Academic Box Logo

志麻の歯列矯正体験談:矯正の種類や費用、ビフォーアフター画像公開

ライターのYUKOです。今回は、志麻さんの歯列矯正体験談をご紹介します。

大人の矯正における装着時間の重要性

歯並びが悪く悩んでいる社会人が、矯正を開始するにあたり、どのような点を考慮すべきですか?

装着時間の確保

社会人になって矯正を検討する際は、装着時間の確保が重要です。

インビザラインのように着脱式の矯正器具の場合、装着時間を守れなければ効果が出ず、断念せざるを得なくなる可能性があります。

また、社会人になると会食などの機会が増え、マウスピースの着脱が面倒になるケースもあるため、矯正方法を慎重に検討する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【大人の矯正ホントのところ】歯科医と体験者に聞く!どう選んだ...

歯列矯正の賢い選び方

歯科矯正をする前にすべきことは何ですか?

詳しい検査を受ける

矯正歯科を選ぶ際には、安さや早さに惑わされず、レントゲンなどの詳しい検査を受けることが重要です。

無料相談は、歯医者さんの雰囲気を知るために利用し、候補を絞り込んだら、より詳細な検査を行いましょう。

また、矯正中に不安を感じた場合は、他の矯正歯科に相談することも検討してください。

詳しくみる ⇒参照元: 矯正歯科の選び方。大人の矯正経験者が重視する5つのポイント

子どもの矯正治療で大切なこと

子どもの矯正治療で重要なことは何?

担当医との相性

子どもの矯正治療では、長期的な治療となるため担当医との相性が重要です。

治療方針を押し付けず、打ち解けやすく、怖がらずに治療を受けられる担当医を選びましょう。

また、骨格の成長に伴う微調整や精神的なケアも大切です。

自分に合った矯正歯科を選ぶことで、納得のいく治療が受けられます。

詳しくみる ⇒参照元: 失敗したくない!矯正歯科の正しい選び方を詳しくご紹介!

矯正治療で失敗しないための医師選び

矯正治療を受ける上で最も重要なことは?

良好な医師との関係構築

矯正治療は費用が高額で長期にわたるため、医師と患者が協力して治療に取り組むことが不可欠です。

そのため、患者一人ひとりの立場に立って提案してくれる、カウンセリングを重視した医師を選ぶことが重要です。

治療方針を一方的に押し付けるのではなく、患者との対話を重視した医師との関係を築くことが、治療の成功につながります。

詳しくみる ⇒参照元: 失敗したくない!矯正歯科の正しい選び方を詳しくご紹介!

矯正治療後の保定処置

矯正治療を終えた後は、後戻り防止のためにどのような処置が必要ですか?

保定

矯正治療を終えた後は、保定装置(リテーナー)を装着する必要があります。

保定装置は、矯正装置を外した後に歯並びが後戻りするのを防ぐための処置です。

矯正装置を装着していた期間と同じくらいの保定期間が推奨されています。

ワックスやプレイスガード、ソフトプレート、歯茎のマッサージ、市販の痛み止めなどの方法で、矯正装置による痛みや違和感の軽減を図ることができます。

また、薄くて滑らかなブラケット装置を使用することで、装置が口内に当たる違和感や痛みを軽減できます。

詳しくみる ⇒参照元: 矯正のストレスは怖くない!その具体例や軽減する対策を知ろう!

大人の歯列矯正の賢い歯科選び6つのポイント

歯列矯正をする際に最も重要なポイントは?

価値観の一致

大人の歯列矯正で後悔しない歯科選びのポイントとして、早さや安さを重視せず、噛み合わせを優先し、抜歯を安易に提案しない歯科を選ぶことが大切です。

また、デメリットの説明や価値観の一致も重要な要素です。

歯並びを整えることは時間がかかり、健康な歯を安易に削ったり抜いたりすると、噛み合わせや体調不良につながる可能性があります。

そのため、慎重に歯科を選択し、長期的な健康を考慮した治療を受けることが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 矯正歯科の選び方。大人の矯正経験者が重視する5つのポイント

矯正治療のストレス

舌のポジションを改善するメリットがある装置は?

裏側矯正

裏側矯正では、装置が舌に当たることで、舌のポジションが改善されるというメリットがあります。

これは、何もしないときの舌のポジションは、歯に接触せず、上の前歯の手前に舌先が収まるものだからです。

つまり、裏側矯正には、悪い舌癖を改善するメリットがあるのです。

また、裏側矯正は表側矯正に比べて、装置が目立たないため、人目についてしまうというストレスがありません。

しかし、裏側矯正は、装置が舌に当たるため話しにくくなるというデメリットがあります。

ただし、装置に慣れるに従って、話にくさも次第に解消されてきます。

さらに、裏側矯正は、汚れのある箇所などを見づらいので、適切なブラッシングがしにくいというデメリットもあります。

しかし、慣れてくれば、日々のセルフケアの煩わしさも軽減されてきます。

詳しくみる ⇒参照元: 矯正のストレスは怖くない!その具体例や軽減する対策を知ろう!

部分矯正で歯並びを改善

一部分だけ歯並びを整える、安価な矯正法は?

部分矯正

部分矯正は、部分的に歯並びを整える矯正法で、上下両方の歯を裏側矯正するよりも費用を抑えられます。

歯並びが部分的に歪んでいる、歯と歯の間に隙間があるなど、部分的な矯正に適しています。

治療期間は約6ヶ月~1年、費用は15万円~39万円程度です。

詳しくみる ⇒参照元: 歯列矯正の基本知識まとめ!治療種類や特徴、ご存知ですか?

歯並びの悩みを解決するハーフリンガル矯正

歯並びを目立たず治すにはどのような方法がある?

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正は、目立つ上の歯には裏側矯正を、下の歯には表側矯正を行う方法で、費用を抑えながら見た目を気にした矯正ができる。

マウスピース矯正と違い、自己管理の必要はなく、歯の状態によっては改善が難しい場合がある。

詳しくみる ⇒参照元: 歯列矯正の基本知識まとめ!治療種類や特徴、ご存知ですか?

歯並びの悪さがもたらす影響と対策

歯並びが悪いことで生じる問題点とは?

病気になりやすい

歯並びが悪いと、歯磨きがしにくいため虫歯や歯周病になりやすくなる。

歯周病は放置すると歯を失う原因となる。

また、かみ合わせが悪くなることで肩こりや頭痛を引き起こす場合もある。

歯並びの悪さを改善することで、これらの問題を軽減できる。

詳しくみる ⇒参照元: 【大人の矯正ホントのところ】歯科医と体験者に聞く!どう選んだ...

矯正治療の通院頻度と治療期間

矯正治療期間中は、どのくらいの頻度で通院する必要がありますか?

3~6週間に1度

矯正治療中は、歯の動きや装置の状態を確認するために定期的な通院が必要です。

一般的には3~6週間に1度のペースで来院し、治療の段階や歯並びの状態によって通院スケジュールが異なります。

治療期間は成人矯正の場合、約1年半~2年かかります。

矯正装置を外した後は、動かした歯を安定させるためにリテーナーを装着し、平均1~3年間使用します。

リテーナーの種類は医院によって異なり、取り外し可能なタイプや歯の裏側に固定するタイプなどがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 初めての歯列矯正