Academic Box Logo

鯉登少尉のリアルモデルを徹底解説!階級や家族構成も紹介

鯉登少尉のリアルモデルを徹底解説!階級や家族構成も紹介

ライターのYUKOです。鯉登少尉のリアルモデルについて、階級や家族構成も交えて徹底解説します。

鯉登行一とゴールデンカムイ

鯉登行一はいつ頃北海道に移住した?

50歳前後

鯉登行一は陸軍中将で、息子の鯉登行文は陸軍中佐だった。

鯉登行一は1941年に陸軍中将に進み、第七師団長に親補され、終戦まで北海道に駐屯した。

九州で軍人教育を受け、北海道で第七師団に所属していたという共通点がある。

ゴールデンカムイ公式サイトには、鯉登少尉の「キエエエエッ!!(猿叫)」ボタンが設置されており、ボタンを押すとTwitterに「キエエエッ!!(猿叫)」と叫ぶことができる。

詳しくみる ⇒参照元: ゴールデンカムイ|鯉登少尉の実在モデルは?猿叫ボタンのあの人...

鯉登少尉の成長物語

成長を遂げたことで「ゴールデンカムイ」の鯉登少尉の性格はどのように変化した?

精神的に大人に

鯉登少尉は物語序盤では世間知らずで我儘なボンボンでしたが、様々な経験を経て精神的に大きく成長しました。

鶴見中尉に心酔し、その部下として忠実に従うようになったことで、責任感が芽生え、周囲への配慮もできるようになりました。

かつてのボンボンからは想像できないほど精神的に大人へと変化したのです。

さらに、月島とのコンビを組むことで、単独行動では得られない仲間との絆を築き、人として大きく成長しました。

詳しくみる ⇒参照元: 「ゴールデンカムイ」鯉登音之進(鯉登少尉)~成長著しい薩摩隼...

鯉登少尉の生死と鶴見中尉との関係

鯉登少尉は物語の途中で死亡してしまうのか

死亡しない

ゴールデンカムイの鯉登少尉は、手榴弾をかわしたり、森に落下しても木の枝に助けられたりと、幾度となく死の淵から生還しています。

最も死に近づいたのは鶴見中尉から逃走中の杉元に左肩を刺された時ですが、月島軍曹の手当てにより回復しました。

最終的に鯉登少尉は生き残り、最後まで物語に登場し続けます。

鯉登少尉は鶴見中尉に憧れていましたが、彼の本性を知ってからは冷静に見極めるようになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 【ゴールデンカムイ】鯉登少尉の人物像を考察!月島との関係性も...

鯉登少尉と鶴見中尉の意外な関係

鶴見中尉が鯉登少尉の兄の誘拐事件の解決を率先したのはなぜ?

信頼を得るため

鯉登少尉は兄を日清戦争で亡くしており、兄のお墓参りをすると酔ってしまうほど兄を慕っていた。

鶴見中尉は鯉登少尉の少年時代に彼と出会い、誘拐事件の際には率先して解決にあたったが、実はこの誘拐事件は鶴見中尉の自作自演だった。

鶴見中尉は鯉登少尉の父親である鯉登平二少将の信頼を得るためにこの事件を利用したのである。

詳しくみる ⇒参照元: 鯉登音之進少尉のモデルとなった人物は?作中の階級や父親・兄弟...

鯉登少尉の真実

鯉登少尉は最終的に死亡した?

死亡していない

鯉登少尉は漫画『ゴールデンカムイ』に登場するキャラクターで、最初は未熟だったが成長した。

相棒の月島軍曹との掛け合いが面白く、シリアスな場面での活躍も魅力的。

薩摩の剣術「自顕流」の使い手で、高い身体能力を誇り、日露戦争の猛者揃いの第七師団でも屈指の実力者。

モデルは実在した陸軍第七師団最後の団長、鯉登行一と推測される。

最終巻まで生き残っており、死亡説は誤り。

詳しくみる ⇒参照元: 『ゴールデンカムイ』鯉登少尉が死亡!?愛されキャラの魅力に迫...

鯉登音之進:ゴールデンカムイの薩摩の貴公子

鯉登音之進の年齢は?

22歳

鯉登音之進は、「ゴールデンカムイ」に登場する第七師団の少尉で、薩摩出身の海軍少将・鯉登平二の次男です。

鶴見中尉に心酔しており、ブロマイド代わりに写真を肌身離さず持ち歩いています。

自顕流の使い手で、驚異的な脚力と高い身体能力を持ちます。

この記事によると、鯉登音之進の年齢は第一話時点で22歳で、誕生日は12月23日です。

また、エリートの士官候補生であり、月島軍曹が補佐を務めています。

詳しくみる ⇒参照元: ゴールデンカムイ|鯉登音之進の年齢やモデルは?父や兄との過去...

ゴールデンカムイの個性派キャラ・鯉登少尉

鯉登少尉の得意とする剣術は?

自顕流

鯉登少尉は鶴見中尉の部下で、エリートながら癖の強い人物。

自顕流という日本剣術の達人であり、高い身体能力と軍人としての能力を併せ持つ。

初登場は漫画の10巻98話で、アニメでは2期17話。

声優は小西克幸が担当している。

詳しくみる ⇒参照元: 【ゴールデンカムイ】鯉登少尉の過去!誘拐事件から鶴見を心酔し...

鯉登音之進少尉役の声優紹介

「ゴールデンカムイ」の鯉登少尉役の声優は誰?

小西克幸

人気漫画「ゴールデンカムイ」で戦闘時には鬼のような形相で戦うが、普段は子どもっぽい魅力的なキャラクターである鯉登音之進少尉の声を担当している声優は、1973年生まれの和歌山県出身の小西克幸である。

小西は、アニメデビュー前はサッカーに打ち込んでいたが、友人の勧めで声優学院に入学。

1997年にゲーム「幕末浪漫 月華の剣士」でデビューし、同年放送の「ポケットモンスター」で複数のポケモンの声を担当。

その後、初のレギュラーアニメとなる「勇者王ガオガイガー」で活躍。

2015年には声優アワードで助演賞を受賞している。

詳しくみる ⇒参照元: 【ゴールデンカムイ】鯉登少尉はどんなキャラ?声優やモデルとな...

鯉登音之進:ゴールデンカムイの身体能力と忠誠心

鯉登音之進の身体能力はゴールデンカムイの中で最高と言われる理由は?

驚異的な身体能力と大道芸のようなバランス感覚

音之進は子供の頃から軍人になるために鍛えられ、驚異的な身体能力を誇っています。

稲妻と呼ばれる足の速さで強盗を追いかけたり、空飛ぶ気球に飛び移ったり、大道芸のようなバランス感覚を披露したりします。

彼の身体能力はゴールデンカムイの中で最高とされています。

また、興奮すると薩摩弁で奇声を発してまくし立て、敵を恐れさせます。

音之進は鶴見中尉を崇拝しており、鶴見中尉の前では緊張して思うように話せません。

鶴見中尉は音之進の気迫と剣の腕を気に入り、彼に対して親のような愛情を持っていると言われています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ゴールデンカムイ】鯉登少尉はどんなキャラ?声優やモデルとな...

鯉登少尉の決意と月島軍曹の説得

鶴見中尉の計画のために利用されてきた月島軍曹を、鯉登少尉は説得できるのか?

説得できる

鯉登少尉は、鶴見中尉の計画に利用されながらも、彼を最後まで見届ける決意を固める。

また、谷垣とインカラマッを生かすのは、計画に影響のない人間の死を避けたいという思いがあるからだと推測する。

月島軍曹を説得するシーンでは、鯉登少尉が月島軍曹の過去を知らないにもかかわらず、彼の頑なな決意を察知し、的確な言葉で説得に臨む。

月島軍曹は多くの人を利用し、死なせてきたが、鯉登少尉は彼の過去を知らなくても、その行動の背景にあるものを理解し、彼を説得できる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: ゴールデンカムイ231話「出産」【本誌ネタバレ感想】月島軍曹...

鯉登少将:ゴールデンカムイの鯉登少尉の父親

ゴールデンカムイの鯉登少尉の父親の肩書は何?

大日本帝国海軍少将

ゴールデンカムイの鯉登少尉の父親は、鯉登少将といい、大日本帝国海軍少将で、大湊要港部司令官という肩書を持っていた。

彼は尾形百之助の父親である花沢中将の親友で、花沢中将の自刃を第7師団の責任として、中央に対して強い不信感を持っていた。

鶴見中尉と協力関係にあり、責任感の強い筋の通った人物である。

しかし、樺太に送り出した息子である鯉登少尉に対しては、「いつ死んでも覚悟はできている」と言いながらも、その未来と活躍を信じて祈る父としての一面も持ち合わせている。

また、鯉登少将には、日清戦争の黄海海戦で戦死した兄・平之丞がおり、その死は鯉登家に暗い影を落としていた。

詳しくみる ⇒参照元: 【ゴールデンカムイ】鯉登少尉の過去!誘拐事件から鶴見を心酔し...

第七師団の面々

尾形を撃退したのは誰?

谷垣源次郎

谷垣源次郎は、第七師団所属の一等卒で、東北出身のマタギです。

戦闘力は作中のキャラの中では少し頼りないですが、マタギとして勝手の知る山では高い実力を見せ、尾形を撃退しました。

詳しくみる ⇒参照元: 『ゴールデンカムイ』キャラ一覧!モデルの人物から年齢・声優ま...

ゴールデンカムイキャラクターのモデルとなった実在の人物

アメリカ海兵隊の伝説的なスナイパーで、尾形のモデルとなった人物は?

カルロス・ハスコック

尾形百之助のモデルとなったカルロス・ハスコックは、アメリカ海兵隊の伝説的スナイパーです。

彼は「エレファント・バレーの戦い」で約200人の敵を5日間足止めするなど、数々の偉業を残しました。

映画『山猫は眠らない』の主人公トーマス・ベケットも、尾形のキャラ設定に影響を与えています。

鯉登音之進のモデルとなった鯉登行一は、陸軍第七師団長を務めた軍人ですが、出身地や戦歴は作中の鯉登とはほとんど一致しません。

月島基は鯉登少尉と行動を共にする経験豊富な軍人で、銃撃と近接戦の両方で高い能力を誇ります。

詳しくみる ⇒参照元: 『ゴールデンカムイ』キャラ一覧!モデルの人物から年齢・声優ま...

鯉登少尉の過去と鶴見への心酔

鯉登少尉が鶴見中尉に心酔している理由は?

狂信者だから

鯉登音之進少尉は、裕福な家庭の出身であることから世間知らずで我儘な一面を持ち、当初は杉元佐一と反りが合わなかった。

しかし、鶴見中尉のお気に入りであり、自身も鶴見中尉に心酔している狂信者であるため、奇抜な言動をしても第7師団において存在感を放っている。

詳しくみる ⇒参照元: 【ゴールデンカムイ】鯉登少尉の過去!誘拐事件から鶴見を心酔し...

ゴールデンカムイの鯉登音之進少尉

鯉登音之進少尉のモデルとなった人物は誰ですか?

鶴見中尉

鯉登音之進少尉は、エリート軍人で剣の腕が最強と言われるが、上官の鶴見中尉には従順な一面がある。

また、鯉登音之進少尉にはモデルとなった人物がおり、それは上官である鶴見中尉である。

鶴見中尉は鯉登音之進少尉と同じくエリート軍人であり、剣の腕も優れている。

また、鶴見中尉は鯉登音之進少尉と同じく部下思いの一面がある。

しかし、鶴見中尉は鯉登音之進少尉と異なり、目的のためには手段を選ばない冷酷な一面もある。

鶴見中尉は、鯉登音之進少尉にとって尊敬する上官であると同時に、時には恐怖の対象でもある。

鯉登音之進少尉は鶴見中尉に憧れを抱いているが、同時に鶴見中尉の冷酷さを恐れている。

そのため、鯉登音之進少尉は鶴見中尉に従順でありながらも、内心では葛藤を抱えている。

詳しくみる ⇒参照元: 【ゴールデンカムイ】鯉登少尉はどんなキャラ?声優やモデルとな...