Academic Box Logo

日本の婚姻率の長期的な推移: 過去から現在まで

日本の婚姻率の長期的な推移: 過去から現在まで

こんにちは、ライターのYUKINOです。今回は、日本の婚姻率の長期的な推移についてご紹介します。

婚姻率と出生率の推移

婚姻率と出生率の推移https://garbagenews.com2022年、婚姻率は前年と比較してどのように変化しましたか?

増加

2022年の婚姻数は3年ぶりに増加し、婚姻率は0.1ポイント上昇しました婚姻件数は51万9823組で、前年比約1.1%増加しました詳しくみる ⇒参照元: 日本の婚姻数(婚姻率)と出生数(出生率)の推移【2022年最...

婚姻率の低下が離婚率に影響

婚姻率の低下が離婚率に影響https://womanslabo.com離婚率の低下要因は何か?

婚姻率の低下

婚姻率の低下が離婚率の低下を引き起こしている婚姻率が低下すると、そもそも離婚の可能性が少なくなるためだ2022年の離婚率は1.47(1000人あたり)で、離婚件数は17万9099件だった婚姻率や離婚率は、少子化、高齢化、単身世帯の問題とも密接に関連している時系列データは、社会や環境がどのように影響し合っているかを理解し、今後の動向を予測して対策を立てるために不可欠である詳しくみる ⇒参照元: 婚姻率や離婚率の移り変わりの実情をさぐる(2023年公開版)...

婚姻率と離婚率の推移

婚姻率と離婚率の推移https://research.nttcoms.com最近の離婚率の傾向は?

減少

2002年の戦後最高値から婚姻率が減少しているため、離婚率も減少している直近数年間は0.20%を切っており、さらに減少傾向にある2019年と2020年は改元や新型コロナウイルスの影響でイレギュラーな動きをしている詳しくみる ⇒参照元: 日本の婚姻率と離婚率の実情(2021年公開版)(不破雷蔵)

ベビーブームの背景と推移

ベビーブームの背景と推移https://livedoor.blogimg.jp第二次ベビーブームの要因となった団塊の世代は、どのような背景で生まれたか?

前世代の高婚姻率

第二次ベビーブームは、団塊の世代の結婚によるもので、この世代は前世代の高婚姻率によって生まれたしかし、20年後の第三次ベビーブームは、価値観の変化や結婚時期の遅れにより、同様の盛り上がりは見られなかったそれ以降、婚姻率は高齢化や価値観の変化などの要因で減少傾向にある詳しくみる ⇒参照元: 日本の婚姻率と離婚率の実情(2021年公開版)(不破雷蔵)

婚姻率の推移を分析すると、社会経済的な要因が重要な役割を果たしていることがわかります