Academic Box Logo

広田中学校のいじめ加害者、名前が明らかに!!給油ポンプ暴行事件の真相に迫る

ライターのYUKOです。今回は広田中学校のいじめ加害者と給油ポンプ暴行事件の真相についてお伝えします。

広田中学校いじめ事件:学校・市教委の対応

佐世保市立広田中学校でのいじめに関する学校側の対応は?

第三者委員会を設置

佐世保市立広田中学校で発生した男子生徒に対するいじめは、「重大事態」と認定され、市教委と学校は迅速に対応している。

市教委は第三者委員会を設置し、被害生徒の保護者や生徒には真摯に対応することを表明。

また、被害生徒は県警に被害届を提出しており、刑事事件として捜査が開始されている。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保市立広田中学校で中2男子が中1男子の尻に給油ポンプをさ...

中学校での暴行事件

何が起こったのか?

男子生徒に暴行

長崎県佐世保市の市立中学校で、1年生男子生徒が上級生に給油ポンプを尻に差し込まれ、1週間のけがをした。

男子生徒はショックを受け、登校できない状態。

暴行を受けた2年生部員全員が関与を認める。

詳しくみる ⇒参照元: 佐世保市立広田中学校で中2男子が中1男子の尻に給油ポンプをさ...

イジメ加害生徒の親が語った衝撃

凍死した広瀬爽彩さんの事件に関与していた加害生徒の親の、事件発覚当初の反応は?

混乱とショック

北海道旭川市で凍死した廣瀬爽彩さんの事件では、彼女が生前に凄惨なイジメを受けていたことが問題視されています。

ある加害生徒の父親は、事件発覚後、混乱とショックから沈黙を貫いていましたが、最近になって初めて取材に応じました。

父親は、当時自分の子供が加害者としてネットに名前が上がっているのを見て、混乱で頭の中が真っ白になったと語っています。

この事件では、イジメの深刻さと、加害者とその家族が受ける影響が浮き彫りになっています。

詳しくみる ⇒参照元: 《旭川14歳少女凍死》加害生徒の父親が初めて語ったイジメ事件...

旭川いじめ事件の闇

実名を公開したYouTuberは、どのような内容のデマや誹謗中傷を投稿した?

悪意のあるデマや誹謗中傷

2021年の旭川いじめ事件では、一部のYouTuberが加害者とされる少年少女の実名を公表しただけでなく、悪意のあるデマや誹謗中傷を匿名掲示板に書き込んだ。

これらの投稿は、亡くなった広瀬爽彩さんとその母親を攻撃するものであった。

このデマや誹謗中傷は、爽彩さんの死に対する世間の怒りを煽り、事態をさらに複雑化させた。

また、一部のYouTuberは、デマや誹謗中傷を広めたことで批判され、社会的制裁を受けることになった。

詳しくみる ⇒参照元: 〈旭川いじめ事件から2年〉デマ・誹謗中傷が再び少女を傷つけた...

個人情報侵害、発信者特定へ

個人情報の定義は?

他人に見られたくない情報

誹謗中傷被害者は、書き込みの内容がプライバシー侵害に当たると主張。

裁判所は、学校名や本人のニックネームが記載され、第三者に開示されていなかったことを認め、プライバシー侵害を認定した。

通信事業者に対して契約者の情報を開示するよう命じ、発信者が特定された。

被害者は、いじめの深刻さを伝えることができて安堵感を示し、母親は匿名掲示板の書き込みがエスカレートし、被害者に傷を与えると指摘。

また、学校側の対応が不適切だったことがネットいじめ発展の一因と述べている。

詳しくみる ⇒参照元: 《いじめ問題》被害生徒の母親がつかんだ"匿名加害者...

学校の対応と隠蔽疑惑

被害者への攻撃的な書き込みが削除されたことによって広まった疑惑は?

隠蔽の可能性

学校側の対応として、被害者への攻撃的な書き込みが事件後に全て削除され、隠蔽疑惑が浮上。

同様のケースでは、加害者グループが被害者への暴力に関するノートを作成し回し読みしていたことが判明している。

詳しくみる ⇒参照元: 町田市小6女児いじめ自殺事件の加害者や校長とは?被害者の死因...

スクールカースト上位グループの対立

スクールカースト上位にいたグループの女子生徒同士はどのような関係だったか?

仲が悪くライバル関係

プレジデントオンラインの記事によると、A子、B子、C子、D子の4人が加害者として確認されています。

A子とB子は、詩織さんに対して「ウザイ」「死んでほしい」とチャットでやり取りしていたことが、なりすましによって多くの同級生に知られていました。

同クラスの児童の保護者への取材によると、4人はスクールカーストの上位にいて、A子とB子は一つのグループ、C子とD子は別のグループを形成していました。

この2つのグループは仲が悪く、ライバル関係にあったとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 町田市小6女児いじめ自殺事件の加害者や校長とは?被害者の死因...

いじめがエスカレートした原因

いじめがエスカレートしたのはなぜ?

加害者4人が被害者を完全に孤立させたから

被害者が当初、加害者と遊ぶことを断り切れず、そのことを相談していた友人に知られたことで、友人が激怒して絶交宣言。

これにより、被害者はクラスで権力を持つ加害者4人に完全に標的とされ、他の生徒も加害者を恐れて被害者と関わらなくなった。

この孤立が、いじめのエスカレートを助長した。

詳しくみる ⇒参照元: 町田市小6女児いじめ自殺事件の加害者や校長とは?被害者の死因...

小学校書き込み削除事件の校長弁明が虚偽

加害生徒の書き込みが削除された理由は?

ハッキング

被害者遺族に対し、五十嵐俊子校長はタブレット端末の書き込みがハッキングにより削除されたと説明していた。

しかし、プレジデントオンラインの取材により、この小学校ではタブレット端末のパスワードが生徒全員共通で、誰でもログインして書き込みを消すことが可能だったことが判明している。

詳しくみる ⇒参照元: 町田市小6女児いじめ自殺事件の加害者や校長とは?被害者の死因...

広田中学校いじめ加害者のその後

広田中学校のいじめ加害者の処遇は?

転校

広田中学校のいじめ加害者に関する情報はプライバシー保護のため公表されていない。

しかし、関係者によると、加害者全員が別の学校に転校したという。

また、一人の加害者は問題発覚直後に自殺したとの情報もある。

詳しくみる ⇒参照元: 悪質いじめ「僕は"実名・顔出し"で闘う」

イジメ認定、加害生徒7人特定

イジメ認定された加害生徒は何人?

7人

旭川市の中学生・爽彩さんがイジメを受けて亡くなった事件で、第三者委員会による調査の結果、イジメの事実が認定され、加害生徒7人が特定されました。

この7人は、爽彩さんの通っていたY中学校の2学年上のA子、B男、F男、G男と、近隣のZ中学校に通うC男、D子、E子です。

この認定を受けて、旭川市教育委員会は遺族に謝罪し、今津寛介市長は遺族の心情に寄り添った対応を要望しています。

詳しくみる ⇒参照元: 《旭川14歳少女凍死》加害生徒の父親が初めて語ったイジメ事件...

旭川市女子生徒死亡事件:遺族が生徒の名前と写真を公表

亡くなった女子生徒の名前は?

廣瀬爽彩

北海道・旭川市でいじめの疑いのある女子生徒が遺体で発見された。

遺族が遺体の名前と写真を公表し、真実を求めている。

遺族は「爽彩さん(当時14歳)」という女子生徒の名前と、中学校入学時の写真を公表した。

旭川市教育委員会は、いじめが疑われる「重大事態」として調査を進めている。

詳しくみる ⇒参照元: 旭川"いじめの疑い"遺族が実名と写真公表...