Academic Box Logo

保護者のクレーム対応:落ち込みへの対処法と効果的な対処の秘訣

こんにちは、ライターのYUKOです。保護者からのクレーム対応についてお悩みの方向けに、落ち込みへの対処法と効果的な対処の秘訣をまとめました。

保護者クレーム対応の要諦

保護者クレーム対応において、最も重要なことは何ですか?

保護者の状態を理解する

保護者クレーム対応において重要な初期対応は、保護者の状態を理解することです。

保護者は通常の状態ではなく、感情的になっている可能性があります。

この点を理解することで、適切な対応が可能となり、事態の悪化を防げます。

クレーム対応は試験勉強や部活動の成果を出すプロセスに似ており、効果的な方法を知ることが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 保護者クレーム対応 初期対応の考え方

保護者からのクレームへの適切な対応

保護者からのクレームを受けた場合、最初の対応として大切なことは何ですか?

言いたいことを全て聞く

保護者からのクレーム対応においては、保護者の話を最後まで聞くことが重要です。

複数人で対応し、落ち着いて対応しましょう。

法律上・教育上の観点から、対応を明確に分けることが望ましいです。

詳しくみる ⇒参照元: 保護者からクレームを受けた時どうしたらいい?正しいクレーム対...

教員の保護者対応の心得

保護者が理不尽な対応をした場合、教員がとるべき適切な対応とは?

管理職に報告・相談

理不尽な保護者対応では、教員は一人で抱え込まず、管理職に速やかに報告・相談することが重要です。

管理職に報告することで責任が移り、職員室の評価を気にする必要がなくなります。

保護者とのやり取りは「お客様コーナー」で複数教員が立ち会い、可能であれば録音しましょう。

文章での回答は避け、SNS等への拡散リスクも考慮する必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 危機を乗り切る【硬派なクレーム対応】術|みんなの教育技術

保護者からのクレームに対処するためのヒント

保護者からのクレームで最も多いものは何か

子供のケアや安全に関するクレーム

保護者からのクレームには、子供のケアや安全、コミュニケーション不足、プログラム内容や教育方針、保育士の態度や対応に関するものなどがある。

子供のケアや安全に関するクレームは最も一般的で、保護者が子供の安全や健康を最優先に考えるためである。

保護者との信頼関係を築くには、オープンなコミュニケーションを心がけ、継続的に情報を提供することが重要である。

詳しくみる ⇒参照元: 保護者のクレームに落ち込む…対処法とは?保育士の正しい対応

教員と保護者のより良い関係構築

保護者対応で教員が心がけるべき重要なことは?

安心感を与えること

保護者対応において、教員は保護者の気持ちを理解し、子どもの成長を一緒に目指すパートナーであることを認識することが重要です。

適切な対応を行うことで信頼を得られ、学級運営も円滑になります。

また、一人で対応せず、チームとして周囲の協力を得ることも大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 教員の保護者対応で大切なこと・クレーム対処のコツを元教師が解...

保育士のクレーム対応における親との信頼関係構築

親との信頼関係を築くために保育士が取るべき対応は?

共感の言葉と誠実な姿勢

保育士が親との信頼関係を築くためには、親の立場に立って共感の言葉を使い、クレーム対応時には誠実な姿勢を示すことが重要です。

感情的な状況でも冷静に対応し、謝罪や誠意を表明することで、親の不満や不安を和らげることができます。

また、ポジティブな言葉選びを心がけ、建設的な対話を促進しましょう。

さらに、具体的な解決策を提案し、親と協力して問題の根本原因を特定することが大切です。

実行計画を策定し、進捗状況を定期的に確認することで、問題解決に効果的に取り組むことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 保護者のクレームに落ち込む…対処法とは?保育士の正しい対応

対話の主導権を握るテクニック

親との対話で、こちらが主導権を握るコツは?

相手に喜ばせる会話から入る

苦情を言いに来た保護者との対話では、まずこちらが主導権を握ることが大切。

そのポイントは、「相手を喜ばせる会話から入る」こと。

例えば、保護者が目をつり上げて来たとしても、笑顔で出迎えてプラスのエピソードを伝えると良い。

また、相手をよく知っておくことも重要。

家の近所の公園についてなど、親近感を持てる話題から始めると機先を制することができる。

詳しくみる ⇒参照元: 危機を乗り切る【硬派なクレーム対応】術|みんなの教育技術

保護者対応のコツ|信頼関係を築くための日頃の取り組み

保護者対応において、日頃から行っておくべき重要なことは何ですか?

子どもをよく観察すること

保護者対応における重要なポイントは、日頃から子どもをよく観察し、長所や日常のエピソードを把握することです。

そうすることで、事務連絡だけでなく、子どもの様子を添えた安心感を与える対応が可能となり、保護者との信頼関係を築きやすくなります。

また、全員の子どもと毎日話すことが難しい場合でも、1週間のスパンで一言も話していない子どもがいないようにすることで、かかわりの中で子どもの特性をつかむことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 教員の保護者対応で大切なこと・クレーム対処のコツを元教師が解...

保護者の訪問対策

保護者が学校に徒党を組んで来た場合、学校側はどのように対処すればよいか?

人数を制限する

学校を訪れる保護者の場合、常識として事前にアポイントメントを入れます。

しかし、徒党を組んでやって来る保護者に対しては、「当事者で、解決する力のある方としかお会いしませんよ」と伝え、人数を制限します。

また、長時間居座る保護者に対しては、「不退去罪や威力業務妨害に当たり、警察に連絡させていただくこともできるんですよ」と伝えましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 危機を乗り切る【硬派なクレーム対応】術|みんなの教育技術

クレーム対応のポイント

クレームを受けた保護者への謝罪のポイントは何ですか?

事実確認

クレーム対応において、保護者に対しては「嫌な思いをさせてしまったこと」や「不信感を抱かせてしまったこと」を謝罪し、学級内で事実確認を行うことが重要です。

保護者会や学級通信、連絡帳などを活用し、日頃から学級の様子を伝えることで、クレームの未然防止にもつながります。

詳しくみる ⇒参照元: 保護者からのクレームに上手に対応する5つのポイント【動画】|...

保護者との良好な関係構築

保護者との良好な関係を築くためには、担任がどのような工夫をすべきでしょうか?

和やかな自己紹介と、横のつながりを促す企画

担任の自己紹介で保護者に安心感を与え、保護者同士の横のつながりを促す企画で盛り上げ、保護者会に参加して良かったと感じてもらえる会を目指します。

また、相談やクレーム対応では、学校に安心感をもらい、保護者の話をよく聞き、理解してもらえるよう説明することが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 教員の保護者対応で大切なこと・クレーム対処のコツを元教師が解...