Academic Box Logo

コレコレ収益公開?収益化の謎に迫る!YouTubeの収益構造とは!!?

コレコレ収益公開?収益化の謎に迫る!YouTubeの収益構造とは!!?
📘 この記事で分かる事!

💡 コレコレさんのYouTube収益は、月収300万円以上とされています。

💡 YouTuberの収益源は、広告収入・スーパーチャット・企業案件・グッズ販売など多岐にわたります。

💡 YouTubeでは収益化の条件を満たす必要があります。

それでは、コレコレさんを例に、YouTuberの収益について見ていきましょう。

コレコレのYouTube収益公開

コレコレさんのYouTube収益公開は、他のYouTuberの収益にも注目が集まりました。

🔖 関連記事の要約!YouTubeで登録者数300万人弱の有名チャンネルの収益実態はこんな感じ、レゴ作品を投稿し続けた場合の年収は?
YouTubeで登録者数300万人弱の有名チャンネルの収益実態はこんな感じ、レゴ作品を投稿し続けた場合の年収は?

✅ Brick Experiment Channelは、2018年6月から2022年10月までの期間に、YouTube広告とYouTube Premiumから総収益約8684万円を得ており、月収は約163万円になります。なお、同チャンネルではスーパーチャットによる収益は一切受け取っていません。経費は約397万円で、収益のおよそ5%相当となっています。

✅ レゴ関連チャンネルを100以上調査した結果、平均的なチャンネルは運営歴が約9年、登録者数が約47万人、動画本数が504本、視聴回数が2億800万回であることがわかりました。また、動画のアップロード頻度は週に1回程度で、平均再生回数は約41万回、RPMはBrick Experiment Channelと同様の約123円、月間広告収入は約23万円となっています。ただし、Brick Experiment Channelは「レゴ動画を継続的に公開していても、登録者数や再生回数が伸びないクリエイターは多い」と指摘しています。

✅ Brick Experiment Channelが公開した動画の高評価率と再生回数の関係を示したグラフによると、再生回数が多い動画ほど低評価率が高くなる傾向があることがうかがえます。これは、再生回数が多い動画はより多くの人に視聴されており、その中には低評価を付ける人もいるためと考えられます。

さらに読む ⇒GIGAZINE(ギガジン)GIGAZINE(ギガジン)出典/画像元: https://gigazine.net/news/20230104-youtube-brick-experiment-channel-earnings/

コレコレさんのYouTube収益公開は、YouTubeの収益化ポリシーを見直すきっかけにもなりました。

人気ユーチューバーのコレコレ氏が、2019年のツイキャスのライブ配信で自身のYouTube収益を公開しました。それによると、公開当時の月収は300万円以上でした。この公開により、コレコレ氏のYoutuberとしての収益性が広く認知されることになりました。コレコレ氏は、自身のYouTube収益の少なさを強調しつつも、他のユーチューバーの収入がさらに多い可能性を示唆しています。

マジかよ!300万円ってどんだけ稼いでんの?

コレコレって結構儲けてるんじゃん!

あら、コレコレさんてば大金持ちね!

収益停止が収益公開のきっかけ

YouTube以外のプラットフォームでも、収益化の方法があります。

🔖 関連記事の要約!Vtuberの、YouTube以外の収益化方法集

公開日:2021/12/22

Vtuberの、YouTube以外の収益化方法集

✅ YouTube以外のプラットフォームでの収益化手段としては、投げ銭(スーパーチャットなど)、グッズ販売(アクリルスタンドやボイスなど)、スキル販売(動画編集やイラスト制作など)などが挙げられます。また、依頼を受けて商品やサービスを提供することも可能です。

✅ 広告収入以外の収益化方法としては、二次創作公認プログラム(Vtuberのイラストをファンが依頼した場合、Vtuberに手数料の一部が還元される仕組み)、アフィリエイト(Amazonなどの商品を紹介して購入されると紹介料が入る仕組み)、広告紹介(商品やサービスを紹介することで収益を得る方法)などがあります。

✅ Vtuberの収益化に専念することは推奨されません。なぜなら、活動の目的は人それぞれであり、収益化が必須ではないからです。収益化は、生活の選択肢を増やしたり、趣味を楽しく継続する理由の一つとして捉えるべきです。更新に義務感を感じて負担にならない範囲で、無理のない方法を試すことが望ましいです。

さらに読む ⇒西中ニシカのわーくすチャンネル西中ニシカのわーくすチャンネル出典/画像元: https://nnwarks.com/monetization/

Vtuberの収益化に専念することは推奨されていません。

コレコレ氏は収益公開のきっかけについて、YouTubeによる収益停止を挙げました。自身の無収入を証明するために収益データを公開したとのことです。また、コレコレ氏はYouTube以外にも、サブチャンネルやニコニコ動画などから収入を得ています。そのため、300万円の損失があっても生活に影響はなく、本人の書籍も発売予定です。

へぇ~、YouTube以外でも稼げるんや!

Vtuberって儲かるんかぁ?

あら、Vtuberさんて大変なんですねぇ。

コレコレの収入源、総資産、年収

コレコレさんの年収は約3000万円と推定されています。

🔖 関連記事の要約!2024最新】コレコレの年収は?内訳や収入源は?税金についても!
2024最新】コレコレの年収は?内訳や収入源は?税金についても!

✅ コレコレ氏の2024年の推定年収は約1億円で、主な収入源はYouTube広告収入、ツイキャスのメンバーシップによる有料配信、視聴者の投げ銭、月額ファンクラブサイトからの収入です。

✅ ニコニコ生放送時代(2009~2013年)は、動画再生回数や人気から年収は約5000万円と推定されています。ツイキャス時代(2013~2024年)は、サポーター数の増加やメンバーシップ配信の開始から、年収は約5000万円と推定されています。YouTube時代(2014~2024年)は、登録者数や動画の再生数から、年収は約3000万円と推定されています。

✅ コレコレ氏の総資産は約5億円と推定されており、2022年の収入が1億円だったとすると、税率45%から年間約4500万円の税金を支払っている可能性があります。

さらに読む ⇒ よかもん年収ネット よかもん年収ネット出典/画像元: https://higo-yokamon.jp/korekore/

コレコレさんの総資産は約1億円と推定されています。

コレコレ氏の主な収入源は、YouTube、TikTok、インスタグラム、独自ブランド、書籍の印税です。総資産は約1億円と推定されています。コレコレ氏の年収は約3000万円です。YouTubeの月収が300万円以上だった当時の登録者数は、90万人でした。

えぇ~すごい!年収3000万円ってうらやましい!

1億円も持ってるってマジかよ!

あら、コレコレさんってば億万長者じゃないの!

収益公開の波紋

YouTubeの収益化ポリシーでは、オリジナルで本物のコンテンツである必要があります。

🔖 関連記事の要約!YouTube のチャンネル収益化ポリシー
YouTube のチャンネル収益化ポリシー

✅ YouTubeの収益化ポリシーでは、収益化するコンテンツはオリジナルかつ本物である必要があります。これは、コンテンツがクリエイター自身によって作成され、他者のコンテンツを大量に借用していないことを意味します。また、コンテンツは繰り返しの多いコンテンツや再利用されたコンテンツであってはなりません。繰り返しの多いコンテンツは、コンテンツが類似していて、視聴者がチャンネル内の動画の違いを識別するのが難しい場合を指します。再利用されたコンテンツは、すでにYouTubeや他のオンラインソースに存在するコンテンツを再利用し、独自の解説、実質的な変更、教育やエンターテイメント上の価値が十分に付加されていないコンテンツです。さらに、収益化するコンテンツは、YouTubeのコミュニティガイドラインとAdSenseプログラムポリシーを遵守する必要があります。

✅ 再利用されたコンテンツは、クリエイターのものであることが明確に判断できないコンテンツと定義されます。YouTubeの審査担当者は、チャンネルのコンテンツを確認し、クリエイターがどのように発案、関与し、制作したかを把握します。コンテンツが再利用されたコンテンツとみなされるためには、クリエイターによる実質的な編集や価値の付与が十分に行われていない必要があります。元のコンテンツに対してコメントを追加したり、見解を述べたりするだけでは、再利用されたコンテンツにはなりません。

✅ YouTubeは、悪質な行為やユーザーや他のクリエイター、広告主に敬意を払わない行為に対しては、措置を講じます。このような行為には、危険な行為やものを粗末にすること、いじめ、不誠実な行い、他者への尊敬を欠く行為を奨励するコンテンツの作成、過度に商業的または販売促進目的のコンテンツの作成、教育的内容に見せかけるコンテンツの作成、理解を妨げるコンテンツの作成、扇情的または誤解を招くコンテンツの作成などが含まれます。また、クリエイターの責任に関するポリシーに違反した場合や、不正に入れたり、欺瞞行為を行ったりしてYouTubeの収益化機能を悪用した場合にも、措置が講じられる可能性があります。

さらに読む ⇒Google HelpGoogle Help出典/画像元: https://support.google.com/youtube/answer/1311392?hl=ja

YouTubeは、悪質な行為やユーザーに対する敬意を欠く行為に対しては措置を講じます。

コレコレ氏のYouTube収益公開は、自身の収益性を明らかにするだけでなく、他のユーチューバーの収入にも注目が集まるきっかけとなりました。また、収益停止が収益公開のきっかけとなったことは、収益に対するユーチューバーの依存度や、プラットフォーム側の収益化ポリシーの影響力を浮き彫りにしています。

へぇ~、YouTubeって結構厳しいんやなぁ。

コレコレさん炎上してたけど、YouTubeから何か言われたんか?

あら、YouTubeってば真面目なんねぇ。

インフルエンサーの収益モデルと世間の関心

インフルエンサーの主な収益源は、広告収入・スーパーチャット・企業案件です。

🔖 関連記事の要約!クリエーターはお金をどのように稼ぐのでしょうか?インフルエンサーが収益を生み出すルートは大きく3つあります。映像につく広告収益とスーパーチャット(後援金)、そして広告協賛です。広告協賛はクリエイターと..

公開日:2024/05/13

クリエーターはお金をどのように稼ぐのでしょうか?インフルエンサーが収益を生み出すルートは大きく3つあります。映像につく広告収益とスーパーチャット(後援金)、そして広告協賛です。広告協賛はクリエイターと..

✅ インフルエンサーの主な収益源は、動画に表示される広告からの広告収益、視聴者が動画配信者に直接送金できるスーパーチャット、企業やブランドとの広告協賛です。広告協賛は、クリエイターと企業間の個別契約を通じて行われ、製品の直接広告や、製品を自然に動画内に登場させるプロダクトプレイスメントなどの形態があります。

✅ インフルエンサーは、広告コンテンツの収益が動画自体の広告収益よりも大きい場合が多く、収益化には、クリエイターが積み上げたコンテンツの再生数やフォロワー数、ブランドと協業可能な尖っていて専門的なコンテンツが重要です。また、チャンネルに広告コンテンツが多すぎるとファンダムの忠誠度が落ちる可能性があるため、オーガニックコンテンツとブランドコンテンツのバランスを見つけることが大切です。

✅ インスタグラムは、ブランドとクリエイターをつなぐ「クリエイターマーケットプレイス」を導入し、TikTokやYouTubeはEコマース機能を強化しています。TikTokはライブコマースのTikTokショップを、YouTubeはライブコマースのショッピング機能を韓国で開始しました。これらのプラットフォームの収益化機会の拡大により、クリエイターは、広告コンテンツだけでなく、製品販売やブランドコラボレーションによる収益化も可能になっています。

さらに読む ⇒매일경제매일경제出典/画像元: https://www.mk.co.kr/jp/it/11014166

インスタグラムやTikTokなどのプラットフォームでは、Eコマース機能が強化されています。

コレコレ氏のケースは、ソーシャルメディアにおけるインフルエンサーの収益モデルや、オンライン上の収入に対する世間の関心の高まりを象徴しています。また、ユーチューバーが自身の収入を公開することで、業界の透明性が高まり、視聴者との信頼関係が構築される可能性があります。

へぇ~、インフルエンサーって儲かりそうやなぁ。

TikTokって買い物もできるんや!知らんかったわ。

あら、世の中便利になったもんですねぇ。

コレコレさんの収益公開によって、YouTuberの収益や収益化の仕組みについて多くの人が知ることになりました。

🚩 結論!

💡 YouTuberの収益は多岐にわたり、収益化の条件を満たす必要があります。

💡 YouTubeでは、オリジナルで本物のコンテンツであることが求められ、悪質な行為に対しては措置が講じられます。

💡 インフルエンサーの収益モデルは多様化しており、プラットフォームの機能強化によって収益化の機会が広がっています。