Academic Box Logo

五月の蝿の意味を徹底解説!語源や由来も明らかに

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は「五月の蝿」の意味について徹底的に解説していきます。

五月蝿(さばえ)の語源と意味の変化

五月蝿(さばえ)とは、もともとミツバチのことを指していたが、現在はどのような意味で使われている?

うるさい

五月蝿(さばえ)という言葉は、もともとミツバチの群れを表していたが、後に「うるさい」という意味で使われるようになった。

これは、旧暦の五月が現在の六月頃にあたるため、蝿が最も活発な時期と一致するからである。

現在では、五月蝿は「うるさい」という代名詞として定着している。

詳しくみる ⇒参照元: 五月蝿い(うるさい)の意味・由来・語源とは?煩いとの違いは?

五月蝿いの意味と由来

五月蠅いという漢字の意味は?

五月の蠅

「五月蝿い」という漢字は、「うるさい」という意味を表す。

語源は古語で心を意味する「うら」が変形した「うる」と、狭いことを意味する「さし」が組み合わさった言葉。

また、「五月蝿い」は、漢字で「煩い」と書くこともできるが、意味に違いはない。

詳しくみる ⇒参照元: 五月蝿い(うるさい)の意味・由来・語源とは?煩いとの違いは?

「五月蝿い」の由来

小説で用いられた当て字が広く普及したのは?

「五月蝿い」

「五月蝿い」は、元々は「うるさ」と読む当て字ではなく、夏目漱石の小説で使用されたのがきっかけで広まった。

正式な言葉としては「煩い」があり、「音の耳障りさ」と「うっとうしさ」の両方を表す。

ただし、常用漢字では「煩い」は「うるさい」ではなく「わずらい」と読むため、この読み方をできない人もいる。

詳しくみる ⇒参照元: 五月蝿い(うるさい)の意味・由来・語源とは?煩いとの違いは?