Academic Box Logo

大根の透明化現象の謎を解明!水晶現象の原因と食べても大丈夫かどうかを徹底解説

どうも、ライターのYUKOです。大根が透明になるって、不思議ですよね。今回は、この大根の透明化現象の謎に迫ります。

大根の切り口が黒いのは大丈夫? 原因と対策

大根の切り口がうっすら黒くなったり、黒い筋や斑点があったりする場合、食べても大丈夫ですか?

食べられます。

大根が黒くなったり、筋や斑点があったりする原因は、栽培中の環境や保存状態による「青あざ症」や「透明変」です。

いずれも食べても問題ありませんが、固く苦い場合は大根おろしや煮物などにして味をごまかせます。

また、透明に変色した大根は、特に栄養価が高くなります。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の黒い斑点と透明の原因はコレ!食べても大丈夫か簡単に判断...

大根の黒ずみ原因

大根の皮に黒い斑点が現れる原因は?

黒カビ

大根の皮に黒い斑点が現れるのは、黒カビが原因であることが多いです。

黒カビは高温多湿を好むため、水分が多い大根を25℃以上の高温で保存すると発生しやすくなります。

黒カビは食べることはできないので、カビの部分を取り除いても処分しましょう。

なお、大根の芯が黒く変色する黒芯病や、土壌菌によるカビが原因で大根の表面に黒い斑点が現れるダイコンバーティシリウム黒点病の場合も、大根は食べても問題ありませんが、苦みが出るため黒い部分を取り除いて調理することをおすすめします。

詳しくみる ⇒参照元: 大根に黒い筋や斑点は食べても大丈夫?黒くなる原因は?

大根が青紫に変色した大根も食べられる?

大根が青や紫に変色した状態で販売されていますが、食べられるかどうか

食べられる

大根が青や紫に変色するnn大根が青や紫に変色するnn大根が青や紫に変色することは、アントシアニンという色素によるものです。

アントシアニンは、寒さやストレスを受けた大根に発生します。

この変色は、大根の鮮度や味には影響しません。

nn大根が腐るとどうなる?

nn大根が腐ると、次のような症状が現れます。

nnnn大根の正しい保存方法nn大根を正しく保存するには、次の方法が有効です。

nnnn大根の変色した部分の活用法nn大根の変色した部分を活用する方法を紹介します。

nnnn大根の漬物を作るn大根の漬物を作るには、次の方法が有効です。

詳しくみる ⇒参照元: 透明になってる大根、食べられるよ。

透明大根を作るコツ

透明な大根にするための切り方のコツは?

厚めに皮をむき、面取り、隠し包丁を入れる

透明な大根を作るには、厚めに皮をむき、面取りと隠し包丁を入れる。

また、米のとぎ汁で下茹ですると透明度がアップする。

透明な大根は、おでんなどにすると美味しそうに見える。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の断面図が透明?食べても大丈夫?なんで茹でると透明になる...

冷凍大根の透明化と変色

冷凍大根が透明になるのはなぜか?

繊維破壊

大根を冷凍すると、繊維や細胞が破壊され、内部の空気が押し出されて水が入ることで透明になる。

また、凍結によって体積が増加し、繊維がさらに破壊されて空気が抜けるため、青色や黒色に変色することもある。

この変色は「青あざ症」と呼ばれる現象で、生育段階の環境が原因であり、病気やカビではない。

詳しくみる ⇒参照元: 透明になってる大根、食べられるよ。

大根の黒い筋や斑点の原因と対処法

大根に黒い筋や斑点ができた場合、食べても大丈夫?

食べられる

大根が黒い筋や斑点ができる原因は、ホウ素不足による「大根青あざ症」である場合がある。

ホウ素不足は、大根が成長に必要なホウ素を土から十分に吸収できない場合に起こり、強雨や長雨によって土壌中のホウ素が流出することで発生する。

大根青あざ症は病気ではなく、ホウ素不足による生理障害であるため、大根自体に問題はなく、食べても安全である。

ただし、黒い筋や斑点が腐敗やカビによるものではないかを確認することが重要。

詳しくみる ⇒参照元: 大根の皮や切り口の変色/黒い斑点や青い大根は食べられる?

大根のカビを見極め、安全に楽しむ

大根にカビが生えたら食べられないのはなぜ?

有害物質を含んでいるから

大根にカビが生えるのは、カビが大根から栄養を吸収して増殖するためです。

カビが生えた大根には、ミコトキシンと呼ばれる有害物質が含まれており、健康被害を引き起こす可能性があります。

そのため、カビが生えた大根は食べることができません。

また、カビが生えていなくても、大根の一部が変色している場合は、病気によるもので食べられる可能性もありますが、品質は低下しているため、本来の味や食感を楽しめる料理には使用しないほうがよいでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 【管理栄養士が解説!】大根はカビが生えても食べられる?カビの...

大根の中心部が青くなる原因と対策

大根の中心が青く変色する原因は何ですか?

ホウ素不足

大根の中心が青く変色する「ダイコン青変症」は、生育中の土壌が高温多湿でホウ素が不足することが原因です。

ホウ素は野菜や果物の成長に不可欠な成分で、不足すると青変や奇形、皮の肌荒れなどの症状が出ます。

青変はアブラナ科野菜に含まれる青色色素の酸化によるものと考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: 中身が黒い大根は食べられる?原因と対処法は?切る前に見分ける...