Academic Box Logo

カントレル症候群:原因、症状、静岡県立こども病院の革新的な治療法と患者事例

カントレル症候群:原因、症状、静岡県立こども病院の革新的な治療法と患者事例

ライターのYUKOです。カントレル症候群について、原因、症状、革新的な治療法について詳しく見ていきましょう。

心臓が体の外側にある少女

バルサビアちゃんの心臓は体のどの部分に位置していますか?

あばらの下

バルサビアちゃんは、心臓が胸骨と横隔膜の欠損により胸の外に露出した「カントレル五徴症」という稀な先天性奇形を持っています。

この病気は100万人に5人程度が発症し、歩行困難になる場合もあります。

バルサビアちゃんの場合は、胸骨の一部と横隔膜が欠落しており、心臓が薄皮一枚で覆われています。

医師は当初生存の可能性を低く見ましたが、現在8歳まで成長しています。

詳しくみる ⇒参照元: カントレル五徴症候群の他の患者や手術例は?

カントレル症候群:謎に包まれた難病

カントレル症候群の原因は何ですか?

不明

カントレル症候群は、非常にまれな遺伝性の病気で、原因の多くは不明です。

奇形症候群や先天性異常症候群に似た身体異常が認められますが、詳細な原因は解明されていません。

先天性の疾患であり、乳幼児期に発症することが多いです。

予後は一般的に不良で、死亡率が高い傾向にあります。

詳しくみる ⇒参照元: カントレル症候群の原因や症状は?静岡県立こども病院が死亡率を...

先天性異常:カントレル症候群

胸骨が欠損する病気は何という名前?

カントレル症候群

カントレル症候群は、腹膜、横隔膜、心膜、心臓に欠損が起こる先天性異常です。

バルサビアちゃんは、胸骨と心膜が欠損しており、心臓に複数の穴が開いていますが、元気に過ごしています。

この病気はカントレル五徴症とも呼ばれています。

詳しくみる ⇒参照元: カントレル症候群の原因や症状は?静岡県立こども病院が死亡率を...

カントレル症候群治療の世界的拠点

カントレル症候群の手術に成功している世界で唯一の病院はどこ?

静岡県立こども病院

カントレル症候群の手術において世界最高レベルの技術を誇る静岡県立こども病院は、2015年にマレーシア人女性のリー・ウェン・ウィーさんの手術に成功しました。

この手術は世界初であり、現在カントレル症候群の手術に成功している病院は静岡県立こども病院のみです。

詳しくみる ⇒参照元: カントレル症候群の原因や症状は?静岡県立こども病院が死亡率を...

カントレル症候群の治療における進展

カントレル症候群の治療において、希望が持てる最近の進展は?

手術の成功例

カントレル症候群は、心臓以外にも影響を及ぼし、衝撃に対する危険性が高い厄介な病気です。

現在、根治法はありませんが、バルサビアという患者の手術成功例が希望の光となっています。

バルサビアは、絵やバレエなどの趣味を楽しむ普通の子供として過ごしていますが、周囲は不慮の事故を懸念しています。

将来的な根治手術が最善の選択肢とされていますが、資金面や体調面の課題があります。

それでも、バルサビアが元気で病気の心配なく暮らせる日が来ることを期待されています。

詳しくみる ⇒参照元: カントレル五徴症候群の他の患者や手術例は?