Academic Box Logo

ダイパリメイクのひどさ:ポケモンファンを失望させた欠陥

ライターのAnnaとして、ポケモンの愛好家として、ダイパリメイクの欠陥を検証します。

リメイク版「ダイパリメイク」の不満点

リメイク版で不満点となっている要素は何ですか?

種類が少なくセット販売

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』は、コーディネートの種類が少ないことやセット販売であることが不満点として挙げられています。

また、前作と比較してグラフィックが劣ることや、進行不可能になる可能性のあるバグが多数報告されています。

特に、ポケモンを無限に増殖させるバグが問題視されており、これによって強いポケモンを量産するプレイヤーも現れています。

これらの不満点により、一部のユーザーからは期待外れの声が上がっています。

詳しくみる ⇒参照元: ポケモンダイパリメイクがひどい?クソゲー?グラフィックやバグ...

ゲームの操作性と演出

バグが少なく、遊びやすいゲームの重要なポイントは何ですか?

ゲームの操作性と演出

ゲームの操作性と演出は、ゲームのクオリティを評価するのに重要なポイントです。

ゲームの操作性が悪いと、プレイヤーはストレスを感じてしまいます。

また、ゲームの演出が悪いと、プレイヤーはゲームに没入することができません。

詳しくみる ⇒参照元: Bdsp(ダイパリメイク)感想・総括

ポケモンの状態異常の解除方法

ポケモンが眠った状態から自動的に解除されるのは、何ターン目か

3ターン目

眠った状態は、相手の技によって付与された場合はランダムで2~5ターンで解除されます。

ただし、自分から「ねむる」によって眠った場合は、3ターン目で解除されます。

ターン経過は、ポケモンセンターで回復するか、戦闘が終了するとリセットされます。

また、場が強い日差し状態や氷タイプの場合は、ポケモンは眠り状態になりません。

眠り状態になったターンも、解除されたターンも行動可能です。

詳しくみる ⇒参照元: 【ダイパリメイク】状態異常とは?各種解説、対策方法まとめ【ポ...

シンオウ地方の冒険とギンガ団との騒動

シンオウ地方で主人公が遭遇する組織は?

ギンガ団

主人公は相棒のポケモンとともにシンオウ地方を冒険し、ジムに挑戦したり、ポケモン図鑑を完成させるため様々なポケモンを捕まえていく。

その中で、ギンガ団と呼ばれる他人のポケモンを奪う組織との騒動に巻き込まれ、シンオウ地方の神話に深く関わっていく。

主人公は神話と向かいあったとき、どのような選択肢を選ぶのかという内容のゲームになっている。

グラフィックについては、原作のドット絵を忠実に再現した2頭身のフィールドと、バトル中の頭身が上がる仕様が健在で、原作に忠実な出来栄えとなっている。

詳しくみる ⇒参照元: ポケモンダイパリメイクがひどい?クソゲー?グラフィックやバグ...

ポケモンスナップNintendo Switch版の変更点

ポケモンスナップのNintendo Switch版で改善された点は?

タッチの絵が追加された

ポケモンスナップのNintendo Switch版では、原作では見ることができなかったタッチの絵が追加されている。

また、お気に入りの衣装で着飾ったり、リズムにあわせてポケモンが踊ったり、強さを競うポケモンバトルとはひと味違う体験ができるショーモードが追加された。

さらに、最大4人まで一緒に参加できるローカル通信・インターネット通信機能が追加された。

しかし、音ゲーとしてはショボイという意見もあり、ポケッチや電卓などのアイテムが何に使うのか分からないという指摘もある。

また、一部ポケモンの進化に関わるお香と同じ効果を持つアイテムが2つあるという疑問も残っている。

全国図鑑入手後にエンカ可能になるクチートの表情が見れないという問題もあるが、がんせきふうじを覚えさせることで解決できる。

原作では通常プレイでは出てこないシェイミは、Nintendo Switch版でも出てこない。

詳しくみる ⇒参照元: ダイパリメイクをクソゲーと言いたくなる理由(と、ヒンバスの釣...

ポケモンBDSPのバグまとめ

ポケモンBDSPにおけるバグはどのようなものがありますか?

進行不能バグ・増殖バグ・手抜き感

ポケモンBDSPでは、バグが多数報告されており、海外サイトでは低評価がつけられています。

バグには、進行不能バグ、増殖バグ、好きな技を覚えさせられるバグ、戦闘回避バグなどがあります。

増殖バグは、バグを利用した方法でポケモンを増やすことができるもので、オンラインで通信をする現代のポケモンゲームでは、交換や対戦でバグったデータがやり取りされる可能性があるのが怖いです。

詳しくみる ⇒参照元: ポケモンダイパリメイクが酷い!進行不能バグ・増殖バグ・手抜き...

徘徊ポケモンの色違い厳選の難易度の違い

徘徊ポケモンの「エムリット」の色違い厳選について、大変な作業である理由は?

戦闘で倒してから殿堂入りすると個体が変化するため

「エムリット」のような徘徊ポケモンの色違い厳選は、戦闘で倒してから殿堂入りすることで個体を変化させる必要があります。

この作業を繰り返すことで色違い厳選が可能ですが、非常に手間がかかる作業です。

なお、「ユクシー」と「アグノム」は話しかけてすぐに個体を確認できるため、厳選が簡単です。

また、ストーリー最初の御三家選択でも色違いは出現しますが、厳選は必要ありません。

詳しくみる ⇒参照元: 【ポケモンダイパリメイク】色違いの厳選方法と出現確率【BDS...

BDSPの新要素

DS版と比べて異なる要素は何か?

ポケッチで手助けしてくれる。

DS版とは異なる要素として、手持ちポケモンが覚えずとも、ポケッチを通じて野生のポケモンが手助けしてくれる形でひでんわざが使用できるようになった。

これは、第七世代以降と同様の仕様である。

詳しくみる ⇒参照元: ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパ...

ポケモンダイパリメイクの不評の原因

なぜ一部のユーザーは「ポケモンブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」を酷評しているのですか?

期待外れ

2006年のヒット作「ポケモンダイヤモンド&パール」のリメイク版である「ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」は、一部のユーザーから酷評されています。

主な批判点は、グラフィックの古さや、オリジナル版からほとんど改善されていない点、期待外れなコンテンツなどです。

リメイク版として期待されていた大幅な改善や新機能がなかったため、不満を持つユーザーがいるようです。

また、ゲームの難易度の低さや、やり込み要素の不足も批判されています。

詳しくみる ⇒参照元: ポケモンダイパリメイクがひどい?クソゲー?グラフィックやバグ...

ダイヤモンド・パールリメイクの評判

ダイヤモンド・パールがリメイクされる前から人気を博していたゲームは?

ポケットモンスター

リメイクされたダイヤモンド・パールの評判は賛否両論あり、グラフィックが劣悪であることやバグが生じたことで一部のファンからは手抜きと酷評されている。

一方で、ストーリー自体は原作と同様人気があるため、楽しんでプレイすることができる。

また、2022年に発売されたPokemon LEGENDS アルセウスとも関連があり、登場人物や地形、出現するポケモンをチェックしておくことで存分に楽しめる作品となる。

詳しくみる ⇒参照元: ダイパリメイクがひどい理由!手抜き?炎上理由を解説|サウンド...

地下大洞窟の新要素

地下大洞窟では、今作からどんな新要素が追加されたか?

秘密基地に飾るポケモンの石像を掘ることができる

ポケモンダイパリメイク(BDSP)の地下大洞窟では、壁を掘ることによって、アイテムと交換ができるお宝やポケモンの化石、進化の石を入手することができます。

他にも今作では、秘密基地に飾るポケモンの石像を掘ることも可能です。

詳しくみる ⇒参照元: 【ポケモンダイパリメイク】地下大洞窟のマップとできること|地...

ダイパリメイク神と呼ばれし理由

ダイパリメイクが神と呼ばれる理由は?

レトロなグラフィック

ダイパリメイクは、ポケモン本編を外注することへの不安もみられたが、レトロなグラフィックが原作ファンも新規ファンも楽しめる世界観を作り出し、英断だったとの声が多く見られた。

また、ドラクエ11のようにグラフィックを変更できるシステムがあればいいという声もみられた。

詳しくみる ⇒参照元: 【炎上】ダイパリメイクのグラフィックが「がっかり」「微妙」「...

ポケモン「ダイヤモンド&パール」賛否両論

ポケモンのリメイク作品「ダイヤモンド&パール」は、どのような評価を受けているのでしょうか?

賛否両論

ポケモンのリメイク作品「ダイヤモンド&パール」は、賛否両論の評価を受けています。

国内メディアのIGN Japanは、レビューで「違和感だらけ」「リメイクとして物足りない」と評価しており、ポケモンの全シリーズ通して最悪(ワースト)だとしています。

他にも「ポケモンの連れ歩きが邪魔」「自転車が操作しづらい」「バトル中の背景が簡素」「伝説ポケモンに威厳がない」「わざマシンが使い切り」「トレーナーに見つかったらしぶしぶ戦っているだけのRPG」と欠点を列挙しています。

詳しくみる ⇒参照元: ポケモンダイパリメイクが酷い!進行不能バグ・増殖バグ・手抜き...

ダイパリメイクがひどいと言われる理由

ポケモンのダイパリメイクはなぜ「ひどい」と炎上してしまったのでしょうか?

グラフィックが劣化し、キャラクターが2頭身になったためです。

ポケットモンスターブリリアント・ダイアモンド&シャイニング・パール(ダイパリメイク)は、2021年11月19日にNintendo Switchで発売されたポケモンシリーズのリメイク作品です。

しかし、SNS上でひどいと炎上され、海外のレビューサイトでは低評価を付けられてしまいました。

ダイパリメイクがひどいと言われた理由は、グラフィックが劣化し、キャラクターが2頭身になったことです。

これまでのリメイク作品では最新作のグラフィックレベルに合わせて制作されてきましたが、ダイパリメイクでは前作のソード・シールドに比べて大幅に劣っていたため、ファンにとってひどいと言われる理由になってしまったのでしょう。

また、ダイパリメイクではバトル以外のシーンで2頭身が主になります。

これも、ファンにとってひどいと言われる理由の一つになったようです。

詳しくみる ⇒参照元: ダイパリメイクがひどい理由!手抜き?炎上理由を解説|サウンド...

ポケモンBDSPで諦観とバグの愉しみ

このゲームのプレイで諦観を覚え、バグで楽しむようになった人はどれくらいいると考えられる?

大多数

「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」では、次々と新しいバグが発見されており、多くのプレイヤーがプレイ中に諦めを感じ、バグを楽しむようになっている。

購入価格に見合う内容ではなく、任天堂や製作元からのアナウンスもないため、返金対応を求める声も上がっている。

この作品は、原作を二頭身のグラフィックで作り直しただけのリマスターという印象で、新しい要素や製作者の熱意が感じられない。

ジムがパズルとして面白くなくなったことや、ポケモンの表情や動きが乏しいことも不満点として挙げられている。

また、ストーリーを好きなポケモンで攻略することや、ポケモンとコミュニケーションを取ることが楽しみだったプレイヤーにとっては、ポケモンホーム未実装や、XYのポケパルレ、ウルトラサン・ムーンのポケリフレ、剣盾のポケキャンプに相当する要素がないことが残念に思われている。

詳しくみる ⇒参照元: ダイパリメイクをクソゲーと言いたくなる理由(と、ヒンバスの釣...