Academic Box Logo

海苔養殖で高収入を得る方法:年収を上げるためのヒント

海苔養殖で高収入を得る方法:年収を上げるためのヒント

こんにちは、ライターのYUKOです。海苔養殖で高収入を得るためのヒントをご紹介します。

石巻湾の海苔養殖

石巻湾の海苔養殖https://sumaurasuisan.jp海苔の種付け作業は、なぜ大事な仕事なのか?

作柄を左右する

石巻湾は海苔の養殖が盛んな場所で、16軒の海苔工場がある海苔シーズンの始まりには、海苔漁師が集まって陸上で種付け作業を行うこの作業は「陸採(りくさい)」と呼ばれ、シーズンの作柄を左右する重要な仕事である海苔の種は目に見えないため、漁師たちは経験や勘を頼りに作業を行う詳しくみる ⇒参照元: 知りたい!海苔養殖のすべて

AIとIoTで海苔養殖の品質向上

AIとIoTで海苔養殖の品質向上https://kodawarinjp.blob.core.windows.net佐賀県で海苔養殖の品質向上に取り組むプロジェクトでは、どのような技術を活用している?

AIとIoT

佐賀県は海苔の生産枚数と販売額で日本一を誇り、有明海の独特な環境がおいしい海苔を育んでいる品質向上と収量アップのため、産官学が連携してAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用したプロジェクトを始動固定翼型ドローンによる海面撮影や、ICTブイによる水温や塩分濃度の測定を行い、AIでデータを解析して病害や赤潮の早期検知を目指すこの技術により、漁場管理の負担軽減や、被害の最小化が期待される詳しくみる ⇒参照元: 【佐賀発】美味しい海苔をいつまでも。産官学連携×ITで次世代...

協業で漁業改革、海苔漁師の挑戦

協業で漁業改革、海苔漁師の挑戦https://s.yimg.jp漁師たちが協業を行うきっかけとなった出来事は?

東日本大震災

宮城県七ヶ浜町では、海苔養殖が基幹産業である2011年の東日本大震災で海苔養殖施設が壊滅的な被害を受け、漁師たちは個人での再建を断念グループを作り、協業体として施設整備を行う協業体制に移行したこの協業体制を牽引しているのが、七ヶ浜支所運営委員長を務める海苔漁師の寺沢春彦さん協業グループは現在7つあり、高台で被災を免れた漁業者10戸と合わせて、七ヶ浜支所内では17形態で海苔養殖が行われているこの協業体制により、海苔の単価は倍になり、漁師の負担も軽減された詳しくみる ⇒参照元: ライバルと協業したら、単価は倍に、体は楽に。海苔漁師の働き方...

ドローンを活用した海苔養殖の課題解決

ドローンを活用した海苔養殖の課題解決https://jizakanavi-fukuoka.jp海苔養殖における最大の脅威となっている病気は何ですか?

アカグサレ病

アカグサレ病は、海苔に付着した菌が葉体に穴を開けたり、色を赤く変色させたりする深刻な病気です感染力が強く、一度発生すると周辺に急速に広がり、海苔の収穫に大きな打撃を与えます2015年には、生産量が半分近くまで落ち込むほどの被害が出ました漁業者は定期的な見回りや研究機関の監視で対応していますが、広大な漁場を効率的に監視するのは負担になっています詳しくみる ⇒参照元: 【佐賀発】美味しい海苔をいつまでも。産官学連携×ITで次世代...

秋に息づく海苔漁師の畑

秋に息づく海苔漁師の畑https://maruryo-suisan.com海苔漁師が秋に行う作業は?

海苔網のひっくり返しとゴミの除去

秋になると、海苔漁師は海苔網を浅瀬に張り、干出させて海苔以外の海藻を取り除き、海苔を鍛え上げます彼らは小さな船に乗り、コツコツと網をひっくり返したり、水の力でゴミを除去したりしますこの作業は畑仕事に似ており、張り巡らされた無数の海苔網はアート作品のようこの景色を楽しむためにわざわざホテルを予約する人もいるそうです網が黒くなると、海苔の赤ちゃんが成長した証拠で、育苗が終わった海苔網は石巻湾の外洋に移されます石巻湾では2期作を行っており、長い収穫期間を確保しています詳しくみる ⇒参照元: 知りたい!海苔養殖のすべて

海苔漁師のメリハリある暮らし

海苔漁師のメリハリある暮らしhttps://kodawarinjp.blob.core.windows.net海苔漁師にとって、冬の繁忙期と夏の閑散期のメリハリがどんなメリットをもたらす?

家族との時間とリフレッシュ

海苔漁師の仕事は冬に繁忙期を迎え、夏は比較的時間ができるこのメリハリにより、家族との時間を過ごしたり、お酒を楽しんだりする余裕が生まれるこのことで、忙しい冬を乗り切るモチベーションにもつながっているまた、海苔漁師はチームワークを重視しており、一緒に海苔づくりに励んでくれる仲間を募集しているここ数年では新規就業者が増え、地域全体で海苔づくりを盛り上げている詳しくみる ⇒参照元: 知りたい!海苔養殖のすべて

七ヶ浜の漁師:受け入れ体制の整備で若手の参入が拡大

七ヶ浜の漁師:受け入れ体制の整備で若手の参入が拡大https://job.fishermanjapan.com七ヶ浜の漁師として成功する秘訣とは?

やる気

漁業は、伝統的に厳格な世界であり、七ヶ浜の漁師になるには通常10年かかっていましたしかし、今では受け入れ体制が整い、やる気さえあれば3年で組合員になれる可能性があります七ヶ浜の漁師の風格を身につけてきた坂本さんは、かつてよそ者でしたが、今では新しい漁師の指導に尽力しています若者の中には、大手企業に就職するのではなく、漁業を選択する人も増えています小池勇輝さんは、宮城県が主催する漁業就業フェアを通じて漁師の道に進み、自然相手に余計なストレスなく、収穫の喜びを味わっています詳しくみる ⇒参照元: ライバルと協業したら、単価は倍に、体は楽に。海苔漁師の働き方...

七ヶ浜の海苔養殖: 次世代育成で担い手不足解消へ

七ヶ浜の海苔養殖: 次世代育成で担い手不足解消へhttps://subcdn.en-jine.com七ヶ浜の海苔養殖の担い手不足を解消するために、地元漁師たちが積極的に取り組んでいることは何ですか?

次世代漁師の育成

七ヶ浜では、地元の若者だけでなく、他県からの漁業未経験者を積極的に受け入れ、一人前の漁師になれるよう育成しています恵比須グループ代表の坂本さんは、35歳の時にグループ代表に抜擢され、経験や知識に基づく海苔づくりに取り組んでいます坂本さんは、他県の海苔養殖現場にも積極的に訪れ、情報収集に努めていますこうした取り組みにより、他県からの新規就業者も増え、海苔養殖の担い手不足の解消に貢献しています詳しくみる ⇒参照元: ライバルと協業したら、単価は倍に、体は楽に。海苔漁師の働き方...

海苔養殖の未来:IoT技術による革新

海苔養殖の未来:IoT技術による革新https://muji.com海苔の養殖における新しい技術は何?

IoT活用

近い将来、ドローンによるセルラー通信の上空利用により、海苔養殖の自動化や効率化が実現される可能性があるNECの物体識別システムは、海苔のパッケージの識別や検品、出荷作業の効率化に役立つまた、農作物の個体差の識別にも利用でき、生産・出荷プロセスの最適化や効率化が期待できる詳しくみる ⇒参照元: 【佐賀発】美味しい海苔をいつまでも。産官学連携×ITで次世代...

海苔養殖の陸上作業

海苔養殖の陸上作業https://kyujin-saiyo.com海苔養殖の陸上作業にはどのような内容がありますか?

養殖設備の準備と修繕

海苔養殖の陸上作業には、養殖設備の準備や修繕が含まれます具体的な作業内容は、海苔の養殖に使用される網やその他の資材の整備や修理などですまた、養殖作業に使用する道具の手入れやメンテナンスも陸上作業に含まれる場合があります陸上作業は、海上での養殖作業を支える重要な役割を果たしています詳しくみる ⇒参照元: 海苔養殖の仕事・求人情報|求人ボックス

ドローン技術で赤潮解明と漁業活性化へ

ドローン技術で赤潮解明と漁業活性化へhttps://mavic.ne.jp佐賀大学の田中教授は赤潮の解明に期待を寄せる技術を何と語ったか

ドローンの海水面調査

佐賀大学の田中宗浩教授は、ドローンによる定期的な海水面の調査が、赤潮発生のプロセス解明のヒントとなる可能性を指摘した有明海漁業協同組合では、ドローンを活用することで、海苔養殖漁場の監視を効率化し、漁業の魅力向上と後継者不足の解消に期待を寄せている田中教授は、農業分野でのIoT活用が2年足らずで実用化に至った実績を挙げ、ドローンでのセルラー通信機能の活用にも注目しているしかし、目視外飛行には国土交通大臣の事前承認が必要であり、広い海域でのドローンの飛行には対策が必要となる詳しくみる ⇒参照元: 【佐賀発】美味しい海苔をいつまでも。産官学連携×ITで次世代...

この記事では、海苔養殖で高収入を得るためのヒントや、海苔漁師のライフスタイルに関する情報を提供しています