Academic Box Logo

ジャンプの漫画学校の炎上騒動が収まらず、漫画家志望者の間で波紋が広がる

ライターのMariaです。漫画学校を巡る炎上騒動について記事を書きました。

漫画家の未来を見据えた新たな学校

漫画家育成の新たな場所として、集英社がどのような学校を設立したか?

ジャンプの漫画学校

ジャンプの漫画学校は、集英社が設立した漫画家育成のための学校であり、週刊少年ジャンプ、ジャンプSQ.、少年ジャンプ+の編集者が漫画制作のノウハウを公開する講義を行っています。

漫画雑誌が時代に合わせて変化していくなか、漫画の未来を見据え、もっと漫画家の力になりたいという思いから設立され、2020年8月~2021年1月まで第1期の講座が行われました。

ジャンプ各誌や商業誌で将来大ヒットを狙う新人漫画家・漫画家志望者を対象に、ジャンプで活躍するプロ作家と、作品が生まれる過程を一番近くで見続けてきた編集者が講師を務めます。

講義では漫画制作に役立つ現場のノウハウを学んでもらい、さらに編集者との打ち合わせから雑誌掲載までの実制作を体験できる独自のカリキュラムを組んでいます。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画家育成の新たな場所を創りたい「ジャンプの漫画学校」|集英...

ジャンプ編集部が教えるキャラクターの重要性

ジャンプ編集部が漫画家の創作講座で伝えたかったこと

キャラクターの重要性

漫画家を対象とした創作講座「ジャンプの漫画学校」の第1期の全10回の講義より、一部を抜粋し、ブログで公開している。

その中で、第3編集部部次長・キャラクタービジネス室室長の浅田貴典氏が、「キャラクターがきちんとできている作品は、連載がすごく楽」と述べ、キャラクターの重要性を説いている。

浅田氏は、週刊連載は短いため、いいネームをできるだけ早く作る必要があり、キャラクターができていると、そこに状況や他キャラをぶつけるだけで話が生まれると説明。

また、「連載をキャラクターで回す」という考え方ができ上がると述べた。

詳しくみる ⇒参照元: ジャンプの漫画学校講義録①キャラクターの因数分解、およびキャ...

少年ジャンプの漫画学校で漫画の描き方を学ぼう

少年ジャンプの漫画学校で何を学ぶことができますか?

面白い漫画の描き方

少年ジャンプの漫画学校では、編集部やジャンプ連載作家が考えていることを知り、同じ志を持った仲間と共に学ぶことができます。

これにより、読者に読んでもらえる漫画を描くためのきっかけを得ることができます。

また、漫画家になりたい人のために面白い授業が用意されています。

詳しくみる ⇒参照元: 「ジャンプの漫画学校」第3期講師に赤坂アカ、内藤泰弘、矢吹健...

ジャンプの漫画学校で学ぶ漫画制作の基礎

ジャンプ編集部が開催する講座の内容は?

漫画家の創作講座「ジャンプの漫画学校」

「ジャンプの漫画学校」では、半世紀以上にわたり人気作品を輩出してきたジャンプの経験やノウハウを、漫画制作の一助としてクリエイターに提供しています。

講座の内容は、漫画の企画、キャラクターの作り方、ストーリーの展開方法など、漫画制作に必要なあらゆることを網羅しています。

詳しくみる ⇒参照元: ジャンプの漫画学校講義録②良い「企画」のために考えるべきt・...

漫画家へのアドバイス

アイデアをたくさん持つことはなぜ重要なのか?

採用される可能性が高まるから。

漫画家である稲垣理一郎は、編集者から「面白い」と言わせるためには、ありふれたジャンルでも「すごい面白い!

」レベルでなければならず、その域に達するのは難しいと述べています。

そのため、描きたい漫画をたくさん持ち、その中から編集者が採用しやすい珍しい題材を選択する方が有利だとアドバイスしています。

詳しくみる ⇒参照元: ジャンプの漫画学校講義録⑤ 作家編 稲垣理一郎先生「連載企画...

漫画家にとって重要なこと

漫画家にとって重要なことは何か?

読者に負担をかけないこと。

ジャンプ編集部は2020年度から漫画家を対象とした創作講座を開講。

本ブログでは、その中から「基礎編③漫画の「絵・コマ割り」について」の一部を紹介。

ジャンプ副編集長・齊藤優氏は「多くの人に読んでもらうには読者に負担をかけないことが重要」だと述べ、読者に負担をかけないための5つのポイントを説明する。

詳しくみる ⇒参照元: ジャンプの漫画学校講義録③読み手に負担をかけないネームの作り...

ジャンプの漫画学校の未来

ジャンプの漫画学校の将来の展望とは?

幅広い漫画家の育成と、面白い漫画の誕生。

ジャンプの漫画学校は、ジャンプ各誌以外の雑誌での連載を目指す方や、他社で担当が付いている方も参加できるようになりました。

目標をジャンプでの連載に限定しなかったのは「出版社の枠を越えて、少しでも面白い漫画が世の中に生まれてほしいから」という思いがあるからです。

すでに第2期の開催も決定しており、ジャンプの漫画学校は今後も活動を続けていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画家育成の新たな場所を創りたい「ジャンプの漫画学校」|集英...

マンガ家への道「ジャンプの漫画学校」第3期開催

「ジャンプの漫画学校」の講師はどんな人?

ジャンプグループの作家と編集者

「ジャンプの漫画学校」は、週刊少年ジャンプ、ジャンプスクエア、少年ジャンプ+編集部が合同で行う、マンガ家、マンガ家志望者を対象としたマンガ制作講座です。

講師はジャンプグループの作家と編集者で、第1期は2020年8月から12月にかけて全10回で実施されました。

第2期は2021年9月から12月の間、全8回にわけてオンライン講座を展開しました。

現在、第3期の受講者の募集がスタートしています。

詳しくみる ⇒参照元: 「ジャンプの漫画学校」第3期講師に赤坂アカ、内藤泰弘、矢吹健...

漫画学校の多様な正解

漫画学校第3期生の募集にどんな特徴があるか?

多様な正解

ジャンプグループが培ってきた漫画制作の経験やノウハウを公開する「ジャンプの漫画学校」の第3期生を募集。

昨年、一昨年の受講者から読切掲載作家、連載デビュー作家が続々と誕生している。

ジャンプに蓄積された漫画作りの「多様な正解」を伝えることで、あなたの個性を強みに変える「正解」も見つかる。

詳しくみる ⇒参照元: 「ジャンプの漫画学校」第3期講師に赤坂アカ、内藤泰弘、矢吹健...