Academic Box Logo

和牛のネタ書き起こし: 名作誕生の秘密と進化した芸風

和牛のネタ書き起こし: 名作誕生の秘密と進化した芸風

— ライターのYUKOです。

和牛のネタ作りの変遷

和牛の漫才で、ボケとツッコミをどちらが担当していた?

水田

和牛のネタは結成当初、水田さんがボケとネタ作りを担当していました。

しかし、お互いのネタ帳を見せ合った結果、水田さんのネタに人間味があることから、水田さんがボケ、川西さんがツッコミを担当することになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 和牛のネタ作り担当はどっち!?作り方も変化した最強の芸風はこ...

和牛の最高傑作ネタ

M-1グランプリで和牛が最も面白く感じたネタは?

2017年M-1の1本目

漫才コンビ「和牛」は、2017年のM-1グランプリで披露したネタが最も面白かったと評価されています。

このネタは、「No Doubt」という例えを使ったもので、和牛がライブで最もチケットが取れないと言われるほどの人気ぶりを誇っています。

コンビは、2014年に「NHK上方漫才コンテスト」で優勝し、M-1グランプリでは2016年から2018年まで3年連続で準優勝という輝かしい実績を残しています。

詳しくみる ⇒参照元: » 和牛 ゾンビ 書き起こし

和牛のネタ作りコンビ

和牛のネタ作りを担当しているのはどちら?

水田さんと川西さん

和牛のネタ作りは、ボケの水田さんとツッコミの川西さんの2人で協力して行っている。

一般的に芸人のネタ作りはボケが担当することが多いが、和牛では水田さんがベースとなるネタを考え、それを川西さんと話し合いながら仕上げている。

詳しくみる ⇒参照元: 和牛のネタ作り担当はどっち!?作り方も変化した最強の芸風はこ...

和牛の芸風変革

和牛の漫才スタイルが評価されるようになったのはなぜですか?

芸風の変更

和牛は結成当初はオーソドックスな漫才を披露していたが、2015年のM-1グランプリに向けて「ねちねち漫才」「へりくつ漫才」と呼ばれる芸風にシフトチェンジし、それによって漫才の実力が評価されるようになった。

この芸風では、水田さんと川西さんが互いに言いたいフレーズを出し合いながら洗練された漫才を披露している。

詳しくみる ⇒参照元: 和牛のネタ作り担当はどっち!?作り方も変化した最強の芸風はこ...