Academic Box Logo

sixtones 業界評判: スタッフの評価も調査

sixtones 業界評判: スタッフの評価も調査

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、SixTONESの業界評判について調査した結果をご紹介します。

六TONESとは?

六TONESのメンバーは?

6人

六TONESは、ジャニーズ事務所に所属する6人組アイドルグループです。

メンバーは、髙地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ROI、森本慎太郎です。

詳しくみる ⇒参照元: 「SixTONES」抜群のパフォーマンスで話題沸騰中!彼らの...

SixTONES業界評価の理由

業界から高い評価を受けるSixTONESの理由は何ですか?

音楽への強い熱量

SixTONESはアーティスト志向が強く、音楽に対する熱量が高いことで、音楽業界から評価されています。

また、ファンが企業に感謝できるため、CM起用による業界評価も上昇しているそうです。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESの業界評判とスタッフ 評判は良い・悪い?共通...

SixTONESの結成秘話と歩み

6人が集まって結成された当初の名前は?

バカレア組

SixTONESの6人は、2012年のドラマ「私立バカレア高校」出演時に集結し、「バカレア組」として人気を集めました。

しかし、ドラマ終了後は活動の機会が減り、一度は自然消滅状態になりました。

その後、2015年のステージショー「ザ少年倶楽部」で再結成し、2015年5月の「ジャニーズ銀座2015」でSixTONESとしての結成が発表されました。

SixTONESは、オリジナル曲「この星のHIKARI」と「BE CRAZY」のリリースやイベントへの積極的な参加を経て、単独アリーナコンサート「CHANGE THE ERA 20ix-」を行うまでに成長しました。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONES (ストーンズ)メンバープロフィールを年齢順...

SixTONESとスタッフの信頼関係

SixTONESのスタッフから評判が良い理由を教えてください

分け隔てなく友達のように接すること

SixTONESはファンの信頼関係に加え、スタッフからも評判が良いことが明らかになりました。

スタッフとの分け隔てのない友達のようなノリが、スタッフから愛される要因となっています。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESの業界評判とスタッフ 評判は良い・悪い?共通...

SixTONES:個性爆発のユニット

SixTONESのセンターは誰ですか?

ジェシー

SixTONESは2020年1月22日にデビューした6人組ユニット。

個性豊かなメンバーが揃っており、センターはハーフのジェシーが務めています。

ジェシーは明るい性格で、特徴的な笑い声や一発ギャグが魅力です。

また、SixTONESのメインボーカルを務める京本大我は、舞台俳優としても活躍しています。

松村北斗は独特の世界観を持ち、ドラマにも出演するなど俳優としても活動しています。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONES(ストーンズ)の歴史と情報を総まとめ!バカレ...

SixTONESの人気の真実:デビュー後の変遷とファンの評価

SixTONESはデビュー後に人気が落ちたといわれていますが、実際には人気はどの程度ありますか?

変わらず高い

SixTONESはデビュー後に人気が落ちたといわれているが、実際には人気は依然として高い。

結成当初から変わらず6人で活動しており、熱心なファンが多い。

バラエティ番組への出演は少ないが、歌に力を入れ続けている。

新規ファンの獲得には課題があるものの、ファンからは強い支持を集めている。

SixTONESとSnowManを合わせて「スノスト」と呼ぶことが多い。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESは人気落ちた?事務所に推されてないと言われる...

SixTONES古参ファンの不満とは?

古参のSixTONESファンからどのような不満が上がっているのか?

方向性に疑問

デビュー前のSixTONESは「ジャニーズっぽさがない」ことが売りだったが、一部の古参ファンは現在のオラオラ路線に違和感を持っている。

また、類似した曲が増えたことにも不満があるようだ。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESなぜ売れない?業界の評判は?

SixTONESの現状と課題

SixTONESの路線は正しいのか?

不明

SixTONESの楽曲は難しいと感じるファンがいる。

また、アニメタイアップによりメイキング特典の配信が不十分になっている。

これらが担降り(ファン離れ)の原因となっている可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESなぜ売れない?業界の評判は?

SixTONESのファンへの言葉が持つ力

SixTONESがファンにデビューに関する言葉を多く発言していた理由とは?

ファンの不安を払拭するため

SixTONESはデビュー前から「大丈夫」「信じて」など、ファンの不安を和らげる言葉を頻繁に発信していた。

2018年の「YouTube FanFest 2018」や2019年の「SixTONES【ラジオ企画】みんなの質問に答えます!

」では、ファンが待ち望んでいた「デビュー」の言葉を口にし、ファンの不安を代弁していた。

これらの言葉が、ファンの揺るぎない支持につながっている。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESの魅力:6人の強さを裏付ける10年間の変遷

SixTONESの人気の低迷疑惑

SixTONESの人気が落ちていると言われている理由は何ですか?

SnowManやKing & PrinceとのCD売り上げ比較

人気グループSixTONESの人気が落ちているという噂が流れています。

その理由は、同じジャニーズ事務所でデビューしたSnowManやKing & PrinceとのCD売り上げの比較で、SixTONESが劣っていることが指摘されているようです。

この比較では、SixTONESのデビュー当時の勢いが落ち着いてきた可能性が示唆されています。

また、SnowManやKing & Princeの活動が目立っていることや、SixTONES自身の露出の少なさも要因として考えられます。

業界やスタッフの間でも、SixTONESの人気低迷が懸念されているとの情報があります。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESの人気が落ちたって本当?業界やスタッフの評判...

SixTONESの売上不調の謎

SixTONESのCDの売り上げが伸び悩んでいるのはなぜ?

曲がファンに受け入れられていない

SixTONESはデビュー曲「Imitation Rain」が話題性を呼びミリオンを達成しましたが、それ以降のシングルは売り上げが伸び悩んでいます。

その理由は、ファンの間で曲の好みが分かれているためだと考えられます。

デビュー曲の売り上げの伸びが大きかったため、期待値が高くなっていることも影響している可能性があります。

また、他のアイドルグループとの競争も激しいことが考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESなぜ売れない?業界の評判は?

SixTONESの結成秘話

SixTONESがデビューに至ったきっかけは何?

ジャニー喜多川への直談判

SixTONESは、ジェシーがジャニー喜多川に直談判したことにより結成され、オリジナル曲『この星のHIKARI』やダンスナンバー『Drop the beat SixTONES』など、ファンを魅了するパフォーマンスを披露してきた。

彼らの絆は、ジャニー喜多川も認めていたほどで、メンバーが6人でいることを大切に思うのはファンだけでなく、事務所も同様だった。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESの魅力:6人の強さを裏付ける10年間の変遷

SixTONESの業界評判

SixTONESの業界での評判は良いの悪い?

良い

SixTONESは業界内で良い評判を得ています。

謙虚で素直な姿勢がスタッフから高く評価されており、個々の能力が高いわけではありませんが、継続的な仕事が少ないのはその影響があるかもしれません。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESなぜ売れない?業界の評判は?

SixTONES:色気と歌唱力の融合

SixTONESの強みは?

個性とメンバーの結束

SixTONESはセクシーなパフォーマンスでファンを魅了し、ジェシーを筆頭に歌唱力にも定評がある。

また、ワイルドなロック調からしっとりとしたバラードまで幅広いオリジナル曲を擁し、メンバー同士が個性を理解し合い引き立て合っている。

この個性の融合と結束力が彼らの強みとなっている。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONESの魅力って?溢れ出る色気&爆発する個性…/読...

「バカレア組」からSixTONESへ

「バカレア組」はどのようにして結成されたのか?

ドラマ「私立バカレア高校」の共演がきっかけ

2012年に放送されたドラマ「私立バカレア高校」で共演した6人のメンバーで結成されたグループが「バカレア組」でした。

ドラマ終了後に活動は自然消滅しましたが、2015年に「少クラ」で再集結し、ジャニーズ銀座2015にて正式にグループ結成が発表されました。

グループ名は「6つの音色」と「6つの原石」という意味が込められています。

詳しくみる ⇒参照元: SixTONES(ストーンズ)のメンバーカラーや誕生日は?全...