Academic Box Logo

戦後総理大臣の家系図で紐解く、岸信介と佐藤栄作の生い立ちと政治家への道?佐藤家と岸家の歴史を辿るって、何が分かるの~?

戦後総理大臣の家系図で紐解く、岸信介と佐藤栄作の生い立ちと政治家への道?佐藤家と岸家の歴史を辿るって、何が分かるの~?
📘 この記事で分かる事

💡 ・岸信介と佐藤栄作の生い立ちと、彼らがどのようにして政治家になったのか。

💡 ・岸信介と佐藤栄作が従兄弟同士で、二人の母親が姉妹だったという意外な家族関係。

💡 ・岸家と佐藤家の歴史、そして両家がどのようにして日本の政治に影響を与えてきたのか。

それでは早速、この記事で分かる内容についてご紹介します。本書は、戦後総理大臣33人の家系図を基に、岸信介と佐藤栄作の生い立ちと政治家になるまでの道のりを明らかにしています。また、岸信介と佐藤栄作が従兄弟同士で、二人の母親が姉妹だったこと、岸信介が佐藤栄作の養子となり、佐藤栄作が岸信介の娘婿となったことなど、複雑な家族関係についても触れています。さらに、岸家と佐藤家の歴史を紐解き、両家がどのようにして日本の政治に影響を与えてきたのかを明らかにしています。

生い立ちと家族

岸信介と佐藤栄作の生い立ちと政治家になるまでの道のりを辿ると、二人の家族関係や政治家としての歩みがよく分かります。岸信介は満州国で辣腕を振るい、戦後商工大臣として開戦詔書に署名するなど、波乱万丈の政治家人生を送りました。一方の佐藤栄作は、吉田茂に引き立てられて政界で出世し、官房長官や内閣総理大臣を歴任しました。本書では、二人の政治家としての歩みを詳細にたどり、戦後日本の政治史を紐解いています。

🔖記事の要約安倍晋三元総理の祖父、岸信介は何者なのか
安倍晋三元総理の祖父、岸信介は何者なのか

✅ 吉田茂から岸田文雄までの戦後総理大臣33人を家系図とともに紹介する本書の中で、岸信介と佐藤栄作の生い立ちと政治家になるまでの道のりを辿り、岸信介が佐藤栄作の従兄弟で、二人の母親が姉妹同士であったこと、岸信介が佐藤栄作の養子となり、佐藤栄作が岸信介の娘婿となったことを明らかにしている。また、岸信介が満州国で計画経済・統制経済を導入するなど辣腕を振るい、戦後、商工大臣として開戦詔書に署名した一方、佐藤栄作は戦後、吉田茂に引き立てられ、官房長官に就任し、政界での出世競争を繰り広げたことを記している。

✅ 佐藤家と岸家の歴史を紐解くと、佐藤家の先祖は歌舞伎『義経千本櫻』に登場する源義経の家臣・佐藤忠信と伝えられるが、これは口伝によるもので信憑性に乏しい。近代に入ってからは、佐藤信寛が長州藩の藩士で、吉田松陰の師としても知られ、維新後は浜田県権知事や島根県令などを務めた。信寛の孫にあたる佐藤信介と佐藤栄作の父親である佐藤松介は漢学者で、山口県会議員を二期務めた。一方、岸家は、岸信介の父である岸秀助が佐藤家の茂世を妻に迎えて佐藤家の分家となり、岸信介と佐藤栄作が従兄弟同士となった。

✅ 岸信介は、東京帝国大学卒業後、官僚となり、商工省で工務局長まで昇進し、自動車製造事業法の立法に携わった。1936年には満州国国務院に転じ、最終的に実業部総務司長に就任した。満州では計画経済・統制経済という社会主義的政策を実行し、東條英機や鮎川義介らと親密な関係を築き、「二キ三スケ」と呼ばれた。1941年には東條内閣で商工大臣に就任し、開戦詔書に署名した。一方、佐藤栄作は、東京帝国大学卒業後、日本郵船に就職したが、採用取り消しとなり、鉄道省に入省した。1940年に監督局総務課長、翌年監督局長に昇進し、戦末期には大阪鉄道局長を歴任した。戦後は公職追放を免れ、1948年には運輸次官に就任し、翌年には吉田茂に請われて内閣官房長官に転じた。

さらに読む ⇒幻冬舎plus|自分サイズが見つかる進化系ライフマガジン幻冬舎plus|自分サイズが見つかる進化系ライフマガジン出典/画像元: https://www.gentosha.jp/article/22392/

佐藤家と岸家の歴史はなかなか興味深いですね。特に、岸信介が満州国で計画経済・統制経済という社会主義的政策を実行し、東條英機や鮎川義介らと親密な関係を築き、「二キ三スケ」と呼ばれたことなどは、当時の日本の政治情勢を知る上で貴重です。また、佐藤栄作が戦後、吉田茂に請われて内閣官房長官に転じたことなど、二人の政界における出世競争の様子も興味深いですね。

安倍晋三は、1954年に元首相の安倍晋太郎と洋子の間に生まれ、政治家一族に育ちました。祖父は同じく元首相の岸信介で、この家系を維持するため、晋三氏の弟である信夫氏が岸家の養子に迎えられました。晋三氏は幼少期を祖父の岸邸で過ごし、岸元首相を慕って一緒に遊んだり、鬼ごっこをしたりしていました。両親が不在がちだったため、晋三氏は母・洋子夫人や祖父・岸元首相から愛情を注がれて育ち、岸元首相を精神的な「父親」と仰いでいました。

へ~、岸さんと佐藤さんって従兄弟やったんや。知らんかったわ~

そやね。しかも、二人のお母さんが姉妹なんやて。だから、安倍晋三元首相は岸信介元首相の孫で、佐藤栄作元首相の甥っ子ということになるんやね。

あらまぁ、政治家一族って、ほんまに複雑やのぉ。血は水より濃いって言うけど、政治の世界では特にそうなんやろうね。

政治家としての歩み

さらに、この本では、政治家としての安倍晋三氏の歩みについても触れています。安倍晋三氏は、若くして衆議院議員に初当選し、要職を歴任し、2度も内閣総理大臣に就任しました。本書では、安倍晋三氏の政治家としての歩みを時系列に沿って追いながら、その功績や課題を評価しています。

🔖記事の要約図解】安倍晋三元首相の主な経歴(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)
図解】安倍晋三元首相の主な経歴(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)

✅ 富士山が閉山中の5月13日、軽装備で登山していた外国人登山客が「怖くて立てない」と救助要請。救助した登山家からは「軽装備すぎる。危なすぎる」と軽装に対して警告が出た。

✅ 名古屋市の郵便配達員が、宛先がカタカナ表記だった郵便物を「カタカナでは読めないのでお届けできない」と配達を拒否。この事案を受け、総務省は日本郵便に対して配達方法の見直しを要請した。

✅ 5月14日に行われた早稲田大学の文化構想学部の入試中、試験問題がSNSに流出した。問題を撮影・投稿したのは、スマートグラスを着用していた受験生とみられており、警視庁は書類送検した。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/articles/9d25eaf2c70e81253b0e7916c04b1e287bfa215c

安倍晋三氏の政治家としての歩みは、波瀾万丈ですね。若くして衆議院議員に初当選し、要職を歴任し、2度も内閣総理大臣に就任したわけですから。本書では、安倍晋三氏の政治家としての歩みを詳細にたどり、その功績や課題を評価しています。

晋三氏は、成蹊大学法学部政治学科を卒業後、神戸製鋼所に勤務しました。その後、外務大臣秘書官を経て、1993年に衆議院議員に初当選しました。自民党幹事長や内閣官房長官などの要職を歴任し、2006年から2007年、および2012年から2020年まで2度にわたり内閣総理大臣に就任しました。2020年9月に持病の潰瘍性大腸炎の再発を理由に辞任するまで、日本の憲政史上最長の首相を務めました。

わぁ~、晋三さんってすごいやん!あたしも政治家になりたいわぁ~

おう、そしたらワシが応援してやるばい。ワシも政治家を目指しとるけん、一緒に頑張ろうや!

あら、この若者たち、政治家志望なの?ふふふ、若いっていいね。夢があって。でも、政治の世界は厳しいで。覚悟しといてや。

外交政策とアベノミクス

また、この本では、安倍晋三氏の外交政策や経済政策についても解説されています。本書では、安倍晋三氏の外交政策や経済政策の背景、内容、影響を分析し、その功績や課題を評価しています。

🔖記事の要約安倍首相が抑止力強調、集団的自衛権の行使容認を閣議決定

公開日:2014/07/01

安倍首相が抑止力強調、集団的自衛権の行使容認を閣議決定

✅ 政府は7月1日、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を閣議決定した。この変更により、日本は親密な他国が攻撃された場合、その攻撃が日本自身の存立を脅かし、国民の生命、自由、幸福の追求権が根底から覆される明白な危険があり、日本の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない、かつ必要最小限の実力行使にとどまるという3つの条件が満たされれば、反撃が可能になる。

✅ 安倍首相は閣議後の会見で、この変更は自衛のための措置であり、海外派兵は一般に許されず、外国の防衛自体を目的とした武力行使は今後も行わないと説明した。しかし、条件の判断は政権に依存するため、武力行使の範囲が拡大する恐れがある。

✅ 政府は、集団的自衛権を行使するための法整備を進めるとともに、日米同盟や友好国との関係強化を目指している。集団的自衛権の行使容認は、万が一の際に助け合おうという「外交カード」となり、日本の外交的な抑止力がより担保されると政府は考えている。ただし、具体的な武力行使の可否は政権の解釈次第であり、拡大解釈の可能性がある。

さらに読む ⇒ロイター |  経済、株価、ビジネス、国際、政治ニュースロイター | 経済、株価、ビジネス、国際、政治ニュース出典/画像元: https://jp.reuters.com/article/idUSKBN0F63M5/

安倍晋三氏の外交政策や経済政策は、日本にとって大きな影響を与えたと思います。集団的自衛権の行使容認やアベノミクスの是非については賛否両論ありますが、安倍晋三氏が日本の政治に大きな足跡を残したことは間違いありません。本書では、安倍晋三氏の外交政策や経済政策を詳細に分析し、その功績や課題を評価しています。

首相として、晋三氏はタカ派的な外交政策を推進しました。集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法を成立させ、中国や韓国との緊張を高めました。また、2011年の東日本大震災からの復興を指揮しました。経済政策では、「アベノミクス」と呼ばれる経済政策を導入し、金融緩和や財政出動により経済の活性化を図りました。

え~っ、晋三さんって外交とか経済にも詳しかったんや?すごいなぁ~

そやね。晋三さんは東大卒のキャリア官僚やったから、もともと頭がええんや。しかも、お父さんもお爺ちゃんも政治家やったけん、政治の世界にも詳しかったんやろうね。

ふぅ~ん、政治家って大変そうやけど、やりがいもありそうやね。あたしも、将来は政治家になってみたいなぁ。

私生活と資産

さらに、この本では、安倍晋三氏の私生活や資産についても触れています。本書では、安倍晋三氏の私生活や資産に関する情報を収集し、その実像に迫っています。

🔖記事の要約安倍晋三氏の「相続問題」、相続税評価額は2億~3億円か 東京の豪邸は持ち分なし

公開日:2022/07/25

安倍晋三氏の「相続問題」、相続税評価額は2億~3億円か 東京の豪邸は持ち分なし

✅ 安倍晋三氏の遺産相続税評価額は、資産公開額の2~3倍、2億~3億円と推定される。資産公開では不動産は実勢価格よりかなり低くなる固定資産税課税標準額で評価し、普通預金は公開対象ではないため、公開額面は資産価値を正確に反映していない。

✅ 法定相続人は昭恵夫人と母・洋子さんの2人で、遺言書がない場合は昭恵夫人が3分の2、洋子さんが3分の1を相続する。ただし、法定相続分はあくまで目安であり、相続人全員が納得すればどのような分け方をしても問題ない。

✅ 安倍氏が所有していたとされる東京・渋谷の豪邸は、登記上は安倍氏の所有ではなく、母・洋子さんと兄・寛信氏の所有となっている。安倍氏の持ち分はなかった。

さらに読む ⇒マネーポストWEBマネーポストWEB出典/画像元: https://www.moneypost.jp/931691

安倍晋三氏の私生活や資産については、あまり知られていない部分も多いですね。この本では、そういったプライベートな部分にも切り込んでおり、安倍晋三氏の人物像をより深く理解することができます。

晋三氏は、東京都渋谷区のマンションと山口県下関市や山梨県鳴沢村の別荘を所有していました。また、定期預金や株など、総資産は数億円にのぼると推定されています。

へぇ~、晋三さんの私生活とか資産ってどんな感じなんやろ?

そやね。晋三さんは結構お金持ちらしいで。東京都にマンション持っとるし、山口県とか山梨県にも別荘があるらしいよ。

あら、それってよっぽど稼いでるんやろね。政治家って儲かるんかな?

安倍内閣の経済政策

また、この本では、安倍晋三氏の経済政策についても解説されています。本書では、安倍晋三氏の経済政策の背景、内容、影響を分析し、その功績や課題を評価しています。

🔖記事の要約安倍政権成長戦略:新三本の矢 問われる具体策

公開日:2015/10/08

安倍政権成長戦略:新三本の矢 問われる具体策

✅ 安倍政権の新「3本の矢」の1本目である「強い経済」では、名目GDP600兆円を目標に掲げているが、経済界からは「あり得ない数値」と懐疑的な声も上がっている。この目標を達成するためには、新規参入や起業を促す大胆な構造改革が必要とされているが、既得権益層の抵抗や参院選を控えた政局的な事情から、実行は困難とみられている。

✅ 2本目の「夢を紡ぐ子育て支援」では、出生率1.8を目標に掲げ、待機児童解消のための保育所増設などの対策が講じられている。しかし、待機児童数は依然として多く、財源確保にも課題がある。さらに、出生率低下の要因である若者の未婚化対策には、雇用の安定化や収入向上など、経済政策との連携が求められる。

✅ 3本目の「安心につながる社会保障」では、介護離職ゼロを目標に介護施設の整備や介護人材の育成を図るとしている。しかし、介護施設の整備には多額の費用が必要で、財源確保が課題となっている。また、介護人材の待遇改善にも課題があり、厚労省幹部からは他の社会保障費を削る可能性も示唆されている。

さらに読む ⇒ニュースサイトニュースサイト出典/画像元: https://mainichi.jp/articles/20151008/org/00m/010/997000c

安倍晋三氏の経済政策は、日本経済に大きな影響を与えました。アベノミクスと呼ばれる経済政策は賛否両論ありますが、安倍晋三氏が日本の経済政策に大きな影響を与えたことは間違いありません。本書では、安倍晋三氏の経済政策を詳細に分析し、その功績や課題を評価しています。

安倍内閣は、「新・三本の矢」と呼ばれる経済政策を掲げました。これは経済成長と社会保障の充実を目指した政策で、名目GDPを600兆円に引き上げ、希望出生率を1.8に引き上げ、介護離職者数をゼロにすることを目指していました。

あ、安倍晋三さんって経済にも詳しかったんや?

おう、経済にもかなり詳しかったみたいばい。アベノミクスとかいう経済政策を打ち出して、日本の経済を立て直そうと頑張っとったとよ。

ふ~ん、政治家って経済にも詳しいんやね。ってことは、政治家になるには経済のことも勉強しとかなあかんってことやね。

さて、以上がこの記事の概要です。安倍晋三氏という政治家の生涯を多角的に捉えた内容となっています。

🚩 結論

💡 戦後政治史を彩った岸信介と佐藤栄作の生い立ちや政治家としての歩み。

💡 二度の内閣総理大臣を経験した安倍晋三氏の政治家としての歩み。

💡 安倍晋三氏の外交政策、経済政策、私生活や資産など。