Academic Box Logo

NHKドラマ10「大奥」シーズン2 キャスト&相関図がついに解禁!新キャスト発表&豪華キャスト勢ぞろい

NHKドラマ10「大奥」シーズン2 キャスト&相関図がついに解禁!新キャスト発表&豪華キャスト勢ぞろい
📘 この記事で分かる事!

💡 「医療編」では、謎の疫病「赤面疱瘡」の治療法を求めて奔走する若き医師たちの姿が描かれます。彼らは、それぞれが持つ知識と技術を駆使して、この難病に立ち向かっていきます。

💡 「幕末編」では、徳川家光の時代から幕末・大政奉還までを描いた「大奥」の世界が展開されます。激動の時代の中で、将軍家やその側近たちが繰り広げる権力闘争や人間模様が描かれ、壮大なスケールで「大奥」の歴史が明らかにされていきます。

💡 NHKドラマ10「大奥」シーズン2には、鈴木杏さん、玉置玲央さん、村雨辰剛さん、岡本圭人さん、中村蒼さん、蓮佛美沙子さん、安達祐実さん、松下奈緒さん、仲間由紀恵さんら豪華キャスト陣が出演します。彼ら彼女らの迫真の演技に期待が高まります。

それでは、NHKドラマ10「大奥」シーズン2について、詳しく見ていきましょう!「医療編」では、謎の疫病「赤面疱瘡」の撲滅を目指す若き医師たちの奮闘が描かれます。一方、「幕末編」では、徳川家光の時代から幕末・大政奉還までを描いた「大奥」の世界が展開されます。豪華キャスト陣が出演しており、注目が集まっています。

NHKドラマ10「大奥」シーズン2 放送決定!

「医療編」には、主に若き医師たちが登場します。謎の疫病「赤面疱瘡」の撲滅に奔走する彼らの姿に注目です。平賀源内(鈴木杏)は、本草学者でありながら男装して遊学し、蘭学の知識を身につけた女性医師です。青沼(村雨辰剛)は、オランダ人と丸山遊女の間に生まれた蘭方医で、蘭学の講義を行い、赤面疱瘡の治療法を研究しています。黒木(玉置玲央)は、お三の間で奉公していた若者で、青沼の講義を受けるようになります。

🔖 関連記事の要約!大奥 シーズン2」<医療編>新キャスト6人発表 10月3日スタート – 美術展ナビ

公開日:2023/09/15

大奥 シーズン2」<医療編>新キャスト6人発表 10月3日スタート – 美術展ナビ

✅ NHKドラマ10「大奥」シーズン2の医療編に、新キャスト6名が発表されました。彼らは、難病「赤面疱瘡」の克服を目指す人々を演じます。新キャストには、大奥の御半下で青沼の講義を受ける僖助役の新名基浩さん、10代将軍・徳川家治役の高田夏帆さん、家治の御台所・五十宮役の趙珉和さん、青沼ら講義メンバーを快く思わないお中臈の松方役の前田公輝さん、12代将軍・家斉の側室・お志賀の方役の佐津川愛美さん、幼少期の家斉の養育を担当した武女役の佐藤江梨子さんが名を連ねています。

✅ 医療編のあらすじでは、8代将軍・徳川吉宗の遺志を継いだ若き医師たちが、理不尽な権力や悪にも抗いながら、「赤面疱瘡」の撲滅に奔走します。その結果、男子の数が回復し、150年ぶりに男将軍が誕生するまでの世へと紡がれていきます。しかし、世の舵を男が取るようになってから、世は再び乱れ始め、女将軍が復活していく展開が描かれます。

✅ シーズン2には医療編の他に幕末編もあり、古川雄大さん、愛希れいかさん、岸井ゆきのさん、福士蒼汰さんなどの豪華キャストが出演します。幕末編では、瀧山役の古川雄大さん、徳川家定役の愛希れいかさん、阿部正弘役の瀧内公美さん、和宮役の岸井ゆきのさん、徳川家茂役の志田彩良さん、天璋院・胤篤役の福士蒼汰さんらが、幕末の動乱の中で繰り広げられる人間ドラマを演じます。

さらに読む ⇒美術展ナビ美術展ナビ出典/画像元: https://artexhibition.jp/topics/news/20230915-AEJ1590427/

「大奥」シーズン2の医療編は、若き医師たちが、謎の疫病「赤面疱瘡」の撲滅を目指して奮闘する姿を描いた、ハラハラドキドキのヒューマンメディカル時代劇です。彼らの熱き戦いに注目してください!

2023年秋放送予定のNHKドラマ10「大奥」シーズン2の相関図とキャストが発表されました。「医療編(前編)」では、謎の疫病「赤面疱瘡」の撲滅に奔走する若き医師たちの物語が展開されます。相関図には、本草学者で武家の跡を継がずに男装して遊学した平賀源内(鈴木杏)、オランダ人と丸山遊女の間に生まれ長崎で育った蘭方医の青沼(村雨辰剛)、蘭方医を集めて赤面疱瘡の撲滅に動く老中の田沼意次(松下奈緒)らが出演。一方、「幕末編(後編)」では、3代将軍・家光の時代から幕末・大政奉還までを描いた「大奥」の世界で繰り広げられるドラマが描かれます。キャストには、家斉の生母・一橋治済役を仲間由紀恵が、一橋治済の長男で男の将軍として就任するが実権は母に握られている徳川家斉役を中村蒼が演じます。放送開始日は10月3日(火)です。

うおー!めっちゃ豪華やん!見てみたいなあ。

おお!これは見逃せないね。録画しとかなきゃ。

へー、面白そうやねえ。時代劇ってあんまり見ないけど、ちょっと見てみようかしら。

狂気の権力者・一橋治済

仲間由紀恵さんが演じる一橋治済は、権力に執着し、冷酷非道な人物として描かれています。徳川家斉の生母であり、息子の将軍就任後も権力を握り続け、大奥を牛耳っています。

🔖 関連記事の要約!大奥』゛怪物゛一橋治済だけじゃない、仲間由紀恵のサイコパス演技が光る「ヤバ女」列伝(エンタメNEXT)
大奥』゛怪物゛一橋治済だけじゃない、仲間由紀恵のサイコパス演技が光る「ヤバ女」列伝(エンタメNEXT)

✅ 仲間由紀恵はNHKドラマ「大奥 Season2」で、権力に執着し冷酷非道な一橋治済を怪演し、話題を呼んだ。一橋治済は、息子・家斉を操り人形のように扱い、幼い頃から毒殺や暗殺を繰り返してきた悪女。仲間由紀恵は、治済の狂気的な面を時に妖艶に、時に冷酷に演じ分け、視聴者に強烈なインパクトを与えた。

✅ 仲間由紀恵はこれまでも「TRICK」シリーズの山田奈緒子役や「ごくせん」シリーズの山口久美子役など、前向きで明るい役柄を多く演じてきた。しかし、「大奥 Season2」の治済役はそれまでのイメージを覆す狂気的な悪役で、仲間由紀恵の新たな一面が垣間見えた。仲間由紀恵自身も「狂気的な面を持っていて、世の常識が通じない、とんでもない人」と治済を評しており、今まで演じたことのない役柄であることを強調している。

✅ 仲間由紀恵は「美しい隣人」のマイヤー沙希役や「サキ」のサキ役でもサイコパスな演技を披露している。マイヤー沙希は主人公の幸せを脅かす謎の美女で、当初は人懐っこい性格を装っていたが、徐々に本性を現し、主人公を貶めようと暗躍する。サキはマイヤー沙希を主人公に据えた続編で、母の死に関連した5人の男に対する復讐劇が描かれ、仲間由紀恵は彼らの心を崩しながら自死に追い込むという、前作超えの残忍な悪女ぶりを披露している。仲間由紀恵のサイコパスな演技は高い評価を得ており、今回の一橋治済役もその系譜に連なるものと言える。

さらに読む ⇒Yahoo!ニュースYahoo!ニュース出典/画像元: https://news.yahoo.co.jp/articles/cf06294a76a93663f6e12fb974f0a48c501dfa33

仲間由紀恵さんの怪演が光る「大奥」シーズン2。彼女の狂気的な演技に注目です!一橋治済の冷酷非道さと、息子・家斉に対する歪んだ愛情表現に戦慄してください。

仲間由紀恵が演じる一橋治済は、一見穏やかだが、冷淡で非道な権力の亡者。SNSでは「怖すぎる」「邪悪すぎる」と話題を呼びました。仲間由紀恵は治済を「狂気的な面を持っていて、世の常識が通じない、とんでもない人」と評し、理解しがたい人物であるため「どんな楽しみを先においてこの人は取りかかっているのかな……みたいな事を想像しながら演じました」と語っています。治済は当初穏やかな印象でしたが、徐々に本性を現し、仲間は監督と話し合いながら変化をつけて演じたと述べています。治済と息子・家斉の関係は歪で、治済は家斉を操り人形のように扱っています。仲間は家斉に同情しつつ、「権力を握るのは自分である」という治済の思いが強く、「家斉は息子なので、もちろんある種の愛情もあると思います。ただ、『そうそう、私の言う事をずっと聞いてなさい』というように、従順な子に育ててきていますので、家斉はとてもかわいそうではありますよね」と語っています。仲間は特に、「力を持ってからの、御台(茂姫/蓮佛美沙子)や定信とのやり取り」が印象に残っていると述べ、治済の狂気には熱意あふれる人物ですらかなわないとした。また、治済には感情がないため、相手がぶつけてくれる熱い気持ちに対して熱く返すことができないとし、「どうよけるかを考えながら演じるのは面白くもあり、難しくもありました」と語っています。仲間は治済を演じ切った心境について、「視聴者の皆さんからお叱りを受けるような役だとは思いますけれど。今まで演じたことのない、狂気的な役でした。子どもに、見られちゃいけない役だなと思いますけれど……私の意思ではなく、脚本と監督の演出通り演じることができたということを楽しんでいただけたらと思っています」と述べています。

まじで?仲間由紀恵って演技うまいもんね。絶対やばい演技しとるやろ。

やべえなこれ。絶対見るわ。仲間由紀恵さんの演技、楽しみすぎる。

わはは、仲間由紀恵ちゃんってば、ほんま女優魂がおありやね。

医療編の若き医師たち

「医療編」では、若き医師たちが、謎の疫病「赤面疱瘡」の撲滅を目指して奮闘します。彼らは、当時の最先端の医学知識を駆使して、治療法の確立に取り組みます。

🔖 関連記事の要約!鈴木杏゛平賀源内゛らが謎の疫病「赤面疱瘡」撲滅に向けて立ち上がる゛医療編゛が開幕<大奥 Season2>
鈴木杏゛平賀源内゛らが謎の疫病「赤面疱瘡」撲滅に向けて立ち上がる゛医療編゛が開幕<大奥 Season2>

✅ NHKドラマ「大奥 Season2」の医療編では、若き医師たちが謎の疫病「赤面疱瘡」の撲滅を目指して奔走します。8代将軍・徳川吉宗の遺志を継いだ平賀源内は、長崎で出島の蘭学の習得者を探し、そこで蘭方医・青沼と出会い、大奥に誘います。青沼は蘭学の講義を行い、赤面疱瘡の解明と治療法の確立を目指します。

✅ 本草学者・平賀源内は蘭方医・青沼を大奥に誘い、お三の間で奉公していた黒木が青沼の補佐を務めます。平賀源内は吉宗から赤面疱瘡の撲滅を託されており、青沼の蘭学の知識と経験を高く買って大奥に誘いました。黒木は当初は青沼の補佐を渋っていましたが、次第に青沼の熱意に感化されていきます。

✅ 医療編では、赤面疱瘡の解明と撲滅に向けた若き医師たちの奮闘と、大奥を取り巻く人間関係が描かれます。若き医師たちは、赤面疱瘡の謎を解き明かし、治療法を確立するために日々奮闘します。また、大奥では将軍家やその側近たちの思惑が渦巻き、若き医師たちの活動にも影響を与えていきます。

さらに読む ⇒WEBザテレビジョン | 芸能ニュース・テレビ番組情報・タレントプロフィール情報満載WEBザテレビジョン | 芸能ニュース・テレビ番組情報・タレントプロフィール情報満載出典/画像元: https://thetv.jp/news/detail/1159564/

赤面疱瘡撲滅に挑む若き医師たちの活躍に、目が離せません!彼らの熱い志と、難病に立ち向かう姿に感動すること間違いなしです。

「医療編」には、赤面疱瘡撲滅に奔走する若き医師たちが登場します。本草学者である平賀源内は、青沼を大奥に誘い、赤面疱瘡の解明に動き出します。青沼は蘭語に精通した医師で、蘭方医学の講義を行い、赤面疱瘡撲滅を目指します。また、お三の間で奉公していた黒木は、青沼の補佐を務めることになります。ほかにも、御針子の伊兵衛や、青沼に助けを求めたことをきっかけに講義を受ける御半下の僖助などが出演します。

へえ、お医者さんの話なんや。ちょっと難しそうやけど、見てみるわ。

お、これって史実ベースの話なんか?面白そうやん。

わしは時代劇ってあんまり見んのやけど、お医者さんの話ならちょっと興味あるわ。

話題を呼んだ第14話

第14話では、仲間由紀恵さん演じる一橋治済の狂気が描かれ、視聴者から恐怖の声が続出しました。家斉の裏の顔を知った治済は、人痘の復活を懇願する家斉を前に、冷酷な本性を露わにします。

🔖 関連記事の要約!治済゛仲間由紀恵に「100億満点の怪演」と絶賛の声…「大奥」14話

公開日:2023/10/25

治済゛仲間由紀恵に「100億満点の怪演」と絶賛の声…「大奥」14話

✅ NHKドラマ「大奥」シーズン2の第14話では、仲間由紀恵演じる一橋治済の狂気が描かれ、視聴者から恐怖の声が続出している。治済は、息子・家斉を将軍にするために人痘接種を受けさせたものの、その後は赤面疱瘡の治療法を見つけた医師たちを排除し、人痘を中止していた。しかし、家斉の子供たちが次々と不審死を遂げたことで家斉は治済の仕業を疑い、人痘の復活を懇願する展開が描かれた。治済の冷酷非情さと狂気に満ちた演技に、視聴者は「怖くて眠気が飛びました」「人と思わない怪物」と戦慄している。

✅ 治済が裏の顔を知った息子・家斉が人痘の復活を懇願する展開や、松平定信役の安達祐実の演技も話題を呼んでいる。家斉は、治済の仕業を疑いつつも、人痘の復活を懇願する複雑な心情を繊細に表現した。また、安達祐実演じる松平定信は、治済に反発する強い意志を秘めながらも、その立場ゆえに表には出せない歯がゆさを目の演技で表現し、視聴者から「涙が出そうで出ないうるみ」「力のある目」と絶賛されている。

✅ 出演者たちの演技合戦が絶賛されており、SNSには「100点満点中100億満点の怪演」「力のある目」といったコメントが寄せられている。仲間由紀恵の一橋治済役をはじめ、中村蒼の家斉役、安達祐実の松平定信役、蓮佛美沙子の御台役、玉置玲央の黒木役、岡本圭人の伊兵衛役、鈴木杏の平賀源内役など、各キャストがキャラクターに命を吹き込み、息詰まる演技バトルを繰り広げている。視聴者は「みんなあのよしながふみ大奥の登場人物」と絶賛し、その完成度の高さに感嘆している。

さらに読む ⇒シネマカフェ cinemacafe.netシネマカフェ cinemacafe.net出典/画像元: https://www.cinemacafe.net/article/2023/10/25/88152.html

一橋治済の狂気が炸裂!仲間由紀恵さんの迫真の演技に戦慄せよ!第14話は、治済の狂気が最も顕著に表れる回です。彼女の怪演に注目してください。

NHKドラマ「大奥」シーズン2の第14話が放送されると、仲間由紀恵演じる一橋治済の狂気に恐怖する声が続出しました。この回では、家斉が治済の裏の顔を知り、人痘を復活させるよう懇願する展開が描かれました。また、松平定信役の安達祐実の演技も話題となり、「目の演技が涙が出そうで出ないあのうるみ、力のある目すごかったわー」と称賛されています。

まじで?仲間由紀恵って演技うまいもんね。絶対やばい演技しとるやろ。

やべえなこれ。絶対見るわ。仲間由紀恵さんの演技、楽しみすぎる。

わはは、仲間由紀恵ちゃんってば、ほんま女優魂がおありやね。

医療編の相関図公開

「医療編」には、高嶋政伸さん、木村了さん、中川翼さん、味方良介さん、高木渉さん、津田健次郎さんら豪華キャストが出演します。彼らは、徳川家慶や胤篤、瀧山など、重要な役どころを演じます。

🔖 関連記事の要約!NHKドラマ「大奥」医療編に高嶋政伸・木村了・味方良介ら、津田健次郎は井伊直弼に(コメントあり)
NHKドラマ「大奥」医療編に高嶋政伸・木村了・味方良介ら、津田健次郎は井伊直弼に(コメントあり)

✅ NHKドラマ「大奥」シーズン2の医療編に、高嶋政伸、木村了、中川翼、味方良介、高木渉、津田健次郎が出演することが発表されました。高嶋政伸は、徳川吉宗の孫で、12代将軍となる徳川家慶を演じます。木村了は、徳川家慶の側近である胤篤付きの中臈・中澤を演じ、中川翼は、瀧山付きの部屋子・仲野を演じます。また、勝義邦 / 海舟役には味方良介が、老中首座・堀田正睦役には高木渉が、井伊直弼役には津田健次郎がキャスティングされました。

✅ 医療編には、平賀源内役の鈴木杏、黒木役の玉置玲央、青沼役の村雨辰剛、伊兵衛役の岡本圭人、徳川家斉役の中村蒼、御台・茂姫役の蓮佛美沙子、松平定信役の安達祐実、田沼意次役の松下奈緒、一橋治済役の仲間由紀恵らが出演しています。高嶋政伸、木村了、中川翼、味方良介、高木渉、津田健次郎の加入により、医療編のキャスト陣はさらに豪華になり、物語に厚みが増すことが期待されます。

✅ 医療編は、謎の疫病「赤面疱瘡」の撲滅に奔走する若き医師たちの奮闘を描いています。平賀源内は本草学者で、青沼はオランダ人と丸山遊女の間に生まれた蘭方医です。田沼意次は老中で、徳川吉宗の遺志を継いで赤面疱瘡の撲滅に取り組んでいます。黒木は、お三の間で奉公していた若者で、青沼の補佐を務めています。松平定信は、吉宗の娘婿で、後に老中首座となり、赤面疱瘡の撲滅に協力します。伊兵衛は、呉服の間の御針子で、青沼の講義を受けるようになります。一橋治済は、家斉の生母で、権力欲の強い女性です。

さらに読む ⇒ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイトナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト出典/画像元: https://natalie.mu/stage/news/546204

豪華キャスト陣が集結!「大奥」シーズン2の「医療編」に期待が高まります!彼らの演技に注目して、壮大な「大奥」の世界に浸ってください。

NHKドラマ「大奥」シーズン2の医療編相関図が公開されました。相関図には、平賀源内、青沼、田沼意次、黒木、松平定信、伊兵衛、一橋治済、僖助、徳川家治の9名が登場しています。キャラクターの関係性が紹介されていますが、伏せられている「?」表記の部分もあり、今後の展開に期待が集まっています。

うおー!めっちゃ豪華やん!見てみたいなあ。

おお!これは見逃せないね。録画しとかなきゃ。

へー、面白そうやねえ。時代劇ってあんまり見ないけど、ちょっと見てみようかしら。

以上、「大奥」シーズン2についてお伝えしました。豪華キャスト陣による迫真の演技と壮大なストーリー展開に期待が高まります!ぜひ放送をお楽しみに!

🚩 結論!

💡 「医療編」では、若き医師たちの奮闘を通して、当時の最先端医学や人々の暮らしぶりが描かれます。

💡 「幕末編」では、徳川家光の時代から幕末・大政奉還までを描いた「大奥」の世界が壮大なスケールで展開されます。

💡 豪華キャスト陣が出演しており、彼ら彼女らの演技に注目です。