Academic Box Logo

猫猫の母親の悲劇: 梅毒による死亡までの壮絶な人生

ライターのYUKOです。今回は、梅毒によって悲惨な最期を迎えた猫猫の母親についてお伝えします。

猫猫の父

猫猫の生みの親は誰?

羅漢

羅漢は3年後、緑青館を訪ねるが、鳳仙は羅漢に追い詰められ、精神異常をきたしていた。

羅漢は鳳仙や猫猫と会えなかった。

そのため、猫猫は緑青館で育ち、羅門に引き取られ、二人暮らしを始めた。

猫猫は羅漢を毛嫌いしているが、養父の羅門は羅漢の有能さを高く評価しているため、嫉妬している。

後宮で働くようになった猫猫は、羅漢と近くなり、羅漢の挑発をゲームで負かし、妓女を身請けするよう要求した。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと羅漢の正体は?猫猫との関係や鳳仙とのその後に...

鳳仙の梅毒の深刻化

鳳仙の病状は深刻化してしまっており、治療は間に合わなかった?

はい

鳳仙は梅毒により、深刻な状態に陥っていた。

羅門による治療は遅れ、神経にも病状が進行していたため、治療は不可能だった。

鳳仙は身請けされた翌年に亡くなった。

もし治療が早ければ、鳳仙の人生は変わっていたかもしれない。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙は梅毒で鼻が欠けた?死亡...

梅毒に蝕まれた妓女の救済

梅毒に侵され、正気を失った鳳仙を救ったのは誰?

羅門

かつて聡明だった妓女の鳳仙は、梅毒によって身体と精神を蝕まれ、正気を失ってしまった。

そんな鳳仙を救ったのは、後宮から花街に流れ着いた医者で、片足を引きずる不自由な身ながらも優れた医術を持つ羅門だった。

羅門は鳳仙の梅毒を治療するも、時すでに遅く、鳳仙は脳まで病魔に侵されていた。

神経毒の影響で鼻が腐り落ち、自我を失った鳳仙は、羅門との再会を望みながら、身体を壊していった。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙は梅毒で鼻が欠けた?死亡...

猫猫の秘密

薬屋のひとりごとに登場する猫猫の父親と母親は誰ですか?

漢羅門(養父)

薬屋のひとりごとの猫猫は、養父の漢羅門によって花街の薬屋で育てられました。

漢羅門は元宮中医官であり、薬や毒の知識に長けていましたが、猫猫の出生に関する情報は作中に明記されていません。

そのため、猫猫の母親や過去の経歴は謎に包まれています。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の正体や出生の秘密をネタバレ!父親や...

鳳仙の最期

鳳仙が身請け後に亡くなったのは、何をしてる時だった?

碁と将棋の対局

鳳仙は身請けされた約1年後に、羅漢との碁の対局中に亡くなった。

羅漢は鳳仙の死後、鳳仙が遺した「最後の一手」を解き明かしたことで前を向き始め、鳳仙との対局を販売したり碁大会を開催したりすることで都に碁ブームを巻き起こした。

碁大会には壬氏も参加し、羅漢から珍しく評価された。

鳳仙と羅漢の恋は、次の世代へとつながっていった。

詳しくみる ⇒参照元: 猫猫の母親は誰?梅毒による死亡までまとめ【薬屋のひとりごと】

鳳仙の梅毒感染と鼻喪失

梅毒に感染した鳳仙が鼻を失った原因は?

妊娠と出産

妓女として働いていた鳳仙は妊娠により価値が下落し、お客を選べなくなった。

そのため梅毒に感染してしまった。

また、妊娠と出産で外出が難しくなり、梅毒の治療が遅れ、鼻を失うことになった。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙まとめ!鼻・梅毒・身請け...

悲恋の果て:薬屋のひとりごと、猫猫の母親の軌跡

猫猫の母親はなぜ病人部屋にいたのか?

梅毒にかかったため

猫猫の母親、鳳仙はかつては緑青館で人気の花魁だったが、梅毒にかかり鼻が欠け心神喪失状態となり、病人部屋に隔離されていた。

花街では妓女は「母」にはなれないため、猫猫は鳳仙を「生んだ女」と呼んでいた。

鳳仙を生んだ女も妓女だったとされており、猫猫は「やり手婆の孫」ということになる。

鳳仙の恋人だったのは変人軍師・羅漢で、囲碁・将棋の好敵手として何度も対戦していたが、鳳仙の身請け金が高額で、羅漢は彼女に会う回数が減っていった。

詳しくみる ⇒参照元: 猫猫の母親は誰?梅毒による死亡までまとめ【薬屋のひとりごと】

鳳仙の秘密

なぜ鳳仙は鼻がないのか

梅毒による後遺症

薬屋のひとりごとに登場する鳳仙は、猫猫の母親であり、羅漢の元恋人です。

鳳仙は梅毒に感染しており、その後遺症で鼻を失っています。

羅漢と鳳仙は囲碁や将棋が得意で、羅漢が軍部で負けなし、鳳仙が妓楼で負けなしという実力を持っていました。

鳳仙は猫猫に母親らしいことはしておらず、小指の先を切り落としています。

しかし、猫猫にとっての母親は現在の緑青館の梅梅、白鈴、女華の三姫です。

羅漢と鳳仙は想い合った恋人同士でしたが、鳳仙は梅毒に感染し、身請けされることはありませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙まとめ!鼻・梅毒・身請け...

漢羅漢と猫猫の関係

猫猫はなぜ漢羅漢を嫌っているの?

顔認識障害があるから

羅漢は国の軍師で、変人軍師とも呼ばれている。

他人のかつらを外したり、自分の都合で行事欠席したりと、行動が不可解で、周囲からは変人軍師とも呼ばれている。

他人の顔が認識できない障害(相貌失認)を持っている。

この障害のため、猫猫のことは何度会っても顔で認識できず、いつも同じような対応をしてしまう。

猫猫はこの対応を不快に感じ、羅漢を嫌っている。

羅漢は国の高官で、名家の出身。

本名は不明。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと羅漢の正体は?猫猫との関係や鳳仙とのその後に...

妓女 鳳仙の素顔

かつて花街を代表する妓女として名を馳せた鳳仙はどのような性格だったのか

辛辣で高嶺

鳳仙は花街のトップ妓楼で働く妓女で、その美貌と囲碁や将棋の腕で多くの男性を魅了した。

しかし、性格は辛辣で冷たく、媚びを売らない高嶺の花として君臨していた。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】猫猫の母親・鳳仙は梅毒で鼻が欠けた?死亡...

超モテモテの壬氏、その隠れた目的とは?

壬氏の隠れた目的とは?

次の皇帝候補を育てる

壬氏は皇帝から宮中調査の任務を与えられている。

しかし、彼には別の目的がある。

それは、次の皇帝候補を育て上げ、自分が皇帝にならなくて済むようにすることだ。

壬氏は絶世の美男子として知られ、その外見だけでなく、冷静沈着で正義感もある頼りがいのある一面も持っている。

また、猫猫に惹かれて見せるピュアな一面も可愛らしい。

壬氏が超モテモテなのは納得である。

詳しくみる ⇒参照元: 『薬屋のひとりごと』壬氏(ジンシ)の正体は?家系図から彼の出...

身分差に揺れる恋

二人の関係が進展しない理由とは?

身分の差

壬氏は皇帝の弟または実子とされる謎の身分で、花街出身の猫猫とは身分差が大きい。

このため、結婚後の苦労を懸念する猫猫は壬氏との結婚に消極的。

プロポーズ後も二人は普段通りの生活に戻った。

その後、後宮で囲碁大会が開催され、壬氏は羅漢に対決を申し込んで願いを叶えようとする。

詳しくみる ⇒参照元: 薬屋のひとりごと猫猫(マオマオ)の正体!壬氏(じんし)との関...

罗汉の再会と猫猫への影響

罗汉の再会の後、猫猫に対する態度にどのような変化が現れるか?

執着が薄れるでしょう

罗汉は鳳仙との再会で自身の幸せを見つけ、猫猫に対する執着は薄れるでしょう。

親として猫猫を助け、見守り、彼女の安全や壬氏との仲を心配する親ばかぶりを発揮することが期待されます。

また、猫猫も罗汉を恨んでおらず、単に嫌っているだけということが分かり、親子3人が和解することを読者は望んでいます。

しかし、鳳仙の病気が重篤で寿命が短いという事実が、ハッピーエンドに複雑な影を落としています。

詳しくみる ⇒参照元: 羅漢は猫猫の父親!?物語のキーマンを徹底考察!【薬屋のひとり...

鳳仙と羅漢:花街の最強碁打ちと謎の武官

鳳仙が隔離されていた理由は?

病気

鳳仙は、病気を理由に緑青館の奥の部屋に隔離されていた。

羅漢が鳳仙を身請けしたことで、二人はようやく一緒に暮らせるようになった。

鳳仙は、羅漢の娘・猫猫の母親で、花街で最も腕の良い碁打ちとして知られていた。

羅漢は、変わり者の武官として描かれ、羅漢の正体は謎に包まれている。

また、猫猫の声優は悠木碧で、早稲田大学を卒業した高学歴声優である。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】羅漢は猫猫の父親!過去や鳳仙との出会い・...

猫猫と羅漢の関係性

猫猫は羅漢に対してどのような感情を抱いていたのか

哀れみ

羅漢は猫猫の父親であるが、彼女は羅漢を種馬としか認識しておらず、哀れな男だと感じていた。

羅漢の叔父である羅門から、羅漢の身の上話を聞いていたことが影響している。

猫猫は羅漢に枯れた青い薔薇を送ったが、それは万が一鳳仙を見つける可能性に賭けたものだった。

羅漢が鳳仙を身請けしたことで、二人はようやく一緒に暮らせるようになった。

詳しくみる ⇒参照元: <ネタバレ注意>猫猫の小指はなぜ短い?母親の思惑と最終回を解...