Academic Box Logo

原田信助事件: 取り調べ可視化で明らかになった痴漢冤罪と自殺の悲劇

ライターのYUKOです。今回は、原田信助事件についてお伝えします。この事件は、取り調べの可視化によって明らかになった痴漢冤罪と自殺の悲劇です。

原田信助冤罪事件のキーポイント

なぜJR側は事件当時の23時前後の防犯ビデオの映像を公開したくないのでしょうか?

映像に暴行が映っているため

原田信助冤罪事件では、事件当時の防犯ビデオの映像がJRによって公開されませんでした。

この映像には、駅員による暴行が映っており、JR側はこの映像が公開されることで不都合が生じることを懸念していました。

そのため、映像を消去または非公開にするよう関係者に働きかけた可能性があります。

映像を非公開にすることで、暴行の事実を隠蔽し、駅員の責任を追及されることを回避しようとしたと考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 取り調べ可視化で発覚!痴漢と間違われその後自殺した原田信助さ...

原田信助事件の悲劇

原田信助を自殺に追い込んだ事件の真相は?

警察の不適切な対応

原田信助は帰宅途中に暴漢に襲われ、警察に通報するも、なぜか自身も連行・拘束された。

事件に関わったJR職員もいることが判明し、新たな目撃証言により、暴漢の一人が被害者を何度も蹴っていたことが明らかになった。

この不適切な対応が原田の自殺につながったと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 取り調べ可視化で発覚!痴漢と間違われその後自殺した原田信助さ...