Academic Box Logo

歌舞伎町の裏社会を探る: 暴力団勢力図を徹底解剖

ライターのYUKOです。この文章では、歌舞伎町の裏社会を探ります。

歌舞伎町の裏社会の勢力図

チャイニーズマフィアが台頭する前、歌舞伎町の裏社会を支配していたのは?

暴力団

1990年代、暴力団は資金難に陥り、チャイニーズマフィアと手を組むようになった。

チャイニーズマフィアは、当初は上海系と北京系が主だったが、後に福建系、東北系が台頭してきた。

福建系は根無し草のような生活を送っており、暴力団にとって使いづらい相手だった。

東北系は、旧満洲をルーツに持ち、中国残留孤児二世・三世を擁する集団だった。

詳しくみる ⇒参照元: パリジェンヌ事件

歌舞伎町の緩衝地帯

その喫茶店では、当時どのような客層が集まっていた?

暴力団員やホステスなど

その喫茶店はヤクザ御用達の店として有名で、どの組も区別なく出入りする「緩衝地帯」となっていた。

店内は古びた純喫茶風でありながら赤いベルベットのソファーとシャンデリアという艶めかしい雰囲気で、主な客層は猛獣のようなオーラを放つ暴力団員や客と待ち合わせるホステスであった。

制服警察官が定期的に店内を巡回し、警察関係者からは「動物園」と呼ばれていた。

詳しくみる ⇒参照元: パリジェンヌ事件

チャニーズフィア争奪戦

中国のマッサージ店の何を目指して韓国のマッサージに置き換え始める?

韓国風の「チャニーズフィア」

中国のマッサージ店が韓国のマッサージに置き換わり始め、韓国風の「チャニーズフィア」と呼ばれる店が増加しています。

これを受け、警察は年末に両者の縄張り争いが激化すると見て、対策を強化しています。

詳しくみる ⇒参照元: パリジェンヌ事件

歌舞伎町で起きたカラオケ大会での争い

東北幇側がマイクを独占したのはなぜ?

不文律を無視したかったから。

新宿の歌舞伎町で、住吉会系下部組織と東北幇グループの間でカラオケ大会で争いが発生。

東北幇側がマイクを独占したため、住吉会側が注意。

東北幇側が逆切れして暴れ出し、大乱闘に発展。

警察が駆けつけた時には男らは逃走した後だった。

事態を収束させるための話し合いが、喫茶店「パリジェンヌ」で行われることになった。

詳しくみる ⇒参照元: パリジェンヌ事件

歌舞伎町での探偵調査における闇社会対策

ヤクザや半グレなどの裏組織から警戒されないように、探偵業者が歌舞伎町で聞き込みや張り込みを行う際に注意すべきことは?

闇社会に被害妄想を抱かせないこと

歌舞伎町で聞き込みや張り込みを行う探偵業者は、闇社会の連中に被害妄想を抱かせないように注意する必要がある。

客引きから不審がられた場合は、探偵であることを明かし、真の調査目的を偽装して対応するのも一考だ。

例えば、歌舞伎町で働いている依頼者の娘や息子の捜索案件に従事しているなどと伝えるといいだろう。

また、狭い路地が多い歌舞伎町では車両を停車させておくスペースがないため、車両での張り込みは困難な場合が多い。

そのため、タクシーや車両の通行規制時間帯などは設定されていないものの、聞き込みや張り込みを行う際には注意が必要となる。

詳しくみる ⇒参照元: 新宿・歌舞伎町と裏社会|東京の探偵

歌舞伎町抗争の火種

歌舞伎町で中国人マフィアの勢力が強まったきっかけとなった出来事は何ですか?

カラオケ大会での乱闘

2002年9月26日の深夜、歌舞伎町のとあるカラオケスナックで、住吉会と東北幇のメンバーが親睦会を開催していました。

しかし、酒が進むにつれて東北幇側が不文律を無視してマイクを独占したため、住吉会側が注意したところ乱闘に発展。

これが歌舞伎町における中国マフィアの勢力拡大のきっかけとなった事件です。

詳しくみる ⇒参照元: パリジェンヌ事件

歌舞伎町裏社会の変遷

歌舞伎町の勢力図に変化をもたらした出来事は?

パリジェンヌ事件

パリジェンヌ事件は2002年に歌舞伎町で発生した暴力団員射殺事件です。

この事件により、チャイニーズマフィアが台頭し、歌舞伎町の勢力図が塗り替えられました。

事件は、暴力団が資金難でチャイニーズマフィアと手を組み、外国人犯罪組織が台頭していた背景がありました。

パリジェンヌ事件を契機に、警視庁は組織犯罪対策部を設置し、チャイニーズマフィアの退潮と勢力図の変化に繋がりました。

詳しくみる ⇒参照元: パリジェンヌ事件

パリジェンヌ事件後の中国系マッサージ店の対応

新宿歌舞伎町のパリジェンヌ事件の発生後、中国系マッサージ店はどのような対応をとった?

韓国エステ、韓国マッサージに店名を変更

中国系マッサージ店は、新宿歌舞伎町のパリジェンヌ事件後、韓国エステや韓国マッサージに店名を変更し、イメージチェンジを図った。

歌舞伎町では、事件後数か月間緊張状態が続き、メディアは「年末にヤクザとチャイニーズマフィアの大戦争が起こる」と報じた。

しかし、警察の追及を察知した双方で話し合いが行われ、翌年に手打ち式が行われた。

その後、警視庁の国際捜査課が防犯カメラの記録を駆使して中国人3人を逮捕し、最終的に8人を逮捕した。

中国に逃亡していた主犯格の男も拘束され、拳銃で片をつけるつもりだったと陳述した。

報復として中国残留孤児三世が殺された件では、幸平一家の組員5人が指名手配され、3人が逮捕された。

石原慎太郎都知事の主導により、歌舞伎町で外国人の一斉取締りが実施され、チャイニーズマフィアは地下への潜伏を余儀なくされた。

パリジェンヌ事件を境に、歌舞伎町から不良中国人の姿は一掃され、チャイニーズマフィアが我が物顔で新宿を歩くことは無くなった。

詳しくみる ⇒参照元: パリジェンヌ事件

新宿歌舞伎町調査の注意点

新宿歌舞伎町で探偵調査を行う上で、特に注意すべき人物は誰?

客引き

新宿歌舞伎町の客引きは、闇社会の手先となっている場合が多く、調査の妨害や危険にさらされる可能性があります。

彼らは、ぼったくりバーや闇風俗店に客を誘導したり、半グレに関与する店舗の情報を提供したりします。

また、歌舞伎町にはヤクザの事務所も多数あり、客引きとつながっている場合もあります。

そのため、探偵調査では客引きの動向を把握し、警戒することが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 新宿・歌舞伎町と裏社会|東京の探偵

歌舞伎町の「緩衝地帯」で起きた銃撃事件

歌舞伎町の喫茶店「パリジェンヌ」はなぜ他の喫茶店とは異なっていたのか?

組の区別なく出入りできた「緩衝地帯」

歌舞伎町の喫茶店「パリジェンヌ」は、住吉会、極東会、東亜会などのヤクザの事務所が周辺に多く、ヤクザ御用達の店として有名だった。

他の歌舞伎町の喫茶店では、各組の贔屓が決まっていて他の組は来店できないのが普通だったが、「パリジェンヌ」は例外的にどの組も区別なく出入りできた。

「緩衝地帯」として、どの組も穏便に利用できる貴重な場所となっていた。

店内は、古びた純喫茶風の雰囲気ながらも赤いベルベットのソファーとシャンデリアが艶めかしく、客層は暴力団員やホステスが中心だった。

そのため、警察関係者からは「動物園」と呼ばれていた。

ある日、住吉会と東北幇の協議が「パリジェンヌ」で行われた際、東北幇側が拳銃を発砲し、住吉会側が4人死亡、1人重傷という事件が発生した。

詳しくみる ⇒参照元: パリジェンヌ事件

新宿・風俗街に潜む暴力団の暗躍

風俗営業店の裏で暗躍する勢力は?

暴力団

新宿・風俗街として知られる” 歌舞伎町 “では、風俗営業店の背後に暴力団が暗躍しています。

暴力団は風俗営業店からみかじめ料を受け取り、スカウト、客引き、ホストなどの裏社会の仲介者を準構成員としてリクルートしています。

この裏社会のネットワークを通じて、暴力団は違法行為を隠蔽し、資金を調達しています。

詳しくみる ⇒参照元: 新宿・歌舞伎町と裏社会|東京の探偵

新宿歌舞伎町の変遷と観光名所化

新宿歌舞伎町を観光名所に変えた建築物は何か?

新宿東寶大廈

1950年代から映画館や劇場の建設が相次いだ新宿歌舞伎町は、風俗店の増加で治安が悪化し、暗黒街のイメージが定着した。

2003年頃、東京都知事の石原慎太郎による浄化作戦が行われ、2015年に新宿東寶大廈が建設された。

この建物は映画館とホテルを併設し、歌舞伎町を観光名所へと変える転機となった。

その後、多くのホテルが集中し、外国人観光客にも人気のエリアとなった。

詳しくみる ⇒参照元: 深入認識日本「歌舞伎町」-走尋值得一訪之處

歌舞伎町の闇: ヤクザマンションの実態

歌舞伎町に存在する、漫画のモデルにもなった建物の特徴的な様子とは?

提灯が吊るされ監視カメラが設置された物々しい雰囲気

歌舞伎町には、暴力団事務所が多数入室している「ヤクザマンション」が複数存在する。

これらのマンションは物々しい雰囲気に包まれ、提灯が吊るされ監視カメラが設置されている。

過去には、あるヤクザマンションで女性の全裸死体が遺棄される事件や、4人が殺害される殺人事件が発生している。

また、ヤクザマンションは漫画「殺し屋1」のモデルにもなっており、作中では暴力団同士の抗争や殺人が描かれている。

さらに、ヤクザマンションは民泊サイト「Airbnb」で1泊4500円で宿泊できるという。

詳しくみる ⇒参照元: 歌舞伎町のヤクザの実態とは?関連事件や一泊4500円のマンシ...

歌舞伎町の水商売と裏社会の闇

歌舞伎町の水商売に絡む事件の特徴は?

裏社会との関わり

歌舞伎町では、水商売であるホストやスカウトマンをめぐる事件が頻繁に発生しています。

これらの事件の背景には、暴力団など裏社会の住民が関わっていることが多く、ホストやスカウトマン自身も危険な人物である場合が多いです。

歌舞伎町で発生したホスト撲殺未遂事件では、キャッチの男性との揉め事がエスカレートして重傷を負わせるほどの暴行が行われ、その異常性が「撲殺」という言葉で噂されるほどでした。

また、今年発覚した座間9遺体事件の犯人も元歌舞伎町のスカウトマンだったことが明らかになっています。

こうした事件は、歌舞伎町の水商売が半分裏社会に足を踏み入れた存在であることを示しています。

詳しくみる ⇒参照元: 歌舞伎町のヤクザの実態とは?関連事件や一泊4500円のマンシ...

歌舞伎町のヤクザマンションの異様さ

歌舞伎町にある、相場の半額の家賃で住めるマンションの名前は?

ライオンズマンション歌舞伎町

歌舞伎町にあるライオンズマンション歌舞伎町は、周囲に異様なものが溢れており、ヤクザが多く住んでいると噂されている物件です。

不動産サイトによると、間取りは1Rで平均賃料は月6.9万円と、新宿歌舞伎町の相場と比べて破格の安さです。

詳しくみる ⇒参照元: 歌舞伎町ヤクザマンションを見て気付いた異様なこと