Academic Box Logo

NHK訪問員が廃止に!受信契約はどうなる?

ライターのYUKOです。NHKの訪問員が廃止されるというニュースについてご紹介します。

居留守でNHKは来なくなる?

NHKの訪問を継続的に居留守にし続けた場合、最終的に訪問はなくなるのか?

来なくなる。

NHKの訪問は居留守を継続的に続けることで、最終的にほとんど来なくなる。

実際に一人暮らしを始めて10年ほどの間、間違えて出てしまった回数は4回ほど。

それ以降はNHKが来ても一度たりとも反応せず、居留守をずっと使い続けているが、NHKが来たことはない。

詳しくみる ⇒参照元: Nhkの訪問は居留守が有効?無視し続けると来なくなるのか試し...

受信料徴収の訪問廃止

NHK受信料の徴収を訪問以外の手段に切り替える理由は何?

コロナウィルスの影響

NHKは、新型コロナウィルスの影響により訪問に関する苦情が増加していること、受信料の契約や徴収を訪問以外の手段に切り替えることがあるようだ。

しかし、業務委託の訪問スタッフ全廃となれば接触機会は大幅に減るだろう。

この決定で大きな痛手を受けるのは「NHK集金人」の最大手といわれる「エヌリンクス」である。

詳しくみる ⇒参照元: NHK訪問営業は2023年9月に全廃へ、新たな徴収方法と成功...

NHK受信契約の断り方

NHKの受信契約を断る際、絶対に言ってはいけないNGなフレーズは何か?

「うちにはテレビがありません」

NHKは2023年秋にも原則、訪問員による受信契約の取り付けを廃止するとの方針を打ち出していますが、それでもまだ全国各地でNHKから委託された会社のスタッフが活動しています。

NHKの受信契約を断る際、絶対に言ってはいけないNGなフレーズは「うちにはテレビがありません」です。

NHKはテレビの有無に関わらず受信料を徴収しています。

NHKの受信料を支払いたくない場合は、受信料を支払わない旨を明確に伝える必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: NHKの断り方で訪問員(集金人)へ絶対にNGの一言とは

NHK集金人の訪問廃止で受信契約の取り付け方法が変更に

NHKの受信契約の取り付け方法はどのように変更されたのでしょうか?

巡回訪問から郵送等に変更

NHK集金人は受信契約を結んでいない家庭を訪問して契約を勧誘していましたが、その業務は近年外部委託が行われていました。

しかし、NHKは集金人による訪問を廃止し、郵送など別の方法に切り替える方針を打ち出しました。

この方針により、訪問スタッフの委託会社は大幅に減少しています。

訪問に来なくなったという声が相次いでいるのは、この方針によるものです。

詳しくみる ⇒参照元: NHK集金人(訪問員)廃止で来なくなったら受信契約が減少

NHK集金人廃止で衛星契約が減少

NHK集金人廃止方針は、衛星契約の増加にどのような影響を与えたのか

減少

NHK集金人廃止方針により、訪問員が来なくなったため、衛星契約数は前年9月と比較して7.7万件減少しました。

この減少は、地上契約から衛星契約への切り替えが想定ほど進まなかったことが原因とみられます。

NHKは、2022年度中に衛星契約を4万件増加させることを目指していましたが、この目標は達成されませんでした。

ただし、NHK集金人は廃止されず、2023年度以降は未払い受信料の徴収に特化して業務を継続する予定です。

そのため、NHK集金人は引き続き集金業務を担うことになります。

詳しくみる ⇒参照元: NHK集金人(訪問員)廃止で来なくなったら受信契約が減少

NHK受信契約数が急減、新たな営業方法への影響

NHKの受信契約数が急減している原因は?

営業方法の見直し

NHKの受信契約数は、4~9月の半年間で19万8,000件減少しました。

これは想定の約4倍のペースです。

NHKは戸別訪問による営業活動を縮小し、新たな営業方法に切り替えていますが、この影響で契約数が急減しています。

会長は、営業改革の過渡期であり、軌道に乗るまでには1、2年かかるとの見方を示しています。

また、NHKは受信料の支払率80%の維持を目標としていますが、現在は78.9%と目標を下回っています。

詳しくみる ⇒参照元: 戸別訪問"見直し"が影響?NHK受信契約...

NHK集金人廃止の進捗と影響

NHK集金人の訪問は完全に廃止されるのか

来年秋以降は廃止される予定

NHK集金人を廃止する方針が2023年秋には完了する予定で、これに伴い訪問による受信契約の勧誘はなくなる。

ただし、NHK会長の任期終了後に方針が変更される可能性があるため、完全な廃止が確実ではない。

現在、秋田県、山形県、福島県など16県ではすでに訪問による勧誘が行われていない。

詳しくみる ⇒参照元: NHK集金人(訪問員)廃止で来なくなったら受信契約が減少

NHK訪問員の現状と対処法

NHKの訪問員は完全に廃止されないのでしょうか?

されない

NHKの訪問員は2023年9月に外部委託業者の訪問が廃止されましたが、個人委託業者の地域スタッフによる訪問は継続されています。

NHK党の確認では、2024年以降も一部の訪問は残るようです。

今後の代替制度については検討中ですが、詳細は未定です。

しつこい訪問員への対処法としては、インターフォン越しで対応するか、ドアを閉めたまま玄関先で対応することが推奨されています。

詳しくみる ⇒参照元: NHKの訪問はまだ来るのはなぜ?しつこい受信料の勧誘はどう対...

NHK集金人廃止後の注意点

NHK集金人の廃止後も、受信契約なしでNHK-BSメッセージを消去した場合に心配事はありますか?

訪問スタッフが訪れる可能性

NHK集金人の廃止が決定しましたが、NHK受信契約を結んでいない場合、NHK-BSメッセージを消去すると、訪問スタッフが自宅に訪れる可能性があります。

これは、受信料の値下げが行われたとしても、訪問スタッフへの対応を心がける必要があることを意味します。

NHK受信料の契約種別は、地上契約と衛星契約の2種類があり、それぞれ月額の料金や前払いの料金が異なります。

詳しくみる ⇒参照元: NHK集金人(訪問員)廃止で来なくなったら受信契約が減少

NHK訪問員のしつこい理由

NHK訪問員がテレビがないのにしつこく受信料を求める理由は?

テレビを買う可能性があるから

NHK訪問員は、訪問する地域が広いため、一軒一軒に何度も足を運ぶ余裕がありません。

そのため、一人暮らしが多いアパートやマンションでは、契約率が低く、居留守を使う人も多いので、訪問を諦めることが早くなります。

ただし、不在の家に対する訪問回数は決まっておらず、3ヶ月~半年ほど訪問が続くと諦めることが多いようです。

また、居留守はNHK側にとって受信設備の有無を確認できないため、裁判にすることもできません。

NHK訪問員がしつこく受信料を求める理由は、テレビがない人でも将来テレビを購入する可能性があるためです。

NHK訪問員はノルマがあり、ノルマ達成のためにあらゆる理由をつけて受信料の契約を迫ってきます。

詳しくみる ⇒参照元: NHKの訪問はまだ来るのはなぜ?しつこい受信料の勧誘はどう対...

NHK訪問員撃退術

NHK訪問員がしつこく訪問してきた場合、どのように対応するのが適切ですか?

警察通報またはNHK党への電話連絡

NHK訪問員に対しては、受信料催促の言葉に惑わされず、はっきりと「受信料を支払わない」旨を伝えましょう。

また、しつこく帰らない場合は遠慮なく警察に通報するか、NHK党のコールセンター(03-3696-0750)に連絡しましょう。

放送法では、受信機器がある場合は受信契約を締結する義務があるとされていますので、「テレビがない」ではなく「NHKを見ない」とは言わないことが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: NHKの訪問はまだ来るのはなぜ?しつこい受信料の勧誘はどう対...

NHK訪問を完全に撃退する方法

NHKの訪問を完全に回避するにはどうすればよいか

「受信機器がない」と伝える

受信機器がないと明確に伝え、名刺をもらっておく。

それでも訪問が続く場合は放送局にクレームを入れる。

玄関にNHK撃退シールを貼る。

居留守を使うことで訪問回数は徐々に減っていく。

詳しくみる ⇒参照元: NHKの訪問はまだ来るのはなぜ?しつこい受信料の勧誘はどう対...

NHK集金人を撃退する:居留守の有効性

NHKの集金人を撃退するために居留守を使うのは効果的でしょうか?

ケースによる

NHK集金人の訪問を撃退する方法として、居留守が有効かどうかは状況によって異なります。

未契約の場合、テレビがないと嘘をつかれて訪問が終了する可能性があるため、居留守はあまり効果的ではありません。

一方、衛星契約済みの場合は、対面すれば交渉が強くなるため、居留守は有効な手段となり得ます。

ただし、居留守が長期間続くと、集金人が訪問しなくなる可能性もあります。

また、NHKの集金人は電気メーターの回転スピード、屋内の音、明かり、エアコンの音などを観察して居留守かどうかを確認しているため、バレる可能性があります。

居留守がバレると、面談に持ち込まれて契約に迫られる可能性があるため、対面した方が得策な場合もあります。

NHKの集金人を撃退するには、「来ても契約しない」と認識させることが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: NHKの訪問を居留守して無視し続けるとどうなるのでしょうか?

受信料制度に固執するNHK

NHKの受信料制度について、NHKはどのような姿勢を示していますか?

見直しを検討していない

海外で受信料撤廃の動きがある中、NHKは受信料制度の是非の見直しを検討していない。

また、受信料未払い時には2倍の割増金を課し、ネット受信料の導入に向けた準備も進めている。

詳しくみる ⇒参照元: 戸別訪問"見直し"が影響?NHK受信契約...