Academic Box Logo

両面宿儺の謎 - 起源と呪術廻戦での存在 -その実像とは? - 伝説と伝承から紐解く -

両面宿儺の謎 - 起源と呪術廻戦での存在 -その実像とは? - 伝説と伝承から紐解く -
📘 この記事で分かる事!

💡 両面宿儺という存在は、飛騨地方では地域社会における司祭者として人々から慕われ、英雄として扱われていました。しかし、日本書紀には皇命に逆らう凶賊として記載されており、その実像は謎に包まれています。

💡 『呪術廻戦』においては、両面宿儺は呪いの王として恐れられる最強の呪霊として登場します。その強さは、呪術師の中でも最強と称される五条悟と同等と評されており、その目的は不明ながら人間を苦しめる様子がたびたび描かれています。

💡 さらに、主人公の虎杖悠仁と両面宿儺との間には、親戚関係にあるという衝撃の事実が明らかになりました。しかも、宿儺の使用する術式「炎」は、もともと虎杖悠仁の父である虎杖仁が持っていたものだった可能性が示唆されています。

それでは、両面宿儺について詳しく見ていきましょう。

両面宿儺の起源と伝承

両面宿儺は、1,600年以上前に第16代天皇である仁徳天皇の時代に飛騨地方に出現したとされています。その姿は、一つ体に二つの顔と四つの手足を持ち、剣と弓矢を帯びていました。

🔖 関連記事の要約!呪術廻戦でおなじみ!「リョウメンスクナ(両面宿儺)」のあらすじ・感想まとめ – 2chの怖い話

公開日:2021/05/07

呪術廻戦でおなじみ!「リョウメンスクナ(両面宿儺)」のあらすじ・感想まとめ – 2chの怖い話

✅ リョウメンスクナは、1,600年以上前に第16代天皇である仁徳天皇の時代に出現したとされる、両面宿儺を持つ異形の人物。名前の「宿儺」には「悪いものを追い払う」という意味があり、飛騨地方では地域の司祭者として愛されていたという。一方で、日本書紀では皇命に逆らう凶賊として記載されている。

✅ 寺の解体中に発見された木箱から現れたリョウメンスクナのミイラは、カルト教団によって作られた呪い仏である。教団は奇形の人間を蠱毒(生き残った虫を使う呪法)により殺害し、生き残った人間を餓死させて即身仏とした。このミイラは、呪いの対象が国家そのものであり、移動した地域には災害が起きているという。

✅ リョウメンスクナは、飛騨地方では悪鬼や毒竜を退治したり寺社を建立したりするなど、英雄視されている。一方で、日本書紀では皇命に従わず、人民から略奪することを楽しんでいたため、大和王権から討伐されたと記載されている。

さらに読む ⇒竹書房怪談文庫竹書房怪談文庫出典/画像元: https://kyofu.takeshobo.co.jp/news/column/2ch-horror/113/

『日本書紀』では、宿儺は朝廷の命令に従わず人民を略奪していたため、朝廷から難波根子武振熊が派遣されて討伐され、殺害されています。一方、飛騨地方に伝わる伝説では、宿儺は観音菩薩の化身とされ、人々を救う仏法の守護神として崇められています。こうした対照的な描かれ方は、ヤマト王権の勢力拡大に伴う部族の蔑視と葬送を反映している可能性があります。

両面宿儺は、古代史に登場する謎の存在です。日本書紀では凶悪な悪鬼として描かれていますが、岐阜県の飛騨地方では英雄として伝えられています。また、宿儺は双子だったのではないか、結合双生児だったのではないかという説もあります。さらに、岩手県の寺院で発見されたミイラが宿儺のものであるという都市伝説や、仏にも鬼にも見えたという伝承も残っています。

へぇ~、宿儺ってば、そんな昔の人やったんや!しかも、飛騨では英雄扱いなんやね。

日本書紀では悪い奴扱いされてるけど、どっちが本当なんやろ~?

お主、宿儺は仏にも鬼にも見えたそうじゃ。さぞかし不気味な存在やったんじゃろうて。

『呪術廻戦』における両面宿儺

『呪術廻戦』に登場する両面宿儺は、呪いの王として君臨する最強の呪霊です。その強さは、五条悟をも上回り、五条悟の領域展開「無量空処」を上回る領域展開「伏魔御廚子」を使用します。

🔖 関連記事の要約!アニメ「呪術廻戦」宿儺(すくな)の強さや領域展開、「伏黒が地雷」と魔虚羅との関係は
アニメ「呪術廻戦」宿儺(すくな)の強さや領域展開、「伏黒が地雷」と魔虚羅との関係は

✅ 両面宿儺は「呪術廻戦」に登場する、呪いの王として恐れられている呪霊。その強さは、最強の呪術師である五条悟と同等と評されている。主人公の虎杖悠仁の体内に取り込まれており、現在は共存状態にある。宿儺の技には、「解」「捌」「フーガ」「伏魔御廚子」などがあり、炎を操る術式も使用可能。

✅ 宿儺の目的は不明だが、人間を苦しませる様子がたびたび描かれている。特級呪霊・漏瑚との戦闘では、宿儺は圧倒的な強さを見せつけた。また、伏黒恵が宿儺にとっての地雷的存在であることが示唆されており、宿儺は伏黒もしくは魔虚羅の利用して何かを企んでいる可能性がある。

✅ 宿儺の起源は古く、「日本書紀」には天皇に従わず人民を略奪していた悪役として描かれている。しかし、曹洞宗の普門山善久寺では、宿儺は「人々の救済のために天から降りてきた神様」としてまつられている。また、宿儺信仰や鬼退治伝説など、宿儺を神様や英雄として扱う伝承も存在する。このように、宿儺の実像は不明であり、謎に包まれている。

さらに読む ⇒ABEMA TIMES | アベマタイムズABEMA TIMES | アベマタイムズ出典/画像元: https://times.abema.tv/articles/-/8674062

また、伏黒恵の十種影法術も使用することができ、五条悟との激闘の末に、宿儺は五条悟を倒しています。その目的や行動原理はまだ謎に包まれていますが、虎杖悠仁と伏黒恵の計画に関与している可能性があります。

『呪術廻戦』では、両面宿儺は1000年以上前に存在した呪いの王として登場します。虎杖悠仁の体に受肉し、目に見えない斬撃を飛ばす術式「解」と「捌」を使用します。また、炎の術式「開」や領域展開「伏魔御廚子」も使用可能です。さらに、伏黒恵に受肉後は、伏黒の十種影法術も使用できるようになりました。

マジすか!五条悟って呪術師最強なんやで?

宿儺ってば、呪霊なのに強いんやね。しかも目的が謎って、怖い~

ふむふむ。宿儺ってば、『日本書紀』にも載っとるんやのう。でも、だいぶイメージが違うんやね。

両面宿儺の強さと目的

両面宿儺の目的は、完全復活を果たし、かつての力を取り戻すことです。そのためには、虎杖悠仁の肉体を完全に乗っ取ることが必要不可欠です。

🔖 関連記事の要約!呪術廻戦』両面宿儺の力とその強さは?徹底解説【連載最新話までのネタバレあり】
呪術廻戦』両面宿儺の力とその強さは?徹底解説【連載最新話までのネタバレあり】

✅ 両面宿儺は『呪術廻戦』に登場する「呪いの王」で、1000年以上前に実在したとされる人物。虎杖悠仁の体内に受肉し、現在は伏黒恵の体にも受肉している。その目的は、完全復活を果たし、かつての力を取り戻すことである。

✅ 宿儺は「現代最強の呪術師」と称される五条悟をも上回る強さを誇り、五条悟の領域展開である「無量空処」を上回る領域展開「伏魔御廚子」を使用する。また、伏黒恵の十種影法術も使用することができる。五条悟との激闘の末、宿儺は五条を倒している。

✅ 両面宿儺という名前は、岐阜県の飛騨地方に伝わる伝説上の存在に由来しているが、『呪術廻戦』に登場する宿儺は、その伝説とは無関係である。作者の芥見下々氏によると、「見た目も強さも宿儺っぽいから」と名付けられた存在とのことである。

さらに読む ⇒アニメニュースや声優の旬な情報を毎日更新 | アニメイトタイムズアニメニュースや声優の旬な情報を毎日更新 | アニメイトタイムズ出典/画像元: https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1701760642

その強さは五条悟をも上回り、五条悟の領域展開「無量空処」を上回る領域展開「伏魔御廚子」を使用します。加えて、伏黒恵の十種影法術も使用することができ、その戦闘力は計り知れません。

両面宿儺は、『呪術廻戦』の中でもトップレベルの強さを誇ります。その目的や行動原理はまだ謎に包まれていますが、虎杖悠仁と伏黒恵の計画に関与している可能性があります。宿儺自身の術式に加え、伏黒の十種影法術も使用できるため、その戦闘力は計り知れません。

完全復活って、何すんのん?

五条悟より強いんかよ!化け物かよ!

お主、宿儺の強さは、天下一じゃぞ。さすがは呪いの王よ。

『日本書紀』と飛騨地方の伝承における両面宿儺

『日本書紀』では、宿儺は朝廷から難波根子武振熊が派遣されて討伐され、殺害されています。しかし、飛騨地方に伝わる伝説では、宿儺は観音菩薩の化身とされ、飛騨の英雄や仏法の守護神として人々を救ったとされています。

🔖 関連記事の要約!鬼神か英雄か。『呪術廻戦』で蘇る両面宿儺とは何者なのか
鬼神か英雄か。『呪術廻戦』で蘇る両面宿儺とは何者なのか

✅ 『日本書紀』では、両面宿儺は仁徳天皇の治世に飛騨国に現れたとされ、その姿は一つ体に二つの顔と四つの手足を持ち、剣と弓矢を帯びていました。しかし、天皇に従わず人民を略奪していたため、朝廷から難波根子武振熊が遣わされて討伐され、殺害されています。

✅ 一方、飛騨地方に伝わる伝説では、両面宿儺は観音菩薩の化身とされ、飛騨の英雄や仏法の守護神として人々を救う存在として描かれています。たとえば、普門山善久寺には、両面宿儺が出現して観音菩薩に変化したという伝承があり、高山市袈裟山千光寺には、両面宿儺が開山したと伝えられ、4体もの宿儺像が祀られています。

✅ また、両面宿儺伝説は、乗鞍山の原始的な太陽信仰や飛騨の匠の技術集団との関連性も示唆されています。例えば、両面宿儺出現の地である日面や乗鞍岳の信仰との関連が考えられたり、飛騨地方に多く見られる「伊太祁曽」神社が「日抱尊」宮に由来する可能性が指摘されています。

さらに読む ⇒和樂web 美の国ニッポンをもっと知る!和樂web 美の国ニッポンをもっと知る!出典/画像元: https://intojapanwaraku.com/rock/culture-rock/158583/

また、両面宿儺伝説は、乗鞍山の原始的な太陽信仰や飛騨の匠の技術集団との関連性も示唆されています。例えば、両面宿儺出現の地である日面や乗鞍岳の信仰との関連が考えられたり、飛騨地方に多く見られる「伊太祁曽」神社が「日抱尊」宮に由来する可能性が指摘されています。

『日本書紀』では、両面宿儺はヤマト王権に背いた怪物として描かれています。一方、飛騨地方の伝承では、宿儺は観音菩薩の化身として人々を救った英雄とされています。この対照的な描かれ方は、ヤマト王権の勢力拡大に伴う部族の蔑視と葬送を反映している可能性があります。また、両面宿儺が出現したとされる両面宿儺洞窟や御膳石などの伝説の場所が飛騨地方に残されています。

へぇ~、宿儺ってば、朝廷と戦ったんや。すごいなぁ。

観音菩薩の化身って、めっちゃ神聖やん。どっちが本当なんやろ~?

ふむふむ。宿儺は太陽信仰とか、飛騨の匠とも関係があるんやのう。なんだか謎めいておるぞ。

虎杖悠仁と両面宿儺の血縁関係

両面宿儺は双子として生まれるはずでしたが、腹の中で片割れを喰らったため、宿儺だけが産まれました。そのため、宿儺には目、口、腕が2セットずつ存在します。

🔖 関連記事の要約!呪術廻戦】第257話の考察

公開日:2024/04/19

呪術廻戦】第257話の考察

✅ 両面宿儺は双子として生まれるはずだったが、腹の中で片割れを喰らい、その結果宿儺だけが産まれた。そのため、宿儺には目、口、腕が2セットずつ存在する。

✅ 虎杖仁は宿儺の片割れの転生であり、宿儺は虎杖の甥に当たる。虎杖仁は羂索と香織に扮していた宿儺によって呪詛師として育てられ、その際に宿儺の片割れの魂が宿った。

✅ 宿儺の「炎」は元々は片割れが持っていた術式だった可能性がある。虎杖が「呪胎九相図」の4〜9番を摂取して「赤血操術」を得た例から察するに、宿儺の「炎」もまた、片割れが持っていた術式が、宿儺によって喰われたことで得たものかもしれない。

さらに読む ⇒漫画考察こみっくろにくる!漫画考察こみっくろにくる!出典/画像元: https://comichronicle.com/jujutsu-kousatsu-2/

虎杖仁は宿儺の片割れの転生であり、宿儺は虎杖の甥に当たります。虎杖仁は羂索と香織に扮していた宿儺によって呪詛師として育てられ、その際に宿儺の片割れの魂が宿ったのです。

『呪術廻戦』の最新話では、虎杖悠仁と両面宿儺が親戚関係にあることが明らかになりました。宿儺はかつて双子の片割れを食べており、それが彼の力の源となっています。そのため、虎杖悠仁は宿儺の呪力を抑え込み、受肉することが可能でした。この血縁関係により、虎杖悠仁は宿儺の呪物に耐性を持つことができました。また、宿儺の異形な姿は、弟を食べたことが関係していると考えられます。

え~、宿儺ってば、双子やったんや!

片割れ食べちゃったんか。なんかグロいなぁ。

お主、宿儺の異形な姿は、片割れを喰らったからなんじゃぞ。業が深いのう。

いかがでしたでしょうか?両面宿儺は、謎に包まれた存在です。その実像は不明ですが、今後もその動向に注目が集まります。

🚩 結論!

💡 両面宿儺という存在は、飛騨地方では地域社会における司祭者として人々から慕われ、英雄として扱われていました。しかし、日本書紀には皇命に逆らう凶賊として記載されており、その実像は謎に包まれています。

💡 『呪術廻戦』においては、両面宿儺は呪いの王として恐れられる最強の呪霊として登場します。その強さは、呪術師の中でも最強と称される五条悟と同等と評されており、その目的は不明ながら人間を苦しめる様子がたびたび描かれています。

💡 さらに、主人公の虎杖悠仁と両面宿儺との間には、親戚関係にあるという衝撃の事実が明らかになりました。しかも、宿儺の使用する術式「炎」は、もともと虎杖悠仁の父である虎杖仁が持っていたものだった可能性が示唆されています。