Academic Box Logo

大江慎也と結婚した嫁や子どもたちについて語ります。

ライターのYUKOです。大江慎也の結婚生活についてお話しします。

大江慎也の音楽活動再開の年

大江慎也は、いつ音楽活動を再開しましたか?

2003年

大江慎也は2000年に潰瘍性大腸炎と診断され、大腸を全摘出し、人工肛門を形成。

身体障害者手帳を交付され何度も入院と手術を繰り返していたため、活動を休止していました。

その後、2003年にルースターズ時代のメンバーにより構成されたバンド「ROCK’N’ROLL GYPSIES」の楽曲に作詞で参加し、音楽活動を再開しました。

彼らのライブのアンコールに飛び入り参加するなど表舞台に立つことも増え、2003年10月には自身を中心に元ザ・ロッカーズの鶴川仁美、小串謙一、元サンハウスの坂田紳一と共にバンド「UN」を結成しました。

詳しくみる ⇒参照元: 大江慎也の現在!結婚した嫁と子供・仕事や自宅もまとめ

ルースターズ再結成の理由

ルースターズ再結成のきっかけは何だったのか

年齢を重ねたことによる心境の変化

54歳のルースターズ大江慎也が、今まで言えなかったりやれなかったことが言えるようになったりできるようになったことから、やりたいことをやるべくルースターズを再結成。

詳しくみる ⇒参照元: 大江慎也(Rooftop2013年2月号)

大江慎也の現在まとめ

80年代に活躍したロックバンドのボーカル、大江慎也の現在について知りたい

音楽活動、自宅、結婚、離婚、嫁、子供など。

大江慎也は、80年代に活躍したロックバンド「ルースターズ」のボーカリストとして知られるミュージシャンです。

現在は、音楽活動を中心に、自宅で撮影された動画を公開したり、結婚や離婚、嫁、子供の情報も発信しています。

詳しくみる ⇒参照元: 大江慎也の現在!結婚した嫁と子供・仕事や自宅もまとめ

大江慎也の拠点

大江慎也は現在、どこを拠点に音楽活動を行っている?

福岡県

大江慎也は現在、福岡県を拠点に音楽活動を行っています。

2020年にブログで「福岡の自宅から執筆中」と記載しており、自宅映像の公開や、ラジオ番組での自宅での弾き語り披露も行っています。

大江慎也は9歳のときに両親が離婚し、母親と福岡の実家で生活していました。

音楽活動休止中は福岡の実家で母親と同居し、復帰後も福岡県に自宅を構えていると推測されます。

詳しくみる ⇒参照元: 大江慎也の現在!結婚した嫁と子供・仕事や自宅もまとめ

大江慎也の幼少期

大江慎也の本名は?

上野慎也

大江慎也は、1958年9月30日に福岡県北九州市若松区で、上野慎也として生まれた。

9歳の時に両親が離婚し、母方の籍に入り、大江慎也となった。

彼の母親は教員として働き、慎也は優秀な生徒で人気者だった。

しかし、両親の離婚により苗字が変わったことがきっかけでいじめを受けるようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 大江慎也

大江慎也、音楽活動再開の軌跡

大江慎也にとって音楽活動を再開するきっかけとなった出来事は?

ルースターズの未発表音源CDの発売

伝説的なロックバンド、ザ・ルースターズの元ボーカル大江慎也が、14年ぶりにニューアルバムをリリースする。

大江は1991年から音楽活動を停止していたが、昨年10月に新バンド「UN」を結成し、アルバムの発売に至った。

音楽活動を再開するきっかけとなったのは、昨年に発売されたルースターズの未発表音源CD「BASEMENT TAPES」であり、それを記念したトークイベントで、大江が地元福岡で音楽活動を開始しているという情報が話題になったことだった。

大江は、表現することに誠実なアーティストとして知られ、その姿勢は時に過酷な犠牲を伴うこともあったという。

詳しくみる ⇒参照元: 【復刻インタビュー】UN 大江慎也(2004年10月号)- ...

アーティスト印税不払い問題

ジェニカミュージックがアーティスト印税を支払わない理由は?

ペーパーカンパニー化

ルースターズの元メンバーが所属するジェニカミュージックは、アーティスト印税をメンバーに支払っていない。

レコード会社はジェニカミュージックに支払っているが、ジェニカミュージックがペーパーカンパニー化して親族で経営しているため、アーティストに印税が入らない状態が続いている。

サブスクリプションサービスも利用できない。

メンバーは印税を受け取れていないが、裁判を起こす余裕もない。

ジェニカミュージックの担当者は印税を要求しているが、レコード会社はすでに支払っている。

詳しくみる ⇒参照元: Oe Wrote 2021

大江慎也の音楽活動再開とUN結成

大江慎也が音楽活動を再開したのはいつ頃か?

2003年の夏頃

2003年夏のロックンロール・ジプシーズのアルバムへの歌詞提供がきっかけとなり、大江慎也が音楽活動を再開した。

その後、ライヴへの飛び入り参加や地元ミュージシャンとの共演を経て、同年10月に鶴川仁美、小串謙一、坂田紳一らとバンド「UN」を結成。

UNは順調にライヴ・パフォーマンスを披露し、音楽業界やロック・ファンに衝撃を与えた。

UNは伝説的バンドのメンバーが集結したバンドだったが、過去の栄光に頼るのではなく、全く新しいオルタナティヴなサウンドを提示した。

詳しくみる ⇒参照元: 【復刻インタビュー】UN 大江慎也(2004年10月号)- ...