Academic Box Logo

ジャニーズデビュー曲売上ランキング!売上枚数から見る人気グループとは?デビュー曲でミリオン超えのグループはいくつあるの?衝撃の事実に迫る!

ジャニーズデビュー曲売上ランキング!売上枚数から見る人気グループとは?デビュー曲でミリオン超えのグループはいくつあるの?衝撃の事実に迫る!
📘 この記事で分かる事!

💡 ジャニーズのデビュー曲売上ランキングでは、不動の1位に輝き続けるのはKinKi Kidsの「硝子の少年」です。累計売上枚数は驚異の179万枚を超え、ジャニーズ史上最も売れたデビュー曲として君臨しています。

💡 ジャニーズのデビュー曲でミリオンヒットを達成したグループは数多く存在します。その中でも、近藤真彦の「スニーカーぶる~す」、KAT-TUNの「Real Face」は、それぞれ2位、3位と高い順位にランクインしています。

💡 2020年以降、ジャニーズではSnow Manが快進撃を続けており、リリースしたシングル8枚中5枚がミリオンを達成しています。この勢いは、ジャニーズ全体を盛り上げていると言っても過言ではありません。

ジャニーズのデビュー曲について、売上枚数や特徴、印象に残るグループなどをご紹介します。ジャニーズファン必見の内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

ジャニーズデビュー曲売上ランキング

やはりジャニーズのデビュー曲といえば、KinKi Kidsの「硝子の少年」を外すことはできません。発売初週に31万枚を売り上げ、累計売上枚数は179万枚を超える大ヒットとなりました。山下達郎作曲、松本隆作詞による珠玉の名曲は、音楽業界に衝撃を与えたと言っても過言ではありません。

🔖 関連記事の要約!ジャニーズグループのデビュー曲最多売上はKinKiKids「硝子の少年」 累計179万枚/芸能/デイリースポーツ online
ジャニーズグループのデビュー曲最多売上はKinKiKids「硝子の少年」 累計179万枚/芸能/デイリースポーツ online

✅ ジャニーズグループのデビュー曲の中で最も売れたのは、1997年7月に発売されたKinKi Kidsの「硝子の少年」で、累計売上は179万枚を超えています。

✅ 2位は1980年12月に発売された近藤真彦の「スニーカーぶる~す」で、累計売上は104.7万枚。3位は2006年3月に発売されたKAT-TUNの「Real Face」で、累計売上は104.6万枚となっています。この3曲はすべてミリオンヒットを達成しています。

✅ 嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」は2001年11月に発売され、累計売上は97.3万枚。惜しくもミリオンヒットには届きませんでした。

さらに読む ⇒ジャニーズグループのデビュー曲最多売上はKinKiKids「硝子の少年」 累計179万枚/芸能/デイリースポーツ onlineジャニーズグループのデビュー曲最多売上はKinKiKids「硝子の少年」 累計179万枚/芸能/デイリースポーツ online出典/画像元: https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/23/0013055728.shtml

KinKi Kidsの「硝子の少年」は、発売当時からその完成度の高さで話題になりました。キャッチーなメロディーと爽やかな歌詞が多くの人の心を掴み、ジャニーズの歴史に燦然と輝く名曲となりました。

ジャニーズのデビューシングルの売上ランキングでは、KinKi Kidsの「硝子の少年」が歴代1位を記録しています。山下達郎作曲、松本隆作詞によるこの曲は、発売初週に31.5万枚を売り上げ、累計売上は179万枚を超えています。2位はKAT-TUNの「Real Face」で、発売初週に75.4万枚を売り上げ、ミリオンヒットを達成しました。3位は嵐の「A・RA・SHI」で、発売初週に55.7万枚を売り上げ、こちらもミリオンヒットとなりました。嵐やV6など、ジャニーズの人気グループのデビュー曲も上位にランクインしています。

ほんまやで!キンプリはさすがやわぁ。わしも大好きやねん。

おう、キンプリ強ぇー。さすがやけん、わしも好きやもん。

キンプリが1位かいのぉ。おばあちゃんの時代は、近藤真彦やたのきんトリオが人気やったんやけどね。時代は変わるんやなぁ。

ジャニーズデビュー曲の総売上

2020年以降、ジャニーズで最も勢いのあるグループと言えば、やはりSnow Manでしょう。リリースしたシングル8枚中5枚がミリオンを達成し、ジャニーズのミリオン復活を牽引しています。その勢いはとどまることを知らず、今後の活躍にも期待が高まります。

🔖 関連記事の要約!ジャニーズのミリオンセラーシングルは22作品 : 最多はSnow Manの5作品
ジャニーズのミリオンセラーシングルは22作品 : 最多はSnow Manの5作品

✅ 2020年以降、ジャニーズではSnow Manが特に好調で、リリースした8枚のシングルのうち5枚がミリオンを達成しています。ミリオンを達成したシングルは以下の通りです。 「D.D./Imitation Rain」(Snow Man vs SixTONES名義、2020年1月) 「KISSIN゛ MY LIPS / Stories」(2020年10月) 「Grandeur」(2021年1月) 「HELLO HELLO」(2021年7月) 「タペストリー / W」(2023年3月)Snow Manの快進撃は、ジャニーズ全体を盛り上げていると言えます。

✅ 過去には嵐、SMAP、KinKi Kidsなどがミリオンを記録しています。中でもSMAPは「らいおんハート」「夜空ノムコウ」「世界に一つだけの花」の3曲がミリオンを達成し、特に「世界に一つだけの花」は300万枚を超える大ヒットとなりました。また、KinKi Kidsは「硝子の少年」「愛されるより愛したい」「全部だきしめて・青の時代」「夜空ノムコウ」の4曲がミリオンを記録しています。

✅ 2006年のKAT-TUNの「Real Face」から約15年間ミリオンが途絶えていましたが、2020年にSnow Manの「D.D./Imitation Rain」で約15年ぶりのミリオンが復活しました。その後もSnow Manは好調を維持しており、ジャニーズのミリオン復活を牽引しています。

さらに読む ⇒おとのほそみち おとのほそみち 出典/画像元: https://bakoji.hatenablog.com/entry/Johnnysmillion

Snow Manのデビュー曲は「D.D./Imitation Rain」で、発売初週に75.4万枚を売り上げ、ミリオンヒットを達成しました。この曲はSnow Manの快進撃の幕開けとなり、ジャニーズ全体を盛り上げるきっかけとなりました。

デビュー曲の総売上でもKinKi Kidsの「硝子の少年」が1位です。累計売上は179.2万枚で、ジャニーズデビュー曲の中で最も売れています。2位は近藤真彦の「スニーカーぶる~す」で、累計売上は104.7万枚です。3位はKAT-TUNの「Real Face」で、累計売上は104.6万枚です。嵐やV6、Hey! Say! JUMPなど、ジャニーズの人気グループのデビュー曲がミリオンヒットを記録しています。

スノ担としては、たまらん情報やわぁ!

スノ担とか若い子たちの言葉わかんねーけど、とにかくスゲーってことだね。

スノウマンって、おばあちゃんでも知っとるで。最近ようテレビで見るもんね。

ジャニーズデビュー曲の特徴と売上推移

KinKi Kidsの全シングルの総売上は約160億円で、1年あたりの売上は約7億円。この数字は、KinKi Kidsの長い活動期間と人気の高さを物語っています。デビューから23年が経った今もなお、第一線で活躍し続けるKinKi Kidsは、ジャニーズを代表するグループの一つであることは間違いありません。

🔖 関連記事の要約!KinKi Kidsの全シングル総売上を調べてみた
KinKi Kidsの全シングル総売上を調べてみた

✅ KinKi Kidsのシングル売上をデビューから調査した結果、「愛されるより 愛したい」が最も売上が高いことが判明しました。売上枚数ではデビュー曲の「硝子の少年」が約180万枚と多いものの、「愛されるより 愛したい」は約160万枚で、価格が500円高かったため、売上金額では「愛されるより 愛したい」が上回っています。

✅ デビュー曲「硝子の少年」は売上枚数こそ多いものの、価格は500円だったため、売上金額としては「愛されるより 愛したい」の方が高くなっています。「愛されるより 愛したい」の売上枚数は約160万枚で、「硝子の少年」の約180万枚には及びませんが、価格は1,000円だったため、売上金額では「愛されるより 愛したい」が上回っています。

✅ KinKi Kidsの全シングルの総売上は約160億円で、1年あたりの売上は約7億円です。これは、デビューから23年間で計算したもので、KinKi Kidsの長い活動期間と人気の高さを示しています。

さらに読む ⇒トサカはジャニーズをグラフで考えるトサカはジャニーズをグラフで考える出典/画像元: https://endoseiji-infogram.hatenablog.jp/entry/KinKiKids

KinKi Kidsのデビュー曲は「硝子の少年」ですが、実はこの曲よりも売上枚数の多いシングルがあります。それが「愛されるより 愛したい」です。この曲は1998年に発売され、累計売上枚数は約160万枚を記録しています。

ジャニーズのデビュー曲の特徴としては、デビュー当時のエピソードや楽曲の特徴が挙げられます。KinKi Kidsの「硝子の少年」は、高視聴率ドラマに出演していた二人がデビュー前に高い人気を誇っていたことや、タイアップなしでヒットしたことなどが特徴です。嵐の「A・RA・SHI」は、デビュー前から「ジャニーズJr.黄金期」と呼ばれるほど注目を集めていたグループがデビューしたことで話題になりました。売上推移を見ると、嵐やKinKi Kidsなど、デビュー曲から高い人気を誇るグループが目立ちます。また、V6やHey! Say! JUMPなど、デビュー当初はそれほど人気がなかったものの、徐々に人気を高めていったグループもあります。

KinKi Kidsって、デビュー当時からずっと人気あるよね。偉いなぁ。

KinKi Kidsは、ジャニーズの中でもベテランの域やけん、安定しとるんやろね。

KinKi Kidsねぇ。おばあちゃんも好きやったで。光一くんのビジュアルが最高やったもんね。

2022年年間チャートとジャニーズデビュー曲の印象

2022年の年間Billboard JAPAN HOT 100では、ジャニーズ勢が上位にランクインしました。Snow Manが2位、SixTONESが4位と、ジャニーズグループの活躍が際立ちました。また、2022年の年間Billboard JAPAN HOT Albumsでは、Snow Manの『Snow Labo. S2』が1位を獲得。Snow Manの勢いはとどまることを知りません。

🔖 関連記事の要約!ビルボードジャパン年間チャート、アルバム首位はSnow Man 総合ソング1位は?:人気の背景にTikTok(1/2 ページ)

公開日:2022/12/25

ビルボードジャパン年間チャート、アルバム首位はSnow Man 総合ソング1位は?:人気の背景にTikTok(1/2 ページ)

✅ 2022年の年間Billboard JAPAN HOT 100では、Aimerが1位を獲得し、Snow Manが2位、Tani Yuukiが3位にランクインしました。Aimerは通算2度目の年間1位獲得となり、Snow Manは初のアートワークでのTOP3入りとなりました。

✅ 2022年の年間Billboard JAPAN HOT Albumsでは、Snow Manの『Snow Labo. S2』が1位を獲得しました。これはSnow Manにとって初の年間アルバム1位獲得となり、アルバムセールスでも年間1位に輝きました。2位にはSEVENTEENの『DREAM』、3位にはSixTONESの『CITY』がランクインしました。

✅ 2022年の年間Billboard JAPAN HOT 100とHOT AlbumsでSnow Manがそれぞれ2位と1位を獲得し、活躍を見せました。HOT 100ではAimerに次ぐ2位にランクインし、HOT Albumsでは1位を獲得しました。

さらに読む ⇒ ITmedia  ビジネスオンライン ITmedia ビジネスオンライン出典/画像元: https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2212/15/news136.html

2022年の年間Billboard JAPAN HOT 100で1位を獲得したのはAimerでした。Aimerは通算2度目の年間1位獲得となり、その人気と実力を証明しました。

2022年年間Billboard JAPANアルバム・セールス・チャートでは、Snow Manが1位を獲得し、年間を代表するアーティストとなりました。Snow Manはアルバム『SnowLabo. S2』が好調に売れ、年間アルバムセールス1位を獲得しています。また、ジャニーズデビュー曲の印象に残るグループとして、光GENJIやKing & Prince、少年隊が挙げられています。光GENJIはローラースケートを履いて歌う斬新なパフォーマンスで一世を風靡し、少年隊は歌とダンスの総合的なパフォーマンスで活躍を続けています。King & Princeは王子様のようなビジュアルと楽曲で多くのファンを虜にしました。

スノ担としては、幸せすぎる情報やわぁ!

スノ担とか若い子たちの言葉わかんねーけど、とにかくスゲーってことだね。

スノウマンって、おばあちゃんでも知っとるで。最近ようテレビで見るもんね。

ジャニーズデビュー曲の初週売上

SixTONESとSnow Manの「Imitation Rain/D.D.」は、オリコン週間シングルランキングで歴代1位となる175週連続トップ100入りを記録しました。この曲は発売初週に132万8000枚を売り上げ、史上初のデビューシングル初週ミリオンを達成しています。まさにジャニーズ史上歴史に残る快挙と言えるでしょう。

🔖 関連記事の要約!SixTONES vs Snow Manのシングル「Imitation Rain/D.D.」が歴代1位 オリコン週間シングル175週連続トップ100入り
SixTONES vs Snow Manのシングル「Imitation Rain/D.D.」が歴代1位 オリコン週間シングル175週連続トップ100入り

✅ SixTONESとSnow Manの「Imitation Rain/D.D.」がオリコン週間シングルランキングで175週連続トップ100入りを記録し、歴代1位となった。中島みゆきの「地上の星/ヘッドライト・テールライト」の174週を上回り、歴代1位となった。

✅ この曲は2020年に発売され、男性アーティスト歴代1位となる初週売上132万8000枚を記録し、史上初のデビューシングル初週ミリオンを達成した。これにより、ジャニーズ事務所所属のアーティストとしては初のデビューシングル初週ミリオンとなった。

✅ 累積売上は6月5日付で186万8000枚となっており、ジャニーズ事務所所属のアーティストとしては歴代1位の売上となっている。

さらに読む ⇒推しが見つかる!ダンス&ボーカルグループ専門情報サイト|トピクル推しが見つかる!ダンス&ボーカルグループ専門情報サイト|トピクル出典/画像元: https://topicool.jp/article/snowman/kiji-snowman/article-4802

SixTONESとSnow Manの「Imitation Rain/D.D.」は、そのキャッチーなメロディーとキレのあるダンスパフォーマンスで多くの人の心を掴みました。オリコン週間シングルランキングで175週連続トップ100入りという記録は、ジャニーズグループの底力を見せつけたと言っても過言ではありません。

ジャニーズデビュー曲の初週売上では、SixTONESとSnowManの「Imitation Rain/D.D.」が歴代1位を記録しています。この曲は発売初日に77.3万枚を売り上げ、歴代デビュー曲の初週売上記録を塗り替えました。2位はKAT-TUNの「Real Face」で、発売初週に75.4万枚を売り上げています。3位はなにわ男子の「初心LOVE」で、発売初週に70.5万枚を売り上げています。ジャニーズのデビュー曲の初週売上は数十万枚を売り上げるグループが数多くあり、高い注目度がうかがえます。

スノ担としては、たまらん情報やわぁ!

スノ担とか若い子たちの言葉わかんねーけど、とにかくスゲーってことだね。

スノウマンって、おばあちゃんでも知っとるで。最近ようテレビで見るもんね。

ジャニーズのデビュー曲について、売上枚数や特徴、印象に残るグループなどをご紹介しました。ジャニーズのデビュー曲は、そのグループの人気や実力のバロメーターと言えるでしょう。これからもジャニーズの活躍に期待しましょう。

🚩 結論!

💡 ジャニーズのデビュー曲売上ランキングでは、1位は不動のKinKi Kidsの「硝子の少年」です。累計売上枚数は179万枚を超え、ジャニーズ史上最も売れたデビュー曲として君臨しています。

💡 2020年以降、Snow Manが快進撃を続けており、リリースしたシングル8枚中5枚がミリオンを達成しています。この勢いは、ジャニーズ全体を盛り上げていると言っても過言ではありません。

💡 SixTONESとSnow Manの「Imitation Rain/D.D.」は、オリコン週間シングルランキングで歴代1位となる175週連続トップ100入りを記録しています。この曲は発売初週に132万8000枚を売り上げ、史上初のデビューシングル初週ミリオンを達成しています。