Academic Box Logo

中村莟玉の華麗なる舞台裏 - 後援会の支援が支える伝統芸能の継承

ライターのMariaです。今回は『中村莟玉』について調べました。

歌舞伎への愛、パンダへの愛

中村莟玉さんが2020年を振り返って特に強く感じたことは?

公演の無事終了への祈り

2020年の歌舞伎座公演を振り返った中村莟玉さんは、コロナ禍で自粛期間があり歌舞伎が休演になったことに衝撃を受け、公演の無事終了を強く願ったと語っています。

立役・女方ともにこなす若手花形の莟玉さんは、2019年に中村梅丸から改名し、新たな名前で舞台に立ってから一年が経ちました。

歌舞伎への愛とパンダへの愛を語る莟玉さんは、2021年の抱負として「今年も無事に舞台を務め、また歌舞伎の魅力を多くの人に伝えたい」と述べています。

詳しくみる ⇒参照元: 中村莟玉「歌舞伎に救われた」|日テレnews Nnn

初代中村莟玉誕生!若手花形の新たな挑戦

中村梅丸が改名することになった名前の由来は?

「師匠の養父が若き日に行った自主公演」と「師匠の名前」

歌舞伎の若手花形である中村梅丸は、「吉例顔見世大歌舞伎」で初代中村莟玉として名乗りを披露する。

莟玉の名前は、師匠・中村梅玉の養父である六代目中村歌右衛門の自主公演「莟会」と、梅玉の「玉」から取られた。

この名前には、梅玉に近づき大輪の花を咲かせてほしいという願いが込められている。

梅丸改め莟玉は、師匠の得意とする虎蔵役を披露する。

この役は通常では考えられない大抜擢であり、挑戦的な配役だ。

莟玉への改名は、梅丸にとって良いきっかけになると期待されている。

詳しくみる ⇒参照元: 「吉例顔見世大歌舞伎」で初代中村莟玉として名乗り披露! 中村...

中村莟玉の歌舞伎愛

歌舞伎に魅了されたきっかけは?

能動的な行動、遊園地のような世界観

歌舞伎に魅了されたきっかけは、劇場に行くこと自体がワクワク、楽しいという能動的な行動と、遊園地に来たような世界観が好きなことだった。

中村莟玉は、歌舞伎に救われたと感じており、コロナの時期も夢を忘れずにいさせてくれたと語っている。

また、千穐楽の重み、ありがたみを強く感じる一年だったと振り返った。

詳しくみる ⇒参照元: 中村莟玉「歌舞伎に救われた」|日テレnews Nnn

中村莟玉:歌舞伎界の新星

歌舞伎俳優の中村莟玉さんは、養子になったときに名前を改めました

中村莟玉

中村莟玉(旧名:中村梅丸)は、2019年10月に中村梅玉の養子となり、11月に「中村莟玉」と改名しました。

莟玉さんは、養子縁組により「リスタート」を図り、歌舞伎への意気込みを新たにしました。

現在は、先輩方から愛され、自信に満ちた姿で舞台に臨んでいます。

詳しくみる ⇒参照元: 中村莟玉「歌舞伎に救われた」|日テレnews Nnn

梅丸改名、莟玉誕生

梅丸が改名することになったきっかけは?

梅玉からの提案

梅丸は歌舞伎座での公演中、千穐楽に師匠である梅玉から名題披露の話を切り出された。

梅玉は梅丸を養子として披露する意向を示し、梅丸は戸惑いながらも喜びを感じた。

その後、一門会で演目が「菊畑」に決定し、梅丸は虎蔵役で披露することになった。

梅玉は虎蔵役を大切にしているため、梅丸にこの役を任せることは大きな期待を込めたものだった。

詳しくみる ⇒参照元: 「吉例顔見世大歌舞伎」で初代中村莟玉として名乗り披露! 中村...