Academic Box Logo

PierrotとDir En Greyの激闘: 「Androgynos」がもたらした不仲と融和の歴史

PierrotとDir En Greyの激闘: 「Androgynos」がもたらした不仲と融和の歴史

ライターのYUKOです。今日は、PierrotとDir En Greyという2つの日本のヴィジュアル系バンドの激動の歴史についてご紹介します。

音楽が融合する「破壊的箱庭」

この「箱庭」という言葉が両バンドにとって何を意味するのか

理想を具現化した楽園

DIR EN GREYとPIERROTのステージでは、「箱庭」という言葉が意味深長に登場した。

それは、両バンドが長年築き上げてきた理想郷であり、世界から見れば小さなものであっても、それが合体することで広大な大地となる。

この「箱庭」という共通点から、両バンドが目指す理想には、以前から重なり合う部分があったのではないかと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 【総括レポート】Pierrot×Dir En Grey、<A...

DIR EN GREYの変わらぬステージパフォーマンス

ライブ中、DIR EN GREYは観客にどのような対応をとっていたのか?

いつも通り

DIR EN GREYはPIERROTのファンを前にしても、普段通りの激しいパフォーマンスを行い、観客を煽っていた。

自分たちのスタイルを曲げず、どのようなステージでも同じように感情を表現していた。

詳しくみる ⇒参照元: PIERROT×DIR EN GREY、破壊的融合の一夜が終...

七夕に運命の競演「GYNOS」

「GYNOS」公演で競演するPIERROTとDIR EN GREYの出会いは何に由来する?

七夕の運命

2023年7月7日と8日に行われた「GYNOS」公演で、PIERROTとDIR EN GREYが競演しました。

この競演は、七夕の織姫と彦星の伝説になぞらえ、運命的な出会いとして捉えられています。

七夕は、日本の伝統的な祭りで、年に一度、織姫と彦星が天の川を渡って再会する日とされています。

詳しくみる ⇒参照元: PIERROT×DIR EN GREY、破壊的融合の一夜が終...

DIR EN GREYとPIERROTの対バンライブのレポート

両バンドのステージ上での様子を説明してください

緊張しつつも、雰囲気を楽しんでいた。

緊迫した雰囲気の中、DIR EN GREYの京は不敵な笑みを浮かべ、PIERROTは復活ライブ以来の安定した演奏を披露した。

PIERROTのキリトは、観客と一体感を呼びかけ、「HUMAN GATE」を歌い上げた。

2日目では、PIERROTが異なるセットリストでライブを展開した。

詳しくみる ⇒参照元: Pierrot×Dir En Grey、ピエラーと虜を圧倒し...

対バンライブの醍醐味

DIR EN GREYとPIERROTの対バンライブで、京が印象的に残した言葉は?

不敵な笑みと共に放った挨拶

DIR EN GREYとPIERROTの対バンライブでは、京の不敵な笑みが印象的だった。

PIERROTは復活ライブ以来のステージで「MASS GAME」を披露し、会場を独裁国家の「マスゲーム」のような光景に変えた。

対立関係にあるはずのファンを束ねていくような代表曲が惜しみなく披露され、両バンドが共演を心から楽しんでいる様子がうかがえた。

詳しくみる ⇒参照元: PIERROT×DIR EN GREY、破壊的融合の一夜が終...

DIR EN GREY、対バンライブで「アクロの丘」が歓声呼ぶ

DIR EN GREYのステージで最も観客の歓声が起きた曲は?

アクロの丘

PIERROTとDIR EN GREYの因縁の対バンライブにおいて、DIR EN GREYは前日とは異なるセットリストで観客を圧倒。

特にアコースティックギターで演奏された「アクロの丘」のイントロが観客を魅了し、京のボーカルが響き渡ると会場は静まり返って聞き入った。

DIR EN GREYはラストに「残」を叩き込み、激しくも印象的なステージを締めくくった。

このライブの模様は映像化され、予約は9月30日までに受け付けられる。

詳しくみる ⇒参照元: Pierrot×Dir En Grey、ピエラーと虜を圧倒し...

ビジュアル系界のライバル対決

かつてライバル視していたPIERROTとDIR EN GREYが対バンライブを開催

不明

90年代後半から2000年代前半にビジュアル系シーンを代表したPIERROTとDIR EN GREYは、かつてはライバル視され、ファン同士にも争いが起きていた。

しかし、7月7日に開催されたジョイントライブ「ANDROGYNOS –a view of the Megiddo-」で、彼らが共演を果たした。

このライブがファンの間の争いに決着をつけたかどうかは明らかになっていない。

詳しくみる ⇒参照元: PIERROT×DIR EN GREY、破壊的融合の一夜が終...

ビジュアル系シーンの激突!PIERROTとDIR EN GREYのジョイントライブ

PIERROTとDIR EN GREYの対バンライブで、会場をどのように例えていたか?

戦場

1990年代後半から2000年代前半にかけてビジュアル系シーンを代表するPIERROTとDIR EN GREYが、ジョイントライブ「ANDROGYNOS」を開催。

会場は「危険地帯」「緩衡地帯」「非武装地帯」「中立地帯」などに分けられ、戦場のような雰囲気を演出した。

初日はDIR EN GREYが「Revelation of mankind」でライブをスタート。

ボーカルの京は「かかってこい!

」と観客を煽り、激しい演奏で会場を盛り上げた。

詳しくみる ⇒参照元: Pierrot×Dir En Grey、ピエラーと虜を圧倒し...

ライバルと相まみえる激闘

DIR EN GREYとPIERROTの関係とは何ですか?

不倶戴天のライバル

DIR EN GREYとPIERROTは、対照的な音楽性ながらも深い関係を持つバンドです。

DIR EN GREYは、過激なパフォーマンスと痛烈な歌詞で知られ、PIERROTは、耽美的な世界観とカリスマ性で熱狂的なファンを獲得しています。

両バンドは、かつてPIERROTのローディーを務めたDIR EN GREYのメンバーToshiyaを介して出会い、その後、対バンを繰り返すようになりました。

ライブでは、DIR EN GREYが熱狂的なファンを集めるのに対し、PIERROTは熱狂的な信奉者である「ピエラー」を動員します。

DIR EN GREYにとって、PIERROTとの対バンは唯一「アウェイ」を感じる場となり、緊張感と興奮が入り混じった特別なイベントとなっています。

詳しくみる ⇒参照元: Pierrot×Dir En Grey 『Androgyno...

過去と現在を融合させたDIR EN GREYのライブ

DIR EN GREYのライブで披露された曲はどのようなものでしたか?

過去と現在の融合

DIR EN GREYのライブは、最新アルバムからの激しく終末的な曲と、かつての代表曲である「audience KILLER LOOP」を織り交ぜたセットリストで、過去と現在を融合させたものでした。

過去のアルバムをテーマにした最近のツアーを反映し、バンドは現在の視点から過去を再解釈し、すべての時代を同等に扱っていました。

ライブは、単なるベスト選曲やノスタルジーに訴えるものではなく、現在のDIR EN GREYをストレートに表現したものでした。

詳しくみる ⇒参照元: 【総括レポート】Pierrot×Dir En Grey、<A...

対極の融合:PIERROTとDIR EN GREYの「ANDROGYNOS」

宗教戦争と呼ばれるバンド同士で対バンライブが開催された理由は?

融合するため

2017年、対立関係にあったPIERROTとDIR EN GREYが「ANDROGYNOS」という対バンライブを開催した。

ライブのタイトルは、両バンドの楽曲「メギドの丘」と「アクロの丘」にちなんでおり、融合を意味する「両生具有」というコンセプトを表現していた。

ファン層はジェネレーションギャップが顕著で、ビジュアル系とハードコアの異色の対バンとなった。

詳しくみる ⇒参照元: 17.07.07 ANDROGYNOS-a view of ...

「丘戦争」プロジェクト始動

PIERROTとDIR EN GREYが合同ライブを行ったプロジェクトの通称は?

丘戦争

「メギドの丘」と「アクロの丘」という2曲のタイトルから名付けられた「丘戦争」は、PIERROTとDIR EN GREYの合同ライブプロジェクト。

横浜アリーナで行われたライブの1日目はPIERROT、2日目はDIR EN GREYがフィーチャーされ、両バンドのファンが座席の選択に違いを見せた。

DIR EN GREYは気迫漲るステージで、媚びのないパフォーマンスを披露した。

詳しくみる ⇒参照元: PIERROT×DIR EN GREY 『ANDROGYNO...

ライバルバンドの融合:PIERROTとDIR EN GREYのジョイントライブ

90年代後半から2000年代前半にかけて、対立関係にあった2つのバンドは?

PIERROTとDIR EN GREY

1990年代後半から2000年代初頭にかけて、PIERROTとDIR EN GREYという2つのバンドがヴィジュアル系シーンで大きな人気を博していました。

しかし、両バンドはライバル視されており、お互いに接点を持つことはありませんでした。

さらに、両バンドのファン同士の間には、「抗争」とも呼べるような現象が発生していました。

今回開催されたジョイントライブは、その争いに決着をつけることを目的としたものでした。

このライブは「ANDROGYNOS –a view of the Megiddo-」と題され、横浜アリーナで開催されました。

このイベントは、長年対立関係にあった2つのバンドのファンにとって、大きな注目を集めました。

詳しくみる ⇒参照元: 2017.07.07 PIERROT×DIR EN GREY...

Dir en greyとPIERROTの不仲説の真相

Dir en greyとPIERROTの不仲説の真相は?

現在では良好な関係

かつては不仲説が流れていたDir en greyとPIERROTは、2017年に2マンライブを開催し、現在では良好な関係を築いている。

バンドメンバーのToshiyaは以前からPIERROTとの対バンを望んでおり、女性関係の真相は不明だが、バンド内の不仲は解消されている。

詳しくみる ⇒参照元: Toshiya(Dir en grey)の結婚・離婚暦【現在...

横浜アリーナで初のオールスタンディングライブ

横浜アリーナで今回オールスタンディングが行われていたのはどこの席だった?

センター席

横浜アリーナでは通常、アリーナ席をスタンド席1Fと呼び、センター席をアリーナ席と呼ぶ。

今回の公演では、センター席がオールスタンディングになっていた。

スタンディング席の事前公開マップは戦場マップのように複雑で、スクリーンは3つ設置されていた。

DIR EN GREYは京が前髪ぱっつんで登場し、客の押しが強かった。

詳しくみる ⇒参照元: 17.07.07 ANDROGYNOS-a view of ...