Academic Box Logo

進撃の巨人の実写化がひどい理由を徹底分析!原作との違いやキャスト、評価の低さとは

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、「進撃の巨人の実写化がひどい理由」について徹底分析していきたいと思います。

進撃の巨人の実写映画あらすじ

壁の穴を塞ぐために使われたアイテムは?

不発弾

『進撃の巨人』の実写映画は、前編と後編の2部構成で2015年に公開された。

前編では、突如出現した謎の巨人が人類を襲い、人類は壁の中で暮らすことを余儀なくされる。

壁外調査中に壁に穴が開き、エレンたちは爆弾で穴を修復する任務を負う。

後編では、生存者たちは巨大化したエレンの処遇を検討していたが、エレンは第二の巨人につれ去られてしまう。

ハンジたちは不発弾を使って壁の穴を塞ぐ計画を立て、エレンはシキシマに助けられ巨人の正体を知るが、2人は対立してしまう。

原作漫画とは異なるストーリーが展開されている。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写版映画がひどい?原作との違い・キャストや評価...

実写版『進撃の 巨人』: 批判の理由とリヴァイ不在の理由

実写版『進撃の 巨人』において、なぜリヴァイは登場しないの?

制作陣がリヴァイのビジュアルを上手く表現できなかったため

2015年に公開された実写映画『進撃の 巨人』は、キャラクターの配役が原作と大きく異なることや、巨人のビジュアルや戦闘シーンが違和感があるとして批判を受けました。

制作陣は、リヴァイの独特なビジュアルを上手く実写化できなかったため、登場させなかったとされています。

さらに、原作に登場する多種多様の人種を表現することが困難で、それがキャラクターの違和感につながったと考えられています。

また、巨人のビジュアルが原作とは異なるリアルなものになったことや、戦闘シーンが特撮のような演出になったことも批判の対象となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 『進撃の巨人』実写キャスト比較|ひどいと言われる理由やリヴァ...

「進撃の巨人」実写化批判の理由

実写版「進撃の巨人」に対する批判の原因は?

世界観、特殊効果、キャスト選定、ストーリー変更

「進撃の巨人」の実写化は、その独特の世界観と複雑なストーリーラインを限られた時間で表現することが困難だった。

また、特殊効果の限界やキャラクターの再現性の問題、原作から逸脱したキャスト選定、ストーリーの変更や省略などが、ファンの失望や批判を引き起こした。

原作への忠実さを重視するファンや、原作の深い世界観やキャラクター関係を期待していた視聴者にとって、実写版は満足いくものではなかった。

さらに、実写化に伴う過剰な期待値も、批判の一因となった。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写がひどいとの声多数!キャストやストーリーの裏...

実写版『進撃の巨人』炎上騒動の真相

実写版『進撃の巨人』が酷評を受けている理由は何ですか?

内容に対する拒否反応が強いことと、スタッフのコメントが多いこと

実写版『進撃の巨人』は酷評されており、主な批判点は原作の大幅な改変です。

スタッフはこれを説明するために裏話を明かしましたが、これが批判にさらされています。

脚本を書いた町山智浩氏が公開後に製作の舞台裏を告白したことが、事態を悪化させました。

詳しくみる ⇒参照元: 町山智浩は実写版『進撃の巨人』をどのように評価しているのか?

ミカサ・アッカーマンの知られざる故郷

ミカサ・アッカーマンの故郷は?

東洋

実写版『進撃の巨人』のヒロイン、ミカサ・アッカーマンは原作とは異なり、東洋人ではなく、東洋人がメインの世界観となっている。

この変更により、実写映画では原作とは異なるキャラクターやストーリーが描かれている。

ミカサ・アッカーマンは、エレンの幼馴染で、人買いに両親を殺されそうになっていたところをエレンに助けられた過去を持つ。

クールで物静かな性格だが、エレンが絡むと豹変する。

実写版では、腹筋が割れているという特徴も追加されている。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】実写版のミカサ・アッカーマン役は水原希子!評価...

『進撃の巨人』実写版映画の課題:立体機動装置

実写映画『進撃の巨人』で批判の対象となっている重要なアイテムは何ですか?

立体機動装置

実写映画『進撃の巨人』は、立体機動装置の描写が不十分であるとして批判されています。

観客は迫力のなさと、背景との不調和を指摘しており、ストーリーのリズムも損なわれているようです。

立体機動装置は作品の醍醐味であるにもかかわらず、期待外れな出来栄えとなってしまったことが、映画の評価の低さの一因となっていると考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写版映画がひどい?原作との違い・キャストや評価...

実写版「進撃の巨人」: ミカサとエレンの関係性変更でファン激怒

ミカサ・アッカーマンが実写版で批判された理由は何?

エレンとの関係性の変更

実写版「進撃の巨人」では、ミカサ・アッカーマンとエレン・イェーガーの関係性が原作と大きく異なり、ファンの間で批判を浴びた。

特に、ミカサがエレン以外の男性とも関係を持つ設定が問題視された。

また、ミカサとエレンのキスシーンが公開前に流出されたことも、ファンの不満を募らせた。

実写版の他のキャストには、エレン役の三浦春馬、ハンジ役の石原さとみが名を連ねた。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】実写版のミカサ・アッカーマン役は水原希子!評価...

実写版進撃の巨人:樋口監督の演出の特徴

進撃の巨人の実写化において、樋口監督の演出方法の特徴は?

疑問を感じるシーンが多い

進撃の巨人の実写化では、原作者の希望で漫画とは異なる内容となっている。

映画作りでは、役者の都合や要望が優先され、特に漫画やアニメの実写版では、役者ありきで企画されることが多い。

樋口監督の演出は「その表現、合ってるの?

」と疑問に思うシーンが多い。

例えば、リヴァイ兵長の代わりに登場するシキシマの不自然な芝居や、意味ありげなリンゴの描写などが挙げられる。

樋口監督は当初から巨人と立体機動の2つにしか興味がなく、他の要素についてはあまり関心がなかった。

詳しくみる ⇒参照元: どうしてこうなった?実写版『進撃の巨人』を検証してみる

「進撃の巨人」実写版の謎解き

巨人が普通のおっさんである理由とは?

「作られた存在への安心感」を避けるため

『進撃の巨人』の実写版では、巨人が原作のように奇怪な生物ではなく、ほとんど普通の人間が演じています。

これは、原作者の諫山創氏が、「巨人をモンスター化すると、安心感につながる」と懸念したためです。

そのため、人間のフォルムを活かした表現が採用されました。

また、映画監督の井口昇が巨人の役で出演したことも、町山智浩氏が驚いたポイントとして挙げられています。

詳しくみる ⇒参照元: 町山智浩は実写版『進撃の巨人』をどのように評価しているのか?

実写映画『進撃の巨人』の原作との違い

ミカサ・アッカーマンは実写映画の冒頭でどうなった?

巨人に襲われた

実写映画『進撃の巨人』では、原作と設定が異なり、ミカサ・アッカーマンが物語の冒頭で巨人に襲われてしまう。

原作では、エレンの母親が幼少期に亡くなる設定だが、実写映画ではミカサがその代わりとして巨人に襲われる。

この変更により、観客は原作との違いに違和感を持った。

また、原作では両親を殺されたミカサをエレンが助けるが、実写映画ではその設定も変更されており、エレンがミカサを死んだと思い込む展開になっている。

しかし、2年後にはエレンとミカサは再会を果たす。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写版映画がひどい?原作との違い・キャストや評価...

実写映画『進撃の巨人』の原作とのキャラクターの違い

実写映画と原作で異なるキャラクターの特徴を教えてください

原作のミカサとは正反対で、明るく元気な性格。

実写映画『進撃の巨人』では、原作のミカサ・アッカーマンと大幅に異なるキャラクター設定がされています。

原作では寡黙でクールな性格ですが、実写映画では明るくて元気な女の子という設定になっています。

また、エレン・イェーガーも原作では熱血漢ですが、実写映画では臆病な青年という設定に変更されています。

さらに、人気キャラクターであるリヴァイ・アッカーマンは実写映画に登場せず、代わりに「シキシマ」というオリジナルキャラクターが登場します。

これらのキャラクターの違いが、原作ファンから「作品を冒涜された」と批判される一因となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の実写版映画がひどい?原作との違い・キャストや評価...

「進撃の巨人」実写版: リヴァイ兵長欠場の理由

「進撃の巨人」実写版に登場しなかったリヴァイ兵長の理由は何?

予算と他キャラクターへの影響

「進撃の巨人」実写版でリヴァイ兵長が登場しなかった理由は、複雑な撮影や編集が必要となり、制作費がかさむことが考えられます。

また、リヴァイの登場により、他のキャラクターの存在感が薄れてしまう可能性もあったと推測されます。

SNSでは実写版のストーリーやクオリティが酷評されており、田中卓志が巨人役として出演したことが話題となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 『進撃の巨人』実写キャスト比較|ひどいと言われる理由やリヴァ...