Academic Box Logo

ビフォーアフター失敗事例ランキング...匠との裁判トラブルも大公開

ビフォーアフター失敗事例ランキング...匠との裁判トラブルも大公開

ライターのローラです。興味深いコンテンツを提供したいと思います。ビフォーアフター失敗事例ランキングと、匠との裁判トラブルをまとめた記事をご紹介します。

リフォーム番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」の裁判沙

リフォーム番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」の裁判沙https://img.cinematoday.jpリフォームバラエティ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」で、依頼主と番組側が訴え合うことになった原因は?

リフォーム後のトラブル

「大改造!!劇的ビフォーアフター」で、依頼主と番組側がトラブルになり訴え合う事態となった原因は、リフォーム後の住宅に問題が生じたためで、中には70cmの段差が解消されずに依頼主がアキレス健を切断する事故が発生するなど、深刻なものもあった現在も一部のトラブルは未解決で、訴状も提出されている詳しくみる ⇒参照元: 【ダメだよこれ】ビフォーアフター大失敗で最悪匠と裁判の事例が...

劇的ビフォーアフターのリフォーム失敗例

劇的ビフォーアフターのリフォーム失敗例https://yu-ma-blog.comリフォーム番組で裁判沙汰になった例は何か

アキレス腱を切る家

「劇的ビフォーアフター」で放送された「アキレス腱を切る家」では、依頼者のラーメン店経営者である中薗尚秋さんが、空間方程式の芸術家と呼ばれる匠の滝澤俊之さんに2,100万円もの費用をかけてリフォームを依頼しましたしかし、完成した家は依頼者の意向と大きく異なり、リフォーム費用も当初の予定を大幅に超えていました中薗さんは番組側と匠に対して不満やクレームを訴えましたが、解決に至らず、最終的には裁判にまで発展しましたこの事例は、リフォーム番組の裏側に潜む問題の一例として知られています詳しくみる ⇒参照元: 劇的ビフォーアフターの失敗とその後!訴訟・裁判のトラブルも総...

「大改造!!劇的ビフォーアフター」で使用された建材

「大改造!!劇的ビフォーアフター」で使用された建材https://image.curama.jpトイレや風呂などの動作を補助する手すりの特徴は?

波形

長寿番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」で使用されている建材の一つに、株式会社クネットが製造・販売する「クネット」がありますこの波形手すりは、トイレ・風呂・玄関などの動作補助手すりや、階段・スロープの歩行補助手すりとして利用できます特徴的な波形により、握りやすく滑りにくいことが特徴です詳しくみる ⇒参照元: さすがは匠の目利き!「大改造!!劇的ビフォーアフター」で使わ...

リフォーム番組の落とし穴

リフォーム番組の落とし穴https://renovefudosan.comなぜ依頼主はリフォーム後に問題を抱えたのか?

施工内容の依頼主との打ち合わせ不足

リフォーム番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」では、施工内容が匠や番組側任せで、依頼主との打ち合わせが数回しか行われていなかった依頼主は想像していた家とは異なる家が完成し、匠との間にわだかまりが生じた匠はデザイン料を取らず、番組で新規顧客獲得を目的に斬新なデザインを組み込んだため、依頼主との間に裁判沙汰となったまた、番組はデザインを匠に一任した依頼者を探しており、放送では匠が仕上げたままの形で放送するが、依頼主が不満な場合は撮影後に修正工事が行われる詳しくみる ⇒参照元: 【ダメだよこれ】ビフォーアフター大失敗で最悪匠と裁判の事例が...

劇的ビフォーアフターの失敗の理由

劇的ビフォーアフターの失敗の理由https://i.ytimg.com大改造!!劇的ビフォーアフターの失敗はなぜ起きやすいのか?

番組のコンセプトがサプライズを重視しているため。

大改造!!劇的ビフォーアフターは、依頼主にサプライズで家を改築する番組ですサプライズ性を保つため、依頼主との打ち合わせは十分に行われず、匠の選考も電話一本で決められることがありますそのため、依頼主の希望と異なる改築が行われ、失敗やトラブルが発生しやすいという問題点がありますさらに、朝日放送が「予算内に収まった」という事実と異なる内容を放送し、BPOに申し立てられた事例もあり、番組の対応も問題視されています依頼主としては、匠のセンスを信じるしかなく、中には奇抜な改築を行う匠もいるようです番組のコンセプト上、失敗やトラブルは避けられない宿命と言えるでしょう詳しくみる ⇒参照元: 劇的ビフォーアフターの失敗とその後!訴訟・裁判のトラブルも総...

大改造!!劇的ビフォーアフターの衝撃リフォーム

大改造!!劇的ビフォーアフターの衝撃リフォームhttps://yu-ma-blog.com大改造!!劇的ビフォーアフターでリフォームされた家は、どのような特徴があった?

統一感のない、依頼主の希望に沿わないデザイン

「大改造!!劇的ビフォーアフター」番組のリフォームでは、依頼主の希望に沿わない奇妙なデザインが施されることがあったある家では、テーブルが円形になり暖炉にモザイクアートが描かれたが、依頼主は統一感のなさに苦笑したまた、開放的な平屋を希望した依頼主には、屋根と床以外は全面ガラス張りになり、プライバシーが守られなくなったさらに、日本の住居には珍しいデザインのテーブルやブランコが設置されたり、機械の故障が頻発する家もあった依頼主の趣味を反映したカフェ風の部屋は、クローゼットに「カフェ」の文字が入るなど、奇妙なデザインになってしまった庭にはナスカの地上絵やゴミの山が作られ、依頼主の望みとはかけ離れた家が完成した詳しくみる ⇒参照元: 【ダメだよこれ】ビフォーアフター大失敗で最悪匠と裁判の事例が...

劇的ビフォーアフターのリフォームトラブル

劇的ビフォーアフターのリフォームトラブルhttps://i1.wp.com番組でリフォームを依頼したラーメン屋の店主は、なぜ訴訟を起こした?

リフォームの品質が悪かったため

2009年に放送された『劇的ビフォーアフター』で依頼されたリフォームが、品質の悪さから問題となった70cmの段差はそのまま残され、2階は壁が増えたことで狭く暗くなった1階は以前より寒くなり、耐震・断熱・防火などあらゆる点に問題が見つかった依頼主は番組側と相談して住宅調査を依頼し、番組に出演した匠・滝澤俊介氏の設計に関して「ダメだよこれ…」と述べた依頼主は怒りと不信感から滝澤氏と番組側を訴訟したこの騒動の後、滝澤俊介氏は2012年以降手掛けた物件を公開しておらず、引退した可能性がある詳しくみる ⇒参照元: 【ダメだよこれ】ビフォーアフター大失敗で最悪匠と裁判の事例が...