めようとティータイムを誘ったが、皇后の言いつけに従い、病気を治すために耐えていた。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ32話【ピッコマ漫画】アメリアのた...

カンナの奇策:偽りの死で暗殺計画を阻止

アメリアが暗◯を免れるためにカンナが考案した策とは何?

心臓を停止して亡くなったように見せかける薬

カンナは、自分が14歳の頃に誤って作った薬が、心臓を停止させずに亡くなったように見せかけることができることに気づきました。

この薬の効果は1日で切れるため、カンナの死刑執行前にアメリアが目覚めることができます。

この策により、カンナは皇后の暗殺計画を阻止し、アメリアに「恥とは無縁の娘になるための時間」を稼ぐことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 誰かが私に憑依したネタバレ37話【ピッコマ漫画】皇后の計画が...