Academic Box Logo

皇族の秘密の性事情:監視下のセックス、性処理、夜の営みとは?

ライターのYUKOです。皇族の秘密の性事情に関する記事を以下に紹介します。

皇族の性事情:噂の真相

皇族の性知識はどのように得られている?

家庭内教育や経験

皇族の性知識は、家庭内教育や経験を通じて得られる。

皇族は一般の人とは異なり、性知識に関する情報が限られているため、家族からの教育や自身の経験が重要な役割を果たす。

また、伝統や慣習も影響を与え、性行為に関する一定のルールや手順が存在する可能性がある。

こうした知識は、皇族が性に関する正しい理解を持ち、適切な行動をとるために不可欠である。

詳しくみる ⇒参照元: 皇族の性事情まとめ!天皇は監視されながらセックスするって本当...

皇族の性に関する知識とルール

皇族の性に関する知識やルールはどのように伝えられている?

口頭で代々伝えられる

皇族は、性に関する知識やルールを口頭で代々受け継いでいるとされている。

具体的な教え方は不明だが、親から子に伝えられる可能性が高い。

また、巫女と呼ばれるサポート役がおり、性知識の伝達や、実際に体験させる儀式を行っているという噂がある。

この儀式の内容は驚くべきもので、後述する予定。

詳しくみる ⇒参照元: 皇族の性事情まとめ!天皇は監視されながらセックスするって本当...

皇族の性生活における巫女の役割

皇族が従事する巫女の専門分野は?

筆おろしの儀式

皇室に仕える巫女の中でも、筆おろしの儀式を専門とする巫女は、その技能に優れていると言われています。

この儀式は皇族の性生活に密接に関わっており、種散之儀として知られています。

種散之儀では、皇族は昼間に希望する相手の名前を挙げます。

侍従がその相手が実在しない場合は、「そのような方はいらっしゃいません」と返答します。

皇族は「もうよい、下がれ」と命じ、侍従はアニメ会社に連絡して屏風を用意します。

夜になると、侍従は皇族の部屋の戸を叩き、皇族を屏風が設置された別室に案内します。

この部屋にはセックスのための設備も整っており、侍従は「なんとか連れてまいりましたが、私どもが呼びかけても屏風のなかから出てきませんので、あとはご自分でお呼び出しください」と伝えます。

その後、皇族は自慰を行い、終了後は侍従を呼び出して「屏風のなかに戻られた」と伝えます。

詳しくみる ⇒参照元: Google