Academic Box Logo

被告と原告の違い:刑事裁判における義務と権利の徹底解説

被告と原告の違い:刑事裁判における義務と権利の徹底解説

ライターのAnnaとして、刑事裁判における被告と原告の違いについて詳しく解説します。

刑事裁判における「被告人」と「原告」の違い

刑事裁判における「被告人」と「原告」の違いhttps://livedoor.blogimg.jp刑事裁判で犯人を疑われているが有罪が確定していない者を何と呼ぶか?

被告人

刑事裁判では、犯罪の疑いで起訴された者を「被告人」と呼びます被告人は、有罪が確定するまでは「罪を犯していない人」として扱われ、「無罪の推定」の原則に基づき、検察官と対等な立場として扱われます黙秘権や弁護人を選ぶ権利などは、この原則に則ったものです一方、民事裁判では、訴えられた人を「被告」と呼びます詳しくみる ⇒参照元: 『被告』『被告人』『被疑者』『原告』の違いとは? マスコミは...

起訴と被告人

起訴と被告人https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com被疑者から被告人へ名称が切り替わるのはいつ?

起訴時

起訴とは、検察官が証拠を検討して被疑者が犯罪を犯した可能性が高いと判断し、刑事裁判を求めることを指します起訴がなされると、被疑者は被告人と名称が変わり、刑事裁判が開始されます刑事裁判では、被告人の有罪無罪や量刑が法律に沿って審理され、判決が下されます詳しくみる ⇒参照元: 日本弁護士連合会:裁判ってなぁに?

日本の刑事裁判における控訴制度

日本の刑事裁判における控訴制度https://solver-story.com量刑不当と見なされるとき、控訴が行われることが多いのはなぜですか?

量刑が適正でないため

日本の刑事裁判では、事実の認定よりも量刑の決定に重点が置かれているそのため、控訴の理由は「量刑不当」が多い控訴は被告人だけでなく検察側も可能であり、検察側が控訴すると第一審よりも重い刑が科される可能性がある被告人のみが控訴した場合、「不利益変更禁止の原則」により、第一審よりも重い刑が科されることはない詳しくみる ⇒参照元: 控訴とは?基礎知識から上告・抗告との違いなどわかりやすく解説...

被疑者と被告人の違い

被疑者と被告人の違いhttps://business-textbooks.com警察に逮捕された人物を「被疑者」と呼ぶのはなぜ?

容疑をかけられているから

被疑者は、警察に逮捕された後に捜査対象となる人物で、容疑をかけられているが起訴されていない状態です起訴されれば被告人と呼ばれますマスコミは「客観性を持たせたい」という理由から、法律用語である「被疑者」ではなく、一般用語の「容疑者」を使用しています詳しくみる ⇒参照元: 『被告』『被告人』『被疑者』『原告』の違いとは? マスコミは...

保釈金と保釈後の身柄拘束

保釈金と保釈後の身柄拘束https://izumi-keiji.jp保釈されれば、保釈金はどうなる?

全額返還される

保釈金は裁判への出頭を確保するために押さえられるお金で、刑事裁判終了時には全額返還されるただし、被告人の資産状況によっては高額の保釈金が指定される場合もある保釈されても被告人であることは変わらず、刑事裁判を受ける必要がある保釈中の被告人は裁判に自主的に出頭する必要があり、欠席すると保釈が取り消されたり、保釈金が没収されたりする可能性がある不可抗力による出頭不能の場合でも、弁護士への相談や裁判所への連絡は必須詳しくみる ⇒参照元: 被告人とは|原告との違い・刑事裁判の義務や与えられる権利を解...

「被告・被告人・被疑者・原告」の違いをスッキリ解説!

「被告・被告人・被疑者・原告」の違いをスッキリ解説!https://police.pref.hokkaido.lg.jp強盗や殺人事件における「原告」とは誰?

被害者

「被告・被告人・被疑者・原告」の4つの言葉の違いを解説します「被告」は民事訴訟で使用され、「被告人」は刑事訴訟で使用されます「被疑者」は起訴前の容疑者を指し、起訴後は「被告人」になります一方、「原告」は民事訴訟で「訴えた人」を指し、刑事訴訟では「検察官」がその役割を担いますニュースでは「被告」や「被告人」などの用語が省略されたり、肩書や敬称付きで呼ばれたりすることがありますが、ルールを理解すれば混乱を防げます詳しくみる ⇒参照元: 『被告』『被告人』『被疑者』『原告』の違いとは? マスコミは...

容疑者の呼称の変遷

容疑者の呼称の変遷https://livedoor.blogimg.jp容疑者という呼称が使われるようになったのはいつから?

1989年以降

「容疑者」の呼称は、1989年以降にマスコミで使用されるようになったそれまでは容疑者も実名で呼び捨てで報道されていたが、1984年に社長が業務上過失致死の容疑で書類送検された事件をきっかけに、社長が新聞社を名誉毀損で訴訟したこの訴訟がきっかけで、1989年以降はNHKやフジテレビ系列を中心に「呼び捨て廃止」がなされ、他のマスコミもこれに倣うようになったただし、新聞社は訴訟がきっかけで「呼び捨て廃止」にしたわけではない有罪確定までは無罪とされるため、呼び捨ては適切ではないという理由から「容疑者」の呼称が使用されるようになったまた、「容疑者」の代わりに「○○さん」や肩書で呼ぶこともある詳しくみる ⇒参照元: 『被告』『被告人』『被疑者』『原告』の違いとは? マスコミは...

いかがでしたか? 他の記事も ぜひご覧ください ↓↓