Academic Box Logo

八重洲再開発ビル建設現場における鉄骨崩落事故?支保工強度不足が原因では!!?

八重洲再開発ビル建設現場における鉄骨崩落事故?支保工強度不足が原因では!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 この事故では、吊り下げられていた鉄骨5本が崩落し、作業員2名が死亡しました。現時点では、梁の継ぎ手を支えていた支保工の強度不足が事故の原因である可能性が高いとされています。また、業界内では支保工が鉄骨に対して華奢すぎるのではないかという指摘も上がっています。

💡 厚生労働省では、今回の事故を受けて仮設機材に問題があった可能性があると判断し、関係団体に対して建築工事における鉄骨建て方作業の労働災害防止対策を徹底するよう通知しました。これには、構造物だけでなく、ベントなどの建て方養生を含む仮設機材についても、崩壊や倒壊を防止するための必要な措置を講じるよう求めています。

💡 今回の事故を受けて、建設現場における作業員の安全を守るための安全対策を実施することがいかに重要かが改めて浮き彫りになりました。関係者全員で安全対策の徹底に取り組み、このような痛ましい事故の再発を防止することが強く求められています。

それでは、本題である八重洲再開発ビル建設現場での鉄骨崩落事故について、詳しくご説明いたします。

八重洲再開発ビル建設現場における鉄骨崩落事故

まず、東京・八重洲再開発ビル建設現場で発生した鉄骨崩落事故の概要からご説明させていただきます。

🔖 関連記事の要約!支保工に強度不足の疑い浮上、大林組JVの鉄骨崩落事故で厚労省も注意喚起
支保工に強度不足の疑い浮上、大林組JVの鉄骨崩落事故で厚労省も注意喚起

✅ 東京・八重洲再開発ビル建設現場において、吊り下げられていた鉄骨5本が崩落する事故が発生し、作業員2名が死亡した。

✅ 事故の原因として、梁の継ぎ手を支えていた支保工の強度不足が有力視されている。業界内からは、支保工が鉄骨に対して華奢であるとの指摘が挙がっている。

✅ 厚生労働省は、今回の事故を受けて仮設機材に問題があった可能性があると認識。関係団体に対し、建築工事における鉄骨建て方作業の労働災害防止対策を徹底するよう通知した。構造物の他、ベントなどの建て方養生を含む仮設機材についても、崩壊・倒壊しないよう必要な措置を講じるよう求めている。

さらに読む ⇒日経クロステック(xTECH)日経クロステック(xTECH)出典/画像元: https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00154/01920/

この事故は、建設現場における安全管理の重要性を再認識させるものであり、関係者全員で安全対策の徹底に取り組む必要があると考えます。

2023年9月19日、東京・八重洲の再開発ビル建設現場で、吊り下げられていた鉄骨5本が崩落し、作業員2人が死亡する事故が発生した。事故の原因の1つとして、梁の継ぎ手を支えていた支保工の強度不足が疑われている。業界内からは、支保工が鉄骨に対して華奢に見えると指摘する声も上がっている。厚生労働省も仮設機材の問題を指摘し、関係団体に労働災害防止対策の徹底を通知。事故では、先行して設置されていた梁2本と大梁1本も崩落。5本の鉄骨は長さ13~18m、重量は約48トンに上る。落下した作業員5人は、梁の架設作業に従事していた。

やばくないっすかー!鉄骨が何本も落ちてきて、作業員さんが亡くなるなんて...

ほんまそれ。建設現場って危険やけん、安全対策ちゃんとしてほしいよねー。

あらら、大変なことになってるじゃないの。安全第一って言うけど、なかなか難しいことよね。

八重洲駅前再開発ビル建設現場における鉄骨梁落下事故

続いて、八重洲駅前再開発ビル建設現場で発生した鉄骨梁落下事故についてご説明いたします。

🔖 関連記事の要約!鉄骨の土台、強度不足か 大林組が警視庁に説明 八重洲の工事事故

公開日:2023/11/03

鉄骨の土台、強度不足か 大林組が警視庁に説明 八重洲の工事事故

✅ 八重洲再開発ビル建設現場で発生した鉄骨落下事故の原因として、作業員を支えていた支保工の強度不足が疑われている。

✅ 事故が発生した現場では、ゼネコン大手の大林組が工事を担当しており、大林組は警視庁の任意の事情聴取に対して、支保工の強度不足に加えて、工事を途中で設計変更した旨を説明している。

✅ 警視庁捜査1課は、業務上過失致死傷容疑も視野に入れて事故原因を詳しく調べている。

さらに読む ⇒ニュースサイトニュースサイト出典/画像元: https://mainichi.jp/articles/20231004/k00/00m/040/085000c

この事故は、建設業界における安全管理の重要性を再認識させるものであり、関係者全員で安全対策の徹底に取り組む必要があると考えられます。

同年同日、別の八重洲の再開発ビル建設現場では、長さ18m、重さ約7トンの鉄骨梁が仮設置直後、何らかの原因で落下。その際、先行して設置されていた鉄骨梁4本も崩落し、作業員2名が死亡した。現場はJR東京駅の目の前で交通量の多い八重洲通りに面しており、落下した鉄骨梁は地上約20mの3階床部分に落ちた。大林組によると、詳しい事故の状況や原因は調査中だが、落下した梁が他の梁に干渉して崩落した可能性があるとしている。

鉄骨梁が落下って、これまた怖いですね。作業員さんが怪我されんかったのが不幸中の幸いですね。

ほんまやね。建設現場って、ほんまに危険がいっぱいやけん、気をつけなあかんよね。

そうよねぇ。怪我人の方がおらんかったのは本当によかったわ。でも、安全対策はもっとしっかりしてほしいわよね。

八重洲再開発ビル建設現場における鉄骨落下事故

続いて、八重洲再開発ビル建設現場で発生した鉄骨落下事故についてご説明いたします。

🔖 関連記事の要約!鉄骨落下、作業員2人死亡 東京駅近く、つり下げ中―現場検証し原因究明へ・警視庁:時事ドットコム

公開日:2023/09/19

鉄骨落下、作業員2人死亡 東京駅近く、つり下げ中―現場検証し原因究明へ・警視庁:時事ドットコム

✅ 東京・八重洲の再開発ビル建設現場で、クレーンで設置作業をしていた鉄骨が何らかの理由で3階部分に落下し、作業員5名が病院に搬送され、2名が死亡、3名が重傷を負う事故が発生した。

✅ 落下した鉄骨は長さ13~18メートルの5本で、計約48トンあり、設置完了済みの4本を含む計5本が最大約20メートル落下した。作業員5名は当時、鉄骨の上にいて、死亡した33歳と43歳の2名は下敷きになって死亡した。

✅ 現場はオフィスや店舗、バスターミナルが入る地上51階、地下4階建ての複合施設が建設中で、事故の原因は警視庁が業務上過失致死傷の疑いで調べている。現場周辺では雷のような音がしたという目撃情報があり、安全確認に時間がかかっているため現場検証は20日以降になる見通し。

さらに読む ⇒時事ドットコム:時事通信社が運営するニュースサイト時事ドットコム:時事通信社が運営するニュースサイト出典/画像元: https://www.jiji.com/jc/article?k=2023091900383&g=soc

この事故は、建設現場における作業員の安全を守るために、適切な安全対策を実施することがいかに重要であるかを改めて認識させられました。

さらに別の再開発ビル建設現場では、鉄骨の梁が落下し、作業員2名が死亡する事故が発生。現場は地下4階・地上51階の大規模複合施設で、2025年7月の完成を予定していた。落下した梁はコンクリートの床に突き刺さるなど、凄惨な状況だったという。目撃者によると、落下直前には「雷が落ちるような音と地響き」がしたとのことで、付近の建物からも大きな音が聞こえていた。施工主のJVである大林組は、再発防止と安全施工の徹底に努める旨の謝罪文を発表している。

またまた鉄骨落下ですかー!八重洲、大丈夫なんですかね...

まじやばくないっすかー。建設現場って、ほんまに危険やけん、もっと安全対策しっかりしてほしいですよねー。

あらら、また鉄骨が落ちたのね。この調子だと、また作業員さんが怪我したり亡くなったりするわね。

八重洲再開発ビル建設現場における鉄骨落下事故

続いて、八重洲再開発ビル建設現場で発生した鉄骨落下事故についてご説明いたします。

🔖 関連記事の要約!八重洲鉄骨落下5人死傷、仮設土台「支保工」の強度計算にミス…大林組が警視庁に説明 : 読売新聞

公開日:2024/02/11

八重洲鉄骨落下5人死傷、仮設土台「支保工」の強度計算にミス…大林組が警視庁に説明 : 読売新聞

✅ 八重洲再開発ビル建設現場で発生した鉄骨落下事故では、施工主の大林組が警視庁の調べに対し、鉄骨を支える支保工の強度計算を誤っていたと説明している。

✅ 警視庁は、落下した鉄骨5本のうち2本を支えていた支保工の強度が不足し、鉄骨を支えきれなかった可能性があるとみて、業務上過失致死傷容疑で捜査を進めている。

✅ 事故現場は、地上51階・地下4階建てのビルと一体で整備される7階建ての劇場棟で、ゼネコン大手の大林組と大成建設の共同企業体が工事を担当している。事故を受けて中断していた工事が、今年1月16日に再開された。

さらに読む ⇒読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト出典/画像元: https://www.yomiuri.co.jp/national/20240211-OYT1T50055/

この事故は、建設現場における安全管理の重要性を再認識させるものであり、関係者全員で安全対策の徹底に取り組む必要があると考えられます。

東京都中央区八重洲の再開発地区にあるビル建設現場では、大型クレーンでつり上げられていた鉄骨(長さ約30メートル、重さ約15トン)が7階部分から3階部分に落下。鉄骨の上に乗っていた男性作業員5名が転落し、2名が鉄骨の下敷きとなって死亡、残る3名も重傷を負った。警視庁は業務上過失致死傷容疑で調べており、防犯カメラの映像からワイヤの切断または鉄骨からの外れが原因の可能性があるとみている。現場はJR東京駅八重洲口の近くで、地上51階・地下4階建てのビルが建設中だった。施工を担当していたゼネコン大手の大林組と大成建設の共同企業体は、再発防止と安全施工の徹底を図る旨のコメントを発表している。

鉄骨の強度計算をミスったって、ありえへんでしょー。これじゃ作業員さんがかわいそうですやん。

ほんまやね。建設現場って、ほんまに命がけの仕事やけん、安全第一でお願いしますよ。

あらら、強度計算を間違えるなんて、大林組さん大丈夫かしら。安全管理って、建設現場じゃ一番大事なことよね。

八重洲再開発ビル建設現場における鉄骨崩落事故

続いて、八重洲再開発ビル建設現場で発生した鉄骨崩落事故についてご説明いたします。

🔖 関連記事の要約!八重洲再開発・鉄骨落下:支保工の強度不足と大林組! – kyoto
八重洲再開発・鉄骨落下:支保工の強度不足と大林組! – kyoto

✅ 八重洲再開発ビル建設現場で発生した鉄骨崩落事故では、梁を下から支えていた支保工の強度が鉄骨の重さに耐えられるほど十分ではなかった可能性があると、施工主の大林組が警視庁に説明している。

✅ 大林組はまた、支保工の設計を工事が始まってから変更しており、この変更が支保工の強度不足の一因となった可能性があると説明している。

✅ 建設現場では工期厳守や人材不足などの構造的な問題が人為的ミスを引き起こしており、専門家は業界が危機的な状況にあると指摘している。

さらに読む ⇒seikeiseikei出典/画像元: http://kyoto-seikei.com/hp/2023/10/11/%E5%85%AB%E9%87%8D%E6%B4%B2%E5%86%8D%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%83%BB%E9%89%84%E9%AA%A8%E8%90%BD%E4%B8%8B%EF%BC%9A%E6%94%AF%E4%BF%9D%E5%B7%A5%E3%81%AE%E5%BC%B7%E5%BA%A6%E4%B8%8D%E8%B6%B3%E3%81%A8%E5%A4%A7/

この事故は、建設業界における安全管理の重要性を再認識させるものであり、関係者全員で安全対策の徹底に取り組む必要があると考えられます。

東京・八重洲のビル建設現場で発生した鉄骨崩落事故では、建設途中の鉄骨の継ぎ目を下から支える構造物「支保工」の強度が不足していた可能性があることが判明。工事を受注した大林組は、支保工の強度が鉄骨の重さに耐えられるほど十分ではなかった可能性があると警視庁に伝えた。また、鉄骨を支える土台の設計が途中で変更され、その強度が不足していたことも崩落を起こした一因の可能性があることが浮上した。建設現場では工期厳守や人材不足などの構造的な問題が人為的ミスを引き起こしており、専門家は業界の危機的な状況を指摘している。

鉄骨が崩落するって、もうわけわからんくなってますやん。建設現場って、ほんまに安全対策なってないんやないですかー?

まじでやばすぎでしょ。建設業界って、ほんまに大丈夫なんかねー。作業員さんの命、軽視しすぎやないですかー?

あらら、また鉄骨が崩落したのねぇ。建設業界って、もう終わりなんじゃないかしら。安全対策なんて、あってないようなもんよね。

本記事では、八重洲再開発ビル建設現場で発生した5件の鉄骨崩落事故についてご紹介しました。いずれの事故も痛ましいものであり、建設現場における安全管理の重要性を再認識させられました。関係者全員で安全対策の徹底に取り組み、このような事故の再発防止に努めることが求められます。

🚩 結論!

💡 八重洲再開発ビル建設現場では、立て続けに鉄骨崩落事故が発生しています。

💡 これらの事故はいずれも作業員の方に死傷者が出ており、建設現場における安全管理の重要性が改めて認識されました。

💡 関係者全員で安全対策の徹底に取り組み、このような痛ましい事故の再発防止に努める必要があります。