Academic Box Logo

押尾学の薬物事件、そしてその後意外な人物が被害者へ報復?!

押尾学の薬物事件、そしてその後意外な人物が被害者へ報復?!
📘 この記事で分かる事

💡 押尾学は過去に薬物事件で逮捕され、服役していました。その後、出所して現在は輸入ビジネスやホストクラブの顧問をしていますが、芸能界復帰の可能性は低いとされています。

💡 薬物事件の被害者の両親は、押尾に対して損害賠償請求をしていません。なぜなら、押尾が被害者の墓に一度も参っていないことを知っており、決して押尾を許していないからです。彼らにとって、賠償金よりも息子の無念を晴らすことが何より大切だったのでしょう。

💡 押尾学は過去に多くの女性と交際しており、その中には女優の矢田亜希子も含まれていました。しかし、薬物事件をきっかけに矢田亜希子と離婚し、現在は一般女性と再婚して1人の子供をもうけています。

押尾学に関する記事をご紹介していきます。内容として押尾学の薬物事件、現在の様子、さらに被害者への報復疑惑まで幅広くお伝えしていきますので、最後までお付き合いいただければと思います。

押尾学の交際遍歴

押尾学といえば、多くの女性と浮名を流したことで有名でしたね。そのプレイボーイぶりは芸能界でもトップクラスだったのではないでしょうか。

🔖記事の要約押尾学の現在は?事件後に再婚していた!矢田亜希子と離婚しイクメンに?彼女遍歴や事件の真相も総まとめ!

公開日:2017/11/20

押尾学の現在は?事件後に再婚していた!矢田亜希子と離婚しイクメンに?彼女遍歴や事件の真相も総まとめ!

✅ 押尾学は過去に女優の奥菜恵、矢田亜希子、モーニング娘。の安倍なつみら多くの女性と交際し、浮名を流した。

✅ 2009年、愛人関係にあった銀座ホステスの田中香織さんにMDMAを服用させた後、保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で実刑判決を受けた。

✅ 現在は一般女性と再婚し、芸能界を引退して普通の生活を送っている。

さらに読む ⇒ENDIAENDIA出典/画像元: https://endia.net/osiomanabu

浮気相手でもしっかりと責任を持って関わるべきなのに、逃げ出すなんて最低な行為だと思います。人として許せませんね。ましてや、相手が薬物の影響下にあったとしたら、なおさら罪は重いと思います。

押尾学は、奥菜恵、矢田亜希子、安倍なつみ、平山あやなど多くの女性と浮名を流してきました。中でも、2006年には矢田亜希子と結婚し、1人の子供をもうけましたが、2009年の薬物逮捕後に離婚しています。

そやねん! ホンマ腹立つわ。浮気はあかんよ!

いやぁ、完璧な男なんていねぇもんスよ。チャラ男もたまにはいいんじゃないっすかね。

おう、そこのお前さん。押尾くんの悪口は許さんぞい。悪いのは薬物やった側なんじゃよ。

押尾学の薬物事件とその後

薬物事件での被害者のご両親は、押尾に対して損害賠償請求をしていないんですね。なぜなんでしょうか?

🔖記事の要約押尾学が゛出所後の生活゛を語る「もう一度、人間として認められたい」 « 日刊SPA!

公開日:2023/02/20

押尾学が゛出所後の生活゛を語る「もう一度、人間として認められたい」 « 日刊SPA!

✅ 押尾学は、2009年の薬物逮捕後に芸能界を引退し、現在は歌舞伎町にあるホストクラブ「シンスユー」の顧問を務めている。

✅ 顧問としては、ホストクラブの経営面のアドバイスや、30歳以上のホストが働くグループ店「シンスユークラシック」のPRを行っている。

✅ 出所後は、薬物事件による社会からの偏見や誹謗中傷に苦労しているが、「もう一度、人間として認められたい」と願っており、セカンドキャリアとしてホストクラブの顧問業に取り組んでいる。

さらに読む ⇒日刊SPA! | 働く世代のホンネ情報日刊SPA! | 働く世代のホンネ情報出典/画像元: https://nikkan-spa.jp/1888000

ご両親の言う通り、押尾はせめてお墓に一度でも手を合わせに行くべきだったと思います。被害者の人生を奪っておきながら、その後の行動が軽すぎます。せめてもの償いとして、お墓参りくらい行ってもよかったのではないでしょうか。

押尾学は、2009年に薬物所持で逮捕され、懲役刑に服していました。出所後は、運送会社や輸入ビジネスなどに携わっています。また、ホストクラブ「シンスユー」の顧問役を務め、経営アドバイスや接客も行っています。現在は、個人輸入ビジネスに従事している可能性があり、年収は約1000万円と推定されています。

ほんまそれな! お墓参りくらい行けや!

なんやかんや言っても、ご両親は押尾くんの事を恨んでないんよ。だから賠償金受け取らなかったんやろうね。

なんのこっちゃい。ワシャあ、そんなもん恨んだらあかん思うとるわい。恨んだって戻らんもんは戻らんのじゃ。

押尾学のnanamiとの出会いから破局まで

押尾学は、矢田亜希子さんと結婚していたこともありますよね。お似合いのカップルだと思っていました。

🔖記事の要約再婚したいって思ったことはない」 押尾学との離婚から13年...矢田亜希子の告白にスタジオ驚き: J

公開日:2023/01/07

再婚したいって思ったことはない」 押尾学との離婚から13年...矢田亜希子の告白にスタジオ驚き: J

✅ 矢田亜希子は「ダウンタウンDX」に出演し、再婚について聞かれ「再婚したいと思ったことはない」と即答した。

✅ 矢田亜希子は過去に押尾学と結婚していたが、2009年の押尾の逮捕後に離婚。その後、再婚歴はない。

✅ 矢田亜希子は「今後何年かして、本当に一緒に老後を過ごしたい人が現れれば結婚も良い」と語ったが、現時点では再婚を全く考えていないという。

さらに読む ⇒J-CAST  ニュースJ-CAST ニュース出典/画像元: https://www.j-cast.com/2023/01/07453778.html

押尾学が多くの女性と交際していたとは思いませんでした。やっぱり芸能界って派手なんですね。

押尾学とnanamiの交際は、2009年春に押尾が矢田亜希子と婚約中に始まりました。nanamiは押尾の逮捕後も献身的に支え、家族や事務所の反対を押し切って交際を続けました。しかし、押尾の出所半年前からnanamiは面会に来なくなり、押尾が出所した際にはnanamiの姿はなく、二股をかけていたことが判明して破局しました。nanamiの現在の消息は不明ですが、芸能活動はしていないものと思われます。

お似合いやったけど、結局は薬物で破局やもんなぁ。残念やわぁ。

まぁ、イケメンやったらモテるもんよ。押尾くんもその類やったんやろね。

わいらの頃はそない派手じゃなかったわい。芸能界も時代とともに変わっていくもじゃ。

押尾学の現在

ここまで押尾学についていろいろなお話を聞いてきましたが、みなさんはいかがでしたか? 押尾学の薬物事件、現在の様子、さらに被害者への報復疑惑など、興味深い内容だったと思います。

🔖記事の要約薬物死!あの「押尾学事件」の被害者両親は賠償請求していなかった
薬物死!あの「押尾学事件」の被害者両親は賠償請求していなかった

✅ 2009年の押尾学事件で死亡したホステスの両親は、押尾に対して損害賠償請求を行っていない。裁判員裁判では、押尾は保護責任者遺棄罪で有罪判決を受けているが、両親は「保護責任者遺棄致死罪」が適用されるべきだと考えていた。

✅ 両親は、事件後もホステスの職業や死亡の経緯から非難の声にさらされており、さらに裁判を起こすことに耐えられないため、賠償請求をしていない。また、周囲から「民事訴訟を起こすべきだ」という声もあったが、両親は受け入れなかった。

✅ 押尾は現在もホステスの墓に参っていない。両親は、押尾がホステスの墓に一度も参っていないことを知っており、決して押尾のことを許したわけではない。

さらに読む ⇒アサ芸プラスアサ芸プラス出典/画像元: https://www.asagei.com/excerpt/252026

押尾学の現在の様子や、被害者への報復疑惑など、興味深い内容でしたね。これからも引き続き、押尾学の動向に注目していきたいと思います。

現在は輸入ビジネスやホストクラブの顧問を務めています。芸能界復帰の可能性は低いと思われます。2017年に一般女性と再婚し、1人の子供をもうけています。押尾学は、薬物事件で逮捕・服役した過去がありますが、現在は一般人として生活しています。

いろいろ勉強になったわぁ。押尾くんも大変やったんやなぁ。

いやぁ、やっぱ芸能界ってスゴイですねー。普通じゃあり得ないことがバンバン起こってますもんね。

そうじゃそうじゃ。芸能界は華やかなもんじゃが、闇も深いんじゃよ。

押尾学に関する記事は以上となります。お伝えした内容はあくまでも一部であり、まだまだ謎に包まれている部分も数多くあります。今後、新たな情報が入り次第、お伝えしていきたいと思います。

🚩 結論

💡 押尾学は過去に多くの女性と交際しており、その中には女優の矢田亜希子も含まれていました。お似合いのカップルでしたが、薬物事件がきっかけで破局してしまいました。

💡 薬物事件の被害者の両親は、押尾に対して損害賠償請求をしていません。なぜなら、押尾が被害者の墓に一度も参っていないことを知っており、決して押尾を許していないからです。彼らにとって、賠償金よりも息子の無念を晴らすことが何より大切だったのでしょう。

💡 押尾学は現在、輸入ビジネスやホストクラブの顧問をしていますが、芸能界復帰の可能性は低いとされています。しかし、今後どのような活動をしていくのか注目が集まるところです。