Academic Box Logo

じんまおキス事件の真相!まおまおとじんしの関係とは?【薬屋のひとりごと】

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、「じんまおキス事件」についてお話しします。

恋の行方を変えるキスシーン

猫猫と壬氏(じんし)のキスシーンが重要である理由を教えてください

関係性の成長の象徴であるから。

猫猫と壬氏(じんし)は複雑な感情の波に揺さぶられながら、最終的には互いへの深い理解と愛情を感じるようになります。

キスシーンは、二人の関係の成長を象徴する重要なポイントであり、小説の展開に大きな影響を与えることになります。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタ...

薬屋のひとりごと:壬氏のキス求婚プロポーズ

物語のクライマックスで、読者を驚かせた一幕とは?

壬氏が猫猫にキス求婚プロポーズ。

薬屋のひとりごとの原作小説5巻では、壬氏と猫猫の関係が大きく進展する。

クライマックスでは、壬氏が猫猫にキス求婚プロポーズし、読者を驚かせる。

壬氏は嫉妬のあまり、猫猫を抱き寄せ、唇を重ねる。

この行為を通じて、「お前も候補の一人だ」というメッセージを猫猫に伝える。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタ...

壬氏と猫猫の初キスは人工呼吸

キスというよりも何?

人工呼吸

壬氏と猫猫の初めてキスは、人工呼吸でした。

滝壺に飛び込んだ後、意識が戻らない猫猫のために壬氏が人工呼吸を行い、二人はキスすることになりました。

詳しくみる ⇒参照元: じんまおがキス?まおまとじんしの関係は?蛙事件の真相まで考察...

猫猫と壬氏の秘密の出来事

猫猫と壬氏の間の秘密の出来事とは?

蛙事件

猫猫は壬氏の一物を蛙に例えて自虐発言をしたり、壬氏は蛙のことは思い出さないようにしようと、猫猫が思い出したりと、二人の秘密の出来事となった。

詳しくみる ⇒参照元: じんまおがキス?まおまとじんしの関係は?蛙事件の真相まで考察...

プロポーズ後の猫猫の複雑な感情

壬氏(じんし)がプロポーズした後の猫猫の反応は?

複雑だった

壬氏(じんし)は猫猫にプロポーズしたが、その後の猫猫の反応は描かれなかった。

彼女の知性と機知に富んだ性格を考慮すると、壬氏の提案に対して複雑な感情を抱えていたことは想像に難くありません。

彼女は自身の立場や関係の複雑さを理解しており、壬氏の感情をどのように受け止め、応えるべきかを慎重に考えていたと思われます。

プロポーズの後、読者は二人の関係に大きな進展があるかもしれないと期待していましたが、実際には特に目立った変化はありませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタ...

壬氏の思いもよらぬプロポーズ

壬氏(じんし)は猫猫(まおまお)に対して、思いもよらぬプロポーズをしました

猫猫に官女として仕えてもらうこと

小説「薬屋のひとりごと」の7巻において、壬氏(じんし)と猫猫(まおまお)の関係は新たなる局面を迎えます。

ここで壬氏(じんし)は、猫猫に対し、思いもよらぬプロポーズをするのです。

この物語の舞台は、忙しさに満ちた壬氏の日常。

数多の仕事と事件に追われる日々の中で、疲労はピークに達していました。

そんな壬氏のもとへ、心配する猫猫が薬湯を持って訪れます。

この日の夜、偶然にも猫猫が壬氏の着替えを手伝うことになり、二人の間には特別な空気が流れます。

壬氏は、侍女である水蓮が自分と他者を二人きりにするのは猫猫だけだと告げます。

この言葉には深い意味が込められているかのようです。

猫猫はいつものように話を逸らそうとしますが、壬氏の疲れとイライラが爆発。

今まで我慢していた壬氏(じんし)の思いが溢れ出し、思いもよらぬプロポーズをします。

それは、猫猫に官女として仕えてもらうことでした。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタ...

宦官・壬氏の謎

壬氏の真の正体は何ですか?

現帝と阿多妃の息子

壬氏は、後宮で宦官を務める美しい容姿を持つ人物で、権力を持っています。

しかし、真の正体は隠されており、それは現帝と阿多妃の息子です。

壬氏は幼少期から皇帝の実の弟として育てられたため、自分が息子であることを知りません。

普段は「私」と一人称で話しますが、素になると「俺」と呼び、仕事熱心で武芸にも優れていますが、他人と比べて秀でた能力がないことにコンプレックスを抱いています。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)の正体や出生の秘密を解説!...

壬氏の正体とプロフィール

壬氏の正体は?

宦官

壬氏は表向きは位の高い宦官で、後宮に関することを取り仕切っています。

非常に美形で、男女問わず魅了する魅力があります。

実は、壬氏の正体は華瑞月(かずいげつ)という現皇帝の弟で、身分の低いものからは「月の君」「夜の君」と呼ばれています。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏 (じんし)の正体とは?母親や父親は...

皇太后の入れ替わった子供

皇太后の子供が死亡したのは誰の仕業か?

阿多妃

皇太后は難産により医師が足りず、猫猫の養父である羅門が出産に立ち会った。

出産は無事終わったが、人手が足りなかったため阿多妃は子宮を失い、精神状態が影響して自分の子供が優遇されることを願った阿多妃は自分の子供(壬氏)と皇太后の子供を入れ替えた。

その後、阿多妃が育てていた皇太后の子供ははちみつの毒により死亡した。

のちに皇太后は赤子の入れ替えに気がついたが、そのまま壬氏を自分の息子、つまり現皇帝の弟として育てている。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏 (じんし)の正体とは?母親や父親は...

阿多妃と壬氏の実の親子関係

阿多妃の息子である壬氏の実の父親は誰?

現皇帝

後宮で暮らしていた阿多妃は、現皇帝の乳姉弟で、その息子の壬氏を出産した際に出産時に子宮を失い、表向きは壬氏ははちみつの毒で死亡した。

その後10年にわたり皇帝の寵愛を受け、後宮で暮らしていた。

壬氏は家系図上では東宮であるため、今後現皇帝が自らを父親だと名乗る可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏 (じんし)の正体とは?母親や父親は...

帝の弟壬氏の出生の秘密

阿多妃は壬氏と本物の帝の弟をどのように入れ替えたのか?

皇太后の出産時に

壬氏(じんし)は、本来は先代皇帝と阿多妃の息子でしたが、阿多妃が自分の子供を守るため、皇太后の赤ちゃんと入れ替え、壬氏は現帝の弟として皇太后の元で育てられました。

しかし、皇太后と帝が赤ちゃんの入れ替えに気付いた時には、阿多妃の元で育てられた本物の帝の弟はすでに亡くなっており、当時赤ちゃんを取り上げた羅門は責任を取らされ追放されました。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)の正体や出生の秘密を解説!...

謎のイケメン宦官・壬氏の正体

謎のイケメン宦官・壬氏の正体は?

不明

「薬屋のひとりごと」に登場する壬氏は、正体が謎に包まれているイケメン宦官です。

後宮で起こる事件を主人公の猫猫と共に解決していく重要な人物ですが、その出自や生い立ちは一切不明です。

アニメ化もされた人気作品ですが、壬氏の正体は今後の展開で明らかになることが期待されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)の正体や出生の秘密を解説!...

壬氏のプロポーズ

壬氏が猫猫に好意を抱いていたのはいつからか

物語序盤から

壬氏が猫猫にプロポーズしたきっかけは、物語序盤から抱いていた好意と、長年一緒に過ごす中で育んだ猫猫の気持ちの変化だ。

猫猫は当初、壬氏をナメクジや毛虫と例えていたが、次第に壬氏に対する感情が変化していった。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ】『薬屋のひとりごと』壬氏(じんし)のプロポーズ解...

壬氏の秘密

壬氏の真の身分とは何ですか?

現皇帝の息子

後宮で身分を偽る目的には、不適切な者や逆心を抱く者を排除することと、壬氏の結婚相手の選定が含まれると考えられます。

壬氏は自身の知らない真の身分は、現皇帝の息子であり、この事実は現皇帝、皇太后、阿多妃のみが知っています。

この事実を知った壬氏の反応が期待されています。

壬氏は男性ですが、その美しさから女性と間違われることがあります。

また、宦官の身分も偽りであるため、去勢されていません。

そのため、猫猫と結婚する可能性があります。

公称年齢は24歳ですが、実際は18歳と偽っています。

身長は181cmと大柄で、ドラマCD版では櫻井孝宏氏が、アニメ版では大塚剛央氏が声優を務めます。

阿多妃が壬氏の真の母親です。

詳しくみる ⇒参照元: 【薬屋のひとりごと】壬氏 (じんし)の正体とは?母親や父親は...