Academic Box Logo

NHK看板アナの意外な経歴と魅力とは?気になる素顔に迫る副島萌生アナウンサーとは!!?

NHK看板アナの意外な経歴と魅力とは?気になる素顔に迫る副島萌生アナウンサーとは!!?
📘 この記事で分かる事

💡 NHKの看板報道番組「ニュース7」の大抜擢で、お茶の間にその美貌と実力を披露。

💡 朝の情報番組「おはよう日本」で見せたコミカルな一面で、幅広い層から人気を集める。

💡 幼少期からアナウンサーを志し、努力を重ねてきた実力派アナウンサー。

それでは、NHKの看板アナウンサー副島萌生氏について、その経歴や魅力に迫ります。

NHKアナウンサーとしての経歴

副島萌生氏は、NHKの看板報道番組「ニュース7」のキャスターに抜擢された注目のアナウンサーです。その経歴や魅力に迫りましょう。

🔖記事の要約〝ポスト和久田〟に躍り出たNHK副島萌生アナ…〝局全力推し〟の決め手は「筋肉体操」!(FRIDAY)
〝ポスト和久田〟に躍り出たNHK副島萌生アナ…〝局全力推し〟の決め手は「筋肉体操」!(FRIDAY)

✅ NHKアナウンサー副島萌生氏が、 看板報道番組「ニュース7」のキャスターに抜擢された。前任の和久田麻由子アナの産休降板に伴うもので、副島氏は〝夜の顔〟としてお茶の間に登場する。

✅ 副島氏は慶大卒業後、2015年に入局。地方局での記者経験や「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」でのキャスター経験を経て、2022年からは「おはよう日本」のキャスターを務めている。美貌と高いアナウンス力が評価されているほか、「おはSPO筋肉体操」でのコミカルな一面も人気を集めている。

✅ NHKは現在、災害情報などの正確な伝達とあわせて、視聴者に共感されるような「脱NHK」的な人間味を打ち出そうとしている。明るく柔軟で、アクティブな雰囲気の副島氏は、そうした方針に合致する人材とみなされている。また、副島氏はこれまで目立ったスキャンダルがなく、局幹部からもその点が評価された。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/articles/1444629984559d3de5d5b31920f4d10ef5d933ca

副島萌生氏は、その端正な容姿と高いアナウンス力で注目を集めています。また、「おはSPO筋肉体操」でのコミカルな一面も人気を博しており、幅広い層から支持されています。

副島萌生氏は、幼い頃から美貌とオーラを備え、アナウンサー志望だった。弘前高校卒業後、慶應大学に進学し、NHKに入局した。地方局での記者経験やスポーツ番組(「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」)でのキャスター経験を経て、看板報道番組「ニュース7」のキャスターに抜擢された。現場での経験やアナウンス力に加え、朝の報道番組「おはよう日本」で披露した筋トレコーナー「おはSPO筋肉体操」でのコミカルな一面も評価され、現場からも好評を得ている。

えー、ほんまに美人ですよねー。憧れちゃうわぁ。

確かに。あの美貌は反則ばい。しかも賢そうやし。

ワシも若い頃に戻ってもう一回青春したいのぉ。副島アナみたいな娘と付き合いたかったわい。

アナウンサーへの転向

副島萌生氏は、医師の家系に生まれながら、アナウンサーの道を選びました。その背景には、ご両親の教育方針や本人強い意志があったようです。

🔖記事の要約副島萌生の両親はどちらも医者?実家は開業医でお嬢様育ち?
副島萌生の両親はどちらも医者?実家は開業医でお嬢様育ち?

✅ NHKアナウンサー副島萌生の両親はどちらも医師で、開業医を経営している。副島氏の地元である青森県弘前市に「副島胃腸内科」を開業し、夫婦で胃腸内科医として働いている。

✅ 副島氏は幼少期からクラシックバレエやピアノなどの習い事に励み、両親の仕送りで生活していた。クラシックバレエは小学1年生から10年ほど習っており、ピアノも習っていた可能性がある。また、学生時代はアルバイト経験がなく、両親の仕送りだけで生活していた。

✅ 弘前高校時代からアナウンサーの才能を発揮し、NHK入局後も「サタデースポーツ」や「サンデースポーツ」のキャスターを務めるなど、順調に出世している。弘前高校時代にはNコンの全国決勝まで進出し、賞を獲得。NHK入局後3年で代表的スポーツ番組のキャスターに抜擢されるなど、その実力と努力が評価されている。

さらに読む ⇒ししゃものトレンドぶろぐ |ししゃものトレンドぶろぐ |出典/画像元: https://shisyamog29.com/soejimamei-ryoshin/

副島萌生氏は、子供の頃からクラシックバレエやピアノなどの習い事に励み、アナウンサーになるという強い意志を持っていました。ご両親は子供のやりたいことを尊重する方針だったため、副島氏が医者にならずとも、特に強制することはありませんでした。

副島萌生氏は、医師の家系に生まれたが、本人の強い意志でアナウンサーの道を志した。副島家の教育方針は子供のやりたいことを尊重するというものだったため、副島氏が医者にならずとも、両親は特に強制することはなかった。

えー、お医者さんの娘なんやー。でも、アナウンサーの方が向いてるんちゃうかなー。

そやね。あの美貌とトーク力は、お医者さんよりアナウンサーの方が活きるばい。

ワシも若い頃、医師になりたかったんやけど、結局サラリーマンになったわい。夢って叶わないもんやのぉ。

弘前高校時代

副島萌生氏は、弘前高校時代には放送部に入部し、アナウンスコンテストで優秀な成績を収め、地元では名の知れた存在になっていったようです。

🔖記事の要約09年の選抜高校野球大会開会式で司会を務める弘前高時代の副島アナ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
09年の選抜高校野球大会開会式で司会を務める弘前高時代の副島アナ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ NHKの副島萌生アナウンサーが、2024年4月1日から「ニュース7」のメインキャスターに就任することが発表された。副島アナは現在、「ニュースウオッチ9」のフィールドキャスターを務めており、メインキャスターへの抜擢は異例のスピード出世となる。

✅ 副島アナは1993年生まれの29歳。2016年にNHKに入局し、金沢放送局でリポーターを経験した後、東京アナウンス室に異動となった。2021年からは「ニュースウオッチ9」のフィールドキャスターを担当し、災害や社会問題など幅広いテーマを取材してきた。

✅ 副島アナが就任する「ニュース7」は、NHKが平日夜7時台に放送している報道番組で、視聴率も高い人気番組である。副島アナは、2021年に退任した和久田麻由子アナの後任となる。和久田アナは11年間「ニュース7」のメインキャスターを務め、番組の顔として親しまれていた。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/14/gazo/20240214s00041000010000p.html

副島萌生氏は、弘前高校に進学後は、放送部に入部し、アナウンスコンテストで優秀な成績を収めました。また、第81回選抜高等学校野球大会の開会式と閉会式で司会を務めるなど、地元では名の知れた存在になっていきました。

副島萌生氏は、子供の頃から負けず嫌いで、バレエでも大成する素質があったが、アナウンサーなら「一番になれる」と考え、その道を選んだ。弘前高校に進学後は、放送部に入部し、アナウンスコンテストで優秀な成績を収めた。また、第81回選抜高等学校野球大会の開会式と閉会式で司会を務めるなど、地元では名の知れた存在になっていった。

えー、高校時代から活躍してたなんてすごいなー。

そやね。あの頃から将来のスターアナウンサーの片鱗が見えてたんばい。

ワシも高校時代は生徒会長やったんやけど、今じゃただの年寄りや。時が経つのって早いもんやのぉ。

「ニュース7」キャスターへの抜擢

副島萌生氏は、NHKのスポーツ番組「サタデー・サンデースポーツ」で抜群のスタイルを披露し、世のスポーツ親父の週末のマドンナとなりました。

🔖記事の要約NHK副島萌生アナ「ニュース7」抜擢で注目される「超軟体肉感ボディ」の存在感!
NHK副島萌生アナ「ニュース7」抜擢で注目される「超軟体肉感ボディ」の存在感!

✅ 副島萌生アナウンサーが、4月から「ニュース7」のメインキャスターに就任する。副島アナは「サタデー・サンデースポーツ」で杉浦友紀アナの後任キャスターを務め、当初はなかなか印象に残せなかったものの、抜群のスタイルで世のスポーツ親父の週末のマドンナとなった。

✅ 「おはよう日本」ではサブキャスターを務めながらも、肉感ボディで存在感を示し、特に「おはSPO」ではジョガーパンツにTシャツ姿で体を伸ばしたりひねったりするなど、躍動する肉感ボディを披露した。

✅ 「おはよう日本」では「脇腹を伸ばして腰回りスッキリ」というテーマで、クラシックバレエで培ったという超軟体ボディを披露し、立ったまま後方に腰をのけぞらせ、そのまま床に手をつきブリッジになるという大技を披露した。

さらに読む ⇒Asagei Biz-アサ芸ビズAsagei Biz-アサ芸ビズ出典/画像元: https://asagei.biz/excerpt/72361

副島萌生氏は、「サタデー・サンデースポーツ」で杉浦友紀アナの後任キャスターを務め、当初はなかなか印象に残せなかったものの、抜群のスタイルで世のスポーツ親父の週末のマドンナとなりました。「おはよう日本」ではサブキャスターを務めながらも、肉感ボディで存在感を示し、特に「おはSPO」ではジョガーパンツにTシャツ姿で体を伸ばしたりひねったりするなど、躍動する肉感ボディを披露しました。

NHKは現在、人間味のあるキャスターを起用する方針となっており、健康的な美貌と幅広い魅力を備えた副島氏がその方針に合致したとみられている。副島氏はスキャンダルも無く、実力次第で今後の活躍が期待されている。

えー、ほんまにスタイルいいですよねー。うらやましいー。

そやね。あのスタイルは反則ばい。しかもあの体の柔らかさは感動もんや。

ワシも若い頃、あのくらい体が柔らかかったらなぁ。今はもう、腰が痛いばっかりや。

「おはよう日本」での活躍

副島萌生氏は、朝の情報番組「おはよう日本」で披露した筋トレコーナー「おはSPO筋肉体操」でのコミカルな一面も人気を集めています。

🔖記事の要約筋肉はがんばる女性も裏切らない!「筋肉体操」谷本道哉さんが著書出版 : 読売新聞

公開日:2023/11/22

筋肉はがんばる女性も裏切らない!「筋肉体操」谷本道哉さんが著書出版 : 読売新聞

✅ 近畿大学准教授の谷本道哉氏の著書「世界のビジネスエリートの常識 人生を変える筋トレ」は、女性でも無理なく効率的に筋肉を鍛えられる筋トレメニューを紹介しており、スクワットや腕立て伏せなど基本的な筋トレから、自宅でできる自重トレーニングまで幅広く網羅している。

✅ 本書では、スクワットなどの筋トレメニューの正しいフォームをイラストで解説しており、フォームを崩さずに動作を行うことで効率的に筋肉を鍛えることができる。また、体力に応じて「レベルダウン」や「レベルアップ」の方法も紹介されており、無理なく継続的に取り組むことができる。

✅ 谷本氏は、正しい筋トレの心構えとして「限界まで自分を追い込む」ことや、集中して動作を正確に行うことを強調しており、これらは単に筋力を向上させるだけでなく、仕事やプライベートにおいても効率よく充実した行動をめざす「筋トレマインド」を養うことにつながると説いている。

さらに読む ⇒読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト出典/画像元: https://www.yomiuri.co.jp/otekomachi/20190719-OKT8T163000/

副島萌生氏は、朝の報道番組「おはよう日本」で披露した筋トレコーナー「おはSPO筋肉体操」でのコミカルな一面が評価されています。このコーナーでは、副島氏が自らトレーニングウェアで登場し、順天堂大学准教授の谷本道哉氏の指導を受けつつ、実際にさまざまな筋トレに体を張ってチャレンジする姿が話題になっています。

副島萌生氏は、朝の報道番組「おはよう日本」で披露した筋トレコーナー「おはSPO筋肉体操」でのコミカルな一面が評価されたとされている。このコーナーでは、副島氏が自らトレーニングウェアで登場し、順天堂大学准教授の谷本道哉氏の指導を受けつつ、実際にさまざまな筋トレに体を張ってチャレンジする姿が話題になっている。

えー、あのコーナー面白いよねー。見てて元気出るわー。

そやね。あの笑顔とあの体の柔らかさは、見てるだけで幸せになれんばい。

ワシもあのくらい体が柔らかかったら、孫と遊べるのにのぉ。今はもう、抱っこするのもやっとや。

副島萌生氏は、美貌、実力、人間力を兼ね備えた注目のアナウンサーです。今後の活躍に期待しましょう。

🚩 結論

💡 NHKの看板報道番組「ニュース7」の大抜擢で、お茶の間にその美貌と実力を披露。

💡 朝の情報番組「おはよう日本」で見せたコミカルな一面で、幅広い層から人気を集める。

💡 幼少期からアナウンサーを志し、努力を重ねてきた実力派アナウンサー。