Academic Box Logo

¿英語のファミリーネームの秘密を暴け?その起源や由来を徹底解説英国人のラストネーム、その約半数はなんと地名由来だってさ!

¿英語のファミリーネームの秘密を暴け?その起源や由来を徹底解説英国人のラストネーム、その約半数はなんと地名由来だってさ!
📘 この記事で分かる事!

💡 - 英語の姓は、1066年のノルマン征服までは一般的ではなく、説明的な名前が用いられていました。16世紀以降の宗教改革を経て、姓の使用が一般化しました。

💡 - 英語圏での名前の表記は、基本的に名-姓の順で表記されます。ただし、学術論文や中国や韓国では姓-名の順が用いられる場合があります。また、イニシャルのみで表記される場合もあります。

💡 - 地理的姓は、居住地や土地を表す姓です。ノルマン人によってイギリスに導入されました。郡名、都市名、風景の特徴など、さまざまな場所が姓の由来になっています。

それでは、この記事では英語のファミリーネーム、つまり名字に関する情報を詳しくご説明いたします。英語圏での名前の表記方法や、その由来や歴史など、興味深い内容をたっぷりとお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

姓の起源

まずは、英語の姓の起源についてご説明します。英語の姓は、1066年のノルマン征服までは一般的ではありませんでした。それ以前は、説明的な名前が用いられていました。例えば、「鍛冶屋」を意味する「スミス」や、「仕立て屋」を意味する「テイラー」などです。16世紀以降の宗教改革を経て、姓の使用が一般化しました。

🔖 関連記事の要約!John Q. Public Did you know Q is a Latin word? : 字幕なしの英語聴き取り応援団
John Q. Public Did you know Q is a Latin word? : 字幕なしの英語聴き取り応援団

✅ 英語の姓は、1066年のノルマン征服までは一般的ではありませんでした。それまでは、説明的な名前が用いられていました。16世紀の宗教改革以降、姓の使用が一般化しました。

✅ 英語の姓の一般的な情報源は、父称、母称、職業、わかりやすい姓の4つがあります。父称姓は父親の名前に由来し、母称姓は母親の名前に由来します。職業姓は、職業や地位を表し、わかりやすい姓は、身体的特徴や性格を表します。

✅ 英語で「山田太郎」に相当する一般的な言い方は「John Q. Public」です。これは、John(一般的な男性名)、Q(ラテン語の「quisquam」に由来する「誰でも」という意味)、Public(一般の人々)を組み合わせたものです。

さらに読む ⇒字幕なしの英語聴き取り応援団字幕なしの英語聴き取り応援団出典/画像元: https://sttl.livedoor.blog/archives/30336309.html

へぇ、英語の姓って1066年までは一般的じゃなかったんですね。ふーん、勉強になるわぁ。名字がなかった時代なんて想像できないわ。

1066年のノルマン征服以前は、英語の姓は一般的ではありませんでした。その代わりに、説明的な名前が用いられていました。16世紀の宗教改革以降、姓の使用が一般化しました。

へぇー、知らんかったぁ。昔は説明的な名前やったんや。てっきり、最初からファミリーネームがあったと思ってたわ。

ほほー、英語の姓は1066年までは一般的じゃなかったとは。うんちくの一つとして覚えておこうかな。

あらあら、英語の姓って、1066年までは一般的じゃなかったんですってよ。そうなのよ、昔はもっと自由だったのよ、名前ってものがね。

姓の情報源

続いて、英語圏での名前の表記についてご説明します。英語圏では、基本的に名-姓の順で表記されます。これは、日本とは逆の順番ですね。例えば、「ジョン・スミス」という名前の場合、「ジョン」が名、「スミス」が姓となります。ただし、学術論文や中国や韓国では姓-名の順が用いられる場合があります。また、イニシャルのみで表記される場合もあります。

🔖 関連記事の要約!カンマや大文字はなぜ入る?英語圏での正しい名前の書き方を徹底解説
カンマや大文字はなぜ入る?英語圏での正しい名前の書き方を徹底解説

✅ 英語圏での名前の表記は、ファーストネーム(個人名)とラストネーム(名字)から構成され、ミドルネームを持つ場合もあります。ミドルネームは先祖の名前、母方の姓、自分の旧姓、憧れの人などから取られます。

✅ 英語で名前を書く際の基本的なルールは、ヘボン式ローマ字を用い、名-姓の順で表記することです。ヘボン式ローマ字は、日本語の音をアルファベットで表す方式で、パスポートや公的書類にも使用されています。

✅ 英語では名-姓順の表記が一般的ですが、学術論文や中国や韓国では姓-名順が用いられます。また、イニシャルのみで表記する場合もあり、原則として名-姓の順ですが、ピリオドの有無は任意です。

さらに読む ⇒オンライン英会話ならレアジョブ英会話 | 無料体験レッスン実施中オンライン英会話ならレアジョブ英会話 | 無料体験レッスン実施中出典/画像元: https://www.rarejob.com/englishlab/column/20210723_02/

ふむふむ、なるほどね。英語圏では名-姓順が基本なんだ。へぇー、意外とシンプルなんだな。

英語の姓の主な情報源は4つあります。父称姓、母称姓、職業姓、わかりやすい姓です。父称姓は父親の名前に由来し、母称姓は母親の名前に由来します。職業姓は、職業や地位を表し、わかりやすい姓は、身体的特徴や性格を表します。

へぇー、英語圏では名-姓順なんや。日本とは逆なんやなぁ。なんか新鮮な感じがするわぁ。

へー、英語圏では名-姓順なんだ。そっかぁ、それなら覚えやすいな。

あら、英語圏では名-姓順だって。そうなのよ、昔はね、日本も名-姓順だったのよ。でも今はもう、姓-名順になっちゃったのよね。

地理的姓

さらに、地理的姓についてもご説明します。地理的姓とは、居住地や土地を表す姓のことです。ノルマン人によってイギリスに導入されました。郡名、都市名、風景の特徴など、さまざまな場所が姓の由来になっています。例えば、「ロンドン」に住んでいた人が「ロンドン」という姓を名乗ったり、「テムズ川」のほとりに住んでいた人が「テムズ」という姓を名乗ったりしたそうです。

🔖 関連記事の要約!わが家のルーツが分かる!?「日本人の名字」をたどる魅力
わが家のルーツが分かる!?「日本人の名字」をたどる魅力

✅ 地理的姓は、居住地や土地を表す姓で、ノルマン人によってイギリスに導入されました。郡名、都市名、風景の特徴など、さまざまな場所が姓の由来になっています。

✅ 日本の名字のルーツを探るには、分布に着目するとよい。ある地域に特定の名字が多いのは、有名な一族が存在したとか、特別な地形に由来するとか、必ず理由があります。分布から歴史的背景を探ることで、名字の発祥が見えてきます。

✅ 藤原氏など朝廷の公家や武士が支配する地域の地名を名字として名乗ったのが、現在の名字の起源となりました。平安時代後期には、地方で武士が誕生し、自分の支配する地域の地名を名字として名乗りました。この名字は、後に農民階層にも広がっていきました。

さらに読む ⇒ 三菱地所のレジデンスクラブ【公式】 三菱地所のレジデンスクラブ【公式】出典/画像元: https://www.resiclub.com/explore/column/useful_for_living/enjoy/lifedesign/029

ほうほう、地理的姓ね。なるほどね。居住地や土地を表す姓なんだ。へぇー、面白いじゃない。

地理的姓は、居住地や土地を表します。ノルマン人によってイギリスに導入されました。郡名、都市名、風景の特徴など、さまざまな場所が姓の由来になっています。

へぇー、地理的姓ってあるんや。居住地とか土地を表すねんて。なんか、その土地に愛着がある感じがして、ええなぁと思うわ。

ほほー、地理的姓ね。そっかぁ、居住地や土地を表すんだ。なんか、その土地の歴史とか文化が反映されてそうで、興味深いなぁ。

あら、地理的姓って言うの?そうなのよ、昔はね、人々が住んでいる場所によって姓が決まったりしてたのよ。だから、その土地の歴史とかがわかっちゃうのよ。

英語のファミリーネームの紹介

最後に、英語のファミリーネームの紹介をご紹介いたします。このサイトでは、英語のファミリーネームをアルファベット順に一覧で紹介しています。アメリカで人気の苗字ランキングTOP100も掲載しています。各苗字には意味や由来、英語での発音があります。苗字によっては複数の意味や由来があります。ぜひ、ご自身のファミリーネームや気になる苗字を調べてみてください。

🔖 関連記事の要約!イギリスに多い苗字(ファミリーネーム)と意味・一覧表
イギリスに多い苗字(ファミリーネーム)と意味・一覧表

✅ イギリスでは、ブラウン(茶髪の人を指すニックネームに由来)、エバンズ(ウェールズ語でジョンを変化させた言葉に由来)、デイビーズ(ウェールズ語で父親との関係にまつわる言葉に由来)など、45000以上の苗字(ファミリーネーム)があります。

✅ イギリス人には、地名由来(50%)、関係性を示す言葉(23%、例:ジョンソンの「ジョンの息子」)、ニックネーム由来(19%、例:ブラウンの「茶色」)、職業由来(8%、例:スミスの「鍛冶屋」、テイラーの「仕立て屋」)の苗字が多いです。

✅ イギリス人の下の名前では、男性で多いのはジョージ、ハリー、ジャック、オリバーなど、女性で多いのはアメリア、リリー、オリビア、ソフィアなどがあります。

さらに読む ⇒留学の無料エージェント 留学スクエア|手続き完全無料で全国対応(広島)留学の無料エージェント 留学スクエア|手続き完全無料で全国対応(広島)出典/画像元: https://www.lieugaksquare.com/uk/info/names.php

なるほどね。英語のファミリーネームには、地名由来や職業由来のものが多いんだね。へぇー、面白いなぁ。

このサイトでは、英語のファミリーネームをアルファベット順に一覧で紹介しています。アメリカで人気の苗字ランキングTOP100も掲載しています。各苗字には意味や由来、英語での発音があります。苗字によっては複数の意味や由来があります。ご紹介しているのはその一例です。

へぇー、英語のファミリーネームって、地名由来とか職業由来が多いんや。なんか、その人のルーツがわかるみたいで、おもろいなぁ。

ほほー、英語のファミリーネームは地名由来とか職業由来が多いんだ。へぇー、そっかぁ。なんか、その土地の歴史とか文化が反映されてそうで、興味深いなぁ。

あら、英語のファミリーネームには、地名由来や職業由来のものが多いんですってよ。そうなのよ、昔はね、人々が住んでいる場所や仕事によって姓が決まったりしてたのよ。だから、その人のルーツとかがわかっちゃうのよ。

以上、英語のファミリーネームに関する情報を詳しくご説明いたしました。英語の姓の歴史や由来、表記方法など、興味深い内容が盛りだくさんでした。この記事を参考に、ぜひ英語のファミリーネームについてさらに深く理解していただければと思います。

🚩 結論!

💡 - 英語の姓の主な情報源は、父称姓、母称姓、職業姓、わかりやすい姓の4つです。父称姓は父親の名前に由来し、母称姓は母親の名前に由来します。職業姓は、職業や地位を表し、わかりやすい姓は、身体的特徴や性格を表します。

💡 - イギリス人の苗字には、地名由来(50%)、関係性を示す言葉(23%)、ニックネーム由来(19%)、職業由来(8%)のものが多いです。

💡 - 地理的姓は、居住地や土地を表す姓で、ノルマン人によってイギリスに導入されました。