Academic Box Logo

深海の謎めいたマグナピンナ:エイリアンのようなイカの衝撃的な映像

深海の謎めいたマグナピンナ:エイリアンのようなイカの衝撃的な映像

ライターのYUKOです。

深海に潜む謎の生物、マグナピンナ

深海に潜む謎の生物、マグナピンナhttps://aquarium-guppy.com新種のイカ、マグナピンナの発見について、初めて発表した人物は誰ですか?

ヴェッキオーネ氏

1998年に生物学者ヴェッキオーネ氏とヤング氏が共同研究を行い、世界で初めて新種のイカ「マグナピンナ」を発表したマグナピンナは他のイカとは大きく異なる特徴を持っていたため、新しい分類カテゴリーが作られたその後も発見報告が続き、現在はマグナピンナ科に4種が存在することが確認されているまた、水深1000メートル以下の漸深層に広く生息している今回石油採掘現場で撮影されたマグナピンナがどの種かは特定できていないが、メキシコ湾には少なくとも2種が生息していると考えられている映像分析の結果、成体のマグナピンナは体長1.5~7メートルになることが判明した詳しくみる ⇒参照元: Google

ROVが解き明かす深海生物の謎

ROVが解き明かす深海生物の謎https://static.tbsradio.jp石油・天然ガス産業のROVがもたらす深海生物の映像資料の価値は?

深海生物の貴重な映像資料の収集

ROVが捉えたマグナピンナの映像は、科学的に特別なものではないが、石油・天然ガス産業のROVが深海生物の貴重な映像を撮影できることを示しているこれにより、海洋生物学者は企業所有のROVを利用して深海生物の研究を推進できるようになるただし、一部の研究者は、営利企業との利害関係に懸念を抱いているROVは学術用潜水艇よりも深く潜り、より長い時間潜ることができる詳しくみる ⇒参照元: Google

深海の謎: マグナピンナの捕獲方法

深海の謎: マグナピンナの捕獲方法https://jamstec.go.jpマグナピンナの捕獲方法について、2つの仮説は何ですか?

海底すべり、吸盤罠

マグナピンナは深海に生息する巨大なクラゲで、その捕獲方法について2つの仮説があります1つ目は、腕の先端を海底に沿ってすべらせて獲物を捕らえる「海底すべり」という仮説ですもう1つは、吸盤の付いた腕を広げて獲物を待ち構える「吸盤罠」という仮説ですいずれの仮説も、腕の構造やマグナピンナの生息環境に基づいており、さらなる研究が必要です詳しくみる ⇒参照元: Google